実が奥茨城の実家に帰還 / ひよっこ 第111話

2017年8月9日(水)放送『ひよっこ』第19週

あらすじと見どころ解説

鈴子や省吾に背中を押されたみね子は、実を連れて奥茨城に戻ることになりました。2年8ヶ月ぶりに故郷に戻った実は、奥茨城村に向かうバスの中で車掌の次郎と再会。実がいつも座っていたと次郎が語る席に、過去を取り戻したい一心の実は座りました。

みね子と実を乗せたバスが奥茨城村のバス停に到着。バス停から谷田部家までの徒歩で一時間ほどの道のりを再び実と歩けるみね子は感無量です。二人が谷田部家に到着すると、美代子と茂は畑仕事をしているところでした。

家族に迎えられながら実は2年8ヶ月ぶりに谷田部家に帰宅。家族に対して他人行儀な態度がどこか不自然な実でしたが、美代子、ちよ子、進、そして茂の4人は実が帰って来たことを心から喜び、歓迎しました。

実の帰りを喜ぶ家族に実は告げました。自分は記憶を取り戻せるかわからない。この先、自分がどうなるのかもわからない。しかし、奥茨城の地で人生をもう一回生き直したい。そう思って帰ってきたのだと。

<<前回110話 | 次回112話>>

Sponsored Link

『ひよっこ』第19週 第111話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年8月9日(水)放送
第19週 第111話「ただいま。おかえり。」
ドラマの中で実さんが失踪した直後の頃。当ブログに、実さんが失踪したのは記憶を失ったことが原因ではないかと予想するコメントを頂戴しました。

考えれば考えるほど、この予想には納得できる点が数多くあったため、ブログ主もこの優れた予想コメントに乗っかることにしました。

そして実さんが記憶喪失だとしたら、その記憶が戻るのがこのドラマのクライマックスになるに違いない・・・とも予想しました。

では、どのタイミングで実さんは記憶を取り戻すのか。

ブログ主が予想していたのは奥茨城の土の匂いでした。第1週で、稲刈りのために出稼ぎから一時帰省した実さんが畑の土の匂いに酔いしれる場面。

この場面が記憶を取り戻すフラグとなり、五感からの刺激によって実さんは記憶を取り戻すのではないか。だとしたら、残る問題はどうやって実さんを奥茨城まで連れて行くか。

こんな推測を試みたものの、実さんをどうやって奥茨城に連れて行くかという問題はいとも簡単に解決してしまいました。

しかも田植えまで手伝ってしまいます。田んぼの中ではかつて実さんが大好きだった奥茨城の土の匂いが充満しているはず。

でも実さんの記憶はまだまだ戻りません。

土の匂いでは記憶は戻りそうにありません。もしかするとまた手痛い体験をして、そのショックで記憶を取り戻す。そんな展開になるかもしれません。

でも、やっとささやかな幸せが戻って来たというのに、手痛い体験再び。そんな展開にはなりませんように。

コメントありがとうございます

前回もたくさんのコメントありがとうございます。

前回を改めて見直してみて、とても気になった点が一点。みね子ちゃんがすずふり亭の裏庭で田植えの話をした時のこと。

田植えの話を聞くお父ちゃんがどんな景色を思い浮かべたのか私にはわからない。そんなみね子ちゃんの独白に合わせて桜の季節のきれいな水田のカットが一瞬だけ挿入されました。

みね子ちゃんが「私にはわからない」と言うくらいだから、みね子ちゃんが頭の中で思い描いた景色ではないはず。

するとあれは実さんが想像した景色。記憶のどこかに眠っている心の原風景でしょうか。だとすると記憶が蘇るフラグなのかも知れませんね。

桜が咲き、水田には水が張られて田植えを待つばかり。そんな時期の水田であったのも、希望を感じさせてくれるものでした。

『ひよっこ』第19週 第111話 観賞後の感想

「ここでもういっぺん生き直したい」

前回のドラマの中で描かれたみね子ちゃんのほっぺの感触。実さんが心の中で思い浮かべたらしい故郷の水田の光景。

そして今回。バカで恥ずかしい思い出(笑)をいっぱい共有している次郎さんとの再会。次郎さんとおしゃべりするために実さんがいつも座っていたバスの中のおきまりの椅子。

そして2年8ヶ月ぶりの故郷の家、土の匂い。そして家族。

安直なつくりのドラマであれば、記憶を失ったキャラクターが記憶を取り戻すきっかけに使われそうなアイテムがそこかしこに散りばめられていました。

にも関わらず実さんが記憶を取り戻す気配はまったくありません。

ドラマの中で仮に実さんが記憶を取り戻すことができたとしても、自分が故郷で過ごした過去の時間を取り戻すまでには、かなりの時間がかかるかも知れない。

前回と今回の実さんの様子を見てそんな風に思いました。

かなりの時間とは言っても、ドラマそのものの放送時間は残すところ二ヶ月を切ってしまいましたが。

ただ、安直なドラマでは記憶回復のきっかけに使われがちなアイテム。実さんが記憶を取り戻す気配を一切感じさせなかったアイテムに少しだけ希望を見出すこともできました。

今の実さんと過去の実さんをつなぐアイテムが出てくるたびに、過去を取り戻そう、生き直そうとする実さんの気持ちの熱量が高まってきているような気がするからです。

あかね荘で実さんが「帰ってみようかな」と言いはじめたときには、実さんの過去を取り戻すことの本気度を僕はあまり感じることができませんでした。

でも、奥茨城村に向かうバス。バス停から実家までの一時間の道のり。畑で働く妻の姿、父の姿。そして子供たち。

それらを見て、実さんの決意が固まったのでしょうか。記憶が戻るか戻らないかはわかりませんが、少なくとも奥茨城に根を張って生きてゆく決意は確かなものになったようです。

茂じいちゃんから「よくけえって来たな」と声をかけられ、感極まった実さんの表情にも、奥茨城で記憶というよりは人生を取り戻す決意を感じました。

ところで、これはちょっとネタバレになりますが、次週のどこかのタイミングで谷田部家の家族会議が開かれるのだそうです。

会議のお題は、みね子ちゃんを仕送りから解放してあげる件。

実さんが出稼ぎしていた理由は不作の年の借金です。その借金の返済もゆっくりしたペースだとは思いますが進んでいるはずです。

そして何よりも実さんという働き手が増えました。

みね子ちゃんを仕送りから解放してあげようとなどということが話し合われるのは、借金の返済が進んだことに加えて、実さんがずっと家族と暮らしてゆくことになるだろうと美代子さんは茂じいちゃんが確信を持てたからなのかも知れませんね。

谷田部家はもう安泰と考えても大丈夫?今後は安泰であってほしいです。

追記:谷田部家は安泰と思いますが実さんだけはちょっと不安です。

世津子さんがみね子ちゃんに送った手紙の中にこんなくだりがあったはずです。

実さんが記憶を失った原因は外傷性のショックか。または思い出したくないような恐怖や悲しみが記憶を封印してしまったということもあると。

もし記憶喪失の原因が後者の場合で、さらにもし実さんの記憶が戻るなら、これまで赤坂警察署や綿引くんらの捜査線上にも上がって来なかった悲劇が記憶を取り戻す直前に実さんの心の中に蘇ることになるかも知れませんね。

そのとき、実さんの苦悩が再び描かれるような気がして胸が痛みます。

<<前回110話 | 次回112話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 常磐本線 より:

    8/13の某CX「KC庁生き物係」で外傷性記憶喪失の一部が戻ったシーンがありました。
    誰誰が亡くなって、おとーちゃんの記憶が戻るとならない展開を希望ですね。
    夏季休暇で朝・昼(再放送)視聴出来る方も多いと思うので、朝蔵(あさぞう)様忙しくなるかもです。

  2. たなたな より:

    いつも楽しく拝読しています。
    悲しい出来事…もう起きて欲しくないですよね。
    本当なら嫌なのですが、ハワイ旅行へ行く2人が
    事故に遭ってしまうなんてないですよね?
    それこそ、とてもとても悲しいです。
    あと、実さんの思い出したくない記憶について。
    実さんが戦地へ行っていたことなど
    語られていたかどうか、記憶がないのですが
    その時の戦友に関する事ではないかなぁ、と
    想像しました。
    せっかく実さんの笑顔が戻ってきたのに。
    記憶をなくしたのは、単に外傷性によるもので
    ありますように。

  3. とと より:

    ハヤシライス再食エピソードないまま帰郷しちゃいましたね。三男と時子のにいちゃん達が来た時「奥茨城の人はハヤシライスが好きですね」ですし、実も赤坂彷徨ってすずふり亭のショーケース見てた、などの仕込みがあるのに、また重箱はいまもすずふり亭預かりなのに。どこかで再上京シーンは絶対あるのでしょうね。ハヤシライス食べて、からどう一捻りされるか、さあ、期待です。

  4. ひるたま より:

    ストーリーとは直接関係ない(多分)のですが。
    みね子ちゃん&実さんが奥茨城に到着した時、画面上で2人の吐く息が白く見えた事に「!?!?」と率直に感じました。
    田植えの時期なのに吐く息が白い!?…と見ていた時点では疑問を感じました。(本放送のみならず再放送でも確認しました)
    私が住んでいるのは同じ茨城県北の海沿いの地域ですが…田植えの時期(現在ではGWもしくはその翌週辺りに行われる場所が多いように感じています)で、吐く息が白いなどという事はちょっと考え難いです。その事がずっと心に引っ掛かっています。
    当初は編集ミスか?と思ったのですが…奥茨城村のモデルの一つとなっているであろう大子町の気候をざっくり調べてみた所、4月の平均気温は10.8℃(最低気温は3.9℃)、そして5月は15.7℃(同9.8℃)…となっていました。偶々寒い日だったのだと見ているこちら側が納得すれば良いのでしょう。(^^;)
    確かに、私が住んでいる地域と比べると、同じ茨城県内でも大子町は別世界です。(^^;)
    今日放送された分がいつ撮影されたのかは???ですけれども…畑の場面では雨も降っていた様子でしたね。
    スプリングコートを着ていたみね子ちゃんはまだしも、シャツ1枚という服装だった実さん…寒くなかったのかな?などと思ったりしちゃいました。

    なお大子町を別世界(^^;)と書きましたが…海沿いの地域と違って、いわゆる「冬が寒くて、夏が非常に暑い」土地柄です。真冬には氷瀑=凍結した袋田の滝を見る事が出来ます。(年によって凍り方に差がありますが)
    そしてリンゴの他にも、「奥久慈茶」=茶葉の栽培も結構盛んです。(^^)

    「いいのげ?もういいのげ?話終わり?父ちゃん!」
    現時点では実さんに記憶が戻らないままですが…進くんが自分に抱き着いて来た事で、実さんは安心したのではないかな?と私は感じました。

    ところで…バスの運転士である小太郎さんのフルネームは「片根小太郎」さんなのですね。(車内の運転士氏名の名札で確認出来ました)
    「片根さん」という苗字も、茨城県北地域に多い(偏在している)苗字の一つです。(^^)

  5. 常磐本線 より:

    朝蔵(あさぞう)様
    毎日の更新本当にありがとうございます。
    次郎さんは、二種免許取ってドライバーか整備士資格取って配置転換されるのでしょうね。
    (日立電鉄バスは、昭和43年頃ワンマン化されたのかなー、うちの近所を走っていた茨城交通は、昭和45-6年位までは、車掌のおねーさんがいた記憶があるんですが・・・小学校上がる前なので記憶違いかもしれませんが)
    おとーちゃんと皆の再会シーンでは、またまた涙が止まりませんでした。
    15分の時間では不要なんでしょうが、「まずは線香あげろや」的なじいちゃんの言葉が有っても良かった気がします。(ばーちゃんの遺影は写していましたね)
    番組終了までご指導よろしくお願いします。

  6. ぷーさん より:

    今日の終わりは「ピヨピヨ」ではなかったですね。
    このまま・・・幸せの方向に物語が進んで欲しいです。
    せつこさんも含め、みんないい人で・・・みんな幸せになって欲しいです。

  7. 漆原 新吾 より:

    実さんが帰ってきました。
    お父さんは、ずっと息子のことを心配していたでしょうし、苦労を掛ける最高のお嫁さんに対して申し訳ないし何とかしてあげたいし・・・。ずっと、考えていたことでしょう。
    息子が帰ってきて、居間で挨拶するシーン。息子を迎える父の後ろの仏壇に、女性の笑っている(?)写真がありました。きっとお母さんですね。お父さんと一緒に、お母さんも喜んで迎えているのでしょう。
    細かい演出が暖かくて、このシーンが見事でした。

  8. ななつ花 より:

    いつも楽しく拝見してます。
    進くんと実お父さんとのハグ、感動しましたね(涙)
    実お父さんが、その大きな両手で子どもたちの顔をはさみ、ぐちゃぐちゃ~って、してくれる日が早く訪れますように。
    勝手な想像ですが、記憶が戻る前に何気ない動作の中で『ぐちゃぐちゃ~』ってやるんじゃないかなぁ

  9. もんばび より:

    朝ドラマーさんの御見解を拝見して、ふと妄想が浮かびました。
    「再び大きなショックを受ける」というのは、もしかして、最初のひったくり犯?
    そいつと東京の道端でバッタリ出くわして、その瞬間に実さんは何もかもを思い出しちまって、でも相手の超ビビった表情を見て、あるいは相手が語る「止むに止まれぬ深い事情」を聞かされてか、実さんは全てを許しちゃう。
    市井の誰もが、一つひとつの物語を湛えていることを切々と訴えるこのドラマ、突き詰めれば、このどうしようもないひったくり犯にだって人生があり、物語があるわけです。そして、このひったくり犯は刑期を終えて罪を償っており、心を入れ替えて真面目に働いている。実さんは全てを知って、全てを許すことにする。

    いやー、「全てを許しちゃう」のところに無理がありますよね。

  10. ぴっぴ より:

    いつも楽しみに拝読しています!
    重箱が記憶を取り戻すことの重要アイテムだとしたら、私もこんな想像をさせていただきました。

    実さんが奥茨城に帰って月日が過ぎ、記憶は戻らなくても家族との新しい暮らしにすっかり慣れた頃。
    「そういえば、預けたままの重箱があったな」と、ふと思い出す。それをきっかけにして記憶が…
    すずふり亭の戸棚にひっそりと大切に仕舞われていた重箱。鈴子さんは見せたり話したりすることなく、実さん自ら思い出してくれることを信じて待っていそうな気がします。

  11. ぱぽりん より:

    美代子が世津子の家へと行ったのは、実を取り戻すため。しかし、取り戻した後大切なのは、奥茨城へ連れ戻すことではない。いかに今の家族を壊さないようにするか。
    蕎麦屋で美代子が
    「私が嫌だから」
    と言っていたけれど、確かにそうなのだろうが、茂、千代子、そして進の心を思いやったのだろう。実だけでなく、今の実を受け入れる家族の側にも十分な心の準備が必要だと。

    <私がお父ちゃんのことを全て教えてあげる>ではなく、家族それぞれの持つ世界を理解し、自分の知りうるものだけをきちんと整理して実に話す。
    恋愛をし失恋を経験したからこその
    「男の人としての谷田部実は、おかあちゃんでなければ分からない」
    美代子が実を探しに東京へと出かけ戻った時、みね子が
    「私がもう少し大人だったら」
    と悔やんだけれど、今のみね子は充分に大人だ。だからこそ、何のためらいもなく美代子はみね子に実を託すことができたんだね。
    実が家族みんなに話をした時、家族の側でなく実の脇に座っていたみね子はとっても頼もしく見えました。

    ひよこから若鳥へと替わった鳴き声、十分に十分に納得です。

  12. ブブンガ より:

    次郎車掌の退職の日、スピンオフで観たい気がします。
    谷田部家だけでも沢山の回想シーンがあるでしょうし、
    高子さんの嫁入りも乗せているでしょう。
    もっといろんな奥茨城の人々のドラマがありそう。

  13. まさかず より:

    コバ蔵さん、とうとう言っちゃいましたね。実の記憶が、『もう戻らないないのではないか?』と。私が実さんの記憶喪失に関して懸念していた最悪のパターンを。。 
    気になるのは、実さんのセリフか、この鑑賞後の感想のサブタイトルにもなっている「ここでもういっぺん生き直したい」です。 このままではコバ蔵さんの言う通りになりそうですね。記憶が戻らず 家族の絆を取り戻した後はもう一度生き直すために新たなスタート! あーぁせつな過ぎる。
    記憶が回復しなくても、何か一つ良い事が、誰か一人ですも幸せになって欲しいなぁ。
    誰か一人、みね子ちゃんはもちろん、愛子さんか、苦悩が解けて世津子さんが、かおりさんは和解しそうだけど、あるいは、このドラマで大好きな二代キャラの宗男さんか早苗さんが。誰かハッピーになります様に。。

  14. まるこ より:

    わたしも実さんの記憶は戻らないような気がします。戻らないままに新しく家族を再生して行く物語なのかな、と。富さんが「記憶が戻らなくても新しい思い出がたくさんできる」(でしたっけ?)と言ってたこと、あれが繋がってくるんじゃないかなあと思います。安易に記憶が戻るより、ずっと深い物語になりそうで期待しています。

  15. まりむす より:

    浦島太郎は三年竜宮城にいて、戻ってきたらおじいさん。
    実さんは二年半で乙姫世津子さんの元を去ったので、すずふり亭で玉手重箱を開けて、記憶を取り戻す!なんてね。

  16. GATTO より:

    こんにちは〜 今日は、仕事が休みで、放送時間に見られてうれしいです。録画よりも画像もきれいだしね。

    実お父さんが奥茨城に帰って来たこともさることながら、今回初めて谷田部家のお祖母さんの写真が登場しましたね。私は、彼女と三男君のもう一人のお兄さんが気になって仕方なかったのですが、これで一人は希望が叶いました(笑)。
    それはともかく、当たり前のことですが、お祖母さんは実さんにとっては実の(じつの/分かりにくい名前です)母親であるわけで、写真だけとはいえ、母親の顔というものは記憶が戻る重要な要素ではないでしょうか。
    少なくとも、今後周囲にいる人たちとの関係で、本当に昔の記憶が戻ったのか、それとも最近の記憶が上塗りされただけなのか、分かりにくいと思いますが、それを区別するのに、母親についての記憶は重要ではないでしょうか。
    もしかしたら、母親の夢、それも自分が子どもの頃の夢を見る、そしてそれが、記憶が戻るきっかけになるなんてこともあるかもしれませんね。

    あと、今回は小太郎さんの顔がいつもより長く見られてうれしかったです。俳優の城戸光晴さん、二種ではない(お客からお金は取れない)けれど、実際に大型免許を持っていて、このドラマでも自分でバスを運転しているようです。

    ドラマの後のいつものピヨピヨ、今日は何羽かのニワトリの鳴き声でした。家族が揃った、という意味なんでしょうね。

  17. もんばび より:

    いつも感激しながら拝読しています。
    私は、最後に進が父ちゃんに巻きつくシーンが非常に印象的でした。失踪とかキオクとか、よくわかんないけど、いま僕の目の前に大好きな父ちゃんがいる。会いたかったー、大好きだよ父ちゃん。進の嬉しい気持ちが溢れるようでした。
    ここから始める。ここから生き直す。希望に溢れる素晴らしいシーンでしたね。

  18. しし より:

    僕は最近、最終的に記憶は戻らないのではと思い始めています。戻らないけど新しい記憶が出来ていくという。要するに富さんの話の通りに。

  19. hajime72 より:

    セリフは少なくともしっかりと伝わる、今日はそんなお話でした。上手いなぁ。次郎さんとの会話でも緩みそうだった涙腺が、進くんに壊されてしまいました。実さんの記憶が戻るきっかけになるかも、と思われる伏線はいくつかあるように思いますが、強い衝撃を受けて失ったものを取り戻すには少し弱いかも、と思い始めています。記憶は戻らなくても、今日から家族としての思い出を積み上げていけばいいのかもしれません。ただ、矢田部家揃って鈴ふり亭で食事だけは見せて欲しいものです。

  20. きばらしくん より:

    番組最後のタイトルの看板の最後
    ピヨピヨじゃなかったですね。鶏のなきごえでした
    番組の芸が細かいね

  21. 太郎次郎 より:

    今日も涙腺決壊の回でした。みんな温かいです。美代子おかあちゃん、健気です。千代子ちゃん 切ないです。おじいちゃん、感無量でした。そして進くんが、なんのためらいも遠慮もなく、実お父ちゃんの膝の上に乗って抱きついていく光景を見て、皆んな家族は記憶をなくしていても、間違いなく実お父ちゃんだと確認できました。一番幼い進くんが、一番実さんの本質を感じ取っているからです。もう涙腺決壊でした。

  22. めんどり より:

    今朝も泣きました。進君がカワイイ。みね子ちゃんは、仕送りをして、お父ちゃんを見つけて、本当に頑張りました!

  23. 繊蘿蔔 より:

    今朝の放送では
    ミノルさんの帰省に際して重箱を持たせませんでしたね
    つまり 渡すのは記憶が戻ってからにするつもり?
    と云うことは 説は薄い

  24. 安ママ より:

    いやー、今日もやられました。
    朝から泣けてたまりません。
    奥茨城の自然や人情は、いくら記憶がなくなっていても居心地のいいものなのですね。
    とまどいがあるものの、みんなからの愛情が実さんにしっかり届いているのが伝わりました。
    奥茨城でもそぼ降る雨でしたね。
    記憶を失くした時は土砂降りでしたが、これからの穏やかな生活を示唆するような優しい雨でした。

  25. コバ蔵 より:

    いつも観させていただいております。
    実の記憶ですが、もう戻らないのではないでしょうか。
    富さんのセリフは違う気がする!とみんなに言われてましたがとても大事な事だと思います。
    新しい家族の絆がこれから作られていけば十分ですよと。それで大丈夫なんだよと。
    記憶が蘇るという事は辛い部分もだと思いますからね。絆を取り戻した後は、
    茂さん、実さん、美代子さん、千代子ちゃん、進くんで上京し鈴ふり亭でハヤシライスを食事!
    その時にみね子が「実は私も食べた事、ううん、この日まで我慢してたの」です。
    そして家族で堪能後、重箱を鈴子さんから返却してもらう。そんな場面が来ると予想します。
    あ、予告でキヨさんが爆弾発言してましたが、
    キヨさんの編み出した記憶回復の為のショック作り話と予想してます。

  26. まさかず より:

    いつも楽しく拝見しています。皆さんの観察力と想像力の素晴らしさ(ときどき笑い)には感心するばかりです!
    実さんの記憶がどんなタイミングで戻るのか?私の最大の関心事ですが、
    ともぞうさんの云う『重箱を見て思い出す』の思いには、やられました。 
    又、いくこさんの母が云う『すずふり亭のハヤシライスを食べて思い出す』には更にやられました。 お二方の想像力はさすがですね。大賛成です。 
    どちらも思い出す場所が すずふり亭ですから、両方いっしょ というのは如何でしょうか。。私は以前に鈴子さんがみね子ちゃんに言った『おとうさんは、この重箱を取りに いつかきっと帰ってくるわよ』と話していた事を思い出しました。 とにかく記憶が戻る事を願うばかりで、その場面が楽しみです。

  27. ともぞう より:

    預けているお重箱を見て、思い出して欲しいなぁ。

  28. いくこ より:

    いつも楽しく拝見しています!
    ウチの母はすずふり亭のハヤシライスを食べて思い出すんじゃない?と予想していました。
    世津子さんにも幸せになって欲しいですね。

  29. 朝ドラマー より:

    実際に記憶を取り戻した方のことはわかりませんが、ドラマでよくあるのは再び大きなショックを受けることで思い出すパターンですよね。それは辛いですが、先週からもう気持ちがざわざわして世津子さんのところに残ることになるんではないかと思っていました。でも奥茨城に帰って自分を取り戻したいと言うのですね。ほっとしました。みね子ちゃんの恋愛より気になっていたので(島谷さん再登場するんですか?)世津子さんが素敵な人だけに彼女は辛いですよね。でも安心しました。いつもありがとうございます。