団真とお夕の別居が続く / わろてんか 第64話

2017年12月14日(木)第11週「われても末に」

あらすじ

トキと風太が一計を案じて、てんと藤吉を話し合わせることで二人の夫婦仲の溝はようやく埋まりました。

しかし、もう人組の夫婦・団真とお夕が外方を向きあう状態は相変わらずでした。

不仲に見えるが団真とお夕はお互いのことを思っているに違いない。ケンカしている夫婦の本心を察したてんは、二人を仲直りさせようと動き始めました。

ところが、団真のもとに足を運んでも団真はてんの説得に耳を貸そうとはしません。

一方のお夕も、団吾の家から出ようとはしませんでした。そして団吾もお夕を団真のもとに戻らせることを拒絶。

団真とお夕を仲直りさせたい一心のてんでしたが、別れることに決めたのだと頑なな態度を崩さない二人を前にして途方に暮れてしまうのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回63話 | 次回65話>>

Sponsored Link

予習レビュー

この記事を投稿した12月7日。団真、団吾、そしてお夕さんの三人がついに風鳥亭で鉢合わせしました。

その三人のドラマがいよいよ回収に向けて今回あたりから動き出すようです。

もつれた人間関係のドラマが回収される過程では、回収の直前に人間関係のもつれが一旦ピークに達するのが定番の展開ですが、今回または次回がそのピークに当たるカモです。

てんちゃんと藤吉くんの仲違いは今週はいとも簡単に解決しました。

しかし団真とお夕さんの仲違いはそう簡単には回収される見通しが立ちません。団真とお夕さん、口では別れると言いながらも心の底では深く思い合っているのでしょう。

それだけに感情がこじれるとややこしい。

しかも、団真は深い深い劣等感を抱え、それがややこしい関係をさらにややこしくしています。

それに加えてもう一つのややこしい要素が登場。

団吾です。

ちょっとネタバレになりますが、団吾の初恋の相手が実はお夕さんだったということが今回のお話のどこかのタイミングで暗示されるようです。

団吾にとってお夕さんは一度は諦めかけていた初恋の人。

そのお夕さんが団真とケンカした。お夕さんは団真と別れると言っている。

しかし、別れると口では言ってもお夕さんはまだ団真のことが忘れられない。団吾にもお夕さんの気持ちが実はよくわかっている。

だから、てんちゃんの求めに応じてお夕さんを団真のもとに返してしまったら、もしかするとお夕さんは二度と自分のところには戻らないかもしれない・・・僕が想像した団吾の胸のうちです。

仮に団真とお夕さんが仲直りしても、団吾にとっては切ない幕引きとなりそうですね。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回63話 | 次回65話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする