団吾の落語のラジオ放送 / わろてんか 第91話

2018年1月20日(土)第16週「笑いの新時代」

あらすじ

風太の努力もむなしく、団吾の落語のラジオ放送がはじまりました。

団吾のラジオ番組を最後まであきらめずに阻止しようとした風太は、ラジオから流れてくる団吾の落語にショックを受けしばし呆然。

その一方で、てんと藤吉はラジオから聞こえてくる団吾の声にはじめのうちこそ驚きながらも、いつしか二人は団吾の落語に引き込まれていました。

ラジオ番組から流れてくる落語を聞いて藤吉は時代が変化することを感じていました。

そして時代の変化に乗り遅れないよう、一日も早く北村笑店の笑いの仕事の現場に復帰を果たしたいと心の底から願っていました。

同じ頃、団吾の行動を止めることができず深く落ち込んでいた風太をトキが励ましていました。

トキに励まされた風太は、トキにとって意外な言葉を口にするのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回90話 | 次回92話>>

Sponsored Link

予習レビュー

今週のお話は藤吉くんと風太くんの対立からはじまりました。

寄席の現場でお客さんの反応を常に観察し芸の流行の変化を察知した風太くんは、落語よりも万歳(漫才)を前面に押し出すべきだと主張。

しかし藤吉くんは伝統ある落語を大事にする姿勢を崩してはならないと反論し、藤吉くんと風太くんの対立がスタート。

そこへ団吾のラジオ番組出演騒動の勃発。

団吾がラジオ番組に出演することを阻止するという共通の目的を持った藤吉くんと風太くんは一時休戦。

ところが、いざラジオ番組がはじまると、芸の流行をめぐっては守旧派のような立場だった藤吉くんが時代の潮流を受け入れる考え方に転じてました。

一方、芸の流行の変化に対応すべしとかたく信じていた風太くんは、時代の大きな流れに最後の最後まで対抗しようともがきにもがく。

藤吉くんと風太くんの二人の考え方が白黒反転する様が今週の見どころの一つとなるかもしれません。

今週はさらに、藤吉くんと風太くんの白黒反転劇のまっただ中での、藤吉くんのまさかの入院。一方の風太くんはトキちゃんへのプロポーズに失敗。

藤吉くんは病気から回復に向かうところまで描かれて今週が終了しますが、風太くんの恋のゆくえはこのページを投稿した時点では詳細は不明です。

風太くんの恋バナ、今週中に回収されるのでしょうか。それとも次週に持ち越し?風太くんとトキちゃんの未来がいよいよ気になりはじめてきました。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回90話 | 次回92話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする