藤吉が意識を取りもどす / わろてんか 第88話

2018年1月17日(水)第16週「笑いの新時代」

あらすじ

脳卒中で倒れ昏睡状態にあった藤吉が意識を取り戻しました。

藤吉につきっきりで看病を続けていたてんは涙を流して藤吉の意識が回復したことを喜ぶものの、その一方で藤吉は焦りを感じはじめていました。

脳卒中の後遺症で体の一部が麻痺し、自分の思うままに体を動かせなくなってしまったのです。

同じ頃、風太は、ラジオ局から団吾のラジオ番組出演を打診されていました。

しかし風太はラジオ局からの頼みを一蹴。ラジオ番組に落語を流してしまったら、寄席に客が集まらなくなると考えたのです。

数日を経て、藤吉の容態は少しづつ落ち着いてきました。

そんな中、京都のてんの実家から、てんの母・しずと妹・りんが、藤吉の見舞いに大阪までやって来るのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回87話 | 次回89話>>

Sponsored Link

予習レビュー

脳卒中に倒れた藤吉くんが意識を取り戻し、史実と同じ展開=早逝という最悪の事態は免れることができました。

しかし、昏睡状態から回復はしたものの藤吉くんの体には麻痺が残る・・・。

ところで史実では「藤吉くん」が早逝することで、「てんちゃん」が「北村笑店」の経営の中心となりました。

「北村笑店」の中心人物となった「てんちゃん」はその絶頂期で、ついに当時の大阪のシンボル・通天閣まで手中に収める・・・というのが史実の展開です。

一方、ドラマの中では藤吉くんが回復することで、てんちゃんが北村笑店の経営者になる機会が遠のいてしまう。

てんちゃんはいつから北村笑店の主役に?と、この先の展開を案じるコメントを当ブログにちょうだいしていました。

その点、僕も気になっていました。

藤吉くんは無事でしたが、体の自由がきかなくなってしまう。

そんな藤吉くんに代わって、てんちゃんが北村笑店のすべてを取り仕切ることを余儀なくされてしまう。

これからそんな展開になるのかなとも思います。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回87話 | 次回89話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする