由香がみね子を呼び出す / ひよっこ 第118話

2017年8月17日(木)放送『ひよっこ』第20週

あらすじと見どころ解説

ある日の夜。仕事を終えてすずふり亭の裏口から出てきたみね子は、暗闇の中の人影に驚かされました。暗闇の中にいたのは由香でした。話がしたいと言う由香は、いやがるみね子を半ば強引にバー・月時計まで連れて行きます。

由香がみね子を無理にでも呼び出そうとしたのにはワケがありました。みね子と島谷の恋のその後のこと。みね子と実の再会、実の記憶喪失のことを由香はヤスハルから聞かされていました。みね子の近況を聞かされた由香は、みね子のことが気になっていたのです。

同じ頃、その日に嫌なことがあった時子はうっぷんを晴らそうと早苗をバー月時計に誘い出していました。時子と早苗はそこで、みね子と由香に遭遇。早苗の仕切りによって、時子、みね子、由香の順番でそれぞれが抱えている問題を話すことになりました。

時子はその日の映画撮影で、背が高いことを理由に出番を外されたことが不満でした。時子の話す番が終わった頃、あかね荘では物音に気づいた愛子が目を覚ましました。愛子が恐る恐る扉につかづくと、ガラス戸に人の顔がうっすらと浮かび上がるのでした。

<<前回117話 | 次回119話>>

Sponsored Link

『ひよっこ』第20週 第118話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年8月17日(木)放送
第20週 第118話「さて、問題です」
実はとっても心優しいくせに、アマノジャクな性格からその優しさを素直に出すことができない由香ちゃんが、またしても可愛いアマノジャクの姿で登場します。

家から飛び出した手前、すずふり亭の玄関から入ってみね子ちゃんに声をかけることが出来ない由香ちゃんは、今回も店の裏口でみね子ちゃんを待ち伏せ。

でも、裏口とは言え実家のお店の目と鼻の先までやってくる由香ちゃんのその行動に、実家への未練が見え隠れしているように見えるのは思い過ごしというものでしょうか。

ちなみに、由香ちゃんの実家への想い。省吾さんや鈴子さんへの想いも次回あたりに初めて披露される見通しです。

牧野家の再生の瞬間、間もなくのことでしょうか。

ところで朝ドラのサイドストーリーで親子の確執の物語は定番中の定番です。長く深い確執を経て和解に至る涙の物語は朝ドラの見どころの一つです。

牧野家の親子が抱えている問題もそんな朝ドラ定番の確執の一つですが、他の朝ドラの確執よりも容易に和解にこぎつけるかも知れませんね。

かたくなだった由香ちゃんの心がだいぶ軟化しているみたいなので。

しかも牧野家には、最強キャラ・愛子さんという切り札が登場しました。笑いと涙の中での牧野家の和解の場面をブログ主は心から期待しています。

『ひよっこ』第20週 第118話 観賞後の感想

コメントありがとうございました:サブタイトルの件

前回もたくさんのコメントを頂戴しました。本当にありがとうございます。

ところで今週のサブタイトル表記が事前発表のときの「大人になるとき」のままになっていました。頂戴したコメントで気がつきました。

早速、「さて、問題です」に訂正しました。

週のサブタイトルが放送直前になって変更されるようになったのは、僕の知る限りでは『まれ』以降のことです。

『まれ』の前作に当たる『マッサン』以前の当ブログでレビューを書いた三作品にはこのようなことはありませんでした。

理由はよくわかりませんが、完成品を試写して初期のサブタイトルとの間にギャップが生じた場合、柔軟に変更するように運営方針を変えたのでしょうか。

朗報:島谷くんの第22週での再登場が発表されました

島谷くんが再登場するという情報が発表されました。再登場するのは第22週。第22週がどのようなストーリーで、どの場面で彼が再登場を果たすのか詳しいことは今のところわかっていません。

脚本家の岡田先生曰く「彼も意外な形で、第22週で再登場します。今後も、懐かしい人物が時々『ひよっこ』に戻ってきますので、楽しみにしていてください」と言うことです。

ヤスハルくんがまるで兄か父親

いつのことだったかヤスハルくんが柏木堂の養子として迎えられた立場であることをみね子ちゃんたちに告げた場面で、実家から追い出されて寂しい思いをしている自分にとって由香ちゃんはただ一人の心の支えだ、みたいなことを言ったと記憶しています。

でも今は、由香ちゃんとヤスハルくんの支える立場と支えられる立場が明らかに逆転しているようです。

気まずくなった由香ちゃんが口をひらけば出てくるのはヤスハルくんの名前。まるでヤスハルくんなしでは生きてゆけないような口ぶりです。

しかも、二度にわたる「喫茶白猫」での食い逃げをヤスハルくんにとがめられたという事実まで発覚。

ヤスハルくんに怒られたのを理由に食い逃げをやめたということですが、あの由香ちゃんが素直にその言葉に従うヤスハルくん、まるで由香ちゃんの親か兄です。

ところでキャラクター設定によれば由香ちゃんは、画家を目指している青年と同棲中ということだそうです。明日あたり、そのへんのことが月時計会議の席上で由香ちゃん本人の口から明かされるのかもしれません。

そして、これは僕の憶測なのですが由香ちゃんはその同棲生活に行き詰まりを感じているのかもしれませんね。

同棲生活が満足のゆくものであれば、由香ちゃんはわざわざヤスハルくんにここまで頼らなくても、いつも一緒に暮らしている同棲相手が自分のことを支えてくれるはず。

同棲相手が頼りにならない由香ちゃん。その先にある未来は・・・?

由香ちゃんが同棲生活に行き詰まっていると考えるもう一つの理由

今回、由香ちゃんがみね子ちゃんのことを強引に月時計に誘い出したのも、その理由の半分は由香ちゃんの言葉通り、報告がなかったことの不満でしょう。

自称「お節介が嫌い」(笑)な由香ちゃんの、記憶喪失の父と再会して大変なことになっていたみね子ちゃんへの「お節介」でもあったのでしょう。

由香ちゃんがみね子ちゃんを誘った理由の半分は以上の通り。由香ちゃんが口にした言葉を信じましょう。

でも残りの半分は、話し相手が欲しかったと言うのが由香ちゃんの本心だと思います。

今回のアバンタイトル場面で「お願い!話がしたいの、あんたと」と言ったときの、由香ちゃんの訴えかけるような目つきがすべてを物語っていたような気がします。

わざわざ夜中に家から出てきてみね子ちゃんと話しをしたいなんて、やっぱり由香ちゃんの同棲生活はうまくいっていないと思わないわけにはゆきません。

と言うか、由香ちゃんには気の毒なことですが同棲生活に行き詰っていてほしい。正直言ってそんな気持ちもあります。

何故なら、由香ちゃんと画家を目指している青年との同棲生活が完全に行き詰ってしまえば、良いことが二つあるはずです。

一つは由香ちゃんが牧野家に戻らざるを得ないことになって、ようやく牧野家の家族問題が解決に向けての第一歩を踏み出すきっかけができること。

もう一つは、ヤスハルくんとのハッピーエンドです。

追記:ヤスハルくんについてきたワンコ

ヤスハルくんについてきた芝ワンコがかわいい!今後、ヤスハルくんの飼い犬となって、ドラマの中に登場させてほしいものです。

<<前回117話 | 次回119話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 亀蔵 より:

    意外な形の登場って…製薬会社がなくなってたりしませんよね…想像力に乏しくてスミマセン。

  2. kohita より:

    クレジット出てたのにいつまでたっても出てこない富さん。

    まさかの出番(^^;

  3. GATTO より:

    たびたび失礼します。

    懐かしい人々ですか。やはり、松下さん・和雄さん・雄大君ですね。
    赤坂の人々は、登場後ずっとレギュラーになっているし、奥茨城の人々や、向島電機の女性たちは、ちょくちょく再登場しています。それと比べて、向島電機時代の男性たちは・・・
    それでも、まだ雄大君は回想シーンがあったし、和雄さんもモノクロ写真が出た。しかし、松下さんは、第53回で見せてくれた後姿が最後になっています。やはり、松下さんが一番懐かしいかなぁ。

  4. tae より:

    朝蔵様
    いつもありがとうございます。
    今日の月時計での会話で島谷さんの話が出たので、もしかしたら…と思っていましたが、今日のエンタメニュースで見て、島谷ロスが治まりつつある私としては、嬉しいような、いまさらって感じのような何だか複雑です(^^;
    さよならのための登場ならナレーション等だけでも良いのに、思ってしまいます。
    もちろん明るい未来が期待できる内容なら嬉しいですけどね ← 無理ですよね?
    まだこだわってます

    今後のみね子ちゃん楽しみです。

  5. ひるたま より:

    以前(7/15)にNHK-FM『岡田惠和 今宵ロックバーにて』にゲスト出演された白石美帆さんが、「女子(トーク?)ばかりの場面をちょうど撮り終えたばかり」という内容の発言をされていました。
    もしかしたら、今日&明日放送分の場面だったのかもしれません。

    「出ました。朝ドラ名物の立ち聞きですね」
    今朝は、増田明美さんに先回りされました。f^o^;

    「怒ってるわげじゃないから、なれなさい」
    ↑殆ど同じ様なセリフを、みね子ちゃんは以前早苗さんから言われていましたよね。
    ところで、みね子ちゃんの由香ちゃんに対する喋り方がかなり刺々しかったのですが…余程「食い逃げ」された印象が強烈だったのかな?(そして今も少しばかり根に持ち続けている?^^;)
    2度目の食い逃げにまんまと成功して「してやったり!バイバーイ!頑張って~」と言わんばかりの得意気な笑顔の表情が私も印象に残っていたのですが…今日の回想シーンに登場!
    *余談ながら…以前由香ちゃんが「食い逃げ」した喫茶店の店名は『白猫』だったような??(黒猫(シャノアール^^;)ではなくて)

    「♪バラが咲いた~」
    ヤスハルくんにとっては「バラ=由香ちゃん」なのでしょう。
    そのヤスハルくん=古館佑太郎さんと共演したワンちゃん(番組公式インスタグラムにも佑太郎さんとのツーショットがアップされています。「リンちゃん」というお名前のようです)に、今日は完全に持って行かれたような気がします。
    前作『べっぴんさん』では猫さんが何度か起用されていましたが、今作ではワンちゃんの活躍が目立ちますね。宗男さんが飼っている「じょん」も犬ですし。

  6. GATTO より:

    こんばんは〜

    いやぁ、今回も楽しかったけど、「食逃げ娘」だけでもずいぶん笑えました。最後のガラス越しの顔は、配役からして富さんですよね?

    それにしても、ヤスハルさん、以前早苗さんから怒鳴られた時は、ギターのチューニングが狂っていて、早苗さんが怒鳴るのも無理はない、と思いましたが、今回の演奏はまともでしたね。月時計でも、良いBGMになっていたようです。このまま頑張っていただきたいものです。

  7. 常磐本線 より:

    朝蔵(あさぞう)様
    毎日の更新ありがとうございます。
    118話鑑賞後の感想で、「喫茶黒猫」とありますが白猫の打ち間違いですよね?
    念のため、70話再確認しましたが、間違いなく「白」でしたので
    取り急ぎ連絡と言う事で、非公開でお願い致します。

  8. くっさん より:

    わんこ可愛かったですね〜、今週はお父ちゃんの一件が少し落ち着いて盛りだくさんです、MVPは豊子ちゃんか綿引さんか…と思っていたらヤスハル&犬まで絡んでくるとは…、笑

  9. さや より:

    普段は猫派なのですが、ヤスハルさんの側にいたワンコは可愛い(≧▽≦) と思っております。出番が増えてくれたら嬉しいですo(^o^)o

  10. こみね より:

    喫茶 「白猫」ですね(^.^)

  11. S.O.X より:

    >島谷くん
    >彼も意外な形で、第22週に再登場します

    やっぱり豊子と澄子がハワイで出会うのか(笑
    新婚旅行中だったりして。。。

  12. ななしのごんべい より:

    江戸時代にはいないのか?に、爆笑した朝でした。

  13. よるは去った より:

    「月時計」の店内のみね子ちゃんと由香ちゃんのやり取りを聞いていて、入るに入れずにいるヤスハルくんのリアクションが(笑)。自分の株が上がったり下がったりですからね。また二言目には時子・早苗「喰い逃げ娘」にムカッと来ている由香ちゃんには「ざまア!」だったけど、時子「私だけ帰らされたんだよ!」に対してみね子「ええっ!ひどーい!」由香「何それ!その監督腹立つ~!」の辺りは由香ちゃんはやはり他人想いなのかな?なんて思わされますね。更に夜遅く愛子さんの部屋の戸を激しく叩く音の後に、曇りガラス越しにボオッと浮かぶ人の顔とおぼしきもの・・・・・・・。(たぶん)富さんには悪いけど夏の夜向きの演出ですな・・・・・・・・・(>_<)。

  14. 老羊 より:

    早苗さんはクールに見えるけど、結局は放っとけないタイプなんですね。火曜日も乙女たちのピーチクパーチクの声が
    気になって仕方ないのに、そこには入っていけない自分のタイプへのこだわりが可愛いく思えました。みね子が来てからのあかね荘は話題に事欠かないし、みんなの心も深く通い合うようになったのではないかなと思います。

  15. 繊蘿蔔 より:

    おはようございます

    女子4名の談話シーンは
    良かったですね

    即座にテーマを分析し
    そのドサクサに
    食い逃げ娘ユカの心の内に
    ある(だろう)親への屈託を
    吐露させるように仕向ける

    早苗姐御の その絶妙な
    仕切りは見物でした

    思い返すと
    小銭を落としたみね子を
    見かけた島谷青年も
    即座に状況を分析できる
    その括りでなら
    早苗と島谷は似ている

    この先 各登場人物に
    起きるだろう様々な転換点に
    大活躍してくれそうで
    楽しみです

  16. 太郎次郎 より:

    あのワンコはシバ犬でしょうか。可愛い。そして早苗さんの場を仕切りたい性格も面白い。
    ひよっこ、最後のはっぴいエンドに向けて走り始めましたね。

  17. ちーぼー より:

    ヤスハル の役の古舘さん、本職は歌手なんですよね。どこかで宗男さんと歌を聴かせてくれないかなぁ。
    そして、愛子さん、寝言で歌ってましたねー♬