楽屋で倒れてしまう四郎 / わろてんか 第117話

2018年2月20日(火)第21週「ちっちゃな恋のものがたり」

あらすじ

伊能は『マーチン・ショウ』の日本公演を北村笑店が手がけることを提案。

その提案に対して、やるべきなのかやめるべきなのか決定を下せずにいたてんでしたが、一つだけ決めていることがありました。

それは隼也には一切かかわらせないということでした。

てんの決意を知った知った隼也は一時は気落ちするものの、すぐに考えを改めました。

そして隼也は、自分がかかわることができないのを承知の上で『マーチン・ショウ』の資料収集を開始。

集めた『マーチン・ショウ』の資料を伊能に渡すと、日本公演を実現してほしいと伊能に頼みます。

一方、高座を終え楽屋に戻った四郎に対して、リリコが芸のダメ出しを行なっていると、思いがけない事態が発生しました。

四郎が倒れてしまったのです。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回116話 | 次回118話>>

Sponsored Link

予習レビュー

今週のサブタイトルの「ちっちゃな恋のものがたり」は、隼也くんとつばきちゃんの恋の物語とばかり思い込んでいましたが、それだけではなさそうです。

リリコちゃんと四郎さん。この二人の恋の物語の意味もサブタイトルに含まれているのかもしれません。

そして、その二つの恋の物語のフラグが、今回の二つのエピソードの中に仕込まれているような気がしてきました。

二つのエピソードのうち、一つは隼也くんによる『マーチン・ショウ』の資料収集。

この資料収集については、どうやら、つばきちゃんが隼也くんに対して協力をさせてもらいたいと申し出るようです。

自分も知らなかったとはいえ、通訳にかかわった人物が詐欺師だったこと。

結果として隼也くんに大きな迷惑をかけてしまったことをつばつばきちゃんは悔いているようです。

その罪滅ぼしの気持ちもあって隼也くんの仕事を手伝うことになり、それが二人の距離を近づけてゆく。

そんな展開を予想しています。

もう一つの恋バナのフラグが仕込まれているらしいのは、四郎さんが倒れる場面。

四郎さんが倒れてしまう原因はまだ不明です。ただし、重い病気というわけではなさそうです。藤吉くんのときみたいな悲劇には発展しないと思います。

四郎さんが倒れ寝込んでしまったら、その次の展開として考えられるのがリリコちゃんによる四郎さんの看病です。

前作『ひよっこ』でも、風邪に倒れた島谷くんの看病をみね子ちゃんが心から楽しみ、その看病が、二人の距離をいっそう縮めることになりました。

リリコちゃんが四郎さんを看病することで、そんな展開が待っているのかもしれません。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回116話 | 次回118話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする