谷田部家が揃っての夕食 / ひよっこ 第112話

2017年8月10日(木)放送『ひよっこ』第19週

あらすじと見どころ解説

みね子が実を連れて奥茨城の谷田部家に戻って来た日の夜。実をみね子に託したことを詫びる美代子に、みね子が答えました。実との東京での二人暮しは楽しかったと。そして、実は他の人になったわけではない。実は実のままだとみね子は美代子に告げました。

そして夕食の時間。それは二年半ぶりの、家族だんらんの豊かな時間でした。その日、美代子は実に喜んでもらいたい一心で、かつて実が大好物だった料理を用意していました。自分の手作りの料理を実が美味しそうに食べる姿を見て、美代子は胸がいっぱいです。

ちよ子と進にはさまれて実も一緒に眠りについた夜遅く。みね子は、高校生三年生の時の稲刈りの日の前の晩のことを思い出していました。実や茂にはじめて大人扱いをされて感じた誇らしい気持ちをみね子は思い返します。

そして迎えた谷田部家の田植えの当日。その日は朝から雨が降っていました。美代子とみね子は朝から食事の支度。ちよ子と進もこの日が来るのを心待ちにしていました。一方、茂と実は雨合羽に身を包み、田んぼへと向かうのでした。

<<前回111話 | 次回113話>>

Sponsored Link

『ひよっこ』第19週 第112話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年8月10日(木)放送
第19週 第112話「ただいま。おかえり。」
今回は実さんも含めた谷田部家の家族が顔を揃える夕食の場面が描かれます。

実さんが記憶をなくしているとはいえ家族が顔を揃える一家だんらんの場面、予想よりも早くやって来ました。もっと先のことになると予想していたので驚いています。

ところで『ひよっこ』の最終回は9月30日です。最終回まで、一ヶ月20日ほど。まだ40話以上残っています。

しかも、残った期間は半年に及ぶ朝ドラの中で最も波乱に満ちたドラマが展開されるタイミングでもあります。

その残り40話の中で、実さんが記憶を取り戻す日々が淡々と描かれて、それでおしまいとは思えない。

ひと波乱もふた波乱もあるはずです。

今回、ドラマの中で久しぶりに穏やかで豊かな時間が描写されますが、嵐の前の静けさのような気がしてなりません。

もちろん嵐を経て最後はハッピーエンドになるのでしょうが、当然のことながらハッピーエンドの前の嵐はこれまでにない嵐になることが予想されます。

実さんの失踪という嵐よりも、向島電機倒産という嵐よりも、みね子ちゃん失恋という嵐よりも、そして実さんの記憶喪失という嵐よりも激しい嵐が・・・

8月下旬あたりからとんでもないことになるような悪い予感がします。

コメントありがとうございます

前回は、進くんがお父ちゃんに飛びついて行ったリアクションに大きな反響がありました。前々回だったか、美代子さんがこんなことを言いました。進はお父ちゃんが戻ってくるというそこだけを喜んでいるのが救いだって。

前回の進くんのリアクションはその「救い」を目にもの見せてくれましたね。お父ちゃんが戻ってきたことをシンプルに喜ぶ進くんの姿が、それまでちょっとだけギクシャクしていた空気を一瞬にしてやわらげくれました。

進くん、いい仕事しました!

そしてもう一点、反響が多いなと思ったのは実さんがすずふり亭に預けっぱなしの重箱の存在です。

鈴子さんは今のところ重箱を返していません。当然のことながら重箱のことも記憶にない実さんは重箱の返却を求めてはいません。

ところで鈴子さんは重箱に関しては実さんが引き取りに来るのを信じて待っています。

実さんが「重箱を引き取りに来ました」というその日を鈴子さんは待ち続けている。ということはその日が来るのかも知れませんね。そしてその日はもしかすると谷田部家の家族が揃ってすずふり亭で食事をする日にもなる?

そんな展開を予想してみました。

『ひよっこ』第19週 第112話 観賞後の感想

進くんの存在意義が絶大

お父ちゃんが帰って来た!そこだけを素直に喜んでいる進くんが今回もギクシャクした谷田部家の空気をなごませてくれました。

お風呂上がりの場面。浴衣のサイズがぴったりであることに実さんは感激。しかし、その浴衣が自分のものであると認識できていない実さんに対して、みね子ちゃんと美代子さんはちょっとだけ寂しそうな表情を浮かべたのを僕は見逃しませんでした。

そして寂しそうな表情を浮かべたけれど、そのことについては何も言えない。暗黙の了解のうちに、実さんの記憶のことは触れないようにしようとでも言うかのように。

その「暗黙の了解」を真正面からぶち破ったのが進くんでした。あっけらかんと、俺のこと本当に覚えてねえの?って、言葉を選ばずに疑問に感じたままに尋ねました。

そのとき、一瞬だけ谷田部家の空気が凍りついたような気がします。でもそれに続く進くんの爆弾発言に続く質問が可愛い!

「じゃあオネショのことも覚えてねえの?」

一瞬だけ凍りついた谷田部家の空気は、この進くんの爆弾発言PART2で一瞬にして溶解。話がそれますが、この間の取りが愛子さんの天然の「間」に似ていると感じたのは僕だけでしょうか。

それはさておき、この一連の家族のやり取りや反応を見ていて思いました。もし進くんがいなかったら、または進くんが中学生くらいになっていたら、実さんの記憶のことは触れてはいけない話題になっていたかも知れませんね。

言葉が過ぎるかも知れませんが実さんの悲劇を見て見ぬふりをして、表面上は楽しい家庭が復活したように見えるけれど、それはあくまでも表面だけのこと。

本当のことを言いたくもて言えない。顔では笑っているけれど、いつも現実から目をそらしてどこか息の詰まる雰囲気に谷田部家が陥ってしまっていたかも知れません。

でも進くんがいるおかげで、谷田部家の家族たちは実さんの悲しい現実を直視できるようになりました。

進くんが、無邪気さゆえの愛子さんレベルの天然(笑)を発揮してくれることで、実さんの記憶のことが禁句でなくなり、実さんの悲劇を見て見ぬふりをすることなく受け入れることができるようになったかと思います。

進くんの存在意義、絶大です。

追記:お父ちゃんが戻って来たことで興奮しっぱなしの進くん。その翌朝はオネショ騒動はありませんでしたが、もうオネショはなおったのかな?たしか以前なら、興奮した日の翌朝は決まってオネショをしていたはずです。

ちよ子ちゃん

ちよ子ちゃんがいつのまにかすっかり成長していて感激しました。食卓の準備、食事の準備と誰にも言われず黙々と家事をこなし、割烹着姿もすっかり馴染んでいる。

それでいて学校の成績も優秀だとか。お姉ちゃんとはずいぶん違いますね。ちよ子ちゃん、もう少し成長したら豊子ちゃん並みにお姉ちゃんのことをいじるのかも知れません。

お姉ちゃんの高校時代の成績が「2」ばっかりが並んでいるアヒルの行列だって言うこと、ちよ子ちゃんなら知っているはずですから・・・

さて、そのちよ子ちゃん。お父ちゃんの記憶がなくなったと聞かされたとき、ちよ子ちゃんは泣いたよって美代子さんが言ってました。

実さんが家族に挨拶した時も、ちよ子ちゃんは言葉が出ませんでした。

成長はしたけれど成長がまだまだ未熟なだけに戸惑いも深いのでしょうか。でも進くんの爆弾発言をきっかけに、お父ちゃんとの距離の取り方も見えてきたみたいです。ちよ子ちゃんもこれで安心です。

追記:進くん、ここでもいい仕事してますね。

<<前回111話 | 次回113話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ※※皓司 より:

    このブログのおかげで、「マッサン」からNHKの朝ドラを見るようになった70代のオジンです。
    僕なりの朝ドラベスト3を書いておくと、1 マッサン お酒と外人で見る気になった。 2 とと姉ちゃん 高校生の頃、スカートをはいて学校に通ったほど影響を受けた雑誌。そうそう僕は男性です。 3 べっぴんさん 神戸-ファミリアの2点で見る気になった。

    今回の朝ドラは、タイトルは気に入っていたが、主人公とお話しに魅力がないので、録画していたけれど、見ていなかった。父親が見つかったので、ようやく見る気になったところです。それからは毎日鑑賞しています。記憶を失ったという演技がじつにうまいなあと感心しているところ。こんな馬鹿な読者ですが、よろしくお願いします。

  2. 太郎次郎 より:

    岡田さんの脚本って、本当に素敵だと感じます。悪い人が一人も出てこない。一日の始まりの朝ドラは、こうでなければと思います。ちゅらさんの時もそうでした。毎朝を迎えるのが楽しみで仕方がありません。必ず、胸が熱くなる瞬間が描かれる。昨日はおとうちゃんの涙顔がよかった。そして、今日は弟の宗男さん、やっぱり優しい人ですね。何も言わないでお兄さんに抱きついて、実さんが戻ってから、誰もこうやって抱擁した人はいません。宗男さんだからこそできる。ひよっこは、日常の当たり前のような出来事が温かく描かれている。それも一人一人の配役が絶妙で素晴らしいと思います。残り、40日余り、どんな展開が待っているのか楽しみです。

  3. ひるたま より:

    「あの、お父さ…父ちゃん」「ん、何だ?」「実って、いい名前ですね…好きです」
    名前は、親が子供に贈る最初のプレゼントと巷では言われます。(以前にも書いたかもしれませんが)
    息子=実さんからこのように言われた親=茂さんの気持ちは如何ばかりか?
    記憶を無くしていたからこそ出た「いい名前ですね…好きです」でもあった訳です。嬉しい気持ちと息子を不憫に思う気持ちとがごちゃごちゃに入り混じったからこそ、茂さんはあの反応になったのかな?
    実は昨日見ていた時点では「親孝行」などと単純に感じていました。普段親に対して「自分の名前が好き」などと、なかなか言う機会はないですからね。(内心では思っていても、気恥ずかしさが先に立ってなかなか言葉に出来ないものでしょうし)
    現実問題として、何気なく親子で会話を交わす事も立派な親孝行なのかな…と現在ではつくづく感じています。(殊に親が歳をとると尚更その気持ちが強くなるような気がしています)
    現実の世界では、ちょうど今日辺りから旧盆で帰省される方達も大勢いらっしゃる事でしょう。ちょうど帰省シーズンに「里帰り」エピソードを持ってきている…脚本の妙ですね。

    そして名前で思い出しました…些か唐突ですが、『安部米店』の父娘の事を。
    さおり(米子)ちゃんが「米子っていい名前…好き」と、父親に向かって言う時は来るのかな?などとふと思っちゃいました。仮に三男くんから「いい名前」と言ってもらえたならば、さおり(米子)ちゃんも少しは考えが変わるかな?(^^;)

    昨日は回想シーンが度々挿入されていましたが…みね子ちゃんが垢抜けて来ているな~とつくづく感じ入りました。演技も然りなのでしょうが…ヘアメイクそして体重(有村架純さん、確か奥茨城編の時には体重を増やしたとの事でしたよね)の違いも大きいですね。

  4. ぱぽりん より:

    実が茂に言った
    「実って、いい名前ですね」
    引っかかっていました。

    「この人は名前の無い人だった。雨の日に出会ったので雨男とよんでいた」
    世津子に名前を与えられてはいても、その名前は何も引きずっていない。ただ<音>にしか過ぎない。自分が何であるのかを何一つ示してはくれない。

    実は、みね子、千代子、進たちの話を聞いて、「実」という名前がどれほど豊かで心地よい世界にあるのかをしみじみと感じたのでしょう。
    これまではまだ漠とした不安を抱いていた実が「谷田部実でありたい」と決断した言葉であったのではないか思いました。

  5. GATTO より:

    こんばんは。

    今日も、お祖母さんの写真を見ることができましたね。やはり丸顔で、みね子さんのお祖母さんらしい顔です。実さんは、自分の母親の顔を見て、どう思ったでしょうね?

    それから、昨日・今日と回想シーンが多いですね。昨日などは、まるで高校生のみね子さんが、大人になった自分を迎えに来たようでした。
    最初の稲刈りと、今回の田植えは、撮影時期が数カ月離れていると思いますが、その間に実さんはずいぶん顔がふっくらしたようです。逆にお祖父さんはあまり変わらないですね。
    明日は、田植えの場面になるようですが、また回想シーンが見られるのかな?そして、この回想シーンは、実さんの記憶の回復と少なからず、関係があると思うのですが、どうかからたってくると思うのですが、いかがでしょうか?

  6. 雪飴 より:

    「実って、いい名前ですね。すきです」実の言葉に、いつも温厚であまり感情を表に出さない茂じぃちゃんが思わず見せた一瞬の泣き顔に、目頭が熱くなりました。
    優しい親思いの性格はそのままの不憫な息子。親としてのそれまでの色々な思いが溢れ出た瞬間でした。

  7. ぽちママ より:

    いつも楽しく拝見しています。ひよっこはひとつひとつの描写が丁寧ですよね。8月後半から、みね子の新しい恋が動き出すのかな?と予想しています。後半は恋をじっくり描くと何かで読んだので…今までたくさん出て来たヒデ君のフラグはそのためのものだったのかな?と。どんな展開なのかとワクワクしています。幸せな嵐であることを願っています。

  8. こば蔵 より:

    こんにちは。
    今日も素敵な場面盛りだくさんでしたね。千代子ちゃんの成長がしっかり描かれてました。
    座布団を並べてて、実さんが座る座布団を嬉しそうに撫でてましたね。じわっときます。
    美代子さん不安でしたでしょうね。お蕎麦をいっしょに食べたとはいえ、あの豪華なスリッパのマンション暮らし。
    出てきた紅茶。さぞ贅沢で素敵な食事をしていたんだろうと想像してたはずです。
    嬉しいとホットした感がごちゃごちゃですかね。ほんと良かったです。
    進君、今の矢田部家ではほんとなくてはならない存在です。足早いのが自慢!
    リレー選手の活躍を、画面を通じて応援したいです!世界地図級で怒られるとこも(笑)
    名前の場面は油断しました。古谷さんの演技の凄さ!涙を悟られまいとする動作。いっしょに涙です。
    嵐の予感ですか。たしかにそんな流れになりそうですね。・・・
    とすると、鈴子さんかな?
    由香さんの事が懸念材料として鈴ふり亭にはありますもんね。鈴子さんが倒れるのがきっかけとかでしょうか。
    みね子にお金の管理は難しそうです。由香ちゃんが入院中の鈴子さんの代わりになる。
    もちろん回復して退院までは行くと思いますが、もう同じようにホールの仕事はできなくなる。
    レジで座りながらの仕事。そんな展開かな。
    個人的にはみね子のホール係の新人面接も観てみたいですが。
    高ちゃんばりの舐めまわすような視線攻撃の後の「不採用です。」元治さん他の強張る表情。(笑)

  9. 浦添まんた より:

    ここ数日、過去シーンの挿入があるからよく分かるのですが、ヒロイン有村さんは本当に素晴らしい俳優さんですね。もともとタヌキ顔系の愛らしい美人だから、高校生も大人も違和感なくこなせるのですが、このドラマでは太って減量するデニーロみたいなこともしたようで、今の「みね子」はいろいろあってすっかり大人になった、成熟した感じが良く出ています。実時計の経過は高々半年ぐらいでしょうに、凄いですね。それで言うと、ちよ子役の宮原和ちゃんにはもう驚きの一語です。少しずつ成長していき、今回はおさんどんを手伝う手際のよさで時間の変化を表しているのに感激しました。朝ドラは脇役に素晴らしい配役をするのが常ですが、今回はちよ子・進ともに完璧です。

  10. もんすけ より:

    「実という名前、いい名前。好きです」
    画面を見ながら、じぃちゃんと一緒に「く~~っ!」と目頭熱くなってしまいました(私には今日、最大級の泣き所でした)。

    どうして「実」という名前をつけたのか、お父ちゃんがじぃちゃんに直接聞いたのかはわかりません。
    みね子ちゃんから農家に生まれ育った父ちゃんの、「実」という名前はいいと思うと聞かされていたからか、それとも、田植え前の矢田部家の高揚感を肌身に受け取ったのでしょうか。率直にキラキラした瞳で言われたら…、そりゃ、じぃちゃん、泣けてしまいますわね。

  11. mi より:

    いつも更新を楽しみにしております。ありがとうございます。
    父ちゃんの、実っていい名前ですね、の後の、茂おじいちゃんの様子、今思い出しても涙が出そうでした。

  12. でんでん より:

    初めましてです
    このドラマは、当時の普通の人達に、普通に起こっていた事を、ドラマにしている感があるので、年齢により、時間の流れのなかでお別れになる人がいるかと・・残念ながら・・・
    しかし、日本は、これから高度成長期に入り、苦しい時代から一変していく時代になります。私は、各登場人物たちの生活も、一変していく流れになることを期待しています。
    この辺りから、各家に電話が入り、テレビもカラーに、自家用車も増えてきました。大学に行くのも普通になってきて(当時は国立大学の学費はとても安かった)、谷田部家の子供たちも進学し、就職して、結婚して・・・
    愛子さんも言ってましたよね「つらい思いをした、でもこれからの私にはいいことしか起こらない。とんでもないことになる」って、幸せが爆発することを期待したいですね
    一番に期待する予想は、島谷さんがみね子を迎えに来ることです・・が・・

  13. ちーぼー より:

    千代子ちゃん、進くんがお父さんが戻って嬉しそうで、こちらも嬉しくなりました。
    これからの「エグイ」展開、茂さんの悩んだような表情を見ると、自分の病気を知っていて…などと想像もしますが、でもみね子ちゃんの仕送りを止めさせようという話がこれから出るのなら、茂さんがいなくなることは無いだろうし。うーん、何かな。
    余談ですが、私の叔母は美代子、千代子という名の姉妹なので、谷田部家の母と娘で混乱してしまいます(^_^;)

  14. hiro より:

    ラスト、爺ちゃんの涙をごまかそうとしたシーンにやられました。観ているこちらは涙をごまかせなかった(笑)
    『てるてる家族』で、でんでんさん演じる工場長が生き別れした娘さんと逢う話でも号泣したが……ホント、寡黙で一見堅物そうな親父が泣き崩れる姿に、私弱いんです。
    良い回でした。

  15. 繊蘿蔔 より:

    父娘そろっての帰省に際して重箱が出なかったことで
    『重箱を見て記憶が戻る』説はなくなり
    奥茨城でどんな風に回復して行くのか期待がかかりますね
    最終的には総て思い出すことにはなるのでしょうが
    もう一押しくらいの状態ですずふり亭を訪問し
    重箱を渡されることで記憶が補完される
    といったような筋立てになるのかしら?

  16. あま夏 より:

    昨日からちよ子ちゃんと進くんに泣かされっぱなしです。
    ちよ子ちゃんと進くんの声、話し方、これって演技?と思うほど!
    「まあね」をずっと聞いていたいです。

  17. hajime より:

    8月下旬あたりからとんでもないことになる、ってなんなのでしょうか?個人的な感想(妄想)ですが、実さんが記憶を取り戻すには、相当に衝撃のあることが起きる必要があるのではと思っています。実さんにとっても矢田部家にとっても大きな出来事。もしかしたら、茂おじいちゃんに関することのような気がしています。私の大好きな「ちりとてちん」で、おじいちゃんが亡くなる際に親子が和解したような、そんな展開で実さんの記憶が戻るなんて辛いです。ここ数日、言葉は少なくても存在感たっぷりに描かれていた茂さん。「実っていい名前ですね」と言われて思わず涙ぐんでいた茂さん。こんな想像は当たって欲しくない、私の単なる妄想であって欲しい‥。

  18. 朝ドラマ― より:

    奥茨城に実さんが戻っての一家団欒、良かったですね。ちよ子ちゃんは本当に大人びてお手伝いもしっかりできる女の子になりましたし、おねしょのことをお父ちゃんが覚えているか気にする進くんが可愛い。みね子は世津子さんやお母ちゃんとの間で辛かったと思いますが、幼い下の2人には見えないこと、分からないことが多くて子供なりの不安が大きかったと思います。そして黙って耐えてきた茂さんの様子も丁寧に描くこの作品が大好きです。

    例年朝ドラの撮影は8月末で終わりですよね。まだアップした主要キャストが1人もいないという話ですが、朝ドラって順番どおりに撮影しないそうですね。また、掛け持ちしている俳優さんも毎回います。ロケも天候や現地の都合などやりくりして行われているのでしょうね。コスモス畑もタネを植えて咲かせたものだと聞きました。島谷さん役の竹内くんもですが、沢村さんも撮影が始まっている次の大河ドラマにも出演されますよね。過去の作品でも急に不自然に退場した俳優さんが実は他の作品で忙しくなったのが理由だったり、いろいろ裏事情があるようで興味深いです。皆さんが大変な撮影スケジュールの中、私たちに切ない涙や温かい涙、温かい家族愛や友情、思いやりを届けてくれることに感謝です。

  19. 実穂 より:

    今日の帰省の回は家で見て居たらきっと涙を流していたでしょうが、仕事をしている時間なもので、昼休み、うるっとはしながらも見ていました。バスの車掌さんも時代の流れなのか不況からなのかワンマンにかわるから、これからのことはわからない、でもその前に実とみねこに会えてよかったですね。

    そして茂お祖父さんですが、もうそろそろご老体に農作業は厳しくなってきたかなと思います‥
    先日ご婦人がたが話しをしている裏で縁がわでさびしそうに座っていた茂さんの、いろんな苦悩が感じられて
    もしかしたらご自身、体のどこかが悪いのかな、とも思いました。
    無理に畑に出ている可能性もありますね‥。なんたって美代子さんの細腕一つでは任せられないですから‥
    それに、息子が不在の間はと気力でふんばっていた面もあると思います。
    できればいつまでもお元気で、せっかく実さんが帰ったのだから家族の時間を過ごしてほしいものですが
    こればかりはわかりませんね。

    ちよこも、かつてのみねこぐらいにまで大人びていましたね。進は子供だからまだまだお父ちゃんに甘えたかった。
    とにかく実さんの帰省よかったね、というところです。

    実さんの記憶が戻ると仮定して、すずふり亭に預けられているお重箱がたしかにまだ出てきていませんから、
    お重箱がきっかけかも、と予想される方になるほどと思いました。

    大きな試練があるのかも、とのことですが、確かにそのことも懸念されますが、いつでもその試練の後には
    レシーブと言うか、受け皿と言うか、支えというか。温かい皆さんがいて、絆が強固になっていくという回収に
    なっていると感じているので、そうなってほしいです。たったひとりでは耐えられそうにない悲劇痛みも、みんなで支え合って乗り越えてほしいです。

    ひよっこ、というタイトル、今考えると深いですね。
    実さんもいま家族としてひよっこのようにみんなと歩み始めたばかり。
    高子さんも東京から嫁いでお嫁さんひよっこ。
    みねこ時子ほかあかね荘の若者たちのひよっこストーリー。

  20. トントン より:

    急にすずふり亭がなくなってしまう→みね子が失業する、とか?

  21. 繊蘿蔔 より:

    昨日は・・・シゲルお祖父さん・・・と予想してみたものの
    今朝の放送を視たら トミ大家さん を忘れていましたね
    明治22(1989)年生まれなら年齢的にはドンピシャ
    あんなに存在感が強いお人なのに
    いえ 亡くなるなど考えられないくらい
    お元気だからでしょうかね

  22. べんけい より:

    世津子さん、もしかして、ですか?

  23. 南区の肉じゃが より:

    え~~~!悪い予感って何よ!
    茂じいちゃんが 倒れるとか?
    すずふり亭の 誰かに何かが起きるとか?
    いや~ん・・・気になる

  24. 繊蘿蔔 より:

    大波乱で何方かが亡くなるとするなら
    シゲルお祖父さん でしょうかね
    もちろん息子ミノルさんの記憶が
    回復したのを見届けてから
    それも 臨終の床を前にして くらいの
    ヒネリが入れば理想的

  25. 朝ドラマー より:

    ええ~、いまほっとしたというコメントを残したばかりですのに、嵐の予感ですか?失踪よりも失恋よりも倒産よりも?朝蔵さん、どこかで情報を掴んだうえでそうおっしゃっているのですよね?誰かが亡くなるのでしょうか。まだこの作品では身近な人の死は描かれていませんよね。またざわざわしてきました。