バー月時計の女子トーク / ひよっこ 第119話

2017年8月18日(金)放送『ひよっこ』第20週

あらすじと見どころ解説

早苗が仕切る月時計会議で時子の議題が終わり、みね子が話す順番がまわってきました。しかし、話をはじめようとするみね子を時子の言葉が遮りました。時子は納得できなかったのです。なぜ、由香がそれほどみね子のことが気になるのかを。

由香は時子に説明しました。自分の母親はしなくてもいい我慢を重ねた末に無理をしすぎて死んでしまった。そんな母親と似た生き方をするとみね子を見ると胸が痛くなる。だから、みね子にはもっと自由になって欲しいのだと。

その由香の言葉にみね子は反論しました。自分は我慢をしているわけではない。島谷との別れを選んだのも自分が決めたことだ。自分で決めることを自由と言うのではないか。一方、みね子の言葉を聞かされた由香は泣き出してしまいました。

続いて由香が自分のことを語り始めました。由香の母が亡くなった時、鈴子と省吾は繰り返し由香に謝罪しました。しかし、まだ子供だった由香はその謝罪を素直に受け止めきれず、鈴子と省吾に対して反抗的な態度をとってしまった。そう由香は語るのでした。

<<前回118話 | 次回120話>>

Sponsored Link

『ひよっこ』第20週 第119話 みね子ちゃんの恋バナ最新情報と事前発表あらすじレビュー

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年8月18日(金)放送
第20週 第119話「さて、問題です」
今週、綿引くんが久しぶりに登場し、由香ちゃんとの会話の中で島谷くんとの恋についても久しぶりに触れられます。

そして初めて明かされる、みね子ちゃんが島谷くんとの恋に終止符を打った本当の理由。

一連のエピソードによって、みね子ちゃんの恋バナが再びクローズアップされます。

ところでみね子ちゃんの恋バナの今後の展開に関して、いくつか新しい情報を入手しましたのでご紹介します。

最新情報というのは、みね子ちゃんをめぐるイケメンたちを演じる役者さんが発言したコメントです。そのコメントの中にとっても気になる箇所があるのです。

まずはヒデくんを演じる磯村勇斗さんの気になるコメントの概要は次の通りです。

・みね子ちゃんに対しては支えてあげたいという気持ちが強い
・島谷くんとはみね子ちゃんをめぐってライバル関係になることはない
・自分の本心を封印してみね子ちゃんを応援する姿が切ない

結論をはっきり言ってしまうのはあまりにもつらすぎるので、少しだけボカして言うとヒデくんは職人の道を一筋。そんな生き様を選択するようです。

そして綿引くんを演じる竜星涼さんのコメント概要です。

・恋心を超えた関係
・茨城県人同士の心の繋がり

こちらについても少しボカして結論だけ言うと、県人会の太い絆が終着点といったところでしょうか。

と言うわけで残るは一人ということになってしまいます。

残る一人はあっけなく身を引いてしまいましたが、あの時の恋はかなり真剣な恋だったと、残る一人を演じた役者さんがコメントしています。

真剣だったとまでいうことは、諦めてはいないのかも知れませんね。

コメントありがとうございます

前回も数多くのコメントをありがとうございました。

早苗さんが仕切る月時計会議の三つの議題のうち、一つ目の時子ちゃんのお題は前回のうちに無事に終わりました。

そして今回は、みね子ちゃんの島谷問題。せっかく忘れかけていたのに由香ちゃんに蒸し返されることになった失恋の真実が語られます。

そんな場面を目前にして、第22週での島谷くんの再登場のニュースがリリースされました。このタイミングでのニュース、何か狙っているような気がしてなりません。

追伸:春スタートの朝ドラは例年8月下旬にクランクアップです。『ひよっこ』も、例年通りのスケジュールならば来週にはすべての撮影が終了ですね。

朝ドラニュース1:『わろてんか』主題歌に松たか子さん

朝ドラ次回作『わろてんか』の主題歌に松たか子さんの『明日はどこから』が決定。松たか子さん作詞作曲による書き下ろし新曲とのことですが、恥ずかしながらブログ主は松たか子さんにこのような才能があることをこのニュースで初めて知りました。

朝ドラニュース2:『ひよっこ』劇中曲・宮川彬良さんのイベント

『ひよっこ』の楽しさを絶妙な音楽でさらに盛り上げてくれる宮川彬良さんのイベントのご案内をいただきました。

テレビドラマの劇伴音楽はどうやって作られるのかを、宮川彬良さんが聞かせてくれるこのイベント。ゲストはまさかのあの方。『ひよっこ』の脚本家・岡田惠和さんです。

宮川彬良のせたがや音楽研究所 #8 ~来たれ! 「劇伴道場」~
日時:2017年9月16日(土) 17:00 開演
場所:世田谷区民会館(世田谷線松陰神社前)
http://www.setagayamusic-pd.com/event/2017/2017-09-16.html

『ひよっこ』第20週 第119話 観賞後の感想

月時計会議に出席した5人の女子たちの個性が見事なまでに描き分けられていて、あらためて素晴らしい脚本だなと思い知らされた『ひよっこ』119回でした。

時子ちゃん「この子は私が守る」

みね子ちゃんが早苗さん以上に由香ちゃんに対してトゲのある態度をとる姿を見て、時子ちゃんは察したんでしょうか。

今、みね子ちゃんの横に座っている初めて目にするこの女は、みね子ちゃんの態度からしてきっとみね子ちゃんの敵に違いない。だから私が守らないと。

「なんでみね子のことがそんなに気になるの?ケンカを売ってるなら私が買う。私がこの子を守ります!」

この子は自分が守ると時子ちゃんが宣言したのはこれが二度目でしょうか。一度目もたしかバー月時計。みね子ちゃんが失恋したその直後に二十歳の誕生日を迎えた晩のことだったと記憶しています。

『ちりとてちん』や『あまちゃん』で描かれたヒロインの親友の挫折。ヒロインと親友の人間関係に入る亀裂。そんなことを時子ちゃんについても心配した時期があります。

でも、ドラマも2ヶ月を切るところまで進みました。もう大丈夫でしょうね。

時子ちゃんの安定感。このまま最後まで続いてほしいものです。そして、結末までの間にみね子ちゃんにはもう一度くらい試練が待っているような気がしています。

その時にも時子ちゃんが持ち前の安定感を発揮して「この子」を守ってほしいものです。

早苗さん「それだけじゃないよな?そこも吐き出しとけ」

いつもクールで誰にも関心を持っていないような顔をしながら、誰よりも人のことをよく観察していて、もしかすると誰よも寂しがり屋の早苗さん。

一度、怒鳴ったことを除けばほぼ初対面に近い由香ちゃんが心の中に大きな問題を抱え、それをすべて吐き出した方がいいことまで理解しているなんてさすがです。

由香ちゃんが自分のことをしゃべり出してしばらくしたところで、普通の人ならそこで安易に同情を寄せるだけ。僕なら間違いなくそうしています(恥)

しかし早苗さんは違いました。由香ちゃんの心に溜まったオリが、まだまだいっぱい残っていることを鋭く見抜きました。

「それだけじゃないよな」

普通の人格者であってもここ止まりでしょう。まだ心の中に何かが残ってそうだな。それが何かはわからないけれど・・・ここで止まります。普通の人格者は。僕はここにもたどりつけませんが(笑)

まだ由香ちゃんの心の中に何か残っていることを察するだけでなく、何が残っているのかすら早苗さんは見抜いていたのかもしれません。それが次のセリフによくあらわれています。

「そこも吐き出しとけ」

【そこ】と、その何かを特定してしまえるとは。早苗さん、本当に素敵です。

みね子ちゃん「自由って自分で選ぶってことでしょ」

早苗さんの言葉を借りると「どっちがガキか問題」。由香ちゃんの方が「ガキ」ですね。みね子ちゃんの方が「自由」に対する理解のしかたが大人だなと思いました。

「自由って自分で選ぶってことでしょ」

我慢するか逃げるか。今の由香ちゃんにはまだこの二者択一しかありません。みね子ちゃんにも我慢するか逃げるかの二つの選択肢はあるのでしょうが、それに加えてみね子ちゃんには自分で選ぶという最強の選択肢があります。

個人的な話で恐縮ですが、僕が自分が大人になったと自覚できたのはこの「自分で選ぶことが自由」と言う考え方が腹に落ちた時です。

それもあって、みね子ちゃんの方が大人だなって思った次第です。

ちなみに僕がこの考え方を心から納得したのはみね子ちゃんよりもずいぶん年長になってからのことでした(恥2)

由香ちゃん「血も涙もない悪魔だと思ってるの?」

今回の中心人物は由香ちゃんと考えて間違いないでしょう。その由香ちゃんが、いきなり涙を流しはじめました。

普通ならこんな場面は、視聴者の涙をしぼりとるような展開になるはずです。

ところが由香ちゃんが泣き出したその途端に、演出は一転してコミカル調になり、しかも由香ちゃんが泣いたことをみね子ちゃんが笑いにする。

泣ける涙の場面はこれまで数えきれないほど観てきましたが、笑える涙の場面というのは初めての体験かもしれません。貴重な経験できました(笑)

それはともかく、由香ちゃんは自分のことをよくわかってます。やっぱり鈴子さんの孫だし省吾さんの娘です。いい子です。

鈴子さんと省吾さんの本心もみね子ちゃんの口から聞かされて、いよいよ牧野家問題は解決に向かうのでしょうか。

ただし由香ちゃんと同棲相手との暮らしは幸せとのこと。ヤスハルくんは取り残されてしまうのでしょうか。可愛い芝ワンコの飼い主になって終わり?

ヤスハルくんにも幸せな結末がありますように。

追記:あかね荘の亡霊

寝歌を歌っていた愛子さんが物音で目覚めると、深夜のガラス戸に浮かび上がる顔!今回は完全に回収されませんでしたね。

<<前回118話 | 次回120話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひるたま より:

    些か時間が経過してからのコメントになるのですが。

    率直に申し上げて…この回(含めて延々3日間)の「月時計会議」個人的には何故か引っ掛かるものを今も感じているのが正直な印象です。
    早苗さんのきつめの口調はいつもの事なので特に違和感ありませんでしたが(私も慣れたのかもしれません^^;)、由香ちゃんと初対面だった筈の時子ちゃんがいきなり、由香ちゃんに面と向かって「食い逃げ娘」呼ばわりしたり、みね子ちゃん同様に刺々しい態度を取っていたのはちょっと……何だかな、と感じてしまいました。
    おそらく、食い逃げされた事も含めてみね子ちゃんからいろいろと情報を得てはいたでしょうけれども、それにしても時子ちゃん、初対面の相手に向かっていきなりあのような態度はないのでは?と感じた事も確かです。

    そして…あの状況では「3対1」=由香 vs みね子&時子&早苗 で、何故だか3人がよってたかって由香ちゃんを責めているようにも映ってしまいました。見方次第では「苛め」の構図にも映りかねません。
    個人的にやや、由香ちゃんの気持ちも理解できるので余計そのように思ってしまっただけかもしれませんが。
    (世の中全ての人が、みね子ちゃんや時子ちゃんのように円満な家庭で育っている訳ではないですし)
    そのような事柄も手伝って、見ながら私は由香ちゃん寄りになってしまったかもしれません。
    本来は「優しくて良い子」の由香ちゃんなのですから。

    ネガティブで申し訳ないのですが、一つの感想として挙げさせていただきます。
    なお末筆ながら、早苗さんの「仕切り」が見事だった事を書き添えておきます。

  2. 通りすがり より:

    みね子の告白を聞いて…みね子が島谷に言った「親不孝な人は嫌い」という言葉。あれは、自分自身に対する言葉でもあったのかな…と思いました。

  3. ヒロ子 より:

    ありがとうございました!

  4. いけないジョニー より:

    「それで・・・家にいるのか?」と聞きました。
    何もしないで家にいるのか?といった意味だと思います。

  5. 通りすがり より:

    みね子が島谷君に言った「親不孝な人は嫌い」というのは自分に対する言葉でもあったのですね。

  6. こひた より:

    今日のひと鳴きは例のワンちゃんでしたね。

    このドラマではちらほらと散りばめられているさりげない演出がとっても粋で大好きです。

    結局みね子ちゃんの恋の結末はみんなの想像におまかせ、てな感じで終わるような気がしてきました。
    それでやきもきしているところで、スピンオフにて完遂。

    ・・・みたいな。

  7. ぱぽりん より:

    朝蔵様、毎度毎度お手数をおかけいたします。
    先の ワンコ・ヤスハル掛け合い冒頭の<マンション>を<裏天広場>に訂正していただきたくお願いいたします。

    なお、セリフのもとは、ひよっこセリフを掲示しているサイトのものを加工しております。
    この点、不適切と判断されるようでしたら削除してください。

    宜しくお願いいたします。

  8. ぱぽりん より:

    ワンコ   そこに私は、座ってました。
    (裏天広場の植え込みの前のベンチ)

    ワンコ   何でここに来たのかは分かりません。街をさまよってたのは覚えてます。自分が誰かも分からないし、なんだか、あちこち、ケガだらけで.。手にも、たくさんアンコが付いてて。どうしていいか分からなくて。ただただ、ずっと歩き回って。疲れてしまって、座っていました。

    ワンコ   そしたら、彼、ヤスハルさんが来て。

    (回想・2年半前)
    (土砂降りの中、ベンチの前に座っているワンコ)

    ヤスハル   大丈夫ですか?

    (ビクッとするワンコ)

    ヤスハル   そんなに怖がらなくても。どちらかというと、勇気出して声かけたのはこっちなんだけどなぁ。怖がるのはこっちだと思うんだけどな。

    ヤスハル   昨日もそこに座ってましたよね。

    ヤスハル   本当言うとね、そこ、俺のお気に入りの場所で。ギター弾きたい時とか、いつもそこにね。

    ワンコ   ワウン…。

    ヤスハル   あぁ、いいのいいの。別に俺のものじゃないから。

    ヤスハル   これよかったらどうぞ。

    (イモケンピを渡そうとするヤスハル、それに身構えるワンコ)

    こうして、ヤスハルとワンコの不思議な付き合いが始まった・・・・

  9. GATTO より:

    こんばんは。たびたび失礼します。

    朝ドラのヒロインの親友は、性格が悪いのが定番。しかし、時子さんに限っては、その可能性はなさそうです。
    しかし、別の手がありました。最初から性格の悪いのが、新たにヒロインのもう一人の親友になる(笑)!そこで由香さん、出番です(爆)‼︎
    かくして、岡田さんは、時子さんをブラック化させずして、ヒロイン・みね子さんにブラック化した親友を与えることに成功する(爆死!) ‼︎

  10. 雪飴 より:

    いつも楽しく読ませていただいています。脚本の素晴らしさを日々感じています。
    今日の終わりはピヨピヨでもコーコケでもなくワォーン。ワンコも一緒に歌いたかったのでしょうか。
    鳴き声と言えば、月曜日115回で乙女たちがあかね荘にやって来た時、広場で小鳥が鳴いていました。ちょっと尻上がりなところが茨城弁ぽくて可愛らしかったです。いったい何という鳥の鳴き声なのか、ご存じの方ぜひ教えて下さい。ドラマの感想から脱線してすみません。

  11. ぱぽりん より:

    クイズで盛り上がった回、歓声に驚いて書き損じる漫画原稿をよく見ると、
    外ハネヘアースタイルの女性キャラ、「舞子」さんでした。これは愛子さんで決まりでしょうか。まあ良いとしましょう。
    しかし、みね子の「ねね子」は、なんと言いましょうか、ん~~。

    町娘とは違うものの、かの坂本竜馬の姉、坂本乙女、
    身長5尺8寸(約174cm)・体重30貫(約112kg)であったと。
    時子や早苗が江戸時代に生きていても、<大丈夫、きっと>!

    「この広い野原いっぱい 咲く花を~」
    澄子 「野原の花はタダだからな」
    「この広い夜空いっぱい 咲く星を~」
    澄子 「夜空の星もタダだからな」

    由香の飲んでいたカクテルはなんだったのでしょう。
    ピンクレディー かなと思いますが、
    カクテル言葉 「いつも美しく」
    ちょっと似合いません。
    ベルモント 「やさしい慰め」
    このあたり攻めてほしかったような。

  12. ヒロ子 より:

    早苗が由香に何やら言ったら、由香が花屋でバイトしてると答えたが、早苗の質問が聞き取れませんでした!

  13. 老羊 より:

    「バラが咲いた」は日本フォークソングのスタンダードですね。当時、ギター初心者がアルペジオの練習にまず弾いた曲のような気がします。私の場合は「ドナドナ」でしたが。ヤスハルもいつもギターを抱えていて、今はギターが好きでたまらないようですね。

  14. レモンちゃん より:

    女子会トーク、本音がぶつかり合って面白かったですね。早苗さんの間髪入れない名司会ぶりが小気味よかったです。まさしく頭脳明晰・・。ずっとよくわからなかった由香さんのことも見えてきたし・・。 きっとこのメンバーでの女子会はずっと盛り上がるんでしょうね。一人ひとり違ってみんないい・・。
    昨日はヤスハル!がいい味出してたな~。

  15. シナモンシュガー より:

    先程のコメントの最後に余分な文字が入っていました。すみません。
    結局 身分違いの恋は実らないという事なのでしょうか…ひよっこではあっても良かったのに思いました。涙と笑いの展開にして。どんでん返しに期待したいところですが…難しいかな。今日は ヤスハルの歌とワンコに癒されました。長文 失礼致しました。

  16. シナモンシュガー より:

    おはようございます。
    今日の放送を視聴しました。
    みね子が別れを決意した本当の理由がわかるという事だったので 島谷くん再登場の嬉しいニュースと共に今後の伏線になるだろうと思いきや わかったのは 結婚したら生活が楽になると感じている自分への嫌悪感と別れを選んだのは自分自身だという事だけで みね子の島谷くんに対する本当に好きだったんだという想いは感じられず 島谷純一郎自身ではなく実家がお金持ちの素敵な大学生を好きになったんだなと感じ 残念に思いました。
    家族と縁を切ってまで結婚したいと思っていた島谷くんが何だか不憫に思えました。
    もう少し気持ちが残ってる感じがあっても良かったんじゃないかと思ってしまいました。
    結局 みね子島谷問題は 呆気なくさらっと終わってしまったので 島谷くん再登場も綿引さん同様
    呆気なく終わってしまうのかも知れませんね。

  17. トントン より:

    追記です。島谷さんが再登場確定だそうですね! 意外な形で再登場という事ですが、今日のみね子ちゃんのセリフからすると、もしかしたら島谷さんが世津子さんと一緒にCM登場とか??或いは会社を継がず、何らかの形で一から出直しており、みね子ちゃんと対等な立場になって再会なのかもと。。。先が楽しみです‼ 二人は結ばれて欲しいです。

  18. トントン より:

    私もです。今日のみね子の別れた理由を聞いていると、島谷さんの事を心から愛していたことが分かり、切なさで胸が一杯になりました。家柄を超えて、二人が結ばれることを祈ります。また、みね子にはその資格があります。

  19. ちーぼー より:

    みね子ちゃんの問題は、もうこれで終わりなの?

  20. 繊蘿蔔 より:

    今朝の放送
    最後のピヨピヨ(時々コケー)が なんと!!驚
    ワンコの甘え声

    で BS場合 それに続く番組のトップ画面が
    茶トラ猫の後ろ姿
    ヤスハルに懐き始めたワンコとよく似た色合いで

    ネコ派の私としては
    最終回までに ネコも登場させて欲しい

  21. 玉子 より:

    スピンオフは北茨城の嫁姑だろうな。。

  22. GATTO より:

    おはようございます。

    乙女寮での愛子さんのわかれの場面がなかったのと同じで、また会うから島谷さんとの別れの場面もなかったと思えば納得です。線のほそかった島谷さん、きっと逞しくなっているのでしょうね。

    ところで、みね子さんがイケメン三人を誰も選ばない可能性もあるとのこと、それも納得です。誰を選ぼうと、他の二人のファンは嫌でしょうから。
    そんなわけで、みね子さんが豊作さんを選んでくれたらいいな、と。そうすれば、みね子さんは奥茨城に帰ることができるし、すずふり亭に愛子さんと由香さんが二人入ることもできるし。

  23. ※※理絵 より:

    私も同じ気持ちです。再びみね子ちゃんと結ばれて、島谷の幸せそうな笑顔が見たいです。
    願望!

  24. 里香 より:

    いつも会社で昼休みに拝見してますが、お盆休みで家のパソコンから送信いたします。
    最後の最後に、島谷君がご両親を説得して戻ってきてみね子ちゃんと結ばれるような気がします。
    といいますか、そうなってほしいという希望です。

  25. 葉月 より:

    すみません、途中で送信してしまいました。
    ヒデくんの項目には10%の恋心とありましたのでやはり今の時点の話かなと思いました。
    最近の公式のインタビューにも島谷くんが恋心を自覚した時点で、ヒデくんはみね子に対し10%の恋心を持ったという話でした。
    とはいえ誰と結婚するにしても、誰とも結婚しないにしても、とにかくみね子が幸せになってほしいですね。

  26. 葉月 より:

    ヒデくんに関しては最終的なものではなく島谷さんとみね子ちゃんが付き合ってる間という感じを受けました。綿引君に関してはちょっと分かりませんが…。それに他のインタビューでこれからヒデくんはみね子ちゃんに不器用ながらアピールしていくとありました。ただ岡田さんのラジオを聞くと誰とも結婚しないような感じも受けましたのでどうなるか楽しみですね。