藤吉が脳卒中で倒れ入院 / わろてんか 第87話

2018年1月16日(火)第16週「笑いの新時代」

あらすじ

藤吉が脳卒中で倒れ病院に担ぎ込まれました。医師たちの治療を受けるものの藤吉の意識は戻りませんでした。昏睡状態におちいった藤吉が再び目を覚ますことを信じ、てんは必死の看病をはじめました。

りんに連れられて病室までやって来た隼也は、藤吉にこれまでの非を詫びました。風太とトキも見舞いにやって来ました。眠っている藤吉に対して一喝した風太は、北村笑店に戻るとこの危機を一丸になって乗り越えようと従業員たちに檄を飛ばしました。

翌日には亀井と芸人たち、そしてリリコも藤吉の病室に見舞いにやって来ました。眠り続ける藤吉の姿を見て涙を流すリリコはてんに言いました。こんな時にも笑顔を絶やさぬてんは偉い。自分は涙しか出てこないと。

見舞客たちの前で気丈に振る舞い続けたてんが帰宅すると、てんを訪ねに伊能がやって来ました。伊能の顔を見るなり、それまで張り詰めていた気持ちがゆるんだてんは、伊能を前にして初めて涙を見せるのでした。

<<前回86話 | 次回88話>>

Sponsored Link

予習レビュー

史実では、藤吉くんの実在モデル・吉本吉兵衛氏は、氏が経営する寄席が急成長を続けている真っ只中に早逝しています。死因は脳卒中です。

関東大震災が発生した年の翌年・大正13年(1924年)没。享年37歳。

ドラマの中では前週に関東大震災が発生。その直後の今回の藤吉くんの描写はその史実が参考にされているものと思われます。

さて、てんちゃんは藤吉くんの回復を信じて必死になって藤吉くんの手足をさするものの、果たして藤吉くんは目を覚ますのでしょうか?

以下、ネタバレが含まれます。

続きはまだ知りたくない方は、読むのはここまでにしておいてくださいね。

すでに一部のメディアに次のような場面の写真が掲載されています。

脳卒中で病院に担ぎ込まれた藤吉くんが病床で目を覚まし、ベッドの上に座っててんちゃんと会話を交わしている。

そんな場面がすでに一部のメディアに公開されています。

というわけで、藤吉くんは今週中には回復し意識を取り戻すものと思われます。

しかし、『わろてんか』はまだ2ヶ月半以上の放送期間を残しています。この先、どのような展開が待っているかは今のところまったく不明です。

今週は回復するとは言っても、一度は病気に倒れてしまった藤吉くんの今後がちょっとばかり心配な展開となってきました。

感想

藤吉くんは一向に目を覚まさず見ていてつらい回でしたが、こんな時にも見舞客に応じた対応を忘れない、気丈に振る舞うてんちゃんの姿に涙を誘われました。

隼也くんがりんちゃんに連れられてやって来たとき

お父ちゃんが倒れたのは自分が悪いのだと自分を責め立てる隼也くんに対して、それは違うときっぱり言い切ったてんちゃん、立派なお母ちゃんになりました。

あの場面では母親としてそう言うしかないとも言えますが、間髪を入れずにしかもとても自然体に違うと言い切るところに母の愛を感じました。

母親としての義務感から口に出た言葉とは異なる響きが込められていたように思います。

風太くんとトキちゃんが見舞いに来たとき

風太くんもトキちゃんも、てんちゃんにとっては一番の昔馴染みです。とりわけ風太くんは兄妹も同然です。(リトルてんちゃんは姉弟と思ってましたが)

トキちゃんにしても娘時代から今まで気を許せる唯一の同性の友人です。

そんな身近な二人の前では、無理して気丈に振る舞う必要などないにも関わらず、気持ちが折れそうなところをぐっとこらえて「ありがとうな」と静かに語りかける口調。

その口調に何故だか涙腺を激しく刺激されました。

この場面。てんちゃんの姿にも泣かされましたが、風太くんの姿がさらに涙腺を刺激して来ました。

「おい、忘れたわけやないだろうな!」
「もし約束を違えることがあったらただじゃ済まんぞ」

病室の中で風太くんはずっと藤吉くんに対して腹を立て続けていましたが、腹を立てていなければ泣いてしまいかねなかったのでしょう。

そして眠り続けている藤吉くんに対して大声でわめき散らした上に、最後に「すまん」とポツリと言って椅子に戻るところ、いかにも風太くんらしい。

そんな風太くんの気持ちが痛いほどわかるトキちゃん。風太くんにたった一言だけかけた言葉「アホ!」に、風太くんへの愛情と敬意がたっぷり詰まっていました。

キーちゃんとアサリ、岩さん、そして亀井さん

藤吉くんが倒れたのは夕方から夜にかけて。隼也くん、りんちゃん、風太くん、トキちゃんが次々の見舞いにやって来たのは夜でした。

一夜明けて翌朝。

本当なら誰もが目を覚ます時間です。だから藤吉くんも普通に目を覚ますに違いない。てんちゃんはそう思ったのでしょうか。

でも、藤吉くんは目を覚まさない。

「なあ起きておくれやす」

上のてんちゃんの一言。てんちゃんが、厳しい現実と向き合ったはじめての瞬間だったような気がします。

明るい朝が来た。いつもなら藤吉くんが目を覚ましている時間にも関わらず藤吉くんは目を覚まさない。いつもと違う光景。残酷な場面でした。

たった一人で厳しい現実に向き合ったその時、キーちゃんとアサリ、岩さん、そして亀井さんが来てくれたのは救いでした。

しかし、亀井さんの「社長、いつまで寝てる」の一言は、もしかするとてんちゃんの悲しみを増幅させてしまったかもしれませんね。

(もちろん亀井さんには悪意などないわけですが)

リリコちゃん、そして伊能さま

りんちゃんにはじまり亀井さんまでの見舞客は皆、てんちゃんのことを気づかってつとめて明るく普段通りに振舞っていました。

てんちゃんも懸命にその気づかいに応えていました。

そんな中、リリコちゃんだけは涙も感情も素直に見せました。そして、てんちゃんに言いました。

「あんた偉いな。うちは涙しか出ない」

リリコちゃんがこの言葉を言った瞬間、心が折れそうになっているのを藤吉くんにもらった鳥のお守り(?)をぐっと握りしめて涙をこらえるてんちゃんの姿がけなげ。

リリコちゃんの前では涙をこらえることができたてんちゃんでしたが、このリリコちゃんの一言で張り詰めていた気持ちがすでにゆるんでしまったのかもしれません。

病院から自宅に戻って、張り詰めていた気持ちがさらにゆるんだその時、伊能さまがやって来ました。

さて、これより下はネタバレが含まれます。

藤吉くんは今週中に一度は回復します。次週の冒頭では仕事にも復帰します。未来の夢を語るほどに元気にもなります。

しかし、その直後に再び藤吉くんは倒れます。

そして、病状が悪化の一途をたどる藤吉くんは、てんちゃんを頼むみたいな言葉を伊能さまに告げるのですが、今回の伊能さまの顔を見て初めて涙を見せるてんちゃんの姿。これは今後のフラグなのかなと思いました。

<<前回86話 | 次回88話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひるたま より:

    今朝こちらでタイトルを見て、そして粗筋を拝読して思わず驚きの声を上げてしまいました…!
    藤吉くんは、何の前触れもなくいきなり倒れてしまうのか(今作では、いきなり唐突に…という場面も結構多いように見受けられるので)、或いは今回の放送分の前に「何か」兆候のような場面が仕込まれるのか…いずれにしても注意しながら見進めて行こうと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      藤吉くんの件、何か前兆が描かれるかもしれませんね。本作はいつもどこかにフラグが仕込んでありますので。