リリコと四郎が大ゲンカ / わろてんか 第124話

2018年2月28日(水)第22週「夢を継ぐ者」

あらすじ

仲の良かったリリコと四郎が大ゲンカをはじめました。四郎が見知らぬ女性と会っている姿をリリコが目撃。リリコは四郎の浮気を疑い、激怒したのです。てんと風太の頼みにより、亀井は早速、四郎に近づいてきた女性が何者なのかの調査を開始します。

その頃、隼也は、北村笑店の創立25周年を記念するパーティーの準備に夢中になって取り組んでいました。そんな中、つばきの家で働いているという年配の女性が隼也を訪問。つばきのことでお願いしたいことがあると、その女性は隼也に頭を下げました。

婚礼の準備がすすむつばきは、いまだに隼也のことが忘れられずにいたのです。そのつばきの隼也への想いを断ち切って欲しい。それが、隼也を訪ねて来た女性の願いでした。隼也は自分も結婚するという嘘の手紙を書いて、その女性に託しました。

一方、四郎とリリコが向かい合う場がもうけられました。四郎は、人目を盗んで会っていた女の正体をついに明かしました。四郎は、上海の楽団から誘われていたのです。四郎はリリコと漫才を続けてゆくと宣言。楽譜を焼き、楽士の夢を捨て去ろうとするのでした。

<<前回123話 | 次回125話>>

Sponsored Link

予習レビュー

前々回から前回(月曜日&火曜日)にかけて、ミスリリコ・アンド・シローの二人に見知らぬ男が近づいてくるという場面が描かれました。

その男はライバル会社のスカウトマンでした。

しかし、義理堅いリリコちゃんと四郎さんのこと。

二人が高額なギャラに心を奪われて、北村笑店を裏切りライバル会社に移籍してしまうようなことはまずしないでしょう。

その見知らぬ男の登場場面は今回へのフラグだったのでしょうか。

今回、今度は見知らぬ女が近づいてきます。しかも、ミスリリコ・アンド・シローの二人ではなく、四郎さんだけに。

一方で、隼也くんのもとにも見知らぬ老女が近づいてきます。見知らぬとは言っても、身元はすぐにわかるのですが・・・つばきちゃんのばあやだと。

ちょっとだけネタバレすると、四郎さんに近づいてきた女性。そして隼也のもとを訪ねてきた女性。この二人の女性の登場がドラマを大きく動かしてゆきます。

早ければ今回の後半。少なくとも次回にはその大きな動きがはじまるものと思います。

ネタバレを読まないと決めている方も多くいますので、今後の展開はこれくらいのところで伏せておきますね。

ところで今回は2月の最終日。いよいよ次回は3月。半年間にわたった『わろてんか』の最終月です。

そろそろ、ドラマが大きく動きはじめるタイミングです。

感想

二つの物語がいよいよ動きはじめた。そんな空気が濃厚の回でした。

二つの物語とは、もちろん隼也くんとつばきちゃん。そしてリリコちゃんと四郎さんの

隼也くんとつばきちゃん

北村笑店の仕事に没頭し、つばきちゃんのことは吹っ切れたかに見えていた隼也くん。さすがに完全に吹っ切れたということはないでしょう。

しかし、半分くらいは吹っ切れていたのは事実だと思います。

この調子で一年、二年と時が経過すれば、隼也くんの心にポッカリと空いた穴は間違いなくふさがっていたはずです。

十年も経てば、甘酸っぱい懐かしい思い出にすらなっていたかと思います。

しかし、つばきちゃんは隼也くんのことを、その後もずっと忘れられずにいました。

隼也くんみたいに、没頭できる何かを持っていないつばきちゃんの今の立場では、どうしても意識が隼也くんの方に向いてしまうのは無理もありません。

しかも、自分の意に沿わない婚礼の準備が目の前で着々と進んでしまうあの状況で、隼也くんのことを忘れろというのは無理があります。

忘れるどころか、隼也くんへの想いはますます募るばかり。それが、今のつばきちゃんの胸の中ではないでしょうか。

そして、そんなつばきちゃんのことを心から案じていた「ばあや」の気持ちが優しい。

きっとつばきちゃんが幼い頃から、ばあやはつばきちゃんを可愛がってきたのでしょう。幼い頃から今日までの姿を見てきているだけに、落ち込むつばきちゃんを見るに耐えない。

つばきちゃんのためを思い、良かれと思ってとったばあやの行動。この行動が波乱の物語のきっかけになってしまうのかもしれませんね。

隼也くんのことを忘れようと必死になっていたつばきちゃんの感情のタガを、ばあやの行動がはずしてしまったような気がします。

そして、つばきちゃんのことを半分は吹っ切れていた隼也くんの、その半分を揺り戻してしまったかもです。

次回あたり、波乱の予感がします。

リリコちゃんと四郎さん

イチャイチャムードから一転して険悪きわまりないリリコちゃんと四郎さんの壮絶なバトル。正確にはリリコちゃんが一方的に仕掛けたバトルです。

リリコちゃんの激怒っぷりはすさまじかった。おっかないオバちゃん全開でした(笑)

四郎さんとイチャイチャしていたときの可愛らしいリリコちゃん。あれは別人だったのかと思ってしまうほどでした。

前回から今回にかけてのリリコちゃんと四郎さんのバトルも、てんちゃんたちが二人を向かいあわせることでようやく落ち着きました。

バトルは落ち着きましたが、落ち着くところには落ち着いていない感でいっぱいの落ち着き方でもありました(ややこしい言い方、申し訳ありません)

「今の僕には夢よりも大事なものがあるんです」

オーケストラの楽団員として演奏家の道を歩む四郎さんの夢。その夢よりも大事なものとは言うまでもなくリリコちゃんのことでしょう。

そうは言っても、長年の夢を簡単に捨てられるわけなどありません。

思い出と夢がいっぱい詰まった楽譜を燃やしながら「煙が目にしみるな」と言いながら涙をごまかした四郎さんの姿・・・僕も煙が目にしみました(涙)

さて、夢よりも大事なものがあると言い切った四郎さんの言葉をかげで聞いていたリリコちゃん。

今のリリコちゃんもまた、漫才よりも大事なものがあるはずです。

それはもちろん四郎さんです。漫才よりも大事な四郎さんが、自分のために夢を捨てようとしている。

この現場を目撃してしまったリリコちゃん。明日はどんな行動に出るのでしょうか。

リリコちゃんと四郎さんの、波乱の展開の予感も濃厚になってきました。

<<前回123話 | 次回125話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こひた より:

    あーほんまに煙が目にしみますなぁ(><)
    これから一体どないなるんやろぉ。

    いよいよラスト1ヶ月!

    怒涛の展開 大いに期待したいですっ!!!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      あっという間に最終月を迎えてしまいましたね。これから困難な時代が始まります。

  2. 夕顔 より:

    自分の夢と愛する者、または家とお慕いする人。
    そのジレンマが切ない。
    どっちを選ぶべきなのか?正解はないと思うのです。
    全部を手に入れられれば一番良いのだけど。。。

    本当だ、『わろてんか』も残り一ヶ月になってしまいましたね。
    ラストまで見逃せないよー。
    これから春の嵐や、春雷も来そうな気配(゜д゜)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      イチャイチャ、大ゲンカから一転。ジレンマを抱える中、お互いを想い合うリリコちゃんと四郎さんが切なすぎて本当に泣かされました。