風太の不審な北村家訪問 / わろてんか 第50話

2017年11月28日(火)第9週「女のかんにん袋」

あらすじ

京都から風太がやって来ました。大きな荷物を持ってやって来た風太の行動の裏には何か隠されているのではないか。そう察したトキは、風太に大阪に来た理由を尋ねるものの、風太は決して口をわろうとはしません。

始終、腹になにか秘めていそうな表情を浮かべる風太でしたが、子守や家事をするてんの姿に心を動かされずにはいられません。その日の夜、てんのすすめで風太は北村家に泊まることになりました。

てんは、風太もまじえた夕食にしようと藤吉の帰りを待つものの、深夜に帰宅した藤吉はすでに泥酔状態でした。しかも、準也のための兜を買うのを忘れた上に、寄って転倒したはずみで、藤吉はてんが支度した夕食を台無しにしてしまいました。

藤吉の振る舞いに激怒した風太はてんの家を出て行き、その直後に街角で寺ギンと遭遇。一方、翌日もまた準也の兜を藤吉は買い忘れて家に戻りました。てんが藤吉に呆れているそのとき、思いがけない人物が風鳥亭にやって来ました。東京にいるはずのリリコです。

<<前回49話 | 次回51話>>

Sponsored Link

予習レビュー

風太くんは大阪に来るたびに常に何か隠し事をしていますが、今回も腹の中に何か隠し事をしながらの来阪です。

ちなみに過去の風太くんの「隠し事来阪」は亡き儀兵衛お父はんのことでした。

一度は、儀兵衛お父はんが重篤な病であることをてんちゃんに告げたいけれど、どうしても告げることが出来ずに京都に戻ったとき。

次の「隠し事来阪」は儀兵衛お父はんがついに亡くなり、そのことをてんちゃんになかなか言い出せなかったときです。

そして今回の「隠し事来阪」。

今度の隠し事はは風太くん自身に関することです。風太くんは人生の岐路に立たされています。そのことを隠しているのです。

ほんのちょっとだけネタバレすると、風太くんは転職します。それもまさかの転職です。

ところでてんちゃんの実在モデル・吉本せいさんには弟がいて、その弟が吉本せいさんの右腕として活躍。さらに吉本せいさんの後を継ぐことになります。

一方、ドラマの中にてんちゃんの弟はいません。てんちゃんの弟、すなわち吉本せいさんの弟に当たるのが風太くんになるのでは?

そんな予想を当ブログのコメント欄に頂戴しましたが、その予想通りの展開のフラグが今週中に立つ模様。

今回の風太くんの「隠し事来阪」の裏にはそんなことが隠されています。

感想

風太くんの色々なことをあきらめた顔

いきなり風鳥亭に姿をあらわしたワケありげな風太くんの、腹に何か抱え込んだ表情。あれは、色々なことをあきらめた顔ですね。

そしてあきらめたことを隠している顔でもあります。

ところでりんちゃんとその夫が藤岡屋をしっかり守っていることをてんちゃんに伝えたのは、トキちゃんだったでしょうか。

藤岡屋のそんな様子を知らされた時から風太くんのことが心配でした。

風太くんの居場所は今もなお藤岡屋にあるのかな?居場所があったとしても、風太くんの夢は藤岡屋にあるのかなって。

もしかするとトキちゃんは、あの頃から風太くんの異変を感じていたのかも知れませんね。夢や目標を見失った風太くんの異変を。

だから、てんちゃんの祝言の際に泣きじゃくる風太くんに対して、トキちゃんが複雑な表情を浮かべていた・・・というのは妄想が過ぎるでしょうか(笑)

夢を見失った風太くん

ところで、丹波の里に帰るという風太くんの今回の言葉。

これは本当のことを言っているのだと思います。実家には帰るつもりなのでしょう。ただし、長めの休みをもらったというのはどうかな。

長めは長めでも、期限のない長い休み。そんな気がします。

藤岡屋で夢を見失った風太くんは藤岡屋をやめてしまったものの、行くあてがあるわけではありません。

とりあえず実家に帰って両親に顔を見せ、この先どうするかを故郷でゆっくり考えよう。

そして里帰りの前に、てんちゃんの顔を見に来たのが今回。そして、幼い頃からの夢がすべて失われたことを、てんちゃんの子守姿を見ながら心の底から実感する。

それが、てんちゃんの子守姿を見ていた時の風太くんの心境でしょうか。

風太くんのまさかの展開のフラグ

酔っ払った藤吉くんがてんちゃんの手料理を台無しにしたことを、風太くんが「せっかくてんが作ったものを!」と激怒した姿は涙を誘いました。

てんちゃんの手料理は、藤吉くんにとっては気にもとめていない当たり前の日常です。

でも、風太くんにとってみれば叶わなかった願い。今後も叶うことはありそうもない見果てぬ夢です。

その夢を粗末にされた風太くんの怒り。切なすぎて泣けました。

さて、子供の頃から抱いていた藤岡屋での夢のすべてを諦め、その夢が完全に終わったことをてんちゃんの子守姿で実感し、しかもその夢を粗末に扱われる現場を目撃。

北村家を出て行った風太くん、かなり破れかぶれになっているはずです。

そんな中での寺ギンのオッチャンとの出会い。

風太くんのまさかの展開の巨大なフラグがついに立ちました。

『べっぴんさん』の栄輔くんと玉井さんがタッグを組んだ時と同レベルの衝撃が走るはずの、これから始まる風太くんのまさかの展開。

今度は出会いのきっかけからしっかりと描いてくれそうですね。

リリコちゃんが再登場

今週から啄子さんロスにおちいることを僕は心配していましたが、ロスにおちいるどころか啄子さんの思い出に酔う暇すらありません。

大好きなキャラ・風太くんのフラグに引き続いて、もう一人の大好きなキャラ・リリコちゃんが再登場したからです。

しかも洋装で、とっても綺麗になっての再登場。

藤吉くんがリリコちゃんに電話をした際、売れっ子のはずのリリコちゃんが頂点に立った芸人のわりには浮かない表情を浮かべていることが気になっていました。

あの時の、浮かない顔の理由は回収されるのでしょうか。

追伸:今週の予告映像では風太くんとリリコちゃんが共演するというネタが話題になりましたが、二人とも今週の「主役」に躍り出ましたね。

<<前回49話 | 次回51話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 珈琲 より:

    初節句といっていますが、生まれて1年が過ぎているのなら既にその間に初節句は終わっているのではないでしょうか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      生まれたばかりだと初節句を祝うのを次の年にすることがあるので、隼也くんの場合はその理由によるものかもしれません。

  2. よるは去った より:

    落語家「『お客さん・・・・着きました』『着きましたってまだ一歩も動いてないで』『私の足が地面に着きました。』」 この「いらち車」も関東では「反対車」という題でよく演じられますね。病み上がりでやたら動作や走りが遅い車屋(人力車)とやたら速すぎて気がついたら目的地をはるか遠くまで通り過ぎてしまう車屋の対比の面白さ。私が聴いた中では月の家圓鏡時代の八代目・橘家圓蔵師匠演がテンポに溢れていて一番聴いてて楽しかった。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      まったく知らない世界なので、とても勉強になります。ありがとうございます。