本物のマーチン・ショウ / わろてんか 第116話

2018年2月19日(月)第21週「ちっちゃな恋のものがたり」

あらすじ

『マーチン・ショウ』をアメリカから呼び寄せ、日本公演を行なってみないか。

ある日、伊能はてんに提案しました。

『マーチン・ショウ』の代理人が伊能に連絡をとってきていたのです。

隼也をだましたニセの代理人はすでに逮捕され、伊能に日本公演を打診してきた代理人は本物の『マーチン・ショウ』の代理人でした。

しかし、隼也が詐欺師にだまされた直後のことだけに、てんと風太は伊能の提案に対して異を唱えます。

その頃、伊能のもとから北村笑店に戻った隼也は、詐欺被害に遭った反省から寄席の下働きに励んでいました。

その隼也の耳にも、亀井を通じて伊能の動きが伝わってきました。

伊能が『マーチン・ショウ』の日本公演を提案しているという話を知った隼也は、詐欺に遭ったショックも忘れ、伊能の行動を心から喜ぶのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回115話 | 次回117話>>

Sponsored Link

予習レビュー

今週のサブタイトル「ちっちゃな恋のものがたり」にある「恋」とは、もちろん隼也くんの「恋」です。そして相手はつばきちゃん。

前週のドラマの中で描かれた『マーチン・ショウ』騒動。

そのエピソードを通じて『マーチン・ショウ』を日本に招きたいと焦る隼也くんと、代理人を詐欺師と知らず通訳をつとめていたつばきちゃん。

二人は急速に距離を縮めてゆきました。

『マーチン・ショウ』の詐欺騒動は前週のうちで回収されましたが、未回収だった隼也くんとつばきちゃんの関係が、今週、引き続き描かれるようです。

さて、ニセの『マーチン・ショウ』がきっかけで知り合った隼也くんとつばきちゃんが、二人の距離を決定的に縮めることになるのは本物の『マーチン・ショウ』です。

今回、北村笑店の役員会で、伊能さまが本物の『マーチン・ショウ』の日本公園を提案したことで、隼也くんとつばきちゃんの恋の物語の舞台が動きはじめました。

しかし・・・以下、ネタバレが含まれます。ご注意ください。

しかし、隼也くんとつばきちゃんの「ちっちゃな恋のものがたり」には、これからの展開の中で高い壁が立ちはだかることになるようです。

そして、その高い壁を強引にでも乗り越えようとする隼也くんが、若い頃の両親にも似た行動に出る見通しです。

若い頃の両親にも似た行動とは何か?

もちろん、てんちゃんと藤吉くんが駆け落ちに踏み切った行動のことです。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回115話 | 次回117話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする