島谷家の政略結婚の縁談 / ひよっこ 第95話

2017年7月21日(金)放送『ひよっこ』第16週

あらすじと見どころ解説

みね子は相変わらず島谷との恋に熱中し、ワクワクしながら毎日を送っていました。

そんなある日、省吾の娘・由香が喫茶店でくつろいでいるところに、由香にも見覚えのある人物が入って来ました。

島谷でした。

しかも島谷は一人ではありませんでした。佐賀県からやって来た島谷の父・赳夫が、島谷と一緒に喫茶店にやって来たのです。

二人は席に着くなり深刻な表情を浮かべながら話を始めました。それは島谷と交際しているみね子にも無関係ではない話でした。

島谷の父・赳夫が経営している製薬会社は経営危機に陥っていました。その窮地を脱するために、他の製薬会社のオーナー令嬢との縁談を赳夫は島谷に持って来たのです。

その二人の話が偶然に聞こえてしまった由香はそのことを黙っているわけにはゆかず、みね子に大切な話があると告げました。

そして由香はみね子を連れてバー・月時計へと足を運び、島谷とその父の交わしていた会話の中身をみね子に伝えるのでした。

arasuji

<<前回94話 | 次回96話>>

Sponsored Link

『ひよっこ』第16週 第95話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年7月21日(金)放送
第16週 第95話「アイアイ傘とノック」
みね子ちゃんと島谷くんの恋に、ついに暗雲がたちこめてきます。縁談です。

島谷くんに縁談が持ち上がることは早い段階で明らかになっていました。しかし、その縁談の目的はその時にはわかりませんでした。

その縁談の目的がついにはっきりしました。やっぱり政略結婚です。

島谷くんのお父上が経営している島谷製薬(?)は経営が傾いていました。かなり危ない状態のようです。

そして傾いた会社を救う最後の切り札が政略結婚です。

縁談の相手は島谷家と同じ製薬会社のオーナー一族。その家のご令嬢です。製薬会社のご令嬢を嫁にもらうことで島谷製薬の窮地を脱する、という作戦です。

島谷家はもちろんのこと、島谷くん本人も家のことを考えたら断るに断れない縁談です。しかし断らなければ、みね子ちゃんとの恋を諦めるしかありません。

島谷くんが厳しい選択を迫られます。

一方で今回はもう一つ、大きな謎が浮かび上がります。謎とは由香ちゃんの行動です。

初対面のみね子ちゃんにあれだけ悪態をつきまくった由香ちゃんが、みね子ちゃんの窮地を知って居ても立っても居られなくなってしまうのです。

でも、もしかするとこれが由香ちゃんの本当の姿なのかもしれないですね。

本当の姿とは、元治さんやヤスハルくんが言っていた、弱い立場にある者が目の前に現れると見て見ぬ振りができなくなるという由香ちゃんの優しい姿です。

喫茶店で偶然に耳にしてしまった島谷親子の会話。

その話から、察しが抜群にいいはずの由香ちゃんはすべてを理解するのでしょう。みね子ちゃんが窮地にあること。そして窮地のみね子ちゃんは弱い立場にあることを。

元治さんやヤスハルくんが口にした「優しい由香ちゃん」がドラマの中で初登場するかもしれませんね。

『ひよっこ』第16週 第95話 観賞後の感想

kanso

<<前回94話 | 次回96話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. いけないジョニー より:

    前から疑問に思っていたんですが、省吾さんの一人娘の由香さん、本当に結婚してるんでしょうかね?
    役名が“牧野由香”になってるんですよね。
    ということは鈴子さんや省吾さんと同じ名字。
    勿論、同じ名字の人と結婚、あるいは婿養子を迎えたならそうなるんですが・・・
    調べて見たら、NHKの登場人物の由香さんの公式の紹介には「祖母・鈴子と父・省吾に何かと反抗し、突然、画家の青年と結婚すると言って家を出て行ってしまった。」となっているだけで、「結婚した」と明記されてないんですよ。
    新年の挨拶の際、由香さんが写っている家族3人の写真を見たみね子に、ぼそっと省吾さんが「嫁に行った」としたのは、「反抗して出て行った娘を”嫁に出したつもりでいる”」という気持ちをそのまま口にしたのではないのでしょうか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      僕も同じことを考えてました。嫁に出たと説明したのは省吾さんとみね子ちゃんの初対面の頃なので、まだ見ず知らずに限りなく近かったみね子ちゃんに家出をしたとは言えず嫁に出たとごまかしたのかもしれません。