島谷が家族との絶縁宣言 / ひよっこ 第97話

2017年7月24日(月)放送『ひよっこ』第17週

あらすじと見どころ解説

島谷に縁談が持ち上がっている。しかもそれは、実家の窮地を救うためにどうしても断ることができない縁談のようだ。

由香からこの事実を聞かされたみね子が不安を抱えながら過ごすうちに季節は冬となり、島谷の大学卒業の日が近づくにつれ、みね子の不安は増すばかりでした。

そんな中、選択を迫られた島谷は、ついにみね子をバー・月時計に呼び出しました。

別れ話を覚悟して月時計に足を運んだみね子に対して、島谷は初めて自分の実家が抱えている問題や縁談のことを話しました。

実家から縁談を強くすすめられていること。

その縁談は、島谷の父親が経営する製薬会社がおちいった経営難を乗り切る必要から、両親が強く望んでいる縁談であることを

そして島谷はみね子にあることを告げるのでした。

島谷はみね子を選ぶために実家との縁を切るつもりだと宣言したのです。

自分のためにそこまで考えていた島谷の決断にみね子は心から感激します。しかし、その一方で島谷が家族と絶縁することをみね子は到底受け入れることは出来ないのでした。

arasuji

<<前回96話 | 次回98話>>

Sponsored Link

『ひよっこ』第17週 第97話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年7月24日(月)放送
第17週 第97話「運命のひと」
島谷くんの縁談のことや、島谷くんの実家が窮地に立たされていることなど、由香ちゃんからすべてを聞かされていたみね子ちゃん。

一方で、島谷くんはみね子ちゃんにそのことを言い出せずに一人で悶々としていました。

しかし今回、みね子ちゃんは島谷くんの口からすべてを聞かされます。それに加えて、島谷くんはある決断をみね子ちゃんに告げることになるようです。

ところで前週の土曜日の放送回で、ドラマの中での季節は冬を迎えました。冬ということは早春が間近。早春は島谷くんの大学卒業のタイミングです。

親が経営する会社を承継する子息は、修行代わりに縁故のない会社に就職し社会人としての経験を積むことがよくあります。

しかし、このドラマの中ではそんな面倒な手続きは取らないかと思います。

おそらく島谷くんは大学を卒業すると同時に佐賀県に戻り、父親が経営する会社に就職するのでしょう。次の社長として。

だからこのタイミングで島谷くんは、みね子ちゃんに求婚するか、または交際を断るかの選択をしなければなりません。

さて島谷くんはどのような決断を下すのか。

この記事を投稿した時点では明らかにはされていませんが、今週の土曜日までの展開から考えて、島谷くんはみね子ちゃんを諦める決断を下すものと思われます。

今週のストーリー展開の中には、事前情報でわかっている限りでは次回以降から島谷くんの出番がありません。その名が出てこなくなります。

一方で、みね子ちゃんはこれからもしばらくは赤坂に住み続けなければならないような環境が今週中に整ってきます。みね子ちゃんが佐賀に行くのは状況から言って無理。

みね子ちゃんと島谷くんの恋は、今回あたりで終止符が打たれるものと思われます。

『ひよっこ』第17週 第97話 観賞後の感想

kanso

<<前回96話 | 次回98話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ななこ より:

    あらすじ・・・読んでしまってから悲しくて悲しくて・・・
    島谷君のお父さん役の方もメジャーな方ではなさそうですから、ハッピーエンドではないんでしょうねぇ~(泣)現実、失恋なんていっぱいあるんですからみね子がそうなっても仕方ないのですが、ドラマでは成就してほしかったです。NHKの有動アナウンサーも号泣しちゃうのかぁ~
    いやいや、島谷君・・家業を立て直して東京に戻ってきてくれたらいいなぁ~~(シクシク)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      島谷くんとのこと。あっ!と言わせてくれるようなまさかの逆転劇が欲しいところですね。

  2. かず より:

    この週のタイトルが「運命の人」だから、それぞれの人が出逢い島谷君もみね子ちゃんも決意をしたのではないでしょうか?
    島谷君もそのうち東京支店に勤務するかもしれない。
    悲しくなるので、全てポジティブに考えて楽しみます。
    島谷君も奥茨城に行きたいって言ってますからね〜。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      みね子ちゃんも島谷くんも将来を諦めるにはまだ若い。可能性はいっぱい残されていると思います。

  3. ともぞう より:

    島谷くんも普通の21~22歳の男の子だったという所ですよね。論理的で頭のいい彼らしからぬ行動です。恋をして、そりゃ失恋したくないですし、突拍子もないことをしてしまうことって誰でもあったことかなと。その時は必死ですから。もうちょっと大人になった時に、若気のいたりだったなと笑って思える日が来ると信じたいです。
    もう今から泣きそうです。あまりにつらい。
    ところで、以前秀俊くんが月時計で「みねこちゃんを悲しませるなよ、職場の仲間としてのお願いだ」みたいなことを言ったとき、邦子さんは、明らかに何か察した顔でしたが、島谷くんが、おや?という顔をしたように見えたのは私だけでしょうか?うっすら秀俊くんの気持ちに気がついていたのなら、ちょっと背中押してあげてほしいですね。まだ決まった訳でもないのに長々と失礼しました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      みね子ちゃんと島谷くんの恋。納得のできる締めくくり方をしてほしいものですね。でも、納得できるできないを考える暇もないほど、その後は怒涛の展開です。

  4. かず より:

    薬局のいちこを見てふと思ったのが、世津子さんは何処か製薬会社のポスターのモデルをしてるんですよね。
    意味深だなぁ〜。
    とても優しい人の設定だと言われる世津子さんは、人生目標の明確でないみね子ちゃんのこれからに関わるように思います。で、会社の経営危機回復に貢献できる…かなあ。
    認められる女性になる努力を始めるチャンスが得られるのではないでしょうか?
    みね子ちゃんも変わらないとね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      世津子さんが出演するポスターと島谷家の家業。まったくつながりませんでした。何か意味がありそうですね。

  5. ラフィキ より:

    想像するだけで、もう涙がでます(T_T)

  6. 葉月 より:

    みね子の方から身を引く感じなのでしょうか…。
    今現在父親を探していて、妹や弟を養い、何より家族を大事にしているみね子には
    島谷君の家族と絶縁するという言葉はツラすぎる言葉のような気がします。
    みね子は家族>恋愛、島谷君は恋愛>家や会社の従業員の将来、気持ちがすれ違っていますよね。
    ただ島谷くんの決断には驚きました。恋に恋している初恋人という前提は有りますが家族と家を捨ててまで恋愛に走るのはどうなんでしょうね。
    今現在アルバイトもしておらず社会経験皆無の彼に、みね子を守れるとは到底思えません。
    彼もまたまだまだ人生経験の少ないひよっこということなんでしょうかね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      島谷くんは社会経験がないからこそ社会経験の重みもまだ理解できないのでしょうね。家族に問題を抱えていないから家族の価値に疎いように。家族の価値をみね子ちゃんが説くのかもしれませね。

  7. ラフィキ より:

    島谷君からの別れ話かと思いきや、ご実家との縁を切るとの決断。でも、みね子ちゃんはきっと身を引くのでしょうね。切ない展開ですが、今週の場面、一つ一つを大事に拝見したいと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      家族と縁を切ることなどみね子ちゃんは反対するでしょうからね。泣かされそうですね、この回は。