あかね荘に入居する愛子 / ひよっこ 第99話

2017年7月26日(水)放送『ひよっこ』第17週

あらすじと見どころ解説

太郎と結婚した高子がすずふり亭をやめ奥茨城の角屋家に嫁いでから数ヶ月が経った昭和42年(1967年)4月。大学を卒業しあかね荘を出て行った島谷が暮らしていた部屋に愛子が引っ越して来ました。

愛子は持ち前の人懐っこい性格を発揮してあかね荘の住人たちともすぐに仲良くなってしまいました。啓輔と祐二には自分をもっとキレイに描けと命じるその一方で、早苗とは独身女性として意気投合。富とも友達のようになっていました。

そんな中、女優の世津子がすずふり亭に食事をしにやって来ました。店の定休日に間違えて来店した世津子は、すずふり亭のことを覚えていたのです。大女優でありながら、気取ったところがなくいつも気さくな世津子のことを、鈴子は心から気に入ってしまいます。

その数日後、みね子はすずふり亭の客の一人から思いがけない依頼を受けました。生放送のテレビコマーシャルに出演予定だった女優がハシカにかかってしまったため、みね子に代役を求めて来たのです。突然の依頼に対して、みね子は返答に窮するのでした。

<<前回98話 | 次回100話>>

Sponsored Link

『ひよっこ』第17週 第99話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年7月26日(水)放送
第17週 第99話「運命のひと」
高ちゃんが寿退店。楽しいキャラがいなくなって寂しく思っていましたが、その寂しさ、高ちゃんロスを癒してくれるキャラがまさかの登場です。

愛子さんがあかね荘の一室に引っ越し!

あかね荘の愛すべき変人たちの中に、最強の愛子さんが入っていたらどんなことが起こるんだろうか。

愛子さん好きのブログ主はそんな場面を妄想していたのですが、妄想が実現してしまいました。これには驚きました。

しかも愛子さんは、天然ならではのコミュニケーション能力を存分に発揮してあかね荘の住人たちの間にすぐに溶け込み、とりわけ早苗さんと意気投合するとか。

ちなみにブログ主は乙女寮では愛子さん。あかね荘では早苗さんが一番大好きなキャラでした。ブログ主にとっての二大キャラが同じアパートに住み、しかも意気投合。

これからしばらく至福の朝を迎えることができそうです。

一方、川本世津子が二度目の登場です。すずふり亭にやって来ます。

ところで当ブログには、多くの方々から川本世津子が行方不明のお父ちゃんと何か関係しているのではないか。そんな予測コメントがたくさん寄せられています。

そしてその予測が当たりそうな気配がして来ました。早ければこの週の土曜日の放送回、遅くとも次の週の月曜日には明らかになる見通しです。

島谷くんとの恋の終わり。高ちゃんの結婚。愛子さんの引っ越し。激動つづきのドラマのその先には、もっと激しい展開が待っていそうです。

『ひよっこ』第17週 第97-98話 へのコメントありがとうございます

いつも当ブログをご覧くださりありがとうございます。

前々回に引き続きまして、前回も数多くのコメントを頂戴し個別にお返事ができない状況が続いているため、本欄にてお礼申し上げます。

皆さんから頂戴したコメントに返信は出来かねますが、すべてに目を通し『ひよっこ』をより深く楽しむための貴重なレビューとして勉強させていただいています。

今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。

『ひよっこ』第17週 第99話 観賞後の感想

本当にこれで15分?そう思わずにはいられないほどに今回の『ひよっこ』は情報のてんこ盛りでした。しかもそこまで詰め込まれていながら、詰め込み過ぎな感じがしないところがまたすごい。朝からお腹いっぱいです。

三男くん、そろそろ決断のとき?

三男くん、もうさおりちゃんから逃げ切ることは出来ないかな。逃げる逃げないの前に、三男くんも以前ほどにはさおりちゃんへの拒絶反応がなくなっている気もします。

まんざらでもない。そんなちょっと嬉しそうな表情も見え隠れ。

善三親父も娘と婿候補を二人っきりにしてあげようと外出しがち。そんな親父の気持ちをしっかり汲んでいるさおりちゃん。いつの間にか父娘が理解し合っている!

狭い店だというのに、その限られたスペースの中でいちいち三男くんの後ろを追いかけ続けるさおりちゃんの姿も可愛いです。

三男くん、そろそろ人生の大決断を下すときでしょうか。

永井愛子アワー

昭和42年(1967年)4月。慶應大学を卒業した島谷くんはあかね荘を出て行きました。いつも整然としていた島谷くんの部屋は空室となり、みね子ちゃんの心の中にぽっかり空いた穴をあらわしているようだな・・・・

と思っていたらその穴はすぐに塞がりました。しかも、その部屋の前の住人のことなど忘れてしまいそうなほどの勢いで。

でも忘れかけたみね子ちゃんの心の傷口を「ノック」で突っつく愛子さん。他の人なら無神経な人ととがめられかねないそんな行動も愛子さんなら不思議と許せてしまう。

愛子さん、やっぱりあなたは最強です(笑)

さて、早苗さんはこれまでたった一人で抱えていたストレスを共有できる、愛子さんという心の友ができました。

しかも愛子さんはストレスを笑いに変えてしまうというたぐいまれな特技の持ち主です。

ストレスをストレスのまま抱え込んでいた早苗さん。愛子さんからそんな特技を学びとって生き方や考え方を変えるきっかけとしますように。

啓輔くんと祐二くんには、出版社の編集者以上に頼もしい編集者ができました。

愛子さんの手厳しい指導によって、ついにこの残念な二人にも道が開けるかもしれません。でも、愛子さんの手にかかってもこの二人は残念なままなのかな?(笑)

富さんとはいい友達になるのではなかろうかと想像してましたが、やっぱり!僕の貧困な想像をはるかに超える意気投合ぶり。

最強キャラの二人が仲の良い友達になってしまい、最強コンビはこれからどこに行ってしまうんでしょうか。

余談ですが、僕は最強キャラのナンバー1が富さん。ナンバー2が愛子さんとランクづけしていました。

でも今回は、「若いご贔屓の歌舞伎役者」をめぐってナンバー2がナンバー1をみごとに説得に成功。この二人、甲乙つけがたいです。

そして省吾さんは恋の対象というより、ほとんどおもちゃ。省吾さん、愛子さんの操り人形と化しています。

これからほぼ毎朝、愛子さんと会えるのが嬉しくてなりません。

みね子ちゃんは完全復活?

何より安心したのはみね子ちゃんが失恋の痛手からすっかり立ち直っていたことです。

愛子さんの空気の読めない「ノック」へのみね子ちゃんの反応を見てみね子ちゃんの立ち直りを確信できました。

もちろん、思い出の「ノック」に心は痛むはず。でも耐えられる範囲内。そんな表情をみね子ちゃんは見せていたような気がします。

あともう少しだけ時間が経てば、島谷くんとの恋も懐かしい思い出の一コマとして過去を振り返ることができるようになるかも知れませんね。

そして何と言ってもヒデくんの存在が心強い!

もう少し先になるかとは思いますが、ヒデくんとの関係。こちらも目が離せません。

世津子さんが奥茨城なまりの「そおだったんですか!?」に反応する

世津子さんがまたしてもみね子ちゃんの奥茨城弁に反応を示しました。しかも今回は反応を示すだけでなく、車の中で奥茨城なまりの「そおだったんですか!?」を反芻する。

さらにさらに、そのなまったイントネーションが愛おしくてたまらないと言わんばかりの表情を浮かべて。

増田明美さんも世津子さんのことを「みね子ちゃんの運命を変える人」宣言。

間も無くクライマックスに向けた怒涛の展開が始まりそうですね。

<<前回98話 | 次回100話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. なすっこ より:

    初めまして。
    世津子さんがすずふり亭に食事しに来た時、本当は『アメオ(実)』さんと一緒に食べたいなと思ったでしょうから、後から思うと切ないです。

  2. さぁ~ より:

    昭和42年4月・・・物語は急に春になりましたね。

    バーでみね子ちゃんが二十歳になった時、時子ちゃんの胸元で泣きながら・・・島谷君に対して「まだ有難うと言ってない」・・・と号泣していたシーン。

    みね子ちゃん・・・島谷君に有難うと言えたのかな?

    物語のヒロインであり、大きな恋話の展開だったからこそ、島谷君に対しての最後の感謝のシーンは欲しかったなぁ~と、そこだけが心残りです。

    いつも朝蔵さんのブログを読みながら、毎日楽しく朝ドラを鑑賞しております。

    今後とも宜しくお願い申し上げます。

  3. ままかり より:

    ヒデくん、対等な同僚だからみね子って呼ぶって言いましたね。彼の気持ちとして、①島谷くんと違い自分はみね子と身分差ない対等な関係だよアピール、②みね子ちゃん付けで呼んでた島谷くんを越えたい、なんてことが含まれてるのかなぁと思いました。動きだしたヒデくんから目が離せません!

  4. ひるたま より:

    愛子さんが入居したのは元:島谷くんの部屋だった方…仰る通り「みね子ちゃんの心の空白を埋める」象徴ですね。

    ところで、あちらこちらで「面白い!」という声が複数上がっていた「永井愛子アワー」ですが…何故だか私は、地上波の本放送(8:00~の回)を見ていた時には今一つ乗り切れませんでした。
    「みね子ちゃんのノック」を揶揄した場面…いくら‘天然’の愛子さんでも、あれはちょっとやり過ぎなのでは?と私は率直に感じてしまいました。(愛子さんが「ごめん」と謝ったセリフが再放送の時に確認出来たので少しスッキリしましたが)
    一体何故、自分が愛子さんの「ノックいじり」に不快感を感じたのか?…少し考えてみました。
    劇中では冬から春へと一気に時間がスキップしていますが、私達視聴者から見れば僅か2日前の出来事だったのですよね…島谷くんとの「お別れ」場面は。
    2日で切り替えられない…個人的には特に「島谷ロス」になっていませんが、現実問題として恋人と別れて僅か2日程度で、あの「ノックいじり」を笑える人はそうそういないでしょう。ドラマだとは分かっていても、いつの間にか気持ちが入り込んだ状態で見てしまっていたのかもしれないな…と思った次第です。

    漫画家?2人組に対しては「愛子さんもっと言っちゃえ!」と思いながら見ていましたが…あの2人組は目が覚めるのかな?…現時点ではあまり成果は期待出来なさそうですが。

    「何処にでも居そうな素朴な子」…仮にあの時あの場所に時子ちゃんが居合わせたとしても、白羽の矢が立ったのはきっとみね子ちゃんの方だった事でしょうね。時子ちゃんでは些か華があり過ぎますし。

  5. ゆうのしん より:

    島谷君の再登場のタイミングを 岡田先生が どう考えておられるのかが気になります おそらく再登場は有だと予測しますが 本当のラスト直前でしょうね 勝手な推測ですが 父親の勧めていた見合いの方とは 結婚はしていないと思います また ネットでも話題になりましたが すずぶり亭のヒデ君も みね子ちゃんと 良い関係にはなりますが ゴールインは無いというのが 大方の意見です ちょっと地味らしい・・・ どうなるんでしょうね?恋の行方は ではまた!

  6. GATTO より:

    こんばんは〜

    高ちゃんと島谷さんがいなくなっても、全然さびしい感じにならないですね。やはり、愛子さん無敵です(笑)。

    それにしても、さおりさん可愛いです!私が三男君なら迷わずこちらを選びますが、彼もだんだんその気になってきたかな?

  7. レモンちゃん より:

    久しぶりに楽しく朝ドラを見ています。あまりの面白さに今日も3度見てしまいました。
    それにしても今回の脚本家の岡田さんはすごいですね。山あり谷ありのワクワク感がたまらないです。
    役者も皆様もそれぞれにいい味を出していて見ごたえがあります。
    コマーシャルに出ることになったみね子ちゃん・・きっとこれで新しい局面が開かれるのでしょうね。

  8. すずか より:

    みね子ちゃんの制服が、ちょっと変わってました!高ちゃんが着ていたものと同じデザインのものを着ていたような気がします。
    襟の形とか、ボタンの色とか、みね子と高ちゃんの制服は、それぞれちょっとデザインが違っていました。

  9. よるは去った より:

    昭和42年のミニスカ流行は「カーネーション」でもネタになってましたね。愛子「♪困っちゃうな~デートに誘われて~」もこの頃のヒット曲ですか。この曲を歌っていた歌手が恐らくはミニスカよりも凄まじいファッションで「♪噂を信じちゃいけないよ~」と歌って更にヒットしたのはその何年か後でしたかね

  10. うみがめ より:

    みね子ちゃん、島谷君と別れても日常生活を普通に送ってますね。実生活ではホントにその通りで、何かあっても日常生活は続いていくから、そこはリアルなドラマだと思いました。
    愛子さん、あの富さんと仲良くなって、アドバイスまでしてその気にさせるなんて、まさにひよっこ「最強」の女性キャラクターですね(笑)

  11. ✡UゅうU”≪Syuji≫o(^-^)o より:

    時間がポ~ンと経過しました。
    あかね荘に愛子さんがポ~ンとやって来ました。
    みね子ちゃんは元の元気な女の子に回復しました。ポ~ン

    ひよっこのオープニングテーマソング「若い広場」の歌い出しのように
    ポ~ン ポ~ン ポ~ン とリズミカルな展開で良い調子です。

    いつまでも失恋の後遺症を引きずらないで
    島谷君も佐賀に引っ越したことだし
    みね子ちゃんは以前と変わらず明るくなったし
    愛子さんみたいな最強キャラが近くに引っ越してきたし

    これで、また毎日元気な朝を迎えられそうで良かったです。

  12. あじやま より:

    本日は CM出演依頼まで 進行しましたね。

    母と見ていますが、 どうして出演依頼になるのか わからないということで
    「当時はテレビの録画ということが ままならなかった時代」というような
    話をしたわけで、
    次回、解説は あるのでしょうかと 思いました。

  13. ひるたま より:

    あかね荘には現時点で1部屋空いていますが…おそらく島谷くんの卒業でもう一部屋空くのでしょう。
    愛子さんが入居するのは一体、どちらの部屋なのでしょうね。
    そして…時子ちゃんはまだ居候状態なのかな?(実家が裕福な時子ちゃんといえども、さすがに無職という訳にはいかないでしょうし…何処かに就職しているのかな?)