隼也のつばきへの気持ち / わろてんか 第118話

2018年2月21日(水)第21週「ちっちゃな恋のものがたり」

あらすじ

『マーチン・ショウ』の資料を隼也に渡すため、つばきが風鳥亭にやって来ました。突然のつばきの来訪にいつになくあわてふためく隼也。その様子を見て、てんは隼也のつばきへの気持ちを察しはじめていました。

同じ頃、リリコはてんに四郎のことで相談しました。リリコが口にする四郎に対する言葉にできない気持ちを聞かされ、てんは気づきました。リリコは四郎に対して恋心を抱きはじめていること。

一方、つばきから借りた資料をもとにして、隼也は『マーチン・ショウ』日本公演の企画書を完成しました。その企画書を見た風太は、『マーチン・ショウ』の日本でのヒットを確信します。

てんと風太は、伊能とともに『マーチン・ショウ』日本公演の実現を決断。隼也はその企画に携わることが許されなかったものの、そのことに不満はありませんでした。しかし、『マーチン・ショウ』日本公演のための出資者は、思うようには集まりません。

<<前回117話 | 次回119話>>

Sponsored Link

予習レビュー

前回の予習レビューでは、前回のドラマの中に、二つの恋の物語のフラグが仕込まれているらしい。

隼也くんのつばきちゃんに対する恋。そしてリリコちゃんと四郎さんの恋。

これら二つの恋の物語のフラグが、それぞれのエピソードの中に見えるような気がする、みたいなことを書きましたが、そのフラグが早くも回収されはじめるようです。

フラグが回収され、いよいよ「ちっちゃな恋のものがたり」が本格的にスタートです。

つばきちゃんが風鳥亭にやってきます。

『マーチン・ショウ』に携われないながらも、風太くんから企画書の作成を命じられた隼也くんのために、資料を持ってくる。

そんな設定のようです。

このつばきちゃんの来訪が隼也くんを妙にあわてさせ、その隼也くんのあわてっぷりがてんちゃんにもしやと思わせる。

てんちゃん、隼也くんの気持ちをどこまで察するのでしょうか。

一方、前回、いきなり倒れてしまった四郎さん。その四郎さんをリリコちゃんが看病しました。そのお礼にと、四郎さんはリリコちゃんにプレゼント。

そのプレゼントにリリコちゃんが胸をざわつかせるのでしょうか。

リリコちゃんと四郎さんの恋のはじまり。これについてはまだ詳細は明らかになってはいません。

しかし、リリコちゃんと四郎さんの二人が大好きなブログ主にとっては、待ちに待った二人の恋バナのスタートにワクワクが止まりません。

感想

若者と大人。並行して描かれた二つの「ちっちゃな恋のものがたり」の場面がとっても可愛らしい回でした。

隼也くんとつばきちゃん

隼也くんとつばきちゃんの二人きりの初々しい姿。

その二人をあつくるしいほど熱すぎる視線で見守る、おせっかいな大人たち(笑)

前作『ひよっこ』のヒロイン・みね子ちゃんの恋。その恋の模様を、寄ってたかって周囲の大人たちが観察するの図。

その時の場面を思い出さずにはいられない、楽しい場面でした。

本作『わろてんか』のヒロイン・てんちゃんの恋は、周りから厳しい視線を注がれてばかりでしたからね。

さて、ここでちょっとだけネタバレです。

隼也くんとつばきちゃんの恋の物語は、これから高い高いハードルを乗り越えてゆかねばなりません。

隼也くん、高い高いハードルを乗り越えた末に結ばれた両親の間に生まれた子供だけのことはあります。

そんなハードル越えの前の、幸福の絶頂のひと時の隼也くんとつばきちゃんの二人の姿を、記憶に刻みつけておこうと思います。

ハードル越えの切ない場面を、視聴者として乗り越えるためにも。

追伸1:マンマンにいた人たちが、ギラギラした視線を隼也くんとつばきちゃんに注ぐ中、たった一人、クールな表情に終始していた楓ちゃん。

楓ちゃん、若い二人の恋のはじまりに関心がないのかなと思っていたら、最も深いところまで二人のことを観察していた模様。

さすが新聞記者上がりの文筆家です。

追伸2:恋バナとは関係ありませんが、隼也くんはいい大人になりました。

『マーチン・ショウ』に関わることができなくても、企画書を認めてもらえただけで嬉しいと言い切る隼也くん。

もちろん多少の未練はあったはずです。

でも、その未練を顔に出すまいと歯を食いしばる時の隼也くん、男前な顔をしてました。

リリコちゃんと四郎さん

四郎さんから贈り物のスカーフを渡され、袋から出した瞬間のリリコちゃんの反応。そして、スカーフが似合うと四郎さんから言われた時の反応。

この二つの反応こそがリリコちゃんの本心でしょう。間違いなく。

しかし、袋からスカーフを出し素直に喜んだことをリリコちゃんは照れ隠し。自分には地味だと言って急にむっつり顔になり、四郎さんショックだったかも。

スカーフを首に巻き、それが似合うと言われ素直に喜んだ直後に再び照れ隠し。やっぱり自分には地味・・・四郎さんが気の毒すぎる!

リリコちゃんの素直な反応とその直後の照れ隠し。そんな微妙な心の揺らぎを、朴訥な四郎さんが理解できるとも思えない。

今の四郎さん、ずいぶんとハラハラドキドキしているはずです。リリコちゃんを怒らせてしまったかなって。

リリコちゃんが素直に喜ぶ笑顔よりも、その直後の照れ隠しの手厳しい言葉の方に強い反応を示していた四郎さんが心配です。

でも、相方として長い時間を一緒に過ごすリリコちゃんが決して素直な性格ではないことを、四郎さんは理解しているのかな?

できるならそうあってほしいものです。

そして、スカーフの一件があった直後。藤吉くんの仏壇の前で交わされたリリコちゃんとてんちゃんの会話を四郎さんにも聞かせてあげたかった。

あの会話を聞いていたら、四郎さんはどれほど救われることか。

でも、リリコちゃんと四郎さんの恋バナの回収も時間の問題です。次回かその次の回あたりには回収されるのではないでしょうか。

早く、その瞬間を観たいものです。

四郎さん、あとひと息の辛抱です。

<<前回117話 | 次回119話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. clara* より:

    リリコちゃんを想いながら、スカーフを買い物している四郎さん。
    その光景を想像したら、キュンとした(#^.^#)

    それから、今まで「藤吉♪」って呼んで慕っていたリリコちゃん。
    今日の「藤吉ったん、堪忍な。」の一言に、四郎さんへの想いが伝わってきた。

    タイトルが「小さな恋の物語」ではなく、
    「ちっちゃな恋のものがたり」なのが如何にもって感じの二組ですね。
    春はもうすぐ来るのかなぁ?

    ネタバレ見ないで楽しみに見守っていよう。
    二つの恋のものがたり♥

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      四郎さんからスカーフをもらって本当はとっても嬉しいリリコちゃんの本心。ちゃんと四郎さんに伝わってほしいものですね。