家出をした隼也の気持ち / わろてんか 第77話

2018年1月4日(木)第14週「みんなの夢」

あらすじ

てんが、乙女組の四人を自宅に招いて夕食でもてなしている間に、隼也ととわの姿が消えてしまいました。藤吉たちが隼也ととわの姿を探し回る中、隼也ととわを見つけたのは伊能でした。伊能が、隼也ととわを連れ戻して来たのです。

とわは乙女組の足を引っ張っていることを気に病み、島根に帰るつもりでいました。連れ戻されたとわは都たちに説得され発奮。乙女組の解散を口にする藤吉に対して風太、そして踊り子の四人は頭を下げて乙女組の存続を頼み込みます。

一方、隼也の気持ちを伊能から聞かされたてんは、自分は母親失格であると落ち込んでしまいました。隼也は芸人になりたいという望みを同級生にバカにされケンカになりました。そして隼也が芸人を望む理由は、てんと一緒にいたかったからなのです。

翌朝、隼也は自分の非を両親に謝罪しました。同じ頃、乙女組の踊り子たちの踊りがようやく合いはじめ、風太と踊り子たちは歓声をあげました。そんな中、トキがキースと一緒に活動写真を観に出かけてゆくのでした。

<<前回76話 | 次回78話>>

Sponsored Link

予習レビュー

2018年、年明けの第1回となる今回は、未回収のままだった隼也くん失踪騒動。そして、前年最後の回の、伊能さまの北村家訪問の理由の回収からです。

ケンカを繰り返す四人の乙女ちゃんたちの心を一つにしようと、てんちゃんはドジョウ鍋で四人をもてなしました。

しかし、そんなてんちゃんの気遣いを裏切るかのごとく、その夕食の席で乙女ちゃんの一人・とわちゃんが失踪。

しかも、とわちゃんは隼也くんを連れて逃亡をはかる。

でも、あっけなく伊能さまに見つけられてしまったようです。

前回(前年最後の回)の伊能さまの北村家訪問場面は、伊能さまが隼也くんととわちゃんを連れ帰って来るという今回の場面につながるものと思われます。

さて、隼也くんととわちゃんの行方不明騒動は以上で回収完了です。

しかし、もっとも気になる藤吉くんとリリコちゃんの距離の縮まり方に関しては、このページを投稿した時点では詳しい情報はありません。

しかし、てんちゃんと藤吉くんの夫婦関係に亀裂が入るような情報がないばかりか、てんちゃんや藤吉くんがリリコちゃんに頼る場面が次回には登場します。

前回(前年最後の回)のリリコちゃんのまさかの行動は、藤吉くんをからかった(そして視聴者をからかった)ものと思われます。

一方、キースがトキちゃんに告げた「大事な話」と関連しそうな情報が判明。

キースは遅くとも第15週、早ければ今週中には渡米するそうです。アメリカに渡ることがキースの「大事な話」ではないかとブログ主は予想しています。

▼キースが渡米!
【速報】第14、15、16週>>

感想

明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

さて、今週第14週は前週からの続きで全3回。心も踊りもバラバラだった島根の乙女ちゃんたちが結束するまでの週。今回、ようやく結束の兆しが見えはじめました。

一方で、新年早々、気になるフラグもちらほらと立っていました。

藤吉くんとリリコちゃん

前年最後の回。思いつめた様子のリリコちゃんが藤吉くんの姿を目にするや、近寄ってきた藤吉くんの肩に手をまわし・・・

リリコちゃんが藤吉くんをからかう。そんなオチだろうと予想していましたが、からかうどころか、リリコちゃんの切ない気持ちで胸がヒリヒリするようなオチでした。

「今度撮る活動写真の練習や」

と、自分のとった行動の理由を説明するリリコちゃんが続けて次のようにも言いました。

「知らん役者と抱擁する前に藤吉と稽古しとこう」

いかにもリリコちゃんらしい強がりが見え見えの言葉ですが、本当はこう言いたかったに違いありません。

「知らん役者とキスする前に藤吉とキスしとこう」

リリコちゃん、演技とはいえファーストキスを「知らん役者」に与えてしまうのが耐えられなかったのでしょうか。

だから、他人の夫になったとはいえ、かつては想いを寄せていた藤吉くんと・・・見かけによらず乙女なリリコちゃんでした。

リリコちゃんが女優をやめたがるのは、そんなところにも理由があるのかもしれませんね。

隼也くんに同情する伊能さま

隼也くんが同級生とケンカした理由が泣かせます。

隼也くんはお母ちゃんともっと一緒にいたかった。そして、お母ちゃんと一緒に過ごす時間を増やすには、芸人になるのが最適な道だと考えた。

隼也くんが親の愛情に飢えているというのは予想がつきましたが、心の飢えを満たすために芸人になろうと隼也くんが考えていたのは予想外でした。

そして、そんな隼也くんの気持ちを知った伊能さまが口にした言葉は次週へのフラグのような気がします。

伊能さまが口にしたフラグ発言は次の言葉です。

「芸人になればお母ちゃんといつも一緒にいられる。分からないでもないよ、そういう気持ち」

分からないでもない、どころか伊能さまは隼也くんの気持ちを痛いほどわかっているような気がしないでもありません。

何故なら・・・以下、ネタバレです。

次週、伊能さまのお母上が登場します。

そして伊能さまとお母上との間には深い深い心の溝があります。その心の溝が生じたのは伊能さまの幼少期。

お母上の愛情に飢えて伊能さまは育ったらしい・・・そんな展開が用意されているからです。

ところで隼也くんは、同級生とケンカした理由を両親には話しませんでした。

しかしどういうわけか赤の他人の伊能さまには打ち明けました。赤の他人ではありますが、子供の頃に似たような経験をした伊能さまに対して、隼也くんは子供ならではの敏感な嗅覚で同じ匂いを感じたのかもしれませんね。

トキちゃんとキース

乙女ちゃんたちに稽古をつける風太くんをにらみつけるトキちゃんの怖そうな目。あの目はトキちゃんが風太くんに嫉妬したということでしょうか。

しかし、そんなトキちゃんがキースとまさかのデート?

ちなみに次週のキースには、トキちゃんとデート以上の「まさか」の展開が準備されています。もしかするとその展開は今週中に説明が入るかもしれません。

年明け早々に、波乱のフラグがたくさん立っていた『わろてんか』77回でした。

<<前回76話 | 次回78話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. よるは去った より:

    栞「隼也『芸人になったらお母ちゃんといつも一緒におれる?』」 似たようなことを誰かが言ってたかな?「お母ちゃんを笑わしたい。」って。

  2. こひた より:

    あけましておめでとうございます。
    今年も昨年の「ひよっこ」という最高の作品に負けない素晴らしい作品に出会えますように。
    (「わろてんか」があかんということではないですよ)

    朝蔵さん また1年わかりやすく楽しい解説をお伝えいただきますようどうぞ宜しくお願いします。

    昨年末の「ひよっこ」総集編、見事に見逃してしまいました(;_;)

    不覚です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

      『ひよっこ総集編』を見逃されたとの由。残念でした。『ひよっこ紅白特別編』はご覧になりましたか?すずふり亭にまさかの桑田さんが登場。しかし周囲に完璧なまでに馴染んでまったく違和感がない。びっくりしました。司会進行のみね子ちゃんがステージの上で茨城の両親とまさかの再開を果たし本気で感激したり、桑田さんのステージにイチコがいたりと、とっても嬉しい紅白でした。