朝ドラ『なつぞら』感想,あらすじ,ネタバレ

平成31年(2019年)春スタートの朝ドラ(NHK連続テレビ小説)『なつぞら』。このページでは同作のあらすじなど関連情報をまとめています。(あらすじ等の情報にネタバレが含まれますのでご注意ください)



無料トライアル実施中!<U-NEXT>

第1週 | 第2週 | 第3週 | 第4週 | 第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週 | 第12週 | 第13週 | 第14週 | 第15週
第16週 | 第17週 | 第18週 | 第19週 | 第20週
第21週 | 第22週 | 第23週 | 第24週 | 第25週
最終週/第26週

『なつぞら』直近週のあらすじと感想

最終週/第26週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」
第151話 9月23日(月) 富士子が北海道から上京
第152話 9月24日(火) 泰樹が雪月のとよを訪問
第153話 9月25日(水) 大草原の少女ソラが終了
第154話 9月26日(木) なつと千遥たちが十勝へ
第155話 9月27日(金) 十勝が雷雨に見舞われる
最終回/第156話 9月28日(土) 嵐が去った翌日 

『なつぞら』感想,あらすじ,放送日

第1週「なつよ、ここが十勝だ」
第1話 4月1日(月) なつが北海道十勝に来る
第2話 4月2日(火) 柴田家の牧場で働きたい
第3話 4月3日(水) 富士子と泰樹が対立する
第4話 4月4日(木) 帯広の菓子屋・雪月一家
第5話 4月5日(金) 同級生・天陽との出会い
第6話 4月6日(土) 兄への手紙を書き続ける


第2週「なつよ、夢の扉を開け」
第7話 4月8日(月) 家出をしたなつは帯広へ
第8話 4月9日(火) 柴田家の面々、雪月訪問
第9話 4月10日(水) 泰樹がなつの居所を発見
第10話 4月11日(木) 泰樹がバター作りを宣言
第11話 4月12日(金) 漫画映画に熱中するなつ
第12話 4月13日(土) 天陽一家を救ってほしい


第3週「なつよ、これが青春だ」
第13話 4月15日(月) なつ、農業高校の三年生
第14話 4月16日(火) 天陽が乳牛の飼育始める
第15話 4月17日(水) 泰樹と剛男が対立始める
第16話 4月18日(木) 高校演劇部の顧問・倉田
第17話 4月19日(金) 演劇部入部を勧める倉田
第18話 4月20日(土) 富士子と剛男の馴れ初め


第4週「なつよ、女優になれ」
第19話 4月22日(月) 番長に呼び出されるなつ
第20話 4月23日(火) 台本『白蛇伝説』が完成
第21話 4月24日(水) 芝居が認められないなつ
第22話 4月25日(木) 天陽が倉田に異を唱える
第23話 4月26日(金) 演劇の地区大会が近づく
第24話 4月27日(土) 演劇の地区大会の開催日


第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」
第25話 4月29日(月) なつの将来を尋ねる泰樹
第26話 4月30日(火) 信哉が十勝にやって来る
第27話 5月1日(水) なつと富士子が上京する
第28話 5月2日(木) 咲太郎の行方が判明する
第29話 5月3日(金) なつが咲太郎と再会する
第30話 5月4日(土) ふたたび姿を消す咲太郎


第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」
第31話 5月6日(月) 東京で陽平と偶然の再会
第32話 5月7日(火) なつが十勝に帰ってくる
第33話 5月8日(水) なつが天陽を映画に誘う
第34話 5月9日(木) なつの希望を察する天陽
第35話 5月10日(金) 天陽と照男が交わす約束
第36話 5月11日(土) 結婚の話に動揺するなつ


第7週「なつよ、今が決断のとき」
第37話 5月13日(月) 遭難したなつが救われる
第38話 5月14日(火) アニメーターになる決意
第39話 5月15日(水) 東京に行きたい真の理由
第40話 5月16日(木) 後悔する泰樹が雪月訪問
第41話 5月17日(金) なつが家族に夢を告げる
第42話 5月18日(土) なつが卒業式をむかえる


第8週「なつよ、東京には気をつけろ」
第43話 5月20日(月) なつが東京へと旅立つ日
第44話 5月21日(火) なつの東京生活が始まる
第45話 5月22日(水) おでん屋の女将・亜矢美
第46話 5月23日(木) 咲太郎となつが再会する
第47話 5月24日(金) 咲太郎の誤解を解くなつ
第48話 5月25日(土) 咲太郎の東京での数年間


第9週「なつよ、夢をあきらめるな」
第49話 5月27日(月) 東洋動画の入社試験の日
第50話 5月28日(火) なつに不採用通知が届く
第51話 5月29日(水) なつが採用されない理由
第52話 5月30日(木) なつと咲太郎が口論する
第53話 5月31日(金) 二度目の入社試験に挑戦
第54話 6月1日(土) 咲太郎と暮らしはじめる


第10週「なつよ、絵に命を与えよ」
第55話 6月3日(月) 東洋動画の初めての仕事
第56話 6月4日(火) 麻子から誤解されるなつ
第57話 6月5日(水) 麻子の言葉になつが憤慨
第58話 6月6日(木) なつの絵を絶賛する麻子
第59話 6月7日(金) 作画課に入れるチャンス
第60話 6月8日(土) 作画課に入る試験の結果


第11週「なつよ、アニメーターは君だ」
第61話 6月10日(月) 照男と砂良が東京に来る
第62話 6月11日(火) なつと雪次郎が観劇する
第63話 6月12日(水) 千遥の捜索を信哉に頼む
第64話 6月13日(木) 漫画映画『白蛇姫』完成
第65話 6月14日(金) 再び試験に挑戦するなつ
第66話 6月15日(土) なつアニメーターになる


第12週「なつよ、千遥のためにつくれ」
第67話 6月17日(月) 千遥の住む住所を訪ねる
第68話 6月18日(火) 千遥の辛い境遇知るなつ
第69話 6月19日(水) なつと麻子が激しく対立
第70話 6月20日(木) ポスターに名前載せたい
第71話 6月21日(金) なつと坂場が口論始める
第72話 6月22日(土) 雪次郎が川村屋をやめる 


第13週「なつよ、「雪月」が大ピンチ」
第73話 6月24日(月) なつが雪次郎を説得する
第74話 6月25日(火) 雪次郎の家族が上京する
第75話 6月26日(水) 雪次郎を説得する雪之助
第76話 6月27日(木) なつが斬新な動画を描く
第77話 6月28日(金) バタークリームのケーキ
第78話 6月29日(土) 天陽の近況を聞かされる


第14週「なつよ、十勝さ戻って来い」
第79話 7月1日(月) 十勝に姿をあらわす千遥
第80話 7月2日(火) 千遥と電話を通して再会
第81話 7月3日(水) 千遥と柴田家の家族たち
第82話 7月4日(木) なつと咲太郎が北海道へ
第83話 7月5日(金) 千遥の気持ちを記す手紙
第84話 7月6日(土) 天陽と妻・靖枝を訪ねる


第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」
第85話 7月8日(月) 夕見子が十勝に帰省する
第86話 7月9日(火) なつが新作の企画を提案
第87話 7月10日(水) 新人アニメーター・神地
第88話 7月11日(木) 咲太郎が声優事務所設立
第89話 7月12日(金) 短編映画の制作が始まる
第90話 7月13日(土) 夕見子が北海道から上京


第16週「なつよ、恋の季節が来た」
第91話 7月15日(月) 夕見子の上京の理由とは
第92話 7月16日(火) 泰樹に似た風貌持つ高山
第93話 7月17日(水) なつと夕見子が川村屋へ
第94話 7月18日(木) 夕見子がなつに激怒する
第95話 7月19日(金) なつと夕見子が口論する
第96話 7月20日(土) 短編映画がようやく完成


第17週「なつよ、テレビ漫画の幕開けだ」
第97話 7月22日(月) テレビ班へ異動するなつ
第98話 7月23日(火) テレビ漫画が不満の坂場
第99話 7月24日(水) 環境の変化になつは困惑
第100話 7月25日(木) 蘭子の家で祝杯をあげる
第101話 7月26日(金) 雪次郎の蘭子への気持ち
第102話 7月27日(土) 百獣の王子サム放送開始


第18週「なつよ、どうするプロポーズ」
第103話 7月29日(月) なつと坂場の異動の理由
第104話 7月30日(火) 坂場がなつにプロポーズ
第105話 7月31日(水) 神をつかんだ少年クリフ
第106話 8月1日(木) 坂場が仲への誤解認める
第107話 8月2日(金) なつへのプロポーズ撤回
第108話 8月3日(土) 坂場が改めてプロポーズ 


第19週「なつよ、開拓者の郷(さと)へ」
第109話 8月5日(月) なつと坂場が十勝に来る
第110話 8月6日(火) 農協で働いている夕見子
第111話 8月7日(水) 農協の計画が危機に陥る
第112話 8月8日(木) 工場建設問題が解決する
第113話 8月9日(金) 雪次郎がプロポーズする
第114話 8月10日(土) 二組の結婚式が行われる 


第20週「なつよ、笑って母になれ」
第115話 8月12日(月) なつの新婚生活はじまる
第116話 8月13日(火) 咲太郎と光子の結婚宣言
第117話 8月14日(水) 咲太郎の亜矢美への願い
第118話 8月15日(木) 亜矢美が風車から姿消す
第119話 8月16日(金) 出産後の茜は契約社員に
第120話 8月17日(土) なつ妊娠/産休後の処遇


第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」
第121話 8月19日(月) 妊娠中に作画監督に任命
第122話 8月20日(火) 麻子が日本に帰ってくる
第123話 8月21日(水) 産休期間がはじまるなつ
第124話 8月22日(木) 柴田家の家族が上京する
第125話 8月23日(金) なつが女の子を出産する
第126話 8月24日(土) 仕事現場に復帰するなつ 


第22週「なつよ、優しいわが子よ」
第127話 8月26日(月) なつが作画監督任される
第128話 8月27日(火) 優を茜に預け坂場が就職
第129話 8月28日(水) 熱を出す優に寄り添えず
第130話 8月29日(木) キックジャガーの最終回
第131話 8月30日(金) 茜になついてしまった優
第132話 8月31日(土) 夏休みに十勝に行く約束 


第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」
第133話 9月2日(月) 入退院をくりかえす天陽
第134話 9月3日(火) 馬の絵を完成させる天陽
第135話 9月4日(水) 天陽の自画像と向き合う
第136話 9月5日(木) なつと優が雪月を訪ねる
第137話 9月6日(金)  仕事への迷い消えるなつ
第138話 9月7日(土) 東京に戻ったなつの決断 


第24週「なつよ、この十勝をアニメに」
第139話 9月9日(月) マコプロダクション入社
第140話 9月10日(火) マコプロ一同が北海道へ
第141話 9月11日(水) 亜矢美が雪月に姿を現す
第142話 9月12日(木) 新作アニメに取りかかる
第143話 9月13日(金) 大草原の少女ソラの制作
第144話 9月14日(土) 新作テレビ漫画の視聴率 


第25週「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」
第145話 9月16日(月) 千遥とその娘・千夏来訪
第146話 9月17日(火) なつが千遥の店を訪ねる
第147話 9月18日(水) 乳搾りしたがる千夏と優
第148話 9月19日(木) 千遥がマコプロに再来訪
第149話 9月20日(金) 家族に決意を伝える千遥
第150話 9月21日(土) 剛男が千遥に会いに上京 


最終週/第26週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」
第151話 9月23日(月) 富士子が北海道から上京
第152話 9月24日(火) 泰樹が雪月のとよを訪問
第153話 9月25日(水) 大草原の少女ソラが終了
第154話 9月26日(木) なつと千遥たちが十勝へ
第155話 9月27日(金) 十勝が雷雨に見舞われる
最終回/第156話 9月28日(土) 嵐が去った翌日 

『夏空-なつぞら-』主要キャストとスタッフ一覧

[2019/01/08 更新][2017/11/22 投稿]

  • 奥原なつ(ヒロイン)・・・・・・・・・・・・・・・・広瀬すず
  • 奥原咲太郎(さいたろう、ヒロインの兄)・・・・・・・岡田将生
  • 奥原千遥(ちはる、ヒロインの妹)・・・・・・・・・・清原果耶
  • 柴田剛男(たけお、ヒロインの養父)・・・・・・・・・藤木直人
  • 柴田富士子(剛男の妻)・・・・・・・・・・・・・・・松嶋菜々子
  • 柴田泰樹(たいじゅ、剛男の義父)・・・・・・・・・・草刈正雄
  • 柴田照男(柴田家の長男)・・・・・・・・・・・・・・清原翔
  • 柴田夕見子(柴田家の長女)・・・・・・・・・・・・・福地桃子
  • 柴田明美(柴田家の次女)・・・・・・・・・・・・・・平尾菜々花
  • 戸村悠吉(泰樹の右腕的存在)・・・・・・・・・・・・小林隆
  • 戸村菊介(悠吉の息子)・・・・・・・・・・・・・・・音尾琢真
  • 小畑雪之助(十勝・帯広のお菓子発明王)・・・・・・・安田顕
  • 小畑妙子(雪之助の妻)・・・・・・・・・・・・・・・仙道敦子
  • 小畑とよ(雪之助の母)・・・・・・・・・・・・・・・高畑淳子
  • 小畑雪次郎(雪之助の息子)・・・・・・・・・・・・・山田裕貴
  • 山田天陽(てんよう、ヒロインの相手役?)・・・・・・吉沢亮
  • 山田正治(天陽の父)・・・・・・・・・・・・・・・・戸次重幸
  • 山田タミ(天陽の母)・・・・・・・・・・・・・・・・小林綾子
  • 山田陽平(天陽の兄)・・・・・・・・・・・・・・・・犬飼貴丈
  • 居村良子(十勝農業高校のクラスメイト)・・・・・・・富田望生
  • 倉田隆一(十勝農業高校の演劇部の顧問)・・・・・・・柄本佑
  • 阿川弥市郎(ヒロインの恩人)・・・・・・・・・・・・中原丈雄
  • 阿川砂良(弥市郎の娘)・・・・・・・・・・・・・・・北乃きい
  • 語り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・内村光良
  • 脚本・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大森寿美男
  • 平成31年(2019年)朝ドラ『なつぞら』あらすじとレビュー

    本作『なつぞら』は、広瀬すずさんがアニメーターを目指すヒロインを演じる本作は、北海道十勝と東京を舞台にしたオリジナルストーリーです。

    『なつぞら』あらすじ

    昭和21年(1946年)初夏。両親を戦争で失い戦災孤児となったヒロイン・奥原なつが、生まれ育った東京から北海道・十勝にやって来ました。亡き父の戦友・柴田剛男が、なつを養女として育ててくれることになったのです。

    柴田家は北陸からやってきた開拓移民の酪農家でした。開拓精神にあふれる一家とともに暮らすことになったなつは山田天陽という名の同い年の少年と出会い、天陽から教えられた漫画映画(アニメ)の魅力に心をうばわれます。

    その8年後。天陽は高校卒業後は美大進学が決定。なつも絵を描く仕事に憧れるものの、養父の剛男は自分の息子となつを結婚させることが望みでした。そんな中、戦後に生き別れになっていた兄の消息がなつのもとに知らされました。

    なつは兄を頼って上京することを決意。東京のアニメ制作会社への就職も決まりました。東京で画家を目指す天陽と再会したなつは、天陽に教わりながらデッサンの腕を磨き、やがて草創期を迎えたばかりのアニメ業界で開拓移民さながらの道を歩むのでした。

    『なつぞら』レビュー

    驚きました。2018年後期朝ドラの制作が発表されたその直後に、2019年の前期朝ドラの制作発表。しかもヒロインを演じる女優まで決まっているなんて・・・

    しかし驚きは次の瞬間、喜びに変わりました。

    映画『チア☆ダン』で主人公を熱演した広瀬すずちゃんを観てその存在感に圧倒されて以来、彼女がヒロインを演じる朝ドラを観てみたい。そう願っていたので感激でした。

    実は本作『なつぞら』についてはあと二つ嬉しいことがあります。二つのうち一つ目は、脚本家が大森寿美男さんであるということす。

    大森寿美男さん、僕が大好きな朝ドラの一つ『てるてる家族』の脚本家です。

    さらに大森寿美男さんが脚本に加えて監督まで兼務した映画『アゲイン 28年目の甲子園』もとても大好きな作品で、この映画以来ずっと注目してました。

    ちなみに『アゲイン 28年目の甲子園』には『あさが来た』でブレイクする直前の波瑠さんと『ひよっこ』の愛子さんこと和久井映見さんが出演しています。

    もう一つ嬉しいことは舞台が北海道であるということ。

    昭和の名作ドラマ『北の国から』が大好きで、それ以来北海道が大好きです。

    『マッサン』も後半は北海道でしたが、本作は特に北海道ロケに力を入れるために、異例の早さの制作発表になったのだとか。

    『とと姉ちゃん』みたいに夏の場面を吐く息が白くなる冬に撮影したり。『べっぴんさん』みたいに冬の場面を真夏の炎天下の中で撮影したり。・・・北海道ではこれができませんからね。

    北海道の美しい自然をたっぷりと堪能させてもらえるのでしょうか。

    楽しみが三つも重なり、放送開始が待ちきれない新作です。

    『なつぞら』放送予定

    2019年(平成31年)4月1日(月)~2019年(?年)9月28日(土) 全156回

    ▼総合
    ・月〜土 午前8:00〜8:15 / 午後0:45〜1:00

    ▼BSプレミアム
    ・月〜土 午前7:30〜7:45 / 午後11:30〜11:45
    ・土曜日 午前9:30〜11:00(一週間分をまとめて放送)

    Sponsored Link
    Sponsored Link

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    コメント

    1. ちゃぶ より:

      なんとなくですが、以前下山さんが警察官だったころ(せんぱい?)が助けた女の子が実は千遥で、丸山さんがキーとなり、千遥も結婚話が破断?なってたり、そんな千遥・なつが再会を果たしたりして…、
      8月ごろにそんな展開になるのでは?と密かに案じてます。

    2. 落合明人 より:

      今朝も見ての感想です亀山蘭子がいい演技でした私の情報ですけれども
      ほんとは亀山蘭子役をは鈴木杏りじゃなくてのう玲奈がなるはずでNHK交渉したんだけれども
      かなわなかったて言ってましたNHK和朝ドラ100回記念ドラマで今までのヒロインお田したかったて言ってました

    3. 落合明人 より:

      昨日の見ての感想ですなつちゃんが昼休みに下山元警察官話に聞き入っては私ももらい泣きしました゜
      でももつと驚いたのは昨年の前期半分青い下山甲斐あるパレット見てHDD何べんも見たぐらいです
      これって昨年の前期の半分青いおネタとしてNHKは朝ドラ100回記念だなて思いました

    4. 落合明人 より:

      今朝見ての感想ですけれどもなつの妹さんが叔母さんの差別に耐え切れず家ででよっ方です゜
      でも妹さんは手紙思ってるて祖父がいてましたけれども宛先がかいある法に向かて行ったんだと思います
      だとしたら家出してからしばらくは千葉か東京にいてそれから北海道に言った可能性があります
      ひよつこででてきた下町の風景またでてきましたアパートもあかね荘とにているかんじしました゜

    5. 落合明人 より:

      昨日見てたんですけれども築きましたなつちゃんがたどり着いたアパートはどっかみたとおもいましたが
      ひょつこにででくるあかね荘ににているかんじがしました゜
      なつちゃんがんばれ

    6. ふーさん より:

      麒麟の川島さん。元警官のアニメーターということは、元麻薬捜査官でアニメーターになった、「動きの神さま」大塚康生さんですね。
      大塚さんが手がけたルパン三世の銃器や自動車がリアルなのは経歴によるところだそうですね。

    7. 星野雄太より より:

      なつぞらは、面白かったです。6週間ぶんとも良かったです。

    8. 優音詩美 より:

      どんど晴れ、ひまわり、私の青空、あすか、懐かしいキャストたち。
      ハイジを連想させるロケーションと登場人物。
      これからの展開が楽しみです。

    9. ハル より:

      普通の感想サイトを探していました。
      荒れているところもあるみたいで、此方へ来て良かったです。
      毎朝広瀬すずちゃんと松嶋菜々子さんに癒されています。
      草刈爺ちゃん他、他の俳優女優陣も適役で本当に素晴らしいなつぞら👒
      なつの結婚話がどんな風に展開してくのか楽しみです!

    10. ゆきこ より:

      なっちゃんの東京での浮浪自狩りについてその昔子ども向けの歴史漫画で読んだことあります大人に捕まったら檻が付いたトラックに乗せられて施設に送られてろくに食事を与えられずに亡くなる子が何人もいらしたそうで…๐·°(৹˃̵﹏˂̵৹)°·๐無事に空襲を乗り切ったとしてもこんな目に遭うなんて言葉も出ませんなっちゃん達からしてみたら施設に送られる前の方がなお幸せだったかもしれませんね兄妹一緒に過ごせてひょっとしたら3人揃って北海道だったかもしれませんし

    11. みゆ より:

      第1週の第5話の記載がだぶってました。
      もう一つは、4月4日の記載がなく4月5日の記載がだぶってました。
      書き直しお願い致します。

    12. Amo より:

      東映動画黎明期から描かれるのでしょうか
      モデルが小田部羊一さんの妻 奥山玲子さんなので 今から楽しみです 東映動画といえば 私は フルアニメの白蛇伝 になりますが 今見ても凄い創りです 主線も全て手書きですし 彩色もハミ出しなしで美しいです 今における著名なアニメーターさんも 色々感銘を受けられたようですね 楽しみがまた増えました

    13. ひるたま より:

      本日(3/21)、地上波本放送後に『なつぞら』番宣番組を見ました。
      いやはや…とにかく、出演される俳優さん達の顔ぶれが豪華な事の方に驚きました。
      歴代の朝ドラヒロイン経験者だけでも、松嶋菜々子さん・山口智子さん・比嘉愛未さん・貫地谷しほりさん、そして小林綾子さん…他にもいらっしゃるかもしれません。脇役経験者まで含めれば、それはそれはもう…!(^^;) さすが100作目ですね。
      肝心の脚本そして演出は未知数かな?というのが個人的に感じた第一印象です。北海道の風景の美しさを見るだけでも価値はありそうですが。

      とにかく、豪華キャストに負けない内容の作品に仕上げて頂きたいな…と切に願っています。

    14. キヨコ より:

      いよいよ放送開始まで2週間となりました。

      以前、安田顕さん演じるお菓子会社のモデルを「レーズンバターのお菓子で知られる」と書いたのですが、お店の名前が「雪月」とあったので、
      「白樺の幹を模したバームクーヘンのお菓子で知られるお店」かもしれません。

      荻野目洋子とコラボしたバブリーダンスの高校出身の女優、伊原六花さんが、なつの友人として出演予定ですが、この方の名前が、先の「レーズンバターのお菓子の会社」と同じ名前(読みは違いますが)なので、道民にとっては心に残る役者さんになるかと思います。

    15. ふーさん より:

      やっぱり、小田部羊一さんのところに「奥様を朝ドラの主人公として描きたい」という話がNHKからあったようですね。送られてきたシナリオには小田部羊一さんをモデルにした人物は登場しないらしいですが、「まさかこんな貧乏な職業が朝ドラになるなんて」と、小田部さんご自身は喜んでいらっしゃるそうです。

    16. キヨコ より:

      久々に、撮影のニュースが入ってきました。
      1月26日に、北海道の陸別という町で、ロケを敢行したとの事。
      ネタバレになりますが、なつがスキー中に遭難しかけるシーンも撮影したそうです。
      「日本一しばれる(とっても寒いの意)町」として知られるところですが、道民なのに行ったことがありません。
      私の想像を絶する中での撮影は、本当に大変だったろうと思います。

      しばらくぶりに、NHK札幌放送局のサイトをチェックしたら、2月に開催されるさっぽろ雪まつりで、なつぞら関連のイベントがある模様。
      機会があれば、行ってみようかと思います。

    17. じゃいあん より:

      北海道といえば!なのか、チームナックスの3名(安田顕さん、戸次重幸さん、音尾琢真さん)が出演されますね。あと2名(森崎博之さん、大泉洋さん)も?とは思いました。大泉さんは「まれ」にでてましたし。売れっ子なので難しいかもしれませんが、ゲスト的な出演はあるかもしれませんね。

    18. えびすこ より:

      最近考えたことですが、私が希望する後半以降のなつぞらの展開。昨年の「半分、青い。」では主人公が途中で漫画業界を離れてしまいましたが、なつぞらでは主人公が中年になったら「アニメ作画者」から、「アニメのストーリーを考える原作者」になるという展開になると、「半分、青い。」との違いが出ていいと思います。
      なつぞらは戦中・戦後の時期からどこまで話が進むかわかりませんが、主人公が途中でアニメ業界から離れる展開になると昨年の二番煎じの感が否めません。昭和末期・平成初頭まで行ければ上記の展開になれば幸いですね。
      漫画原作者で著名な人に小池一夫さんや倉科遼さんがいます。女性ではいないかな?
      「半分、青い。」でも後半では鈴愛が漫画原作者(家電開発者兼業)に、裕子が漫画作画者として鈴愛の半生を題材にした少女コミックを出すという展開になってもよかったのでは?

    19. ふーさん より:

      主人公のモデルは奥山玲子さん(夫はアルプスの少女ハイジ、母をたずねて三千里、じゃりんこチエで高畑勲さん・監督、宮崎駿さん・絵コンテと一緒に作画監督を務めた小田部羊一さん)ではないでしょうか。
      主人公の名前が「奥原なつ」だそうですし。

    20. キヨコ より:

      遅ればせながら、北海道の震災に際し、お見舞いのお言葉ありがとうございます。

      地元NHKでは、先月は十勝月間と称し、十勝を舞台とした番組を集中して放送していました。
      そのCM(NHKだからCMとは言わないか)に、オーバーオール姿の広瀬すずさんが、十勝の畑をバックに告知してました。
      札幌放送局のHPには、なつぞらのコーナーがあり、6月に十勝地方でロケをしたニュースの後は更新されていないようです。

      十勝地方はスイーツも美味しく、ドラマにも「レーズンバターのお菓子」で知られるお店がモデルと思われる菓子店も登場するようで、楽しみです。

      今は「まんぷく」が好調発進中なので、なつぞらはもう少し見守りたいと思います。

    21. えびすこ より:

      もし可能ならば主人公の親戚役で広瀬アリスさんの出演を希望します。
      広瀬すずさんとの姉妹共演が実現してほしいです。
      9月の北海道の地震の後、現地でのロケはどうなっているのでしょうか?
      1か月経過しましたが地震の後に、番組に関して特に情報がないです。
      北海道はこれから寒さの厳しい季節なのでロケはないかもしれないですね。

    22. えびすこ より:

      なつぞらでは主人公のお兄さんが終盤まで出て物語のキーパーソンになる展開でしょうか?
      朝ドラで主人公のお兄さんがキーパーソンになると最近では珍しいです。
      考えてみると近年の朝ドラでは「主人公のお兄さん」はいない事が多く、「わろてんか」ではお兄さんはいましたが出番が少なかったですね。

      ところで早ければ今月中にもなつぞらの次の朝ドラ作品が発表されるのでは?
      なつぞらの制作発表がかなり早かったので来年度(2019年度)作品の発表まで間が空いていますね。

    23. ひるたま より:

      既にキャストが発表され、ロケ撮影も始まっている『なつぞら』ですが…9月6日に北海道胆振東部地震が発生。(被災された方々含め、被災地に住まわれている皆様方には心より御見舞い申し上げます)
      出演者そして制作サイドその他の関係者の皆様も、内心は複雑な心境であろう事は想像に難くありません。当作が少しでも北海道の復興に繋がる事を切に願います。

    24. キヨコ より:

      今月19日に北海道は十勝地方でのロケが公開されたと、地元紙が報道しました。
      いよいよ始まったんだな、北海道民としてワクワクします。

      北海道は広いので、私の住んでいる道央地方からは、そう易々と行ける場所ではありません。
      ちょっとした小旅行です。今年は行けるかな?

      主人公が演じる時代は、私の両親が生きた時代。
      そして、尊敬する宮崎駿先生が歩まれた時代をドラマを通して見られるのは、この上ない喜びです。
      放送が待ち遠しい!

    25. えびすこ より:

      主人公のモデルの人がいるとしたら先ごろ亡くなられた高畑勲さんでしょうか?「性別に関係なく」となれば高畑さんを思い浮かべます。
      北海道の土地柄と人物関係を見ると序盤の頃は「アルプスの少女ハイジ」に似たテイストがあるように思います。
      高畑さんはハイジを手掛けているので。
      主人公・なつ=ハイジ、泰樹=アルムおんじ(おじいさん)、剛男=ゼーゼマン、天陽=ペーター、夕見子=クララ
      広瀬すずさんもハイジの様に見えますね。

      • 朝蔵(あさぞう) より:

        > アルプスの少女ハイジ

        なるほどの洞察です。言われてみれば、先ごろ発表された本作品のロゴがジブリテイストですね。

    26. ちーぼー より:

      ドラマ「北の国」は、「北の国から」のことかな。