てんが商談をぶちこわす / わろてんか 第1話

2017年10月2日(月)第1週「わろたらアカン」

あらすじ

明治35年(1902年)京都。老舗の薬種問屋「藤岡屋」の長女・藤岡てんは、人並みはずれた笑い上戸の女の子でした。父の儀兵衛は、たたき上げの人物として人望が厚いその一方でその厳格過ぎる性格から「ギョロ目の鬼さん」と恐れられるほどでした。

ある日の朝食の席で、兄・新一の言った冗談に大笑いしたてんは、儀兵衛からきつく叱られてしまいました。食事の席では笑うな。数日後に藤岡家で開くドイツ人を招いたホームパーティーまでにその笑い上戸(ゲラ)をなおすようにと。

笑い上戸をなおせと父から言われたものの、どうしたら笑わずに済むことができるのか。てんは考え込んでしまいます。そんなてんを、てんの笑い上戸が自分は好きだ。てんが笑うと皆が楽しくなるから好きだと、兄の新一が励まします。

そして迎えたホームパーティーの日。てんが給仕のお手伝いをしているその時、客のドイツ人の頭にちょうちょうが止まりました。その姿を見たてんは、あまりの可笑しさに我慢しきれなくなり大失態を演じます。そしてパーティーをぶち壊しにしてしまうのでした。

<<わろてんか目次 | 次回2話>>

Sponsored Link

予習レビュー

『ひよっこ』の思い出に酔う暇もなく『わろてんか』のスタートです。

『わろてんか』の制作が発表された頃のことだったでしょうか。

当ブログのコメント欄で『わろてんか』の脚本を執筆される脚本家・吉田智子さんの映画作品が上映されていることを教えていただきました。

映画のタイトルは『君の膵臓をたべたい』。

この作品のポスターを見るかぎり決しておじさん向けの映画ではありませんでしたが、どんな仕事をされている方なのか映画館まで足を運んできました。

朝ドラのクオリティは脚本家の力量でほぼほぼ決まりますので。

さて、『わろてんか』の吉田智子さんの脚本。素晴らしい!の一言です。ストーリーテリングは一切の無駄がなく洗練されていて、泣かせるツボもしっかりと抑えられている。

まさに朝ドラにぴったりのお仕事をされている方だなというのが映画を見ての感想です。

というわけで『わろてんか』も、とても楽しめる作品になるのではないかと、おおいに期待しています。

追伸:吉田智子さんの脚本作品『君の膵臓をたべたい』。タイトルがちょっとばかり怖そうですが決してホラー映画ではありません。

この不思議なタイトルが最後の最後に大いに泣かせてくれるんです。

感想

儀兵衛さん

『わろてんか』が始まりました。ドラマはまだわずか15分なので、登場人物たちの人となりははっきりとは見えてきませんが、それでもお父はんの儀兵衛さんの濃厚なキャラにワクワクしています。こういうお父はんキャラ、大好物です。

事前にわかっていた情報ではてんちゃんを叱りつける場面が繰り返し登場していたので、怒ってばかりのちょっとおっかないお父はんを想像していましたが、想像していたよりはずっと「温厚」な人でした(笑)

しっかりと笑わせてくれそうでもあるので楽しみです。

冒頭のくしゃみの場面。儀兵衛さんの人となりが見えてきてからやれば、ツボに入ったかもです。今回はちょっとすべったかな・・・

「ギョロ目の鬼さん」の周囲を震え上がらせるような活躍、楽しみにしています。

しずさん

お母はんのしずさんは、今回はまだキャラが見えませんでしたね。

公式サイトのアナウンスによれば「おっとりした性格」との由ですが、おっとりした性格の奥様で忘れられないのは『あさが来た』のよのさんです。

良家のご令嬢がそのまま大奥様になったようなあのキャラは絶妙でした。

はたして、しずさんの「おっとり」はどのようなタイプの「おっとり」になるのでしょうか。早く、その人となりを知りたいキャラクターの一人です。

ハツさん

竹下景子さんが好きなこともあり、祖母のハツさんにも期待しています。

実は、ハツさんについても儀兵衛さん同様、もっと厳格でおっかないおばあちゃんを想像していました。

孫娘相手に『ごちそうさん』の和枝姉さんみたいなことにはさすがにならないでしょうが、それでも手ごわいおばあちゃんなのかも知れないと。

ハツさんについても、出番はちょっとだけ。ほんの数分です。まだまだどのようなキャラなのかは見えてきません。

願わくば素敵な祖母キャラでありますように。

そして、てんちゃん

ヒロインのてんちゃんはまだ子役ということもあり、なおさらのことキャラが読めません。

ただし、前々作『べっぴんさん』のヒロイン・すみれちゃんは口数の少ない受け身な性格のキャラ。前作『ひよっこ』のみね子ちゃんも朝ドラヒロインらしからぬ地味キャラ。

これまで二人と比べると、てんちゃんは明らかに『とと姉ちゃん』の常子ちゃん以来一年ぶりとなる、朝ドラヒロインらしいキャラになりそうです。

これから寒い季節を迎えます。寒い季節にはこのくらい明るいキャラがちょうどいいのかも知れませんね。

藤吉くん

ヒロインの相手役が、ヒロイン幼少期の第一回からまさかの登場です。

『あさが来た』の時も同じタイミングでしたが、『あさが来た』の新次郎さんの場合は恋とは無縁の許嫁。

しかし今度は恋バナの展開があるはずです。

『ひよっこ』が驚くほどゆったりと時間が進んでいたので、その時間の流れ方のまったり感に慣れきった目には、ものすごくスピーディーに映ります。

<<わろてんか目次 | 次回2話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. サエモン より:

    栞のモデルは松岡修造さんのひいおじいさまってウワサですよね
    宝塚やべっぴんさんの大急創業者
    彼の物語も楽しみ
    高橋一生さんがおひさまに一週だけ出ていて
    念願のレギュラーなんですね
    過去は何回か落選されたとか
    吉本はせいさんの弟の死後
    吉本の名物社長として
    知る人も多い大崎社長
    彼が社長なるまでの内輪揉めはかなりエグいとか
    まぁ、初代社長の黒いウワサは朝ドラに向かないが
    ただそこを完全に無視も
    だからやんわりやるのかな?

    息子の悲哀は描いて欲しいな
    その息子が誰がやるか
    葵さん若いからほぼ年齢差がない親子になりそう

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      伊能さまは「大急ですから!」のあの大急の創業者ですか!そうだと楽しみです。

      • サエモン より:

        ただ今回はショービジネス
        エンターテイメントの先輩やお手本的な役割だから
        モデルの方の東宝や宝塚
        特に宝塚から吉本このドラマでは
        北村かな(´・ω・`)?
        笑いをビジネスにするお手本
        エンターテイメントをビジネスに

        宝塚も吉本のライバル松竹とは
        競合したらしいし
        みんなに手軽に観れるショービジネスとか
        今は値段それなりにしますが

        大急電鉄 大急百貨店その2つは
        もしかしたら触れるのかな?

        まぁ、今回はショービジネスの方だけかも知れませんね

        高橋一生さんと濱田岳さんが並ぶと
        軍師官兵衛の家老トリオを思い出します
        願わくは速水もこみちさんも出ないかな?
        若こと長政役の松坂桃李さんと濱田岳さん
        高橋一生さんが三人一緒のシーンもみたいな
        軍師官兵衛から4年
        三人ともあの頃より名も実力も上がりましたしね⁉️

        • 朝蔵(あさぞう) より:

          『わろてんか』前半は寄席経営が軌道に乗るまで。後半でショービジネスの世界がどこまで描かれるのか楽しみですね。

  2. ひよっこ大好き より:

    ひよっこロスから立ち直るため、新たな楽しみを求めて、わろてんか観てますが、、、

    だめだー。子役、、てんちゃん役、可愛いし上手だけど、直虎の子役じゃん!!!

    直虎が数年前の作品とかならともかく、まだやってるし!大河も見てる私には、違和感しかない!配役決めたの誰?雑すぎる!
    しかも、子役だから演技一緒だから、直虎にしか見えない!

    なので、初回からの1週間はストーリーを把握する程度にしました。

    福くんもそうだけど、人気の子役さんではなく、大人時代を演じる役者さんに近い子役さんを選んでほしい。

    美羽ちゃんも福くんも、、、葵わかなちゃんや濱田岳くんと全然違うでしょ。。。

    ひよっこの配役が絶妙だっただけに、子役2人のわざとらしい演技に、ためいきでした。

    ただ、松坂桃李さん、上手ですね!夢があるキラキラ感がとても現れていて今までカッコイイだけの俳優さんと思ってたので、意外でした!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      『梅ちゃん先生』での松坂桃李さんが忘れられません。本当に見事でしたよ。本作でも大いに期待しています。

  3. ひるたま より:

    朝蔵さんこんにちは。
    『ひよっこ』に引き続き、こちらも楽しみに拝読しています。

    私以外にも複数いらっしゃるようですが…思った以上に『ひよっこ』‘ロス’に陥っているようです。(;^_^A
    下手するとこちら『わろてんか』に慣れる前に千葉雄大さん演じる新一お兄ちゃんが……?という危惧(?)さえ感じています。

    初回で儀兵衛さんの「ハクション!」で場面に登場する全員が転ぶ場面(明らかに新喜劇を意識した演出の一つでしょうね)、本日(第5話)のエピソードの後で挿入していたらかなり印象が異なっていたのではないかな~?などと勝手に想像してしまいました。加えて‘ホゥム・パァティ’の場面も…「ここ本当は笑う(べき)シーンなんだろうけれどね~」と一歩以上引いた(醒めた?)気持ちで見ていた自分がいました。

    前作『ひよっこ』を度々引き合いに出して申し訳ないのですが…第一話に於けるドラマの「掴み」はかなり重要だな、と感じさせられました。
    前作の第一話での次郎さんのセリフ「こぉのごじゃっぺが!!」で掴まれた身としては、今作の第一話は「……」だったのが本音です。(もっとも前作ではキャスト&制作陣よりもこちら側の方がある程度詳しい「茨城弁」という要素も大きかったですが)

    かなりのめり込んで前作『ひよっこ』を見ていた疲れもまだあるかもしれません。
    暫くは力を抜いて朝ドラを見ようと考えています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      同感です。冒頭の掴みは大切だと思います。朝ドラの掴みで『カーネーション』は秀逸でした。第一回でいきなり始まった迫力あるだんじり祭りであっという間に心をわしづかみされました。あれはすごかった。

  4. ひるたま より:

    こんにちは。横入り失礼します。
    初回の「お料理ガッシャン」の場面を見ながら私もちょっと…「せっかくの消え物が…!?」と感じてしまいました。

    「前作では被害がいつも小さかった」
    確か前作『ひよっこ』では、省吾さんの怒鳴り声に驚いたみね子ちゃんが皿を割る場面以外には思い出せません。(それも、食べ終わった後の下げるお皿だったような?)
    あと、大量の赤飯弁当を作る場面で宗男さんが弁当箱(折詰の箱だったような?)をぶち抜いてしまって赤飯が落下する場面がありましたが、その時にはちゃんと別の弁当箱にお赤飯が‘着地’していたのでお赤飯が駄目になってしまわずに済んでいました。

    慣れるのにはもう少し時間が掛かりそうです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      消え物被害ではありませんが第1週で進くんがワヤにした靴を直そうとしたみね子ちゃんが完全破壊しましたね(笑)

  5. こひた より:

    朝蔵さん、今作も宜しくお願いします。

    初回を見た感想。
    やはりひよっこの安心感というかほのぼの的な雰囲気が抜けきらないようで、てんが叱られる場面をあまり見たくなく、思わずチャンネルをかえてしまいました。
    とはいうものの、やはり気になるので少ししたらまた戻しましたが、正直イマイチ入っていけませんでした。

    けど昔から吉本新喜劇は大好きでよく見ていました。ですからその創始者の物語には大変興味があります。なので頑張って見続けていこうと思ってますので、どうか半年間宜しくお願いします。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      朝ドラの子役時代は、子供がお父ちゃんからこっぴどく叱られるのが定番ですからね。ヒロインが成長すればそれもなくなるかと思います。(そう期待しています)

  6. GATTO より:

    こんばんは〜 初回見終わりました。前作の「ひよっこ」とは、何から何まで対照的な作品ですね。関西と関東、明治と昭和、ノンフィクションとフィクション、人生記と青春記・・・それに何といってもヒロインが・・・

    どちらにしても、これから半年が楽しみですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      前作とはガラリと空気が変わりましたが、長い目で見ると『わろてんか』タイプの朝ドラがこのところ続いていましたので、いつものところに戻って来た。そんな気もしています。

  7. よるは去った より:

    冒頭で現・桂南光師が演じていたのは「ちりとてちん」。過去の作品を意識しての演出かな?しかし、幼きヒロインの兄役の鈴木福君も「落語 the movie 」でもかなりお馴染みの顔になってきたけど、自然な可笑し味が出せる俳優さんになってきたような気がしますね。将来的に大河ドラマで「豊臣秀吉」役とか合うかも知れませんね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      『ちりとてちん』へのオマージュでしょうね。あの作品も「笑い」がテーマでした。そして関西人にしかできない笑いが絶妙でした。

  8. キヨコ より:

    朝蔵さん、わろてんか、始まりましたね。
    またよろしくお願いします。

    今朝は一足先に出かけなくてはならず、「ギョロ目の鬼さん」あたりしか見られませんでした。
    吉田智子さんのインタビューに、(ご自身とは異文化の)大阪の笑いを表現できるのかと不安だったが、スタッフの皆さんの「私たちがついている」との言葉に、この物語を作りきっていこうという内容がありました。
    今日のくしゃみの後のズッコケは、やはり関西だなぁと、北の田舎育ちの私は羨ましくもありました。
    だって、お笑いの神様の住んでいるところですもん、そのくらいの演出はなくっちゃ!

    先週一週間は、ひよっこが終わるのが寂しくてたまりませんでしたが、朝蔵さんのレビューでわろてんかを楽しみたいと思います。

    余談ですが、某局で始まったパンダが大好きなあの方の物語も始まったので、ひよロスもすぐに癒えそうです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      今後、てんちゃんが寄席をはじめ芸人さんたちが大勢出てくる頃になると笑いもヒートアップするでしょうね。その頃が楽しみでなりません。

  9. きゅうぽん より:

    始まりましたね〜!シーンは違うけれど、あさが来たの感じと似ていたり、
    おてんばお嬢ちゃんが厳格な父親に怒鳴られる的なのが…でも、過去のドラマと似ていたりがあったりついついあら捜ししてしまいます(^_^;)

    ただ、一番は私ドラえもんとか、キテレツとかもそうですが、今日だったら、笑いをこらえようとして、お料理ガッシャンしたり、最終的にはめでたしになるのですが、失敗だったり、ヘマとかしてしまうのが、辛いんですね。なんかわかっているけど、見てられないんですよね〜。
    しかも大事な取引だったのに結構サラッといつものように怒られて終わりみたいなので、
    え〜それでいいの?とか思ったり。

    ちょっと辛口でスタートしてしまいました。ひよっこへの思いがまだまだ強いです(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      お料理ガッシャン・・・『ひよっこ』では、食べ終わった後のお皿が1枚か2枚。前作では被害がいつも小さかったので、そのギャップに僕もまだ慣れていません。

  10. サエモン より:

    お久しぶりです
    わろてんかと言う毎日の笑いの薬
    これから楽しみです。
    わろてんかは今から藤吉ロスが
    起きないか心配です(笑)
    福君の役が多分初代なのかな?

    遠藤さんのお父さんは
    最近は頼りない役が多かっただけに
    なんか鬼は新鮮に
    お母さんがこの前まで共演されてた
    鈴木保奈美さんか

    てんが出てきた時あれおとわ?
    直虎観てたんだっけと
    あのこにこんなに早くまた会えるとは⁉️

    これからどうなるか楽しみ
    政次ロスが回復してきた自分は
    栞の登場が楽しみです
    あと長屋の面々が今後の一番の楽しみです

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      栞(伊能さま)の先々の展開が僕もとっても気になっています。吉本せいさんをモデルにした小説に伊能さまらしき人物がいて、その人物との恋バナやかなりエグい結末が小説にはあるんです。

  11. 村上 智秋 より:

    笑い上戸を父あらなおせと言われた、は、父からでは?