秀俊がみね子をはげます / ひよっこ 第123話

2017年8月23日(水)放送『ひよっこ』第21週

あらすじと見どころ解説

啓輔と佑二がみね子をモデルにして描いた漫画を見た編集者が、主人公が地味だと言ったその言葉が、みね子の心を深く傷つけました。自分がこれまで送ってきた人生は地味なことばかり。自分の人生には何もないと自信を失ったみね子は落ち込んでしまいます。

みね子が深く落ち込んでいることを察した秀俊はみね子を精一杯はげましました。みね子は自分のやっていることに自信を持つべきだ。他人の人生と比べるな。自分はみね子が心を込めて熱心に働く姿がとても好きだ。

そして秀俊は、一日だけ休みをもらたいとすずふり亭の面々に頭を下げました。休む理由を言わない秀俊でしたが何かの決意を固めていることはその表情から誰の目にも明らかでした。秀俊は店の定休日と合わせて二日係でどこかに出かけて行くのでした。

昭和42年(1967年)夏。人気モデルのツイッギーがきっかけとなり日本中にミニスカートブームが巻き起こりました。そのブームが奥茨城にも伝わったその頃、実は宗男を滋子を谷田部家に呼び寄せました。みね子のことで話がしたい。実は話を切り出すのでした。

<<前回122話 | 次回124話>>

Sponsored Link

『ひよっこ』第21週 第123話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年8月21日(月)放送
第21週 第123話「ミニスカートの風が吹く」
自分をモデルにした少女漫画のヒロインが編集者から地味と言われたことで、自分は地味なのかとショックを受けてしまうみね子ちゃん。

たしかにみね子ちゃんは地味です。性格が地味、というよりも人生が地味です。

これまでみね子ちゃんが歩んできた人生は波乱万丈です。しかしながら、そこには自分の人生と呼ぶべきものがまったくありません。

みね子ちゃんは、いつも自分のことよりも家族の幸せを優先していました。そのことは仕送り額によく現れていました。

向島電機時代も、ラムネを割り勘して飲むそんなささやかなことに喜びを感じてしまうような月末コロッケ娘でした。

すずふり亭に来てからも、状況は似たようなものでした。

また、家族を優先するあまりに自分の人生がなくなってしまいかねないという懸念は、宗男おじさんや時子ちゃんがどこかのタイミングで口にしていたはずです。

宗男おじさんと時子ちゃんが案じていたことに、ついにみね子ちゃんも気付き始めます。

みね子ちゃんにとっては切ない現実ですが、しかしそんな現実に切なさを感じられるようになったのは、実さんが見つかったことで心にゆとりが出来たからでもあります。

自分の人生が地味だと気がつきはじめたみね子ちゃん。これから先、彼女は一体どこに向かって行くのでしょうか。

また、みね子ちゃんが新しい一歩を踏み出し始めるフラグが立つ今回。ヒデくんがみね子ちゃんを励ました上で、どこかへ出かけて行くそうです。

出かける先は今のところ不明。

当ブログには、ヒデくんが出かける先は島谷くんのもとではないかという予想コメントがたくさん寄せられていますが、確定情報がわかり次第、記事を更新しますね。

『ひよっこ』第21週 第123話 観賞後の感想

漫画誌編集者による「中だるみ」発言

漫画誌編集者による「中だるみ」発言。今回のアバンタイトル(オープニング映像前の回想場面)で前回に引き続き再び登場しました。

この「中だるみ」発言について、前回のレビューで書こうと思いながらも時間をとれずに断念してました。富さんの一件に時間をかけすぎてしまったので。

当ブログに頂戴したいくつかのコメントが僕の言いたかったことを代弁してくれていましたが、今回再びこの発言が出てきましたので、触れることにします。

実さんが見つかり奥茨城に帰ってからの物語の展開について、ネット上では「中だるみ」を非難する声が渦巻いていました。

この中だるみ感、脚本家の岡田さんが意図的にたるませているんじゃなかろうか。編集者の「中だるみ」発言でそう思いました。

実さん発見前後のあの騒動、あの時の緊迫感がずっと続いたままでいたとしたら。もしそうだったらみね子ちゃんの人生は地味どころではなくなります。

事実は小説よりも奇なりと言いますが、みね子ちゃんの人生は小説にできないレベルの波乱万丈の日々になったかと。

そしてそれを漫画にしていたら編集者は口が裂けても「地味」とか「中だるみ」なんて言えない。それどころか波乱に満ち過ぎてあり得ない展開だと言う理由で却下したかもです。

今週のもともとのサブタイトルは「私って地味?」でした。

このサブタイトル通りの展開をするためには、視聴者にも「中だるみ」感を感じさせる必要がある・・・と、いうのはうがち過ぎでしょうか。

視聴者は岡田さんの術中にハマった

編集者の「中だるみ」発言については、もう一つ考えていたことがあります。コメント欄で代弁してもらったというのがこの「もう一つ考えていたこと」です。

「視聴者は岡田さんの術中にハマった」

祐二くんの口を通して編集者の「中だるみ」発言が出たとき、ドラマの「中だるみ」を声高に非難する、特にネットユーザーにあっかんべえする脚本家の岡田さんの顔が見えたような気がしました。

ストーリーを展開させる都合上、実さんの発見以降はヒロインの中だるみ、物語の中だるみが必要だった。でもそれをやると非難が殺到するのは火を見るよりも明らか。

特にネット上などでは、匿名をいいことに言いたい放題の状態になりかねない。

この言いたい放題の状態に意図的に油を注ぎ、十分に炎が燃え広がったところで脚本家自ら「中だるみ」という言葉を出して、あっかんべえ(笑)

脚本家の術中にハマっているとも気づかず、真剣に非難していた人たちははたから見るとまるで喜劇の主人公。

そんな構図が見え隠れしていました。

上にも述べた通り今週のサブタイトルはもともとは「私って地味?」でした。だから編集者の言葉は「地味」だけでも十分だったはず。

にもかかわらず「中だるみ」という言葉をあえて選び、それを前回と今回の二回に分けて使うところ。何かを狙っているとしか思えません。

・・・これもうがち過ぎかもしれません(笑)

話が逸れますが、ネット上の非難を見るたびに思います。そこまで言うならもっと面白い作品を発表して、視聴者を楽しませてあげなよって。

そこまで言えるのならきっと優れた才能があるのでしょう。

ギャラもたっぷり手に入り、本人も視聴者もいいことずくめだと思うのですが。

僕も可能ならその道を選びたいのですが、残念ながら才能がないので非難せず楽しむことに徹しています。

岡田さんが体調を損ねている

「中だるみ」についてはもう一つ気になるコメントを頂戴しました。

脚本家の岡田さんが体調を損ねているとの由。それが影響したのでしょうか。ちょっとばかり体調が悪くてもこなせる仕事ではありませんからね。

一日も早いご回復を祈るばかりです。

追記

美代子さんのミニのワンピース姿。こっそり着てみたその現場を家族に目撃され恥じらう姿がかわい過ぎ。

<<前回122話 | 次回124話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tae より:

    こんばんは~

    島谷さんロスでどうしようもなかった私ですが、いろいろな状況から考えてもみね子ちゃんはヒデさんのような一緒に大人へと歩んで行けるパートナーが良いのかな?と思うようになりました。
    そしてヒデさん…「男の約束」なんで島谷さんに会いに行ったんでしょうね~
    佐賀まで行ったとしたら、2日のお休みでも東京↔佐賀はハードですよね?(私、実家が福岡です(^^;ドラマの頃だと今以上に大変かも?)ヒデさん、頑張りました‼

    本日のヤフーニュースで、島谷さんの登場が8月30日か31日予定で、みね子ちゃんの今後の進む道のヒントを与えるらしい、その後も登場があるかもしれないとか見ました。
    上京してみね子ちゃんの前に再び現れるなんてどういう設定なんでしょう⁉
    ※Nhk関係者の話として女性セブンの記事なんで・・・どうなんでしょう?

  2. ここにゃん より:

    はじめまして!ヒデ君が向かったのはやはり佐賀なのでは?島谷君はみね子ちゃんに渡すつもりだった指輪を用意してましたよね?恋が終わって佐賀に帰ることになった島谷君にとってその指輪は必要のないもの。みね子に渡す予定だった指輪をヒデ君にあげていた。ヒデ君もなにげなくもらっていたとはいえ、その指輪は本来島谷君がみね子に渡すはずだった指輪です。その指輪を持って佐賀に行き、島谷君にあって指輪を返し「まだ、みね子ちゃんのことが好きならはっきりとプロポーズするべきだよ」と島谷君に告げる。もともとヒデ君と島谷君は仲が良かったようなので時々連絡を取り合っていたのでは?あっ!これだと「すずふり亭やめるなよ」と言っていたヒデ君の言葉と矛盾する?

  3. たくちゃん より:

    あれま、ここ、コメント残せるのですね。今知った(笑)。
    美代子の内職、東京のデパートの服の縫製、だったのですね。
    そこまで細かい設定は今まで出てこなかったと思うのですが。
    ありましたっけ???
    初めて知りました。
    ずっと、単なる内職だと思ってたので。
    東京の、とは。

  4. リムショット より:

    ヤスハルのギターが上手です。「君に会いたい」の伴奏(吹き替えでない)は圧巻でした。ギターを弾いているときのポーズもなかなかです。近いうち父親役の三宅裕司さんからの何かのセリフ内で、ヤスハルのギターについて一言あればいいなと期待します。

  5. くっさん より:

    すずふり亭で働き始めて最初にみねこが秀君をみて頑張る姿が好きと言っていた伏線がやっと回収されたなぁと思いました。
    そ岡田さんはやくよくなってほしいですね(T-T)

  6. 青空 真青 より:

    ヒデちゃんが休みをとってまで向かった先は、やはり島谷くんの所だと思います。
    ヒデちゃんが一番好きで一番大事な島谷くん。

    でも、自分がどんなに島谷くんを好きでも、彼を幸せに出来るのは みね子ちゃんだけ。それを誰より早く確信したのはヒデちゃんでしたよね。

    そう考えると、アパートを出たのも、みね子を側で見守り励ましているのも、そして今まで色んなシーンで見せた表情も、全て合点がいってしまったのです私は。

  7. こひた より:

    ヒデくんの行動はただひとつ、みね子ちゃんに対する思いを親友に告げに行ったんだと思います。

    親友に対してのケジメをつけたあと、告白するのではないでしょうか。

    それが男だよね。

    で、将来はふたりでレストラン(すずふり亭からの暖簾分け)をひらくなんてストーリーもいいと思うのですが。

  8. GATTO より:

    こんばんは。

    秀さんはいつも素敵ですが、昨日の終わりから今日にかけて、特別格好良かったです。特に「辞めるなよ、すずふり亭」以下のセリフがあたたかくて素敵でした。
    元治さんも、裏で話聞いていたのかな?「俺は人と比べるの嫌〜い。俺は俺だよ」とナイス・フォローでした。

    ところで、秀さんの休みは、定休日と合わせて2日あるのですね。これなら、佐賀まで行って帰ることもできそうですね。

    それから、昨日書くべきことですが、漫画家見習いコンビが買ってきたものは、甘いものにしてほしかったです。あかね荘の人たちが美味しいものを食べて、ヤスハルさんだけ外にいるのは、何だかかわいそうでした。甘いものであれば、ヤスハルさんが嫌いなものなので、あまり惨めな雰囲気にはなりませんので。

  9. まつも より:

    中だるみというより、じつは最近のみね子は笑顔よりもムッとしたようなモヤモヤしたような表情が目だったように思っていました。みね子自身がカラを破る前触れなのかなと想像しています。

  10. るるる より:

    ヒデさんのお出かけは二日掛かりということで、佐賀の島谷さんを訪ねる説もあり得ますよね。
    「意外な形で再登場する」と言われている島谷さんは、みね子とヒデのキューピッド役になるのかな?とか思っています。
    個人的には島谷さんとくっついて欲しかったので残念ですが…。

  11. ひるたま より:

    羽田美智子さんと柴田理恵さんがクランクアップされたとの事…今日(8/23)、羽田さんのブログに写真がアップされていました。
    …主演の有村架純さんも含め、全ての撮影が終わる日も間もなくかな?と、寂しさを感じないといえば嘘になりますね。

    朝蔵さんも触れられている通り、美代子さん=木村佳乃さんのミニスカート姿、本当に似合っていましたね。
    そして…佳乃さんの脚の細い事といったら!!
    滋ちゃんのミニスカート姿も見てみたいような!?(^m^;)

  12. あん子 より:

    今日の放送を見てやっぱりみね子ちゃんを幸せにしてくれるのはヒデくんのような気がしました。
    すずふり亭をやめるなと言う真剣なヒデくんの眼差しを見てみね子ちゃんの事を真剣に考えているんだろうな・・・って思っちゃいました。

  13. ひよっこ大好き より:

    今日の放送でヒデくんは定休日と合わせて2日の休みを取りましたね!
    やはり、行き先は佐賀の島谷さんかなと。みね子を励まして、元治さんとも会話した後、涙をこらえてたみね子を見るヒデくんの視線は何か決意を感じました。
    ヒデくんは、島谷さんと連絡を取ってるし、島谷さんの結婚も知っているのかもしれません。みね子を自分が守りたいと思いケジメというか、これまで島谷に秘密にしてた自分の気持ちを伝えに行くのかなと。
    「すずふり亭を辞めるな」って発言を考えても、島谷さんとみね子はもうあり得ないかなと。
    島谷さんの再登場は、ヒデくんが会いに行くシーンなんじゃないでしょうか。

    そして、休暇依頼をしたヒデくんが、鈴子さんから許可を得た後、厨房に戻る姿を見るみね子の表情が、少し恋に動いてたような、、、?(笑)

    ヒデくんがんばれー!

  14. たこやき より:

    こんにちは。毎日楽しく拝読しています。
    ドラマも楽しくて。特に富ちゃん(夫とこう呼んでます)!!
    昨日の回ではたこ焼きを頬張るお顔が漫画のお顔にそっくり!!(角度も一緒)
    いいですね、富ちゃん。

    秀くんは、私の予想では島谷くんに会いに行ったのではないかと。
    みね子への恋心に気付き、島谷くんに仁義を切りに行ったのでは!?
    秀くん推しですので都合のいい想像をしてみました。(笑)

  15. 繊蘿蔔 より:

    西瓜が出てきましたね
    みね子♡島谷 の絶頂期(?)を思い出して
    ちょい涙しちゃいました
    物語の中では1年経つのよね(シミジミ

    ・・・て言うか

    あのシーンとこのシーン 同じ日の収録
    つまり 西瓜は使い回し・・・かな?笑

    そんなことよか ヒデの休暇願い !!

    奥茨城とかの予想も出てますが
    たぶん それはナイでしょ

    ヒデは 乗り継ぎ順やツメの道順を
    詳しく知らないはず
    みね子に聞くなら 内緒の訪問にはならない
    高子ルートにしても 三谷家→助川家で
    あかね荘の時子で繋がるはずだし
    なによりも 美代子の上京は日帰りだし
    結婚前の高子も たぶん定休日の日帰りで
    奥茨城の三谷家を訪問しているし
    綿引もたぶん1日で 自宅(高萩)から
    赤坂署→すずふり亭→奥茨城→自宅
    をヤッツケているのだし

    ・・・と云うことで 奥茨城はナシ!!

    では何処へ行くのか?

    はい! 佐賀 でしょう

    片道15時間(佐賀から戻った島谷の台詞)なら
    結婚式・披露宴に参列し1泊しても2日以内

    さて・・・ この予想 どのくらい当たりますかね?
    以下 それが当たるとして

    新婚旅行の行き先はハワイ
    そうです! 豊子&澄子の旅行と同じ行き先

    同じ飛行機とかはナシとしても
    ホテルの食事でニアミスくらいはあるかも
    席が近くならお喋り声は聞こえるはず
    互いに呼び合う『澄子』←→『豊子』
    直の面識はナイものの その名前は
    みね子を介して名前くらいは知っている

    これだけでは偶然かもだけど

    お土産を届ける相手として『みね子』や『時子』
    あかね荘の『富さん』そんな名前が出て来れば
    新郎・純一郎の心中 はなはだ穏やかならず
    豊子や澄子も2回目の同窓会で『島谷純一郎』
    の名は聞いているはず(シーンにはナイ出てなが)
    そして新郎新婦の言う『純一郎さん』や『島谷家』
    が豊子&&澄子にも聞こえれば

    何か一波乱起きそうな気配でしょ(笑

    あっ!!

    8月24日 の 地上波(総合 ) 22:00~22:50

    乙女寮の娘たち5人組(愛子さんは除外らしい)が
    桑田佳祐と一緒にコーラスやるって

    録画(今から予約)しときましょうね♪

    今日の書き込みも長くなってしまいました

  16. 太郎次郎 より:

    秀くん、島谷くんに会いにいったのだと思います。美代子おかあちゃんのミニスカート姿、かわいい。
    静ちゃんは個人的にあまり見たくないです。すみません。

  17. コテツのママ より:

    ヒデくんが休んだのは1日ではないですよ♪
    定休日と合わせて2日間だと言っていたと思います。
    だから私は島谷くんのところかな?って思いました。

  18. もんばび より:

    「そこまで言うならもっと面白い作品を発表して、視聴者を楽しませてあげなよ」っていう話、わたしもずっとそう思ってました。
    でも、気づいたんです。朝ドラは、視聴者の受信料で作られています。だから受信料を払ってる視聴者は、作品を評価する権利がある。
    もちろん、長丁場の作品の、ごく一部を切り取って重箱の隅をつつくのはどうかと思いますが、作品へのさまざまな意見を全て一括して否定してはいけないんじゃないかと。
    プロ野球のピッチャーに「この大事な場面で打たれてどうすんだよ」とか言ってるのと同じようなものでしょうか。

    私はNHKが大好きなので、受信料が今の二倍になっても喜んで払いたいほうです。ひよっこも大好き、素晴らしい作品だと思ってます。今後の展開を、とても楽しみにしています。

  19. ぽちママ より:

    2日間休みがあるということは、それと、劇中で飛行機の音が聞こえた人がいるようで、ヒデくんの向かう先は佐賀の可能性高いなと思いました。そうすると島谷君登場は来週のヒデが追求される場面になるのかな?翌日の早苗さんが見かけた人物は早苗さん自身の恋のお相手かな?と推測しています。

  20. のり より:

    朝蔵さん
    まさに!その通り!!

    知ったかぶりで批判するブログありますね~
    脚本がどうの、演出がどうの、はたまた映像がどうのと・・・
    私もその方の作ったドラマ観たいですわ

    秀ちゃん、お休みの日とくっ付けて二日間
    やっぱり佐賀なんでしょうかね~

  21. 茂じいちゃんがスイカ食べながら一瞬ですが少し痛みを堪えるような表情したのが気になりました…

  22. hajime72 より:

    秀くんがもらったお休みは1日でしたが、店の休日とあわせると2日だったことが今日わかりました。これなら、ほかの方も期待している島谷くんのところへ行って来られますよ。島谷くんの再登場がみね子ちゃんに幸せをもたらしてくれる展開になることを切に願います。

  23. シナモンシュガー より:

    おはようございます。
    今日の放送を見て ヒデくんは休みを2日取っていましたね。
    これで 島谷くんに会いに佐賀に行った説が濃厚になってきたような気がします。
    23週目の事前あらすじも読ませていただきましたが ヒデくんとみね子が一緒のシーンが確実に増えてきてると感じたので やっぱりヒデくんは みね子の事が好きだと島谷くんに宣言しに行ったのではないでしょうか。
    そうは思いたくないのですが…いろんな事を考えると(涙)

    元治さん いいキャラですよね。たまに台本のセリフなのかアドリブなのかわからないところがまたいいですね。
    漫画家2人とヤスハル 何気に仲良くなってますよね(笑)

  24. ちーぼー より:

    みね子ちゃんを励ます秀くん、とっても素敵でおばさんとしてはみね子と上手く行って欲しいと切に願ういつつも、今回は宗男さんに持って行かれた感じです。滋子さんにもミニスカートを着て解放されて欲しい、自分はちゃんとそれに対応しますという宣言、カッコよかったです。

  25. よるは去った より:

    美代子「ひぇ~っ!短いね~。」 ミニスカートの流行は「カーネーション」でもネタになってましたね。ヒロインの商売仲間(ほっしゃん)がそれで大儲けする内容じゃなかったかな。

  26. ひよこ より:

    今BSと総合の両方を観ました。1日休みをもらい定休日と合わせて2日なんですね。佐賀にいるかもしれない東京に残っているかもしれない島谷くんに会いに行けるのかなとは思います。島谷くんとやり直すならそれでドラマですし良いのですが、地味だと落ち込むみね子を励まし自信を持てといい、すずふり亭をやめるなよと言ったヒデくんが、みね子と島谷くんの間を取り持つために島谷くんと会いに行くのは流れとして今日のやり取りだけ見ると無理がある気がします。島谷くんが実家と縁を切って独立でもしていれば応援ということもありですかね。ただ、そうであってもすずふり亭を辞めるなというセリフをわざわざ言わせる理由がわかりません。みね子が島谷くんのことを思い出しやり直したがっているそぶりを見せるなら納得なんですけれどね。島谷くんとやり直すなら個人的にはほのかな初恋に周囲のおぜん立てで気づいてデートしてあっという間に別れた2人なので、もっと島谷くんがみね子が添い遂げる相手なのだと実感させられる深い交流が描かれてほしいです。みね子の辛い様子を島谷くんより職場の元治さんなんかのほうがよほど見てきて励ましてきた描かれ方ですから。

  27. ぷん より:

    間違ってるの承知で書きます。

    ヒデくんは やっぱり奥茨城に行ったのではないか
    奥茨城に戻ることは みね子はずっと家の為に働き続けることを意味する。
    すずふり亭に残って、自分の稼いだお金は自分の為に使っていいんだよと
    その為に 今のみね子の 仕送りばかりの生活を思いやって 奥茨城に行ったのではないかと
    だからこそ、実さんたちも、みね子なしでの生活改善を考え始めたのではないでしょうか

  28. トントン より:

    もしかしたら…島谷君は佐賀に帰らなかったのかもしれませんね。ヒデは、東京に残った島谷君に会いに行ったのでは。再会の日が待ち遠しいです。

  29. ターチャン より:

    すみません、第二十二週で島谷さん再登場決定らしいそうですね。

  30. プリン より:

    ヒデが決意を持って向かう先は、奥茨城の宗男さんのところではないかな、と想像してます。

    みね子ちゃんを自由にさせてやりたい、自分のための人生を歩んでほしいと宗男さんに相談に行く、宗男さん発信で谷田部家の家族会議が行われる、のでは?

    島谷さんにも言っていたけど、ヒデにも、宗男さんはみね子をよろしくって言ってたような。

    奥茨城なら1日で往復できそうですし。

    島谷さんが、なにきっかけで再登場するのかは想像が難しいですが、ありがとうと言える機会を岡田さんが作ってくれたのかな?

  31. 朝ドラマー より:

    モデルプレスのネット記事に島谷くん再登場が決定だと書かれていました。ただどんな形かは明らかにされていなくて早く22週以降の展開が知りたいです。約1か月そろそろ最終回まで見えてきそうですね。

  32. ターチャン より:

    明日の放送で、みね子から、島谷さんの事が語られるのですね。ラストに向けて時間がないので、最後になってしまわないかしら?お父ちゃんの事、愛子さんの事、世津子さん、三男、時子の事沢山ありますので…。いずれにしても明日の回は納得いくシーンになって欲しいですね。

  33. ひよっこ大好き より:

    たしか、この年代はツイッギーがミニスカート旋風を日本に吹かせた時代では?サブタイトルから見るに、、、ヒデくんすが向かったのは、デパート!そして、みね子へ流行りのミニスカート(洋服)をプレゼントするのでは?
    励ましとともに。
    ちなみに、米屋さんを訪れる時の時子ちゃんも流行りのミニスカートスタイルなのかもしれないなと。若い2人に女性としての第一歩の風が吹くのかな?なんて。

  34. 葉月 より:

    岡田さんのラジオ(蔵之介さんゲスト)を聞いたのですがヒデの事についてこんなことを言っていました。9/6発売(24週目)のステラもヒデ君が表紙&インタビューですしこれから見せ場が増えそうで色々楽しみですね。
    岡田さん「彼の役は役柄だけ追っかけると埋没してしまう可能性があるじゃないですか。
    プロデューサ、監督と打ち合わせして微妙に引っかかるように撮ってくださいっていう風に頭の方からやってきた。細かい積み重ねが」
    蔵之介さん「いやそれが僕ね今それがすごく効いてると思いました。僕ね最初の頃ヒデもっと前に来い!前に出て来いと思ったんですけど、いや、良かったなこれが、むしろ今これが、この状態がすごく嬉しい」

  35. ゆみみ より:

    そうかも知れませんが…親友だからこそ自分が幸せに出来なかった分、秀くんなら安心してみね子を任せられるし、幸せにしてくれると、託すのではとないかと、私はひそかに期待したいです。島谷くんの再登場、秀くんのお休みは1日だけ、今でも時々連絡を取り合い、偶然仕事で東京に来る事が分かっていて会いに行ったと、思いたいです。

  36. ひよっこファン より:

    ヒデくんがみね子と付き合うという予想をしている方が多いようですが、未練があるであろう島谷くんにとったら、結婚したいとまで思った恋人が、親友と付き合うなんて絶対に嫌ですよね。ヒデくんもそこは思慮深く遠慮するんじゃないでしょうか。
    みねこと島谷くんのお別れも不完全燃焼だったので、島谷くんの再登場を期待します。

  37. べる より:

    ヒデ君は島谷に会いに行くのかと思ってたけど確か佐賀まで15時間ですよね
    1日じゃ厳しいか…

  38. ゆみみ より:

    秀ちゃんは、島谷くんに親友としてけじめをつける為、みね子との交際を了解してもらいたく、島谷くくんに会いに行ったのではないかと思います。
    島谷くんはみね子と別れてから、東京の人たちにも申し訳ない気持ちで逃げるように帰郷をしていたのてはないかと。なので、秀ちゃんにもみね子との事も何も告げずに帰った事もあっで…
    秀ちゃんは色々苦労を知ってるだけに大人なのではないでしょうか。

  39. 秀俊クンと佐賀に戻った島谷純一郎クンはずっと連絡が続いており、出張で上京してきた島谷クンと待ち合わせているのでは、と想像してみたのですが…

  40. ターチャン より:

    高子さんが間に入ってくれると、話しが早いですね!期待してます。

  41. ターチャン より:

    こんにちは!私はヒデくんが、いよいよ長年の夢である自分のお店を出す事を決意したのかなと思いました。これは妄想ですが、ヒデくんが、すずふり亭の自分の後任探しもしているのではないかと…そしてみね子にプロポーズして、というような感じでしょうか。ヒデくんは苦労人なので幸せになって欲しいですね。以前料理しながら、加山雄三の歌を歌っていたのでその頃からみね子と結婚するのはヒデくんかなと思っています。

  42. 葉月 より:

    1日ということは佐賀ではなさそうですね。やはり現実的には奥茨城でしょうか。ヒデ役の磯村さんのインタビューを見ると高子さんでも挟まないとみね子とヒデの関係は…と匂わせていたので。