和子が語る鈴愛と律の絆 / 半分、青い。 第7話

2018年4月9日(月)第2週「聞きたい!」

あらすじ

律の母親・和子が楡野家にやって来ました。鈴愛が誤って律を川に転落させてしまったことを和子は怒っているに違いない。そう考えた晴は、身構えながら和子と対面するものの、和子の口から出たのは晴にとって意外な言葉でした。

和子は鈴愛に感謝していました。ぜんそくをコンプレックスに感じている律が自分に対して誇りを持てるようになったこと。自分の夢を語る相手を持つことができたことを。和子はそのことを、晴に伝えたかったのです。

一方、小学校では、律がテストの解答のしかたをめぐって担任の豊島に厳しく叱られていました。豊島からどれほど叱られようとも、ただ黙っているだけの律を見るに見かねた鈴愛は、律に代わって律の本当の気持ちを豊島に伝えようと立ち上がります。

その日の放課後。自分の名前をからかったブッチャーに鈴愛は激怒。怒った鈴愛が投げつけたゴミ箱が律の頭を直撃。しかし律は軽いケガで済みました。そんな中、鈴愛は耳鳴りとともにめまいを感じ、バランスを崩しかけるのでした。

<<前回6話 | 次回8話>>

Sponsored Link

予習レビュー

鈴愛ちゃんと律くんが長距離糸電話を完成。川をまたいで通話の試験をするものの、律くんが誤って川に転落。

その後、律くんの母親・和子さんが、鈴愛ちゃんの母親・晴さんを訪問。

和子さんがやってきたのは、自分の息子を川に転落させた鈴愛ちゃんへのクレームをつけに来たのか!?

・・・というところで前回(前週)は終わりました。

今回はその続きです。

和子さんが晴さんを訪ねて来た理由。それはクレームのためではありませんでした。

鈴愛ちゃんがいつも律くんを支えてくれていることに対して感謝の気持ちを伝えに来たのでした。

ところで和子さんを演じるのは往年のアイドル・原田知世さん。

この記事を投稿した『半分、青い。』放送開始直前のタイミングでは、詳細はまだ不明ですが、この和子さん、『ひよっこ』の愛子さんレベルの天然キャラの匂いがします。

予告番組の中で原田知世さんが語るには、この和子さん、マグマ大使の真似をしたり、金八先生の真似をしたりするのだとか。それも大真面目で。

そしてマグマ大使の真似の場面が、おそらく今回描かれるのではないかと思います。

和子さんが晴さんを訪ねる場面。クレームをつけに来たと思い込んだ晴さんが、和子さんを身構えながら迎えるときに、マグマ大使が出るのではないかとブログ主は予想しています。

あの原田知世さんがまさかのマグマ大使。それが楽しみでならない『半分、青い。』第7回です。

感想

月曜日の朝から思いっきり笑わされ、そして思いっきり泣かされました。第二週でこれほどディープな感情移入。この先、いったいどうなってしまうんでしょうか?

「私の名前はゴア、ゴア、ゴア・・・」

『連続テレビ小説 マグマ大使』と、錯覚してしまうようなオープニングのタイトル。いきなりやってくれました。

それに続くマグマ大使の懐かしい映像。

今週は、前週以上にとんでもない一週間になるかもしれない。その予感は、その数分後には的中したと確信できました。

朝っぱらから楡野家にやってきた和子さん。しかも、ただやって来ただけでなく、晴さんをわざわざどこかに連れ出そうとする。

そして、晴さんを連れ出した先で和子さんが見せたその姿は・・・

「私の名前はゴア、ゴア、ゴア・・・」

往年のアイドルがゴアのモノマネを披露し、しかもそのモノマネに対してドヤ顔まで見せてしまうとは。

『ひよっこ』の愛子さん。あの愛子さんの天然キャラを和子さんが超える日はそう遠くはないような気がしてきました。

今回のゴアby原田知世映像。永久保存版レベルですね。

この場面。ゴアにすべて持ってゆかれてしまいましたが、二人のお母ちゃんの会話の間の取り方も絶妙でした。

和子さんのことを、キレイな顔をして本当は怖い人かもと思い込んでいる晴さん。

そんな晴さんの気持ちに全く気づかず、その天然ぶりが晴さんをますます震え上がらせてしまう和子さん。

これだけでも十分すぎるほど面白かったので、ゴアのモノマネは節約してもっと別の場所で活用してもらいたかったと思ったほどです。

追伸:朝から妙に豪勢な喫茶店のモーニングセット(?)。愛知県だけでなく、岐阜県にもあんなモーニングセットの文化ってあるんでしょうか。

「せいせいした」

その直後の教室での騒動も笑いっぱなしでした。

かぐや姫が月に去ってしまった後の、残されたおじいさん・おばあさんの気持ちを解答する四択問題。四つ目はまさかの「せいせいした」。ここで最初の爆笑。

よりによって、その「せいせいした」に解答した子がいる。しかも、そんな解答をしたのは、単純なミスなどするはずのない秀才の律くんだった。

律くんは担任に対して開きなおる。その開きなおりに対して担任は激怒する。

責め立てられる律くんをかばおうととして、鈴愛ちゃんがかな〜り強引な解釈によって担任の先生を唖然とさせる。

その鈴愛ちゃんの強引すぎる解釈で二つ目の爆笑。

律くん、鈴愛ちゃんのフォローに感謝するのかと思っていたら「ちょっと違う」とまさかの切り返し。ここで三つ目の爆笑。

「勇気出してかばってやってんのに、何が違う!?」

この鈴愛ちゃんの叫びで四つ目。それに続く大騒動で、もう爆笑は止まらない。

豊島先生、大変な子供たちを受け持ってしまいましたね。でも明るい学級崩壊、朝から楽しませてもらいました。

「俺はあいつしか友達がおらん!」

ジュディ・オングさんの往年の名曲『魅せられて』。この曲、僕も大好きでした。

さて、この楽曲のサビの部分「女は海〜」の部分を「楡野はバカ〜」に書き換えた替え歌。ここでまた爆笑。そして懐かしい!

昭和の小学生たち。ヒット歌謡曲の替え歌が大好きでしたからね。

『魅せられて』の頃はすでに小学生ではなかったので、この楽曲では替え歌は作りませんでしたが、僕も歌謡曲の替え歌でよく友達をからかったものです。

それはさておき、「楡野はバカ〜」で勃発した律くんの頭部へのゴミ箱直撃による騒動。

律くんが診察室に入った直後の、大粒の涙を流しながら号泣するブッチャーの純情に泣かされました。

「俺はあいつしか友達がおらん!」
「お金で繋がった関係はあかん!」

ブッチャー、君はなんて素直でいい子なんだ。

今でこそ鈴愛ちゃんに対してはからかうばかりのブッチャーですが、彼が大人になったとき、鈴愛ちゃんの心強い味方になってくれそうですね。

ブッチャーの将来が楽しみでなりません。

<<前回6話 | 次回8話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あめ より:

    わたしの先輩が数年まえに就職で岐阜に赴任しましたが、岐阜もモーニングが豪華なのだそうです。あのボリューミーなモーニングをみてその時の先輩の話を思い出しました。

  2. 美濃娘 より:

    岐阜県民です。モーニングに気づいて下さってありがとうございます。バター付きトーストにサラダ、ヨーグルトも見られましたね。ゆで卵もあれば完璧です。
    岐阜県民としては、普通の光景なんです。もう少し時代が進むと、トーストに粒あん、茶碗蒸しもついてくる喫茶店も多く登場するはずです。何かの統計で、岐阜県は喫茶店にお金をかけるのが全国一だそうです^^;

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      小倉トーストは知ってましたが、茶碗蒸し付きは初めて聞きました。とっても気になります。

  3. こひた より:

    鈴愛ちゃん見ていてなんとなくちびまる子ちゃんを連想してしまいました(^O^)
    そういえば学年も確か同じ3年生だったような。

    それはさておき、鈴愛ちゃん始め子役達が本当に素敵です。もうまもなくで見納めと思うととても寂しく感じてしまいます(;_;)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      子役ちゃんたち、みんんがみんな、ひとりで残らず本当に素敵ですね。子役ちゃんロスがかなり心配です。

  4. marmite より:

    喫茶店のモーニング、厚切りトースト美味しそうだなーと思ってみてました。(イギリス在住なので日本のふわふわ厚切りトーストは食べられません)
    でも、二人が話している間ずーっとバターが少しも溶けなかったです。トーストをじっと見つめていた私ならではの視点というか(笑)あれがトロっと溶けてパンから落ちそうになるのが良いんですよね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      バターの状態までは気が付きませんでした。サラダがやけにボリュームがあるなって、そこが気になってしまって・・・(笑)

  5. ぱぽりん より:

    ボケッと見ていて気が付かずにいました。
    「7月7日」生まれの二人が川を挟んで名前を呼び合うって、これ以上説明いらない状態ですよね。
    好きだ嫌いだを描かずに恋愛へのストーリーを進めてゆくのは良いですね。
    まだまだ心の奥に静かに眠っている甘酸っぱい気持ちが感じられて素敵です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      二人が同じ誕生日であることは繰り返し語られましたが、「7月7日」はよ〜く観察していないと見過ごすほどのさりげない描写でスルー。スルーしつつ、川をはさんで名前を呼び合ったりして、なかなか粋なことやりますね。

  6. さぁ~ より:

    こんにちは。
    今回の朝ドラもお世話になります。

    先週金曜日の感想欄に、マグマ大使の時代考証問題がありましたが、
    翌日の放送で親の影響であることが出ており、朝蔵さんの予想がズバリ的中でしたね。

    また諸説ありますが、モーニング発祥は愛知県一宮市と言われることが多いです。
    一宮市は岐阜県寄りに位置していますので、美濃地方にも広がっていったのかもしれませんね。

    ちなみに私は愛知県民であり、鈴愛ちゃんの3学年上となりますので、
    今回の朝ドラは私の子供の頃を思い出させてくれます。

    先週、河原にブッチャーが登場したときの鈴愛ちゃんのセリフ「まぁ~いかん」が懐かしいです。
    まぁ~いかん・・・もうだめ・もう許さん・・・みたいな感じで使ってました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      モーニングの件、ありがとうございます。かなり昔、岐阜県との県境にある春日井市に行った際、モーニングのある喫茶店をたくさん見かけました。春日井にあれば、岐阜県にあってもおかしくはありませんよね。

      > まぁ~いかん

      この言葉の意味がまったくわかりませんでした。関東語訳ありがとうございます。

  7. よるは去った より:

    和子「私の御十八番(オハコ)なんです。『ゴア』の真似・・・・・。」ドラマを見ていた若き主婦層が真似するなんてことは・・・・・・。しかし、あの原田知世ちゃんがゴアの真似とは(゜ロ゜)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      死体の中にカセットテープが埋め込まれていることを喜んでしまう和子さんのこと。ゴアみたいな濃い悪役がツボにハマるのかもしれませんね。

  8. キヨコ より:

    おはようございます(^-^)

    ところで、朝蔵さんは蒼井優さんのファンでいらっしゃいますか?
    (私にとっては好感持てる俳優さんの一人です)
    時々、「半分、蒼井。」と変換されているので・・・

    揚げ足取ってごめんなさい。
    ちょっとかわいらしかったので(謝)

    これから半年間よろしくお願いします。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      ご指摘ありがとうございます。
      確かにファンですが、誤変換には気がつきませんでした(笑)