テレビ局で世津子と遭遇 / ひよっこ 第125話

2017年8月25日(金)放送『ひよっこ』第21週

あらすじと見どころ解説

出前の注文を届けるために足を運んだテレビ局で、みね子は世津子の姿を目撃しました。世津子は辞書で言葉の意味を調べながら台本を読んでいるところでした。みね子は注文の品を届け終えたものの、世津子のことが気になってしかたありません。

しかしみね子は、世津子に声をかけることがどうしても出来ずにいました。そんなみね子の気持ちを秀俊が察します。秀俊はみね子に言いました。自分の気持ちに押し殺すようなことはせず、もっと素直に行動したらどうかと。

秀俊に背中を押され、みね子はついに世津子に声をかけることにします。みね子は世津子に実の近況を報告しました。実の名を聞かされて動揺を隠しきれない世津子でしたが、みね子と会話を交わすうちに少しづつ元気を取り戻して行きました。

その頃、日本橋の安倍米店ではミニスカートブームに乗ってさおりがミニスカートに挑戦していました。ミニスカートをはいたさおりは、謝らなければならないことがあると言って三男にあることを告げようとするのでした。

<<前回124話 | 次回126話>>

Sponsored Link

『ひよっこ』第21週 第125話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年8月21日(月)放送
第21週 第125話「ミニスカートの風が吹く」
みね子ちゃんの人生の行き詰まり。その行き詰まりの原因を取り除こうと奥茨城で動き始める実さん。そしてみね子ちゃんを励まし謎の行動をとるヒデくん。

そんな風向きの変化の中、みね子ちゃんが世津子さんと再会します。みね子ちゃんが世津子さんと会うのは、美代子さんが実さんを連れ戻したとき以来。

世津子さんとの接点も、世津子さんからの手紙がみね子ちゃんのもとに届いて以来です。

ところで世津子さんの配役が発表された6月28日。さすがにその時は、世津子さんのもとに実さんが身を寄せているという情報は伏せられていました。

そんなことを感じさせるような情報も一切ありませんでした。

一方で世津子さんというキャラクターについては、大人気の女優ながら、誰にも言えない孤独や苦悩を胸の中に秘めた人物という説明がされていました。

「誰にも言えない孤独や苦悩」

この部分はまだドラマの中では一切描かれていません。間接的に、孤独や苦悩を暗示するような描写はありましたが、まだはっきりとは描かれていません。

この「誰にも言えない孤独や苦悩」がそろそろ描かれ始めるのかもしれませんね。

みね子ちゃんが自分の人生を取り戻そうともがきはじめたタイミングで、新たにはじまる世津子さんの孤独と苦悩のドラマ。

これから何がはじまるのでしょうか。

追記:世津子さんがみね子ちゃんに宛てた手紙はひらがなだらけでした。

あの手紙の中の漢字の使い方を精査したところ、世津子さんが書くことができる漢字は小学校一年生で習うものばかりでした。つまり小学校二年生くらいから子役として忙しくなり、学校にすら通えなくなったということなのでしょう。

今回、世津子さんが辞書で調べながら台本を読む場面が登場します。小学校にすら満足に通えなかったので漢字の読みにも難儀しているようです。

この「漢字の読み書きが満足にできない」という事実から、世津子さんの孤独と苦悩のドラマがはじまるのかもしれませんね。

コメントありがとうございました!

前回も数多くのコメントをありがとうございました。

島谷くんの再登場場面が8月30日か31日になると正式に発表されたみたいですね。何人もの方からコメント欄を通して情報を頂戴しました。

8月30日と31日、それぞれどんなエピソードが描かれる回かというと・・・

8月30日(水)は、時子ちゃんがみね子ちゃんと一緒に日本橋の安倍米店に行く日です。時子ちゃんとさおりちゃんの「三角関係」のバトルが描かれる回。

8月31日(木)は、元治さんがヒデくんに仕事を休んでどこに行ってたんだとしつこく質問する場面が登場する回です。

ヒデくんは元治さんに対して口をわりませんが、「男の約束」と口にしたその時、ヒデくんの脳裏に浮かぶ姿として登場するのでしょうか。

さて、島谷くんの再登場場面が上の二日で確定となると気になるのは9月1日(金)の、早苗さんがとる謎の行動です。

バー月時計での女子トークで盛り上がる中、早苗さんが突然立ち上がると店の外にいた人影を追って飛び出してしまうという行動です。

この人影が島谷くんかも知れないと考えていたので、ではこの人影は誰なのか。そんな疑問が新たに生じてきます。

まさか、また「若かさゆえ〜♪」と歌いながら歩いているあのお二人?(笑)

それはまずないでしょうが、8月30日、31日の島谷くんの再登場はフラグで、9月1日からより本格的な再登場。

そんなところかなと予想しています。きっとこの予想もハズれると思いますが。

『ひよっこ』第21週 第125話 観賞後の感想

「秀俊さんが変わった」

みね子ちゃんがお父ちゃんに向けた独白の中でさりげなく言った「秀俊さんが変わった」発言の意味を考えてみました。

世津子さんに声をかけるべきかやめておくべきか、迷いに迷うみね子ちゃん。迷うみね子ちゃんに言ったヒデくんの言葉のその背後にある観察眼がするどい!

相手はどう思うか。嬉しく思うか、嫌だと思うか。そうやって人のことを気づかうことは、俺はいいと思うけど、いつもそればっかりなのはどうかなと思う。

ヒデくんはみね子ちゃんのことよく観察しているなと思いながらも、よくよく考えてみると人に気を優先するあまり自分の気持ちを封印してしまうみね子ちゃんの心のクセ、ヒデくんにもそのまま当てはまりますね。

みね子ちゃんと島谷くんの恋がはじまった頃のヒデくんが、まさにその心のクセを全開にしていました。

自分の気持ちを飲み込んで、島谷くんを応援するヒデくんの表情は切な過ぎました。

この時に限らず、ヒデくんはいつも何か言いたげな表情を浮かべても、口を開こうとはせず相手(特にみね子ちゃん)を見守るだけ。

みね子ちゃんに言いたいことがある。でもそれを言ってしまっていいのかな?いつもそんな表情を浮かべていたヒデくん。

そのヒデくんが、今回のドラマの中でみね子ちゃんに言った言葉。そのまんま自分のことに当てはまる、と言うか自分自身に言い聞かせているかのようでした。

自分の気持ちを封印してばかりではいけないと言うことを、ヒデくんは気づいたのかも知れませんね。その気づきを、みね子ちゃんに伝えたのかなと思います。

そして、その気づきがあったからこそみね子ちゃんの眼から見た島谷くんは変わって見えたのだと思います。

さて、ヒデくんは変わりました。いつも心の中に封印してばかりの自分の本当の気持ちを、たまには解放してあげようと決めたようです。

そのヒデくんの変化と、ヒデくんが休みをもらってどこかに行った行動。見えないところで深くつながってそうですね。

ヒデくんが休みをもらった日にどこに会ったのか、誰と会ったのかはわかりませんが、これだけは確かなことかなと思います。

ヒデくんは自分の心の奥に封印していた本当の気持ちを、出すべき人に出しに行ったのでしょう。

追伸:たまには自分の気持ちに素直になった方がいいとみね子ちゃんにアドバイスするヒデくん。そのアドバイスの最中に、ひとの気持ちを気づかうのはいいことだけれどみたいなことを二度までも言って、みね子ちゃんの気持ちを気づかってました。

ヒデくん、彼は本当に気づかいの人ですね。その優しさが心に沁みました。

愛子さんの言葉の回収

奥茨城からやってきた美代子さんが、ようやく見つかった実さんを引き取るために世津子さん宅に訪問した場面。

あの場面の直前、あかね荘を出発するみね子ちゃんに対して愛子さんが言った言葉を思い出しました。

あなたはいつもみんなのことを考える。それはとてもいいことだけれど、今日だけはお母さんの立場だけを考えていなさい!

愛子さんのこの時の言葉が、今回ようやく回収されたのかなと思いました。

愛子さんが心配したとおり、美代子さんが実さんを取り戻す場面で、みね子ちゃんは世津子さんの気持ちがとてもとても気になっていたかと思います。

世津子さんのお宅にみね子ちゃんが初めて訪問したあの時は、さすがにパニック状態になり気づかう心の余裕などこれっぽっちもなかったはずです。

でも、美代子さんと一緒に足を運んだ時は、美代子さんを支えるという気持ちも手伝って比較的冷静であったはず。

だから世津子さんの立場にも胸を痛めていたと思います。胸を痛めてはいたけれど、愛子さんのアドバイスに従うことにしたのでしょう。

愛子さんのアドバイスに従ったからこそ胸の中に芽生えたスッキリしない気持ち。今回、ヒデくんに背中を押されたこともあり、回収されたみたいです。

そして、みね子ちゃんからの実さんの近況報告というショック療法。

世津子さんに効果はあったみたいですね。

「大丈夫。・・・にするしかない」

この言葉でわかりました。雨男さんが去った後の世津子さん、きっと大丈夫ではなかったのでしょう。でもようやく気持ちに踏ん切りがついて「大丈夫にするしかない」。

世津子さん、やっと前に向かって歩み出すことができたように見えました。

太田裕美『恋のうた』

今回の三男くんとさおりちゃんの場面。そのバックに流れたのは劇中オリジナルソングなのだそうです。

歌っているのは、昭和の歌謡曲をよくご存知の世代なら、今も変わらぬあの歌声だけでわかったはずです。

ちなみに僕は『木綿のハンカチーフ』が大好きで、今でもしょっちゅう聴いてます。だからまさかの太田裕美さんに感激です。

追伸:昭和のラブソングにオマージュを捧げた劇中オリジナルソング、太田裕美さんの『恋のうた』。明日以降もドラマの中で流れるそうです。

<<前回124話 | 次回126話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まいこ より:

    月時計で早苗さんが飛び出して行く場面、早苗さんのお見合いと関係がある人物なのではないでしょうか?

    今後の展開楽しみにしてます。

  2. ひるたま より:

    最初こそ躊躇したものの(秀俊くんに押された事も要因だったけれど)、意を決して世津子さんに話しかけたみね子ちゃん…今までの「田舎娘」からひと皮剥けたかのように、戸惑う世津子さんを目の前にしてグイグイと強い押しで話していたように感じられました。
    見方次第では「キャラ変?」などと受け取られるかもしれませんね。そして「グイグイ押す」といえば…朝ドラヒロイン定番(?)の‘暴走型ヒロイン’に、みね子ちゃんがここに来て転じるのかな?という気もしています。(あくまでも私見ですが)

    奥茨城時代→東京向島電機時代→東京赤坂時代 と来て、「ひよっこ」=子供だったみね子ちゃんの成長を感じます。(もっとも個人的には‘暴走型ヒロイン’が苦手なのですが…^^;)
    NHKのサイトで「世津子さん」=菅野美穂さんのインタビューを拝読したのですが…この先みね子ちゃんがジャンヌ・ダルクの如く見える場面も登場するとか。(そして、10代~70代の女優さんが集まる場面も登場するそうです!)

  3. こひた より:

    そうか、あのあまーい歌声の主は、太田裕美さんだったんですね!
    私も大ファンで、人生初のLP(死語(^^;)買ったのを思い出しました。
    彼女を起用するあたり、やっぱりこのドラマセンス抜群ですね。

    特に好きだったのが「君と歩いた青春」です。

    君と歩いた青春が幕を閉じた 君はなぜ男に生まれてこなかったのか

    あの甘くて切ない歌声が大好きでした。

  4. yoshi より:

    太田裕美さんの「恋のうた」ですが、番組内で聞いた瞬間、フランソワーズ・アルディーの「さよならを教えて」という歌を思い出しました。作者の方はあの歌をイメージされて書かれたのかなぁ。

  5. GATTO より:

    こんばんは〜

    しかし、三男君、どんどん格好良くなるなぁ。みね子さんが世津子さんにした話は、高校生の頃のもののようですが、精神的には昔から格好良かったですね。今は、それに加えて社会でもまれ、磨かれた格好良さがありますね。

    さおりさんも、ますます可愛いくなっていますね。脚もきれいです❣️

  6. ウンベルトサバ より:

    宗男の言葉、人を癒すのは人、世津子さんの苦しみを癒すのは、みね子。苦悶の表情を浮かべる世津子さんを救うのはミニスカートの話、漢字を覚えることができずに芸能界で生きてきたスターの孤独や悩みが、彼女をスターとしてででなく、一人の人間として見てくれる実さんを慕う気持ちになったというのも納得だし、また漢字が読めない弱みを曝す世津子さんもいいし、手伝うと申し出た、ことで世津子さんの孤独をも癒す・・ほんとに、この脚本家は、すごい。教えられることばかり。明日も見ます。元気も素。

  7. ※真理絵 より:

    私も同じ気持ちです。だからこそ最終回は、みね子と島谷さんが復縁して、結婚して欲しいです。

  8. 繊蘿蔔 より:

    オマージュですか・・・
    『直虎』ではサブタイトルでさんざん見せられてますが
    『ひよっこ』には少ないですね

    お赤飯作りのとき
    宗男さんが戦時中のことを語るシーンのBGMとか

    いえ その後の女の人たち歌が『埴生宿』
    早苗さんは『HomeSweetHome』で歌う・・・とか

    そんな演出だと良かったですね

    お盆の頃 ケーブルTVで『ビルマの竪琴』観たのを
    いま『オマージュ』の言葉を見て 思い出しました

  9. S.O.X より:

    ラストの「恋のうた」、フランソワズ・アルディのパクリ(笑)で爆笑しました。宮川さん、遊んでるなあ。。。
    原曲のタイトルは「Comment te dire adieu」、日本語タイトルは「さよならを教えて」(不吉です(笑))、1968年のヒット曲なので、シーサイド・バウンドや君に会いたいがヒットしていた1967年よりはちょっと後の曲ということになります。荒井由実さんがパクリ、いやインスパイアされて作った曲が「まちぶせ」、昭和歌謡としてはこちらの方をご存知の方も多いかもしれませんね。以上、シッタカ知識でした。

    当初、米子ちゃんが歌っているのかと思いました(笑)。いずれにせよ、胸キュンですね、この曲は。。。

  10. 通りすがり より:

    今日のみね子が世津子さんに話した三男と時子のエピソード。時子が三男の気持ちに応えようとするフラグなのかな…と思いました。米子が三男に時子に会いに行ったことを謝っているところに時子が登場。時子が三男の気持ちを受け入れる…という流れを想像しています

  11. ねむ より:

    島谷さんは8/31のみとの事です。番組表にも名前は8/31のみで事務所からのメルマガにもそう記述してありました。

  12. シナモンシュガー より:

    おはようございます。
    今日は みね子にもヒデくんにもそれぞれに風が吹き始めて変わっていく最初の一歩というところでしょうか?
    ヒデくんは 島谷くんに会いに行った時点で すでにみね子より一歩二歩先を進んでますよね。
    それでの今日のみね子へのアドバイスでしょうか。
    それから 島谷くんの登場は 今のところ8月31日のようです。ヒデくんが佐賀に行った場面に登場するのかな?予想していたものとは かなり違っていた再登場になりそうで 再登場というよりは友情出演ぽい感じですね。
    早苗さんが追いかけた人物も きっと早苗さんがとても大事に思っている人なんじゃないかと思います。
    世津子さんとのやり取りがあるあたりでわかるのでしょうか?増田さんが また覚えておきましょうねと言ったりして⁉︎

    世津子さん役の菅野さんは ちょっとした仕草もお上手ですね。みね子との再会はどうなる事かと思いましたが 最後には笑い合う事ができて安心しました。
    現実は こんな風にはいかないんだろうけれど。
    愛子さんの出演は どこかと思ったら みね子と世津子さんの会話の中での登場だったとは…しかも自分のスカートの丈を短くしようとしてるし(笑)
    そして みね子から久々に三男の話しが聞けたと思ったら 三男登場からの米子のミニスカート。
    米子 インパクト強すぎ‼︎そしてカメラアングル最高‼︎
    米子に全部 持っていかれてしまいました(笑)
    三男と米子の場面にかかっていた歌は 太田裕美さんらしいですね。懐かしいです。

  13. 通りすがりの猫 より:

    戦前〜戦後の混乱期、小学校もろくに通えず、という子供は、現在からは想像できないほど普通にいたのではないでしょうか。そのあたり、名作「二十四の瞳」でも描かれています。病弱な母に代わって子守や家事をさせられる、貧乏ゆえに働きに出される、そういうことも普通にあった時代を美貌ゆえに女優という仕事で生きてきた世津子さんなのかなと思いました。そこまで悲惨でないにせよ、たとえば美空ひばりさんなんかも天才子供歌手として多忙ゆえに学校に通うどころではなかったようですよね。ただ、ひばりさんにはお母さんがつきっきりでしたから、多忙であっても一流としての教養もつけさせたりということはあったのでしょう。世津子さんと世代の近い子役で現役といえば中村メイコさんがいらっしゃいます。メイコさんも多忙な子役時代だったようですが、お父様は作家ですからそれなりの教養は家庭でも十分に修養が可能な環境だったのではないでしょうか。世津子さんが「子役から女優」だったこと、「天涯孤独」な環境だったこと、この2点からも満足な教育を受けることができずに至ったということは想像に難くありません。そして、義務教育すらも受けられないほど誰も頼る家族がいなかったといことは、実さん=雨男さんのことは突然現れた”お兄さん”として心の拠り所だったのではと考えました。あの手紙から受けた印象とこの推察は、なにより手紙を受け取ったみね子ちゃん自身が感じとっているように思います。だからこそ、みね子ちゃんは世津子さんをお父ちゃんの記憶がないことをいいことに囲っていた人として恨むのではなくて、その後が気掛かりなのだと思います。

  14. 繊蘿蔔 より:

    >おひちゃま様

    そうでしたね
    世津子9~10歳は真珠湾開戦の年
    終戦時には14~15歳
    就学前~小学校低学年と云う意味での『子役』と言うにはいささかムリとしても
    今様のジャリタレと云う意味でなら・・・でもNHKが朝ドラでジャリタレは使えない とするなら”子役”と言い換えるのもアリかしれない
    いえ そんなことを云々するよりも・・・
    世津子とミノルの男女関係を否定する筋立てにして欲しいのですよ
    そのようにしないと 妻たる美代子さんはいたたまれないだろうし
    すでに何人かの人から期待されている『世津子を奥茨城で招く』とか『世津子が後見になったみね子が芸能人としてデビュー』とか云うようなことには至り難いでしょうし
    ・・・と云う次第

  15. もんばび より:

    繊蘿蔔さん、お見事!
    何とまあ、そこまでの洞察をわたしは思い至りませんでした。
    つまり世津子さんにとって、実さんは「オトコ」ではなくて「素敵なお父さま」あるいはお兄さまなわけですよね。
    そりゃ、男女の関係になるはずもありませんよね。
    素晴らしい。あまりにも素晴らしい。

  16. たなたな より:

    初めまして、横から失礼いたします。つい、コメントせずにはいられませんでした。素晴らしい予想です!納得の世津子さんストーリーですね。(^.^)

  17. 常磐本線 より:

    みね子は、世津子さんの付き人となって、奥(茨城)峰子(みね子)として女優か歌手デビューする。
    今は誰とも一緒にならないとの展開を妄想してみました。

  18. おひちゃま より:

    太平洋戦争開戦が昭和16年(世津子10歳)、東京大空襲~終戦が昭和20年(世津子14歳)で、彼女の不遇を戦争に絡めるには少々無理があると思います。
    登場シーンで「子役から娘役を経て~」との設定から、むしろ天涯孤独の中戦時を俳優業で食繋いで来たという設定の方が自然なくらい。

  19. トントン より:

    そうですね。戦争で家族を亡くした世津子が初めて持った「家族」が実さんだったのでしょう。この再登場は更に何を物語るのか。ここに島谷さんが絡んできて、みね子にとっては、更にえぐい展開になりそうな気がします。でも、どうか最後はみね子と島谷さん、結ばれてくださいね。

  20. 繊蘿蔔 より:

    世津子さんの 誰にも言えない(言わない)孤独や苦悩
    どんな事があったのでしょうね

    こんなプロファイルを考えてみました

    1966年7月に35歳なら
    終戦に先立つ1945年3月10日東京大空襲の時は8~9歳
    5~8歳くらい年上の兄がいたとしましょう
    するとそ父親はその頃40~45歳くらい
    年齢的みると召集兵という設定はいさかいムリなので
    東京に家庭のある職業軍人と云うことにしましょう
    で母は 夫が職業軍人だからこそ 戦地将兵の苦境を思い
    自身も子供たちをも疎開させず在京のまま
    そんな状況下での東京大空襲で家が焼かれる
    逃げ遅れかかった世津子を助け出したのお兄さん
    『あっお母さんもだ!!』と叫び兄は再び火の中へ
    終戦になっても戦災孤児になった世津子へ
    父の消息など届くはずもない
    やがて縁あって(その詳細は作話の専門家にお任せ)
    世津子は芸能(子役)をすることになる
    父がもし生きて帰国できたなら私を見つけられるように
    と本名のままでの女優業に励み名声を得る
    でも父からの連絡がないまま24年(1964年秋)
    その日の仕事を終え帰宅したときの自宅前のベンチ
    そこに傷だらけまま放心したような男の姿
    その姿に 父親(最後に見た年齢とほぼ同じくらいの年齢)
    あるいは亡き兄(健在ならこのくらいの年のはず)
    懐かしく愛しい肉親の面影を重ねてしまう←ここ重要!!
    きずの手当てをするうちに記憶喪失状態と判り
    そのまま放り出すわけにもいかない
    世津子の住居には いつ父が戻って来ても困らないよう
    普段から男物の衣服は買い揃えてあるから困ることはない
    と云うことで 傷だらけの男を保護し続けることになる
    なかなか記憶が戻らないので仮の『雨男』を与える
    このまま 新しい(別です)経歴を植え付けちゃおう
    のような気持ちを持ったりしたことだってあるかも
    でもやがては元の家族へ返すべき
    そんな葛藤が日々に高まっているある日みね子と出会う

    このような 肉親への想い と云う設定なら
    実(雨男)&世津子さんは肉親なので男関係になるはずナシ
    如何にもNHK朝ドラ的な顛末
    男女関係アリと予想(期待?)した視聴者は
    『ゲスの勘繰リ』を恥じばければならない
    ごめんなさい(コッソリ)・・・苦笑

    長々と書き杉ちゃいました←これも ごめんなさい

  21. ひよっこ大好き より:

    実さんを引き取った時も、結局きちんとお礼が言えずに離れてしまった世津子さんとみね子。今実さんが元気でいてくれたのは世津子さんのおかげですから。けんか別れみたいになったこと、みね子は後悔しているはず。
    お礼と、実さんが元気に茨城で頑張っていることを伝え、これまでのお礼にと台本読みを手伝うのでは?「通知表はアヒルばかりでしたから、役に立つかわかりませんけど(笑)」って。

  22. naoko より:

    世津子さんの手紙を見て、私は高峰秀子さんを思い出していました。小学校も満足に通えず子役の仕事をしながら小学校の先生がくれた絵本を見ながら一人で文字を覚えていったそうです。世津子さんの生い立ちが重なって思えます。

  23. おひちゃま より:

    世津子さんはビートルズがやって来た1966年の時点で35歳、1931年(昭和6年)生まれとなります。
    「食べるために職業として女優業をやってる。」
    「(実さんがやってきて)初めて家に早く帰りたいと思うようになった。」
    との発言から戦前の不況等で一家離散、小学校へ通う頃には天涯孤独になった設定なのだと思われます。

    いつ終わるか分からなかった実さんとの「偽りの家族」では無く、みね子と新しい家族へと言う形に発展できれば幸せなんですけどね。
    世津子さんが心をさらけ出せる一番の相手はみね子のはずですし、みね子は家族の絆の大切さを知ってる谷田部家で育まれた女性ですから。

  24. 浦添まんた より:

    109話の手紙の話がここで回収されるのか!世津子さんは何らかの形で再登場するだろうと思ってはいましたがこれほど見事なはめ込み方をするとは岡田先生には脱帽の一語です。朝蔵さんが更新してくれた21週目各話を読んでいて「凄い!」と唸ってしまいました・・・。