みね子を仕送りから解放 / ひよっこ 第124話

2017年8月24日(木)放送『ひよっこ』第21週

あらすじと見どころ解説

奥茨城村の谷田部家では、実が宗男と滋子を呼び出し家族会議を開きました。その頃、実は責任を感じはじめていました。自分が行方不明になったことで、みね子の人生を大きく変えてしまったことを。

最低でもみね子を仕送りから解放したい。実はそう考えていました。しかし、谷田部家の家計は依然として苦しい状態が続いていました。さりとて美代子にこれ以上の心配をかけないためにも、実が出稼ぎに出るわけにもゆきません。

だから稲作の他の手だてを見つけて収入を増やすしかない。ではどうしたら収入を増やせるのか。実はそのことを宗男と滋子に相談しました。実はこれまでに失ったすべてのものを取り戻す決意を固めていたのです。

同じ頃、由香は実家に戻ろうとしたもののすずふり亭の前まで来たところで断念。その足で柏木堂に向かい、一郎にあることをお願いします。一方、テレビ局への出前を託されたみね子と秀俊は、そこで世津子の姿を見かけるのでした。

<<前回123話 | 次回125話>>

Sponsored Link

『ひよっこ』第21週 第124話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年8月21日(月)放送
第21週 第124話「ミニスカートの風が吹く」
高校を卒業してから今日までの間、自分の人生を犠牲にしてまで家族を優先してきたみね子ちゃん。その結果、自分の人生には何も残っていませんでした。

そんな切ない現実にみね子ちゃんが気づいてしまったちょうどその頃、奥茨城村ではみね子ちゃんが直面した切ない現実に対して、実さんが責任を感じはじめていました。

実さんは美代子さんから聞かされたのでしょう。

みね子ちゃんは高校卒業後は、本当は奥茨城で暮らし続けることが願いだったこと。東京に行くつもりなどこれっぽっちもなかったこと。

しかし、実さんが行方不明になり窮地に立たされた谷田部家を救うために急きょ東京で就職することになったこと。

そして、自分で稼いだお金の全額に限りなく近い金額を実家に仕送りし続け、自分の楽しみはほぼ犠牲にしていたこと。などなど。

みね子ちゃんが自分の人生の切ない現実を直視したそのとき、故郷では実さんもみね子ちゃんに自分の人生を送らせようと心に決めていました。

宗男さんやシゲちゃんまでも谷田部家に呼び出して、家の経済状況を立て直す算段を相談する実さん、みね子ちゃんの人生に対して本気です。

みね子ちゃんが自分の人生が空っぽなことに気づく。そのことを解決しようと実さんが真剣に動き始める。みね子ちゃんを励ますヒデくんも謎の行動を取り始める。

今週のサブタイトルにある「ミニスカート」が何を意味するのか今のところ不明です。しかしサブタイトルの後ろ半分の「風が吹く」の気配が濃厚になってきました。

みね子ちゃんのまわりの風向きが変わってきたような気がします。

しかし『ひよっこ』は残すところわずか5週です。変わった風向きは残り5週でみね子ちゃんをどこに連れてゆくつもりなのでしょうか。

コメントありがとうございます:ヒデくんが出かけた先に関する新情報

前回もたくさんのコメントをありがとうございました!

さて、前回のコメントで最も多かったのはヒデくんが出かけた先はどこかということです。すずふり亭の面々全員に頭を下げて、しかも二日がかりの外出です。

以下、ちょっとネタバレです。

一週間後の放送回で元治さんがヒデくんに、どこに行ってたんだとしつこく質問する場面が用意されています。

最初に入手した情報ではヒデくんが元治さんに白状するかは不明でした。

その場面でのヒデくんの行動が判明しました。ヒデくん、やっぱりと言うべきか元治さんに対して口をわりません。

でも、決して口を開こうとはしなかったその理由がほぼすべてを物語っているかなと言う気がしています。

ヒデくんが白状しなかったその理由。それは「男の約束」です。

ヒデくんが「男の約束」を交わす男性と言ったら、『ひよっこ』に登場した男性の登場人物の中では一人しかいません。

その「一人」のところが秘密の行き先だったことがほぼ確定のようです。

追記1:早苗さんの「永遠の25歳」の理由は何?というコメントを頂戴しましたが、その謎は第25週、最終週の前の週に明かされるという確かな情報を手に入れました。

追記2:ネット上にあふれるネガティブレビューへの僕の考え方。ちょっと言葉が足りませんでした。

作品がもっと良くなるような建設的な批判であれば、作り手にとっても視聴者にとっても役立つかなと思います。

しかし作り手へのまったく敬意がないレビュー。普段の日常生活の中で身近な人にこんな口の聞き方はしないだろうみたいな一線を超えた罵詈雑言は、大人としてやっていいことなのかと思います。

『ひよっこ』第21週 第124話 観賞後の感想

新しく吹きはじめた風、三つの風があるような気がします。そして三つの風は今はまだバラバラに吹いてますが、一つの方向にまとまるのかもしれません。

今回のレビューは一部にネタバレが含まれます。

一つ目の風:ヒデくん

一つ目の風はヒデくんのとる行動です。

前回、仕事の休みをもらったヒデくん。増田明美さんによれば、お店の定休日と合わせて二日間、どこかに出かけるのだそうです。

ではヒデくんはどこに行くのかというと、それは来週、元治さんがヒデくんに根掘り葉掘り聞いてくれるのだそうです。

元治さん、すずふり亭の中で視聴者の心を一番よく理解してます(笑)

ただし根掘り葉掘り聞くんですが、元治さんがヒデくんの秘密を聞き出せるわけがありません。元治さんには気の毒ですが。

でもヒデくんが大きなヒントとなる言葉を漏らします。

「男の約束」だから、どこに行ったのかは言えないと。ヒデくんが「男の約束」をする相手と言ったら限られてきてしまいます。

二つ目の風:実さん

二つ目の風は、もちろん実さんのことです。

宗男おじさんの言葉を借りるなら「みね子ちゃんを解放してあげたい」。最低でも、給料のほとんどを仕送りするような状態をやめさせたい。

実さんが、みね子ちゃんの解放に向けて決起しました。

ところで、みね子ちゃんが島谷くんとの別れを決意した理由の一つは自己嫌悪でした。

お金持ちの島谷くんと結婚すれば、実家の借金の問題なども解決できるかもしれない。そんな下心への自己嫌悪が、別れの理由の一つになりました。

さて、実さんがお米づくりの他に収入を増やす手だてを見つけ、谷田部家の家計を立て直すことが出来たなら、みね子ちゃんは仕送りから解放されます。

そして何よりもみね子ちゃんは自己嫌悪からも解放されます。

みね子ちゃんは月時計会議でこう言ったと記憶しています。島谷くんが家族と縁を切ると言ってくれたときは嬉しかった。

島谷くんがお金持ちの御曹司でなければ自己嫌悪におちいらないで済むからと。

でも、みね子ちゃんは親不孝な人は嫌いと、別れを決意したもう一つの理由を告げて島谷くんとお別れしました。

実さんの新しい風でみね子ちゃんが自己嫌悪から解放されたら、みね子ちゃんが島谷くんとの別れを選んだ理由の一つがなくなります。

そして、ヒデくの新しい風が「男の約束」の相手に何らかの決断を迫ったら・・・

三つ目の風:由香ちゃん

今回は、すずふり亭の入口まで来たけれど、まだ早いとお店に入る決心がつかなかった由香ちゃん。

実は来週、鈴子さんのピンチヒッターとして由香ちゃんがすずふり亭のホールに立つ場面が用意されています。

とろろで高子さんがやめて以来、すずふり亭は人手不足つづきです。

もしみね子ちゃんが結婚、なんてことになっても高子さんのときのように簡単にやめることが出来ない状況が続いています。

しかし、由香ちゃんが店に戻ることができれば、みね子ちゃんの円満な寿退店が可能な環境が整います。

かくして、三つの風が一つにまとまる・・・というブログ主の妄想でした。

朝ドラニュース:桑田佳祐さんと乙女ちゃんたちが夢の競演

本日、夜10時から10時50分まで。NHK総合で放送される『SONGS』に『ひよっこ』主題歌を歌う桑田佳祐さんが出演。

番組内では、乙女寮の乙女ちゃんたち6人(みね子ちゃん、時子ちゃん、幸子ちゃん、優子ちゃん、豊子ちゃん、澄子ちゃん)と桑田佳祐さんが主題歌『若い広場』を合唱するそうですよ。しかも番組の語りは増田明美さんというこだわりよう。

「SONGS×ひよっこスペシャルコラボ企画満載の50分」なのだそうです。これは見逃さすわけにはゆきません。

▼SONGSスペシャル「桑田佳祐」
・2017年8月24日(木)22時00分~22時50分
・NHK総合

<<前回123話 | 次回125話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひるたま より:

    「米以外で成功している人もいる、んだよな?」
    「あぁ、んだな…メロンやったりイチゴやったりして…」
    確かこの回で、実さんと宗男さんのこのようなやり取りがあったように記憶しています。

    現実問題として…平成の今でこそ茨城県はメロン・イチゴの生産高&出荷高が全国有数(メロンに至っては全国1位)の都道府県です。
    劇中の時代(昭和40年代前半頃)当時、メロン栽培に関してはまだ揺籃期…つまり本格的に始まったばかりの段階だったようです。(イチゴ栽培については残念ながら確認出来ず…)
    加えて、同じ茨城県内でも栽培が盛んな地域は鉾田や行方…いわゆる「鹿行」と呼ばれる地域であり、「奥茨城村」が含まれる県北地域は残念ながら外れてしまっているのですよね。
    ひと口に茨城県といっても…同じ県内でも結構違いがあるものです。

    さらに余談として…乙女ならぬ「オトメメロン」という品種のメロンがあります。茨城県内でも結構生産されています。(乙女ちゃんから派生して思い出した次第です…失礼しました)

  2. 北京人 より:

    テレビの世界なので、細かいことは気にしませんが、当時で東京・佐○は2日間でも
    ギリギリの行程ですね。

    飛行機はまだまだ高嶺の花ですので、列車移動とすると、
    前日、閉店まで仕事して、最終の東海道夜行に飛び乗り、翌朝、大阪から山陽本線乗り継いでも
    九州入るのは午後遅く。
    帰りは、翌朝早く出発して、新大阪で最終の新幹線に乗ってその日遅くに東京か、
    もう少し出発を遅くして、大阪から夜行で翌朝東京着、そのまま仕事(きつそう)

    当時の詳しい時刻表まで調べていませんが、こんなもんだと思います。
    飛行機使わず、新幹線も新大阪止まりの時代は、九州って遠かった、、、

    まあ、向こうも博多あたりまで出てくれば、一晩語り明かす時間はありますね  >_<

  3. こひた より:

    おとうちゃんかっこよかったですね。

    おとうちゃんのセリフかっこよかったですね。

    記憶をなくしたことのない自分が言えることではないですが、無くしたものを悲観してウジウジ過ごすより、これから新しい歴史を作り上げていけばいい。
    大切なのは過去よりも未来だと思うんです。

    もちろん記憶が蘇るに越したことはないし、出来ればそうなってもらいたいです。

    でも普通だったら結婚して20年も経てば倦怠期。
    突然自分の奥さんのミニスカート姿見たら・・・

    でもあの時のふたり、なんて初々しいことか。
    まるで新婚さんのようでした。

    なんかいいよなー。

  4. GATTO より:

    こんばんは。

    今日も、宗男おじさんから名言が聞かれましたね。これまでもいろいろ素晴らしい言葉を聞かせてくれましたが、今回のが一番素晴らしかったです。

    しかし、滋子おばさんも「こうして喋っていると、実さん、昔と全然変わんねえな」と言っていましたが、記憶を無くしていても、こんなに考えることができるのでしょうか?

    “SONGS” も見ました。優子さんが、まだ秋田の実家をいるということは、収録はかなり前だったのかな?

  5. ゆづき より:

    実さん美代子さんに好きだと言ってもらえて良かったです。

  6. ぱぽりん より:

    ひよっこの週タイトルは、歌や世相に絡ませたものが多いのですが,幾つか引っかかるものがありました。
    例えば、「明日に向かって走れ」は、時代的には少し後になりますが、「明日に向かって撃て」からなのでしょう。しかし、「ミニスカートの風が吹く」 は、「明日は明日の風が吹く」のもじりでしょうけれど、それが時代とどういう接点があるのか。
    で、ちょっと検索してみたら、裕次郎の映画で1958年放映の「明日は明日の風が吹く」なんてものがあったんですね。
    ならばということで「乙女たち、ご安全に!」の「ご安全に」を調べてみると、なんとこれは1953年に住友金属工業が始めたものであり、製鉄業界はじめ危険を伴う様々な業界に広まった、丁度ドラマの頃の、いわば時代の流れであり流行語であったもよう。
    ん~、これには「まいった」としか言いようがありません。

  7. 老羊 より:

    宗男が「でもよ、悲しいことから救ってくれるのは人だよ、人間だよ」と言った時、実の表情から何かが脳裏によぎったように見えました。それはもしかすると川本世津子さんだったのかなと思いました。いずれにしてもこの家族は今ひとつになって家族を守ろうとしていて、その絆の真ん中にみね子はいるように思います。

  8. もっさん より:

    いつも楽しく拝見しています。
    今日の実さんは本当に泣けました。
    『子供の幸せを願わない親がいないはずがない』
    そのようにハッキリとは口に出さずとも、
    こちらに実さんの気持ちがひしひしと伝わってきて…。
    そして、
    クールで天然な島谷さんの人気もわかりますが、
    ここ数日の残暑よりなお熱い視線男のヒデくんも頑張れ!

  9. シナモンシュガー より:

    こんにちは。
    奥茨城の谷田部家を見てると自分の小さかった頃を思い出すのかノスタルジックな気分になります。
    茨城に住んだ事はありませんが(笑)
    実さんの決意と美代子さんへの告白は 美代子さん同様嬉しかったです。
    このまま記憶を取り戻さなくても 実さんは昔と変わっていないのかも知れないけれど やっぱり記憶を取り戻して美代子さんや家族と幸せになってほしい。
    最終的なキーアイテムは ハヤシライスと重箱でしょうか?

    朝蔵さんのおっしゃる3つの風があるのだとしたら
    私にとっては嬉しい限りです。
    しかし 今日もネットで 島谷くんの再登場はみね子の進んでいく道にヒントを与える役割だと書かれていました。2人の恋愛に関する話しはないんだろうか?と思ってしまいました。
    このところ ネットや雑誌のインタビュー記事や
    番組自体でも やたらヒデくんが押されてきてると感じてるので(確かにヒデくんは 素敵な男性として描かれているし 人気があるのもわかります。)
    島谷くん再登場が がっかりするものでなければ
    と願うばかりです。
    ここのコメントの中にも 島谷くんと結ばれてほしい方がいらっしゃるので何だか嬉しいです。
    明日は 世津子さんですね。彼女にも幸せが訪れますように。

  10. もんばび より:

    みね子を解放する策、私も考えました。
    「米を続けながら何かできないか?」という実さんの発言があったので、もしかしてもしかしたら、日本初となるブランド米に挑戦する?
    あーでも、資金的に厳しいですよね。個人じゃとても無理か。失礼しました。

  11. ポチ子 より:

    米を作りながらできること、
    第一回目から印象的に使われてきた「たまご」、
    『ひよっこ』というタイトル……

    ずばり、「養鶏」。

    これ、来たんちゃいます!?!?笑

  12. ひるたま より:

    「悲しいこどややなごとはいぎなり起ぎる…でもよ、悲しいこどから救ってくれるのは人間だ…」
    今作では特に、「宗男さん」=峯田和伸さんのセリフに素晴らしい言葉が多く散りばめられていますね。

    「誰がに助けてもらったら、誰がを助ければいい」
    …次週以降、川本世津子さんにスキャンダルが発覚する展開になるようですが(世津子さんクラスの女優さんの動向ならば、谷田部家でも新聞等で同時に知る事が出来るでしょう)、みね子ちゃん達による「世津子さん救出作戦」が持ち上がるとの事で…もしかしたらマスコミ等の追手を振り切って逃げて来た世津子さんを、奥茨城村の谷田部家で匿う展開になるのかな?、などと、宗男さんのセリフを聞いた時に感じたのですが…考え過ぎでしょうか?
    仮にそうなった場合、世津子さんが谷田部家に来る事によって実さん&美代子さん夫婦の間には若干波風が立つ可能性無きにしも非ずですが…今日の放送分を見て、この2人ならばこれから何が起こっても(少し波風が立っても)もう大丈夫、2人の間に亀裂が生じる事は無いだろう…と私は感じました。

    予告編でもチラリと出ていた滋ちゃんの「一発」…来ましたね!
    その滋ちゃん、2度目に叩いた時はさすがに手加減していたように感じられました。何だかんだ言っても、小祝夫妻は夫婦円満ですよ!以前に登場した3人の息子ちゃん達も加わった、「小祝一家勢揃い」の場面をぜひ見せて欲しいですね。(*^_^*)

  13. さん より:

    マジですか。私はヒデ推しだったので複雑な心境ですが。世の中的には島谷さん派が多いのですかね。
    朝蔵さんの予想は鋭いことが多いのでそわそわしてしまいます。笑

  14. 朝ドラマ― より:

    今日の宗男さん、素晴らしかったですね。悲しいことは降ってくるみたいに起きる。誠実に生きようがどうしようもなく起きる。救ってくれるのも立ち直らせてくれるのも人。そうやってみね子は実の代わりに東京に出て働き、戦争で辛い経験をした宗男さんも周囲に温かく見守られ、兄貴の家に何かあれば駆けつける。今度は実さんがみね子のために何かを始めるんですね。そして窮地に陥るらしい実を保護していた世津子さんを今度はみね子が救う。

    朝蔵さんの視聴後の感想を読ませていただきました。なるほど3つの風ということですね。
    ということは、島谷くんは1年くらいたった今でも結婚はしておらず、会社を継がず実家を離れて独立しているという予想でしょうか。親のお金で大学に行き、指輪も自分で働いて買ったとはあの時は考えにくかったので、あのままの島谷くんだったら甘いお坊ちゃまと言われても仕方ないですよね。島谷くんもひよっこから成長しているといいです。お父さんを尊敬していて経営にも関心を持っているようなので、単純に家を捨てて身ひとつになることは想像できませんし卒業してわずかの間に何かを成し遂げているとも思えないし、実家と関わりがなくなった=みね子に罪悪感がなくなって結婚してもいいという気持ちになるのは嫌だなと感じるので、何かなるほどという展開があれば島谷くん&みね子というのも納得できます。大人になった島谷くんと再会できるのでしょうか。

    ネット記事(モデルプレス)でヒデを念じる磯村勇斗くんのインタビューを取り上げていて「ヒデはみね子が100%好き」と言っていて驚きました。実さんが見つかったことも含め毎日近くでみね子を見てきた苦労人のヒデくんとみね子なら価値観が似ていてお似合いだな、2人でお店を開くのかしらと妄想していましたが、ヒデくんのセリフや視線が同僚としてあるいは兄貴のようなものである可能性もあったので。島谷くんに行動を起こすように背中を押しに行ったのなら「すずふり艇を辞めるなよ」のセリフは何だったのか気になりますし、世津子さんの窮地についてみね子がヒデくんに相談して2人で救出作戦をすることで距離が縮まる気がするのですが、みね子がどちらかと結婚しても、将来を暗示させる形でほんわかしたラストになっても大きな悲劇がなければいいなと思います。
    世津子さんにも幸せになってほしいですしね。長々と失礼しました。

  15. 朝子 より:

    初めまして。
    いつも楽しみに、読ませていただいています。
    今日は、もしも、みね子ちゃんが東京に行かなかったらどうなっていたのだろう。
    と、考えてしまいました。
    高校を卒業して3年、当時の地方であれば結婚の話があってもおかしくない頃でしょう。
    お相手は、時子ちゃんのお兄ちゃんとか?
    きっと、いいお嫁さんになったことでしょう。

  16. なにわっ娘 より:

    こんにちは。
    昨日はごごナマに白石美帆さんとシシドカフカさんが出演されてましたね。残り約1ヶ月、登場人物みんながそれぞれの幸せに向かってドラマが展開されていく…ってことで、今後は波乱があっても安心して観ていられそうです(笑)
    みね子にはヒデくんと結ばれて奥茨城の実家で農家レストランを開業、なんてことを期待してるんですが。島谷くんがどんなかたちで再登場するんでしょうか。気になります。
    そして世津子さんに降りかかるスキャンダル。今日の放送を観ていたら、彼女の生い立ちや”文字もろくに読めない”という類いの誹謗中傷なのかな、と思いました。みね子は世津子さんが台本を読むための手助けをしてあげるのかな~と。あの優しそうな女性マネージャーが今まで手助けしてなかったの?と少し疑問に感じますが。。世津子さんは最後にどんな幸せを掴むんでしょうか。

  17. コテツのママ より:

    朝蔵さんの意見に賛同します。
    「ひよっこ」がはじまった当初、視聴率が低いとか何とかというネット記事を何度か目にしました。
    その時のコメントもひどかったと記憶しています。
    でも私は初めから夢中になってみていたので見ないで文句言うな!!って心の中で吠えまくっていました(笑)
    しかし現在はあれだけ叩いていたことを忘れたかのように・・・こんなもんなんですかね?

    今日は私も谷田部家の一員となって今後、何をしたら良いかと考えてしまいました。
    田んぼは続けるとなると・・・で閃いたのが「栗」です。
    あとは「きのこ類」 実は次に閃いたことが本命なのですが「養鶏場」です。

  18. うるし より:

    いつも、貴ブログの更新が待ち遠しく、楽しみに拝見させていただいております。
    こんなに内容の厚い(熱い)ブログを、無料で簡単に拝見できてしまうなんて、申し訳ない気持ちです。
    さて、ブログ主様の、ネガティブレビューに関するお考え、本当にそのとおりだと思います。
    ときどき「お?」と気づいてしまうちょっとした不整合性だったり、自分が予想していたのと違う流れだったりするものも、作劇上の事情としておおらかに受け止めつつ、あんまり重箱の隅をつつかずに、物語を一緒になって楽しめればいいなあと思います。

  19. ゆうまま より:

    いつも、楽しく拝見しています。ありがとうございます!
    ひよっこが好きすぎて、ずっと考えてしまいます。島谷さんが好きで、あの指輪をもって迎えにきてほしいとずっと思っていました。
    でも、最近のヒデを見てると、ヒデとなら幸せになれると、感じてます。
    2日間のお休みで親友である島谷さんに、みね子が好きだと伝えに行ったのかと。
    そして、23週の島谷さんの再登場は、きっとみね子がありがとうと言う場面になると思います。そして、みね子とヒデを応援するかたちになるのでしょうか。
    それでも、島谷さんが、結婚していてほしくないです(願望です。。)
    今日の宗男さんのことば、ジーンとしました(;_;)

  20. トントン より:

    由香ちゃんがすずふり亭の仕事を始める、島谷さん再登場、実さんのみね子解放プロジェクト、どれもみね子の退職が前提になっている気がします。ヒデと一緒になるならば、退職はしなくても良いはず。私は島谷さんと佐賀に行くか、結婚して東京に住む気がしてなりません(激しい願望も含まれていますが)。ただ、島谷さんの登場がわずか1、2回という噂もあり、心配です。

  21. ひよっこファン より:

    島谷さんの再登場日が決まって、8月30日か31日のどちらかに確定だそうです。

  22. HiyoccoFan より:

    久しぶりにコメントさせて頂きます。
    ひよっこ、毎朝出勤前にBSで鑑賞しております。
    残りひと月あまり、そろそろクランクアップのニュースも出る頃ですね。

    さて、ヒデ君の「謎の二日間」についてはここの皆様も色々と予想が上がっていますが、
    私も他の方々同様に佐賀へ向かったのかなと思っております。
    で、佐賀で会うのはただ一人ですが、ヒデ君はその彼に「俺はみね子が好きだ。守ってやりたい」と言う感じの事を告げたんじゃないかなーー・・・と、予想しています。

    川本世津子さんをテレビ局で見かけ、声をかける事を躊躇している?みね子にヒデ君が「自分の気持ちを大切にしてみたら」と告げている事から、そう言う自分も自身の気持ちを大事にするだろうな、と思うのです。
    自分の気持ちを押し殺して、別れて大分経つみね子と親友の後押しをするでしょうか。

    もっとも、ヒデ君自身「みね子が好きだ」と自分の気持ちを自覚してるのかどうか。
    自分の気持ちより親友の恋の成就の方が大切だと思っているとしたら、話は変わって来そうですが。

    私自身は、赤坂編当初からヒデ君推しだったので、まー、出来たら・・・ヒデ君と結ばれるといいなぁ~と、ゆるく思っております(≧∀≦)

    ヒロインと結ばれる「推しメン」で盛り上がる朝ドラと言うと「梅ちゃん先生」を思い出します。
    私はヒロイン梅子(堀北真希)の同僚だった松岡君(高橋光臣)推しだったので、幼なじみのノブ(松坂桃李)と結ばれた時は、強烈にガッカリ!でした(笑)

  23. hajime72 より:

    私が朝蔵さんのブログに興味を持ったのは、これから先の話が覗き見られることと、それまで見ていたひよっこの感想欄のネガティブレビューに嫌気がさしたことがきっかけでした。ひよっこファンの私でも矛盾しているなぁ、と感じるところもありますが、それよりも心が揺さぶられるお話の多さが私にとってひよっこの魅力です。ちなみに、本日のお話を一緒に観ていた連れ合いが、「矢田部家はメロン農家として成功する」と、いきなり言い出しました。茨城はメロンが有名だそうです。「茨城でメロン?」、と思って調べたところ、茨城はメロン生産量で日本一だそうです。そして、茨城でメロンを作り始めたのは今から50年前の昭和42年だそうです。連れ合いの予想が当たるといいな、と思っています。

  24. クリームソーダ より:

    朝蔵さんの 深くて温かくて 鋭い コメントにいつもドキドキワクワクをもらっています。朝ドラを 2倍楽しませてもらっていますし、いつの間にかドラマの中の 登場人物と 近くで一緒に暮らしながら、一緒に自分も、悩みながら歩いている感じです。
    あの頃の時代に、自分もタイムスリップして、等身大の普通の人たちのさりげないストーリーを、さらりと でも 味わい深く共に感じさせてくれる 岡田先生の脚本&朝蔵さんのブログ。あと5週間どこに行き着くのか、本当に楽しみです。これからも、頑張ってください!

  25. ななしのごんべい より:

    実さんの今朝の顔が嬉しかった。どこの誰だか解らない時とは違い、自分は誰で自分を愛してくれる多くの人の元で出直す覚悟!カッコいい~ 思い出せなくても、この地で歴史を作る。(自分の人生を作る)素敵だぁ!

    で、私はヒデ君ファンですので、3つの風が吹き
    奥茨城の野菜で、矢田部家が豊かになり、ゆかさんがすずぶり亭に帰る事で、みね子とヒデ君が結婚してお店を出す!
    しかも奥茨城で!時子と三男も帰って来て皆で

  26. 老羊 より:

    今日は谷田部一家の家族愛にほろりときました。みね子のことを案じる父親としての実、記憶は戻らなくても少しずつ力強さが戻ってきて、すでに一家の大きな柱に戻っていると思いました。縁側での美代子との会話も沁みました。二人の間にこれまでとは違った愛情が芽生えているように思います。素敵です。滋子の言葉もよかったですね。「実さん昔と変わってねえ、すうっとしててかっこいいよ。弟とぜんぜん違う。」笑えました。こういう会話が出来る兄弟姉妹関係は素晴らしいです。宗男も顔に似合わず?相変わらずいいことを言いますね。とにかくやっと谷田部家に安定が戻ってきてほっとしました。

  27. もも より:

    読後感想も含めて、毎日ここにきて最新情報を読むのを楽しみにしています。

    >作り手への全く敬意がないレビュー

    これは悲しいことですが、読み取る力の問題もあると思います。
    ここに書き込みされる皆さんは好意的な方が多く、それだけでもほっとしますよ(^^)

    一話一話にキーワードがあって、刺さる言葉や伏線の繋ぎ
    デティールへのこだわり。何をとってもぬかりどころのない素敵なドラマです。
    今日なんかは宗男の「人を救うのは人」滋子の「兄さんは昔と同じ」
    実の「ミニスカート、似合ってた」
    すべてその場面で言ってほしい珠玉の言葉です。
    中弛みと評された今週週明けの漫画家さんのくだりも、ジャガーズの歌と振付がとっても楽しくて
    私は一人大うけでした。漫画よりも歌のほうが雄弁でかっこよかったです。
    いろんな方がTwitterなどで描かれたイラストを見ると、その辺をかわいく描いていて
    ああ、他の人にもそう見えていたんだ~と思うとほっこりします。。
    ですんで、きっとドラマへの共感者のほうがずっと多いのだと思います。

    そして、まだ描かれていない漫画の白紙ページ
    →みねこの自分への振り返り→谷田部家のみね子どうするか会議。
    これらがクライマックスへのすべての伏線であるということを考えると
    一瞬も見逃せないなと思うこの頃です。(^^)

  28. ちーぼー より:

    今日も宗男さんが素敵でした。イギリス兵と命を取り合うことをしなかった彼だからこそ言える、人を救うのは人だという言葉。一方、実さんのみね子ちゃんを元の世界に戻したいという気持ち…奥茨城に帰らせたいって事ですよね。でもみね子ちゃんは、もう東京にいたいと思っているんじゃないかな。勿論彼女の気持ちを尊重してくれるでしょうけど、戻りたくないと言われたら、家族はショックでしょうね。

  29. ひよっこ大フアンのあきこさん より:

    みね子を楽にさせる方法…。私も考えましたよ。建設省(当時)は、大規模高速道路の建設を奥茨城村に計画しておりました。青年団でもっぱらの噂がたっていました。それを聞いた茂じいさんが、谷田部家先祖代々の土地を売ることを決意し、家族会議にかけたのです。なんて、どう?

  30. ひよっこ大好き より:

    無人(有人)野菜売り場を作るのでは?
    都会からの人が通る道沿いなんかに。市場に出せないけど、問題ない野菜を。
    実さんは東京にいたからこそ、奥茨城の野菜の美味しさを感じているでしょうから。
    自分のとこの野菜だけでは足りないから、宗男さんとかみんなとも共同で。
    もしかすると、美代子さんのお饅頭やお惣菜も売るかもしれませんね。
    茨城には今も、無人野菜売り場がありますから。
    みね子にはもう仕送りはいらないことや、自由に生きろと話すけれど、みね子は自分が犠牲になったなんて感じてない、むしろお父ちゃんのおかげでたくさんの経験ができたし、家族の役に立たったこと、誇らしいよ!ってなるのかなと。
    そして、千代子の高校卒業までは仕送りする!と決めるのでは?
    以前、千代子ちゃんへお姉ちゃんが高校は出してやるって言ってたような?
    そして進くんのことは、千代子ちゃんが私が進を高校出してやるっ!ってなるのでは?
    みね子にも

  31. 桃太郎 より:

    朝蔵さん、はじめまして。
    いつも楽しくブログ拝見しています。
    ひよっこは、ここ数年の朝ドラの中で1番のお気に入り作品になっています。
    朝蔵さんや皆さんの予想が面白いほど当たるので私如きが大変おこがましいのですが、みね子ちゃんを仕送りから解放する算段のですが車掌を引退した次郎さんと一緒にバスの運転手さんになると言うのはいかがでしょうか?