寺ギンの相次ぐ嫌がらせ / わろてんか 第71話

2017年12月22日(金)第12週「お笑い大阪春の陣」

あらすじ

寺ギンが大阪中の太夫元たちに圧力をかけたことで、てんと藤吉は自分たちの寄席に出演する芸人を集めることが出来なくなってしまいました。ついに北村笑店の3軒ある寄席のうち2軒が休業に追い込まれました。

同じ頃、風太は寺ギンに対して訴えていました。オチャラケ派も北村笑店と同様に月給制を採り入れたらどうかと。しかし、風太の訴えを寺ギンは拒否。寺ギンと激しく対立した風太は、ついに寺ギンからクビを切られてしまいます。

一方、助けを求めるために文鳥のもとに足を運んだ藤吉は、そこで意外な人物と遭遇しました。藤吉の動きを察した寺ギンが先回りをし、すでに伝統派とオチャラケ派が組む話し合いがついていたのです。

このままの状態が続けば寄席を手放すしかないところまで、てんと藤吉は追い詰められてしまいました。そんな中、寺ギンが風鳥亭に姿をあらわしました。風鳥亭を追い詰めることに成功した寺ギンは、風鳥亭を買い取ると告げに来たのです。

<<前回70話 | 次回72話>>

Sponsored Link

予習レビュー

北村笑店が芸人の月給制を導入したという噂が芸人の間に広まり、寺ギンのオッチャンの支配下にいた芸人たちが北村笑店に殺到。

そのことに激怒し北村笑店に戦いを挑んだ寺ギンのオッチャンのやることがエグい!

自分の支配下にいる芸人たちを北村笑店にまわさないばかりか、他の太夫元にまで手を回して北村笑店を締め上げ廃業へと追い詰める。

しかも先手を打って、藤吉くんが文鳥師匠に助けを求める道さえもふさいでしまう。

一方、寺ギンのオッチャンは毒舌を吐きながらも風太くんの提案を受け入れてきました。

しかし、北村笑店の月給制に追随するという今回の風太くんの提案だけは決して受け入れられないものでした。

ところで、いつぞや風太くんが寺ギンのオッチャンに言いました。

(寺ギンのオッチャンは)ただのクソ坊主ではないんだなと。そして実際に、寺ギンのオッチャンの言うことは、言葉の選び方はどぎついものの正論でした。

なので寺ギンのオッチャンのクソ坊主でない側面に期待していたのですが、今回のエピソードを知る限り、寺ギンのオッチャンはクソ坊主以外の何者でもありません。

寺ギンのオッチャンはやっぱりただのクソ坊主だったのか。それとも風太くんが見抜いたただのクソ坊主を超えた一面が後半になって回収されるのか。

寺ギンのオッチャンの人と成り、後半もしっかりと描いて欲しいものです。

さて、ついに寺ギンは風太くんと決別。

「お笑い大阪春の陣」は次回には勝敗が決まる見通しです。

感想

前回に引き続き、今回も一瞬たりとも目が離せない濃密な15分でした。

風太くんを覚醒させたトキちゃん

前回、風太くんに対して涙だけで訴えたトキちゃん。あの場面には続きがありました。

涙だけだったから説得力のあるトキちゃんの訴え。しかし、涙以上に説得力のある言葉がトキちゃんの口から出てくる出てくる・・・

「あんたがあそこにいるのは、おてん様を助けるためだったんちゃうの?」
「寺ギンのやり方が正しいと思っているのか?」
「うちの知ってる風太はそんな男じゃない!あんたはあんたらしゅうしてえな!」

トキちゃんの風太くんへの恋心の告白とも言えるような、トキちゃんの訴えにさすがの風太くんも言葉を失っていましたが、僕も激しく心を揺さぶられました。

お付きの女中として、てんちゃんを守り抜こうとする覚悟。口では毒舌を吐きながらも心の中では風太くんの男前なところが好きだったトキちゃんの、風太くんへの期待と失望。

様々な思いが混じり合ったトキちゃんの言葉が強くそして重い!

でも、その痛烈なトキちゃんの言葉がついに風太くんを覚醒に導きました。トキちゃんがいて良かった。

風太くんの覚醒

風太くんの姿にも心を揺さぶられました。

ここのところ、風太くんが冴えない表情をいつも浮かべていたのは、心が引き裂かれるような思いだったのでしょう。

今回の風太くんが言ったように、風太くんにとって寺ギンのオッチャンは自分を拾ってくれた恩人でもあり、憧れ尊敬している師匠でもありました。

演芸で何よりも大事なのは人を見る目だと教えてくれた人でした。

その恩人でも師匠でもある寺ギンのオッチャンがお金に目がくらんで変わってしまった。

風太くんとしては、寺ギンのオッチャンへの気持ちは変わらない、変わりなたくない。しかし、目の前にいる寺ギンのオッチャンは変わってしまった。

そんなギャップに引き裂かれていたこれまでの風太くんの心痛、察するに余り有ります。

しかし、トキちゃんの涙ながらの訴え。救いを求める芸人さんたちの姿。これらがついに風太くんを決起させる・・・見応えのある師匠と弟子の対峙場面でした。

追伸:芸人さんたちに心から頼られる風太くんの姿を見てつくづく思いました。風太くんはやっぱり男前だなって。

寺ギンのオッチャンに期待すること

以下、次回のネタバレが含まれます。

風鳥亭を兵糧攻めにし、ついに2軒の寄席の閉鎖もやむなしというところまで追い詰めることに成功した寺ギンのオッチャン。

風鳥亭の落城を目の前にして、次回、大どんでん返しが起こります。

寺ギンのオッチャンの配下の芸人さんたちが覚醒した風太くんに率いられて反乱を起こし、しかもその反乱に文鳥師匠がまさかの加勢。

寺ギンのオッチャンは風鳥亭を手中に収めることをギリギリのところで失敗した上に、ほぼすべての芸人さんまで失ってしまいます。

芸人さんを失ったということは太夫元の廃業を意味します。

策士策に溺れるという言葉を絵に描いたような、あわれ過ぎる寺ギンのオッチャンの結末が次回に描かれるはずです。

しかし、今回の風太くんが言ったように、寺ギンのオッチャンが坊主をやめて太夫元になったのは生きている現世の人こそ笑いで救うべきだという動機からでした。

あの風太くんが憧れるくらいの寺ギンのオッチャンです。あの時の寺ギンのオッチャンの言葉にはうそいつわりはないと信じたい。

風太くんは風太くんらしさを取り戻しましたが、寺ギンのオッチャンも寺ギンのオッチャンらしさを取り戻して、ドラマ後半の中で復活して欲しいものです。

後半、窮地に陥ったてんちゃんと藤吉を救うために覚醒した寺ギンのオッチャンが再登場。そんな粋な復活のしかただったら素敵でしょうね。

<<前回70話 | 次回72話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. サエモン より:

    亀さんが内場さんのネタ
    驚いたときのいーーやってくれたのは
    予告から楽しみにしてました

    藤吉今はお元気そうですね
    風太は変化が見えてきましたね⁉️
    まさかあぁ出るなんて

    北村笑店は芸人増えましたが
    月給は最初のうち大丈夫かなと?

    吉本で給料をコンピューター管理に変えるとき今月は月給を払えないので、今月ヤバいかただけ
    受け取りに来て下さいとか

    しかし寺ギンの7・3や6・4って
    今気づきましたが元ネタっぽいのは
    よく吉本の芸人がネタにする給料の内訳ですよね
    売れっ子は大体事務所に持ってかれるという
    賞金なども含めて

    てんちゃんや葵さんのこれからの成長も楽しみ

  2. ひるたま より:

    「わしが変わったんやない。お前に人を見る目がなかっただけや。…クビや!」
    風太くんに‘クビ’を宣告した寺ギンさん…見方次第では彼は過ちを犯してしまったかな?と個人的には感じます。かつては‘迷い人’だった風太くんに御馳走(すき焼き)を振る舞っていた寺ギンさん、人間心理に全く疎い人物ではおそらく無い筈かと個人的には見ているのですが。
    そしてまた風太くんも藤岡屋で長年修業していた身の上…人を見る目が全く無い訳では無い筈…でも、お金で人が変わる様子だけは見聞した事が無かったのかもしれませんね。
    全く以て、金の力は怖い(両刃の剣)ですね。

    クビを宣告された身の上の人間が、かつての主人に対して‘謀反’を起こした事は歴史上枚挙に暇が無い筈…寺ギンのおっちゃんは、自分がした事が自分に跳ね返って来る(「要するに「因果応報」の考え方ですね)事まで現時点では計算に入れていないようで…。(^m^;)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      『ひよっこ』でも、両親を失った世津子さんを引き取った叔父叔母が、世津子さんが稼いでくる大金で狂ってしまった事例もありますからね。心に弱さがある人は大金を手にすると狂ってしまうのでしょう。余談ながらそういった点でも『あさが来た』のあさちゃんは器の大きな人物だったんでしょうね。収入は寺ギンのオッチャンの比ではないかと思います。