団吾がラジオ番組に出演 / わろてんか 第89話

2018年1月18日(木)第16週「笑いの新時代」

あらすじ

ラジオ番組に出演するべきではないという風太の説得を聞き入れた方に見えた団吾が、態度をひるがえしラジオ番組への出演を宣言しました。

風太は団吾のラジオ番組出演を止めようとするものの、風太の動きを察した団吾は行方をくらまし、風太は団吾を見つけることができません。

同じ頃、病に倒れ入院している藤吉のもとにリリコが見舞いにやってきました。

リリコは藤吉に告げました。藤吉が昏睡状態におちいっている間、てんは藤吉が回復することを信じて献身的に看病をしていたこと。

そして、見舞い客に対して笑顔を絶やさず気丈に振る舞っていたことを。

身体に麻痺が残り気持ちがふさいでいた藤吉でしたが、自分が眠っている間のてんの話を聞かされ、藤吉は今の困難を乗り越えようと決意を固めます。

リリコが見舞いにやってきたその日の夜、藤吉のもとに意外な人物が訪ねて来るのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回88話 | 次回90話>>

Sponsored Link

予習レビュー

今回のドラマの中で描かれる団吾がラジオ番組に出る出ないの騒動は史実で実際にあった事実がもとになっています。

団吾の実在モデルは桂春団治という名の落語家です。

桂春団治は吉本興業との契約の中でラジオ番組への出演は固く禁じられていました。

芸人たちのラジオ番組への出演に対して会社側が制限をかけたのは、ドラマの中で風太くんが懸念していたのと同じ理由です。

当時、影響力を増してきたラジオを通して落語を無料で聞けるようになってしまったら、わざわざ寄席まで足を運んで落語を聞きに来る客がいなくなってしまうのではないか。

そんな理由から桂春団治はラジオ番組への出演を契約によって制限されていました。

しかし、歴史にその破天荒ぶりが残されているような桂春団治は、その契約を真っ正面から無視してラジオ番組に出演。

てんちゃんと藤吉くんの実在モデルはこの暴挙に激怒し、桂春団治の財産差し押さえまで行ったと記録に残されています。

しかしフタをあけてみれば、桂春団治のラジオ番組出演直後から、桂春団治の落語を見ようと寄席に客が殺到。

この一件で吉本興業は、ラジオ(そして後にテレビ)を上手に活用することで、寄席への来客数を増やすことが出来ると学習したと言われています。

ドラマの中でもそのような展開になるものと予想されます。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回88話 | 次回90話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. わろてね より:

    「藤吉」という名前。
    桂春団治の本名が由来のような。
    ウィキペディアを見ると、「藤吉」は「木下藤吉郎(豊臣秀吉)」が由来と。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      情報提供ありがとうございます。桂春團治の本名「岩井藤吉」なんですね。