てんと藤吉の新たな課題 / わろてんか 第43話

2017年11月20日(月)第8週「笑売の道」

あらすじ

文鳥の特別興行を開いて以来、てんと藤吉の寄席は客の集まり具合も順調でした。

しかし一方で新たな問題が浮かび上がってきました。寄席に出演する芸人の手配を頼んでいる興行師・寺ギンへの支払いが大きな負担となり始めていたのです。

てんと藤吉は、興行収入の大部分を寺ギンに支払っていました。

そのため、いくら客が集まり興行収入が増えたところで、手元には儲けがほとんど残らなかったのです。

利益を増やすには客の回転率を上げるしかない。

亀井からの助言を受けたてんと藤吉は亀井の教えに従い、客の回転率を上げるある秘策を試みるものの、それが原因で客足は逆に遠ざかってしまいました。

てんの実家・藤岡屋への借金返済も滞る中、てんと藤吉の寄席経営を見るに見かねた啄子はついにある決断を下すのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回42話 | 次回44話>>

Sponsored Link

予習レビュー

てんちゃんと藤吉に対して、亀井さんがようやく寄席を譲ると決意したその直後のこと。寺ギンというオッチャンがその寄席を横取りしかかったことがありました。

その寺ギンというオッチャンが再びてんちゃんと藤吉くんのプレッシャーとなります。

前回の事前発表のストーリーでは伏せてありますが、文鳥師匠の特別興行が新聞で紹介されたことで風鳥亭は一躍、ときの寄席に。

それに目をつけた寺ギンのオッチャンが風鳥亭の芸人を手配してやろうと太夫元(たゆうもと)の役割を買って出ます。

太夫元とは芸人の元締めで寄席に出演者をまわして手数料を取る商売です。

その手数料がとても高く、それがてんちゃんと藤吉くんの新たな課題、寄席経営への大きな負担となる。そのような展開の始まりが今回描かれます。

その課題をクリアしたいと望むてんちゃんと藤吉くんへの亀井さんが教えたことはかなりしょうもないことです。

ただでさえ暑い夏の寄席の中をさらに熱くして客をさっさと追い出そうという算段です。

これをやってしまったら客に嫌われないわけがない。

亀井さんの奥様が健在だった頃はにぎわっていたという寄席が、亀井さん一人になった途端に閑古鳥が鳴き出しついに閉鎖に追い込まれた理由がわかったような気がします。

そんな啄子さんがまさかの決意をします。

まさかとは・・・ここからちょっとネタバレです。

あれほど寄席に反対していた啄子さんが寄席の経営に関与する決意を固めるようです。啄子さんがいれば安心ですね。
(啄子さんの独裁で働き手の心が離れたということもありますが

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回42話 | 次回44話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする