団吾のラジオ出演阻止? / わろてんか 第90話

2018年1月19日(金)第16週「笑いの新時代」

あらすじ

風太の制止を無視してラジオ番組への出演を団吾は宣言。そして、団吾の落語がラジオで放送される当日を迎えました。

団吾がラジオ番組に出演することを諦めない風太は、団吾の出演を阻止しようと北村笑店の社員たちをラジオ局の前に張り込ませました。

しかし、団吾はいつまで経ってもラジオ局に姿をあらわしません。

一方で隼也が、大人になったら藤吉の跡を継ぎたい。北村笑店を受け継ぎたいと言い出し、その言葉がてんと藤吉を喜ばせていました。

同じ頃、ラジオ局で団吾が来るのを待ち構える風太や北村笑店の社員たちの前に、団吾は姿をあらわしませんでした。

団吾のラジオ番組への出演阻止に成功した。

風太がトキたちと喜んだのもつかの間、風太にとってはあまりにも意外な展開となるのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回89話 | 次回91話>>

【速報】第16週>>

Sponsored Link

予習レビュー

藤吉くんの実在モデル・吉本吉兵衛氏が亡くなったのは関東大震災のあった年の翌年、大正13年(1924年)のことでした。

しかし今週のドラマの中の時代は大正はとうに終わりすでに昭和4年(1929年)です。吉本吉兵衛氏逝去の5年後です。

藤吉くんのXデーは無事に過ぎました。

無事に過ぎはしましたが、病に倒れ体に麻痺が残ってしまいました。

そしてそんなタイミングで息子の隼也くんが、北村笑店の跡を継ぐと宣言。

隼也くん、まだ子供ですから病床のお父ちゃんを励ますつもりで言ったのかもしれません。他意はないような気もします。

しかしその一方で、こんなタイミングで北村笑店の承継問題を出してきたその作劇上の理由がひどく気になります。

『わろてんか』最終回までに、北村笑店の承継が描かれてしまうのでしょうか。

話変わって、風太くんによる団吾のラジオ番組への出演を阻止する行動が、前回に引き続いて今回も描かれます。

風太くんが北村笑店の社員たちをラジオ局前に張り込ませ、団吾がラジオ局に入れないようにするものの「風太にとってはあまりにも意外な展開」。

この「意外な展開」はこのページを投稿した時点ではまだ不明です。次回の事前情報の中で明かされることになるかと思います。

この「意外な展開」がどうなるかというブログ主の予想ですが、もしかすると録音放送が始まるのかも知れませんね。

団吾が風太くんの目の前にあらわれる。ラジオ局に入ることを団吾は断念。にも関わらず、ラジオからは団吾の落語が流れ始める。風太くんにはこの状況が理解できない。

前作『ひよっこ』でも、テレビの中で豊子ちゃんがクイズ番組に出演していながら、自分の目の前にも豊子ちゃんがいることに澄子ちゃんが目を白黒させる場面がありました。

戦後生まれの女の子でさえこのレベルです。風太くんが録音放送を理解できなくても無理はありません。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回89話 | 次回91話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする