てんと藤吉が再会果たす / わろてんか 第13話

2017年10月16日(月)第3週「一生笑わせたる」

あらすじ

てんが藤吉と再会しました。それは藤吉が旅に出てから8年ぶりのことでした。あれから苦労を重ね人気芸人になることが出来たという藤吉の言葉を聞かされ、てんはそのことを心から喜びました。

一方、てんと伊能家との縁談が破談になった後も儀兵衛は婿探しを続けていました。しかし藤吉との再会を果たしたてんは、その日から藤吉のことを忘れることができません。同じ頃、藤吉もてんのことを忘れられずにいました。

そんな中、てんは女中のトキに連れられよく当たると噂の占い師のもとに足を運びました。縁談相手の写真を何枚も見せられた占い師はてんに告げました。てんの運命の相手は縁談相手の中にはいない。てんの好きな人が運命の人だと。

占い師から「運命の人は藤吉」と言われたてんは、藤吉への思いを募らせてゆきます。しかし、人気の女義太夫となっていたリリコの言葉にてんはショックを受けました。藤吉が手紙で書いていたことはすべて嘘だ。リリコはてんにそう言ったのです。

<<前回12話 | 次回14話>>

Sponsored Link

予習レビュー

前週は藤岡屋の倒産の危機、伊能家との縁談と破談、そして兄・新一くんの死などなど。藤岡家の騒動と、その騒動に翻弄されるてんちゃんが描かれました。

そのような家の騒動を経て、今週はてんちゃん本人がクローズアップされる展開になるようです。

てんちゃんが藤吉くんと再会します。

藤吉くんが旅立ってから8年。約束していた手紙を送り続けてくれた藤吉くんと、その手紙を8年間楽しみに待ち続けていたてんちゃんが再会します。

伊能家との縁談が進んでいた頃、家の危機を救うためてんちゃんは縁談を受け入れる覚悟を固めていました。

しかし伊能製薬からの出資を受けることで藤岡屋は最大の危機を乗り越えることができ、てんちゃんの中では家を守るという気持ちが希薄になってきたのでしょうか。

相変わらず儀兵衛お父はんが婿探しに奔走しているのを知りながらもてんちゃんは最早、縁談に乗り気になれません。

その上、占い師の「運命の人は藤吉」というお告げが。

ところがその直後、天敵・リリコちゃんがまさかの事実をてんちゃんに耳打ちしました。リリコちゃんの言葉は本当のことなのか。その言葉の裏には何か企みが隠されているのか。

てんちゃんの動揺がはじまります。

感想

ブラック・リリコちゃん

舞台の上のめくり(?)に「凛々子」の名前。リリコちゃん、漢字表記すると凛々子になることを今日初めて知りました。

凛々しいと書いてリリコ。舞台の上のリリコちゃん、その名に恥じない凛々しい姿でした。僕も今日から「親衛隊」の一人です(笑)

さて、リリコちゃんの凛々しい姿も素敵でしたが、腹の中に一物も二物もありそうなブラックな女性キャラが大好きな僕としては、そこが「親衛隊」確定の要素です。

占い師のおじさんを買収して、占い師の口からてんちゃんとの関係は「大凶」と告げさせて藤吉くんを震え上がらせてみたり。

さらに、てんちゃんに直接「手紙の嘘」を告げてみたり。

しかも手紙の嘘を告げた後のリリコちゃんのしてやったりというブラックな笑顔がいい。

『ひよっこ』の食い逃げ娘の「食い逃げ顔」も大好きでしたが、リリコちゃんのブラック過ぎる笑顔は最強です。朝の楽しみが増えました。

折しも再放送中の『花子とアン』では、朝ドラ史に残るブラック女子キャラの一人・蓮さまが与謝野晶子の「柔肌の熱き血潮に・・・」で先生を挑発する、ブラックキャラ初炸裂の記念すべき場面でした。

今週はリリコちゃんのブラック、そして蓮さまのちょっと大人のブラック。朝っぱらからブラック女子三昧です(笑)

追伸:蓮さまと花ちゃんはもうしばらくすると親友になりますが、リリコちゃんとてんちゃんが親友になるのはいつ頃のことなのでしょうか。

出来ることならもうしばらくの間、ブラック・リリコを楽しんでいたい。それが願いです。

はるか師匠

はるか師匠の姿をまたしても見ることが出来て感激です。しかも髪芸もしっかりと。

『マッサン』の森野一家の記念撮影場面のカメラマン。『あさが来た』の加野一家の記念撮影場面のカメラマン。そして『べっぴんさん』の大急百貨店の警備員のおじさん。

それらについでこれが大阪朝ドラへの四作品連続の出演でしょうか。

『べっぴんさん』の時には髪芸はなく、警備員のおじさん役にはるか師匠を起用した理由が見えませんでしたが、今度は納得の起用です。

突風で髪の毛ヒラリは『マッサン』へのオマージュでしょうか。

追伸:はるか師匠が「北村商店」の芸人さんの一人として登場することを期待していたので、その点だけがちょっと残念です。

でもドラマの中であの髪芸を「劇中の芸人の芸」として出すわけには行きませんね。それになんと言っても、はるか師匠の所属は「北村商店」のかつての宿敵ですから。

追伸:演出のテイスト

『わろてんか』第1週、第2週。時にちょっとばかり度を越した感がなきにしもあらずの騒々しい演出が気になっていました。

しかし前週の土曜日にその騒々しさが控えめとなり、演出のテイストが変わったかな?と言う気がしていたのですが、第3週初回の今回。

やっぱり第1週、第2週とは演出のテイストが変わりましたね。

<<前回12話 | 次回14話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひるたま より:

    この日(10/16)のオープニングクレジットで「海原はるか・かなた」のクレジット…「あ、大急百貨店の警備のおっちゃんだ!」というのが第一印象でした。
    (『べっぴんさん』で相方のかなた師匠の方は医師役で出演されていたのですね…こちらには全然気付きませんでしたが^^;)
    調べてみた所どうやら、お二方共に『マッサン』以来BK制作の朝ドラには必ず出演されているのですね。
    役名が表記されてないので今回は一体誰の役で!?と気になるのももまた一興で…占い師として2人揃って座っておられるだけでもインパクト大!(^^)

    藤吉くんに「大凶」が告げられた時、「??」と思ったら案の定裏で「チャリチャリ~ン」…分かり易過ぎますね。(^^;)
    でもリリコちゃんなかなかやるじゃない!と思いながら見ていました。(率直に申し上げて…現時点ではヒロイン以上に気になるキャラクターかも?)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      はるか師匠は『マッサン』の中で突風による髪の毛ヒラリの髪芸を見せてくれましたが、今回もまた突風の「髪芸」。そんなところに大喜びしてました。