寄席経営に関与する啄子 / わろてんか 第44話

2017年11月21日(火)第8週「笑売の道」

あらすじ

利益を出そうと焦るほどに空回りを続けるてんと藤吉の姿を見るに見かねた啄子が、ついにある決意を固めました。

寄席の経営に自分が関わることにしたのです。

啄子は早速、離れた客を取り戻すために様々な工夫を打ち出しました。

客にうちわを配り、預かった靴を寄席の間に磨き上げて返すなど、啄子のアイディアにより客足は順調に戻ってきます。

啄子に見習い、てんも工夫を重ねました。

寄席の客に冷やし飴を売るというてんの発想は当たり、売り上げは思いのほか伸びて行きました。

思いがけないてんの商才を鋭く見抜いた伊能は、藤吉にあることを願い出るのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回43話 | 次回45話>>

Sponsored Link

予習レビュー

今回のドラマの中で描かれるストーリーは史実にない完全な創作エピソード、史実に着想を得た創作エピソード、そして史実を再現したエピソードが混ざっています。

商売下手のてんちゃんと藤吉くんを見るに見かねて、啄子さんが寄席経営に乗り出すというエピソードは史実にはない創作です。

一方で、啄子さんが次々に打ち出すという新手のサービスの数々。

これらはすべて史実に着想を得ていますが、新サービスの発案者はてんちゃんの実在モデルではないかと思われます。

ドラマの中で啄子さんが見出したことになっている新サービス。当時は画期的なものだったらしく、それが評判となり寄席は大いに繁盛したと記録に残されています。

そして、てんちゃんの発案となっている寄席の客への冷やし飴の販売エピソード。こちらは史実の再現です。

今でこそ、映画館などでの飲食販売は当たり前ですが、観客に飲み物や食べ物を売るという発想は当時はかなり斬新だったようです。

ちなみにドラマの中で再現されるかどうかわかりませんが、史実では冷やし飴の売り上げを伸ばすために、塩辛いお菓子を売る。

さらに客が冷やし飴を買い求めない寄席の最中には店先で通行人に冷やし飴を、しかも氷で冷たくして売るなどのアイディアを、てんちゃんの実在モデルは次々と打ち出したとか。

さて、ドラマの中ではそんなてんちゃんの才覚に驚いた伊能さまがあることを藤吉くんに願い出るという展開で、今回のお話が結ばれます。

以下、ちょっとネタバレです。

伊能さまが願い出たあることとは、その頃、伊能さまが手がけ始めていた活動写真(映画)の小屋に、てんちゃんのアイディアを導入するというものだそうです。

追記:今回のドラマの中に登場する「冷やし飴」の存在を知らない関東人は少なくありませんので、「冷やし飴」の解説文をWikiから引用させてもらいます。

冷やし飴(ひやしあめ)は、関西を中心とする飲料。麦芽水飴(または米飴)を湯で溶き、生姜の搾り汁や卸し生姜を加えた飲料を冷たい状態で飲むもの。
出典:Wikipediaより引用

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回43話 | 次回45話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする