新しい万歳お披露目の日 / わろてんか 第96話

2018年1月26日(金)第17週「ずっと、わろてんか」

あらすじ

キースとアサリ、そして万丈目が新しい万歳をついに完成させました。翌々日には万歳を披露できると風太から聞かされた藤吉は、万丈目が台本を書きキースとアサリが演じるまったく新しい万歳がお披露目される日を心待ちにしていました。

そんな中、藤吉の見舞いにやってきた伊能は藤吉の言葉に驚かされました。藤吉は、伊能に役員となって今後の北村笑店と提携して欲しいと懇願。その上で藤吉は、伊能のてんへの気持ちをたずねたのです。

そして迎えたキースとアサリが完成したばかりの新しい万歳を披露する日。この日が来るのを楽しみにしていた藤吉が風鳥亭に足を運ぶと、寄席には藤吉を慕う仲間たちが大勢駆けつけて来ました。

高座に上ったキースとアサリは、藤吉に笑ってもらおうと渾身の万歳を披露。キースとアサリがひたすらしゃべり続けるだけでお客を笑わせるその新しい万歳を、藤吉は「しゃべくり万歳」と名付けるのでした。

<<前回95話 | 次回97話>>

Sponsored Link

予習レビュー

前回、藤吉くんが再び脳卒中で倒れました。

藤吉くんは一度は回復し仕事にまで復帰ができたものの再び倒れてしまったことで、てんちゃんと北村笑店の面々の不安は察するにあまりあります。

そんな中、きっと風太くんが大声をあげてキーちゃんとアサリを急かすのでしょう。

藤吉くんが命じていた100年後にもお客さんに笑いを届けることができる万歳。その完成をもっと急げと。

もっと急げというのは、急がせなければ藤吉くんは新しい万歳を見ることなく・・・そんな不安があるのかも知れません。もちろんそれを口に出したりはしないでしょうが。

一方、当の藤吉くんも自分の健康不安が大きくなっているようです。

見舞いにやって来た伊能さまに藤吉くんがまさかの懇願をします。北村笑店の役員となってくれないかと。

それだけでなく、伊能さまにてんちゃんへの気持ちまでたずねるなんて(驚)

前週、初めて倒れすっかり弱気になっている藤吉くんを伊能さまは叱咤激励しました。這ってでも前に進めと。

前週はまだそんな希望が残されていました。

しかし今回。弱気を通り越して自分の行く末を予感しはじめたらしい藤吉くんに対して、伊能さまはどのような言葉をかけるのでしょうか。

この二人の男の場面、涙腺決壊の準備が必要になるかも知れませんね。

さて、そんな中でキーちゃんとアサリが新しい万歳をついに完成させました。藤吉くんにその新しい万歳を見せることもできました。

そして藤吉くんはその新しい万歳のネーミングを決定。

ここまでは良かった。

悲しいことにこの後、藤吉くんの病状はますます悪化してしまうようです。その様子が今回の中で描かれるのか、次回になるのかはこのページを投稿した時点では不明です。

感想

今回、描かれることになる藤吉くんと伊能さまの場面をずっと楽しみにしていました。藤吉くんは一体、伊能さまに何を語るのだろうか。

そして伊能さまはどのような反応を示すのだろうかと。

藤吉くんの壮大な構想

二人の男が言葉を交わす場面を観て思いました。藤吉くんはものすごく大きな男だということ。

事前に発表されていた、藤吉くんが伊能さまに北村笑店の役員になってもらいたいと頼み込むエピソード。

僕はてっきり、自分が創業した会社やてんちゃんの将来のことが心配で、伊能さまに役員就任を願い出るものとばかり思ってました。

しかし藤吉くんの懇願の動機はそんな小さなものではなかったことにビックリです。

藤吉くんは自分の会社のことだけでなく、日本の演芸界全体の未来のことまで見据えていました。

自分の会社の将来の安泰のためではなく、日本の演芸界の未来の発展のために、伊能さまと提携するのが目的でした。

藤吉くん、本当に大きい男になりました。

そして藤吉くんの大きな志に感じ入って、藤吉くんの頼みを快諾する伊能さまもまた人物が大きい。

自分の会社だけでなく業界全体の未来を鳥瞰する藤吉くんと伊能さま。二人の大人物の最後の会話。心に沁みる名場面でした。

伊能さまの粋

北村笑店の役員就任に続いて、藤吉くんがまさかの質問を投げかける。伊能さまのてんちゃんに対する気持ちを問いかける。

この藤吉くんのまさかの問いかけに対する伊能さまの答えがまた粋なことこの上ない。

「おてんさんを超える女性と出会ったことがないから独身のままでいる」

これ以上望めないほどの褒め言葉で返した上に、続けて伊能さまの口から出てきた言葉の数々が宝石のように美しい。

「おてんさんと出会えたことで君とも出会えた」

藤吉くんとの出会いが何よりも大切なものだという伊能さまのメッセージ。遠回しな表現だからこそ、藤吉くんとの出会いに伊能さまがどれほどの価値を見出しているのかが伝わってきます。

そして、藤吉くんは伊能さまが独身のままでいることに触れ、暗にてんちゃんとの再婚をほのめかしましたが、それをやわらかく退けた伊能さまが紳士過ぎる!

「おてんさんと君の絆がかけがえのないもの」

てんちゃんと藤吉くんの二人の絆は自分にとって至上の宝物だ。だから、その宝物を失うわけにはゆかないのだ。伊能さまはそう言いたかったのでしょうか。

伊能さまとしても、てんちゃんとの再婚をすすめられて嬉しくないわけがありません。「おてんさんを超える女性と出会ったことがない」とまで言い切った伊能さまですから。

しかし、独身を貫き通してしまうほどの女性との結婚よりも大切なものが伊能さまにはある。それはてんちゃんと藤吉くんの二人の絆です。

「おてんさんと君は僕の同志」

伊能さま、男前過ぎるにも程というものがあります。

藤吉くんの涙

万丈目はんが台本を書き、キーちゃんとアサリが完成させた新しい万歳を見て、藤吉くんが涙を流しました。

藤吉くんの涙は、キーちゃんとアサリが大ブレイクし、万丈目はんが万丈目先生として大活躍する姿を自分の目で確かめることができない悲しみの涙なのか。

それとも、完成したばかりの新しい万歳が百年後も笑いを取り続けることができると確信できた喜びの涙だったのか。

藤吉くんの涙、深い涙だったと思います。

次回、いよいよ藤吉くんの「最終回」です。

<<前回95話 | 次回97話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. サエモン より:

    高橋さんの演じるキャラは
    独身多いですね
    高橋さんじたい既婚者なれば
    変わるかな?
    伊能さまも政次殿と同じく
    史実と違い独身のままか

    役員について考えて
    再婚は断る
    おてんさんに出会い
    藤吉君や風太君たちにも
    出会えたわけですね
    出逢いと笑いの一期一会

    歌子さんは食堂に戻るんですね⁉️

    しゃべくり漫才は行司いじりは良かったんですが
    オチまでが

    最近のM―1なら一回戦通過出来たらいいなと、
    準決勝や何故かファイナリストなれたら
    えっ何でって芸人さんみたいな⁉️

    まぁ、これからしゃべくり漫才は進化しますね‼️
    耳に息を吹きかけるネタ楽しみ

    リリコさん笑ってるのもいいね

    藤吉君に風太君やキースとアサリ認められて良かった⁉️

    藤吉君はそろそろお別れか
    さて土曜はどう泣かせにくるか
    夢や漫才に笑いは未来に現在まで受け継がれている

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      伊能さま、独身を貫きそうですね。再婚はしないことをほのめかし、もう一人の候補であるリリコちゃんも別方向に向かうことが確定しましたので。

  2. よるは去った より:

    大野拓朗君、前野朋哉君、good jobです。笑ってしまいたくなるくらいモデルのご両人そっくり。「漫才」の現在のスタイルは藤吉くんが後世に残す偉大な〇産ということになりますかね、

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      > 大野拓朗君、前野朋哉君

      文鳥師匠の落語に続く、リアルで笑ってしまう芸でしたね。

  3. もふもふ より:

    今日の万歳、子どもたちが本気で笑い転げていました。そして、「これが今の漫才につながっていくんやね~」と。ちょっとばかり、歴史の瞬間に立ち会ったかのような感覚になったようです。
    いつぞやの落語”死神”も息をのむ展開で、役者さんたちの名演技、凄いと思いました。

    伊能さまと藤吉さんのシーンは、”あさがきた”の五代さまを思い出してしまいました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      子どもたちが本気で笑い転げていたというのは、本当に面白い何よりの証拠ですね。

      > 伊能さまと藤吉さんのシーン

      新ちゃんと友ちゃん、懐かしいです。

  4. ポール より:

    最後の大阪締め良かったです。

  5. にゃんと戯れるのが好き^^ より:

    おはようございます。
    いつも楽しく拝見していたのですが、今日は初めてコメントさせていただきます^^;

    今週は悲しいことが起こるであろうことが、手に取るようにわかって気持ちが沈んでいましが。
    が、昨日は風太のキンタロさんのボケツッコミになごまされ、
    今日は昨今ではなかなかお目にかかれない「大阪締め」を見れてうれしかったです。

    今後の北村笑店に幸多いことを祈るばかりです。

    伊能様、男前すぎますよね。
    せやけど、伊能様も男前ですが、藤吉君の寄席に対する思いや、おてんちゃんに対する思いも
    これまた男前だと思っています^^

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      初コメントありがとうございます!

      悲しい週にも関わらずいつになく笑いも豊富で、本当に不思議な週でしたね。新しいことが着々と進んでゆく様子もドラマを明るくしてくれました。