風太が大阪にやって来る / わろてんか 第22話

2017年10月26日(木)第4週「始末屋のごりょさん」

あらすじ

蔵に残った古米を売り切る競争で、啄子はてんの勝利を認めたものの、てんの扱いはこれまでとは変わりませんでした。そんな中、北村屋に風太がやってきました。風太はりんから預かった手紙をてんに渡すためにやってきたのです。

久しぶりに会ったてんが女中の姿で働かされていること。そして、藤吉に許嫁がいる事実に風太は驚かされました。風太はてんに言いました。京都の実家に帰ろうと。しかし、てんは京都に帰るつもりはありませんでした。

女中姿のてんを見て激怒した風太は藤吉を殴り倒しました。しかし藤吉は、てんを不幸にはしないと改めて約束。藤吉のその言葉を聞いた啄子は藤吉と楓の祝言を一日も早く挙げることを決断。てんには、楓のお付きの女中の道しか残されていないと告げました。

一方、てんの気の毒な様子を目の当たりにした風太は、京都の藤岡家に戻ると大阪で見たこと聞いたことのすべてをしずに報告しました。風太からすべてを聞かされたしずは、てんのいる大阪に向かうべく旅支度を命じるのでした。

<<前回21話 | 次回23話>>

Sponsored Link

予習レビュー

米を売る勝負で勝って北村家の嫁としては認めてもらえず、相変わらず女中扱い。啄子さんのてんちゃんへのイケズは続きます。

イケズの場面が連日続くのはつらいものがありますが、その中で救いなのがトキちゃんがお付きの女中として北村屋に送り込まれてきたこと。

そして、あの頼もしい風太くんまでもが大阪にやって来てくれました。もちろんてんちゃんの身を案じてのことでしょう。

ところでてんちゃんが、儀兵衛お父はんに勘当を言い渡されてまで京都の実家を出て行くまでは、風太くんはてんちゃんに婿入りする気満々でした。

しかし、てんちゃんが藤吉くんについて行ってしまったことで風太くんの恋ははかなく終わりを告げました。

にも関わらず、今もなおてんちゃんを案じ続ける風太くん。

これは恋がまだ冷めていないということなのか。それとも恋を超えた妹に注ぐような深い愛情なのか。

風太くんの本心が気になるところです。

そして、風太くんは京都に戻ると大阪の北村屋で見聞したすべてを洗いざらいしずさんに話し、いよいよ今度はしずさんが行動を開始します。

啄子さんのイケズは怖そうですが、力強い助っ人が次から次へと登場する今週。次から次へと立ちはだかる啄子さんのイケズを、てんちゃんは、そして視聴者は乗り越えることができるでしょうか。

感想

ボンクラの血

啄子さんの夫、藤吉くんの父のことについてはこれまでドラマの中で一度も語られてきませんでしたが、思いがけず頼子ちゃんの内緒話を通して初めてちょっとだけ触れられました。

「お母さん嫌いやからな、お父ちゃんのこと」
「何の役にも立たんボンクラ」

この頼子ちゃんのお父ちゃんの関する言葉。そして、藤吉くんが風太くんに殴られた時の啄子さんのリアクション。

この二つから藤吉くんの人となりが見えてきたような気がします。

奇しくも風太くんも藤吉くんを殴打する直前に、風太くんに対して「このボンクラ!」と言いましたが、やっぱり血は争えないということでしょうか。

藤吉くんに流れる血の半分はボンクラのお父ちゃんのものですからね。

さらに、啄子さんの息子の溺愛が藤吉くんをダメにしてしまっているのかもしれません。

藤吉くんがてんちゃんを連れて北村屋に帰ってきた時の、啄子さんの息子の歓迎ぶりにも溺愛の匂いを感じましたが、今回の殴打場面で「溺愛」確定です。

藤吉くんに流れるボンクラなお父ちゃんの血を、啄子さんの溺愛がより濃いものにしてしまっているようです。

第1週以来、藤吉くんはヒロインの相手役でありながらも、ずっと残念キャラとして描かれてきましたが、理由がわかったような気がします。

家庭の事情が彼をそんな残念キャラにしたんですね、きっと。

でも救いなのは、藤吉くん自身がそのことに気づいているらしいこと。ボンクラなお父ちゃんの血。お母ちゃんの溺愛で増幅されてしまったボンクラ。

そこから抜け出したくて必死にもがいていたのが、家を飛び出して芸人を目指していた行動だったのだろうと、今回はじめて合点がいきました。

お父ちゃんのボンクラの血とお母ちゃんの溺愛の呪縛から逃れられる日まで、まだまだ遠い道のりみたいですが、藤吉くんの苦悩が見えたことでやっと彼を心から応援できそうです。

ちょっとネタバレになりますが、ボンクラの血に藤吉くんはまだまだ苦しむことになりそうです。少なくとも来週いっぱいはボンクラからの脱皮の苦悩ストーリーは確定。

藤吉くんというサナギが蝶になる日はいつ来るのでしょうか。

脱皮が終わり蝶になり、見違えるような一人前の男になった藤吉くんを見ることができる日を楽しみにしながら、もう少し彼のボンクラ姿を見続けようと思います。

物語の終わり近くには、彼のボンクラ姿を懐かしく感じることができますように。

追伸:以下、ちょっとだけネタバレします。

啄子さんの夫、藤吉くんの父。頼子ちゃんが語ったボンクラお父ちゃんの暗黒の歴史は来週あたりに語られることになる見通しです。

『ごちそうさん』でボンクラ扱いされていたお父ちゃん・正蔵さんは、実はボンクラではなかったというオチでしたが、北村屋のお父ちゃんは正真正銘のボンクラみたいです。

やっぱり風太くんは男前

京都の藤岡屋に戻った風太くんがしずさんに頭をさげる。

「てんがイケズされている、どうぞ迎えて行ってください」

相変わらずてんちゃんを心から大事に思う風太くんの男前の姿が素敵です。

『わろてんか』の男性キャラの中で頼もしさと線の太さでナンバーワンの風太くん。やっぱり彼は好きだなと改めて思ったことでした。

鈴木対決

「サエ、旅支度を」

しずさんが決起しました。ついに明日、鈴木対決です。

<<前回21話 | 次回23話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 安ママ より:

    よくある嫁いびり、そんなの朝から見たくないな~と思っていましたが、
    ん??なぜかあまり心がヒリヒリしないなぁ。
    おてんちゃんの笑顔のせいなのか、怖い姑さんのお茶目なところが
    垣間見えるせいなのか。
    いずれにしても、期待を持って見続けられそうです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      啄子さんが妙にお茶目で笑いのツボにいちいちハマるので、それが救いですね。

  2. よるは去った より:

    ダブル鈴木の対決は明日?いつになくしずさんの顔が怖かったような気が・・・・・・。

  3. いちこ より:

    いよいよ 鈴木保奈美さん 京香さんの ダブル鈴木の お母さん役、華の共演ですね。
    楽しみです。