鈴愛が律にケガをさせる / 半分、青い。 第8話

2018年4月10日(火)第2週「聞きたい!」

あらすじ

小学校からのいつもの帰り道、めまいを起こした鈴愛は倒れそうになりました。あやうくその場で倒れそうになる鈴愛の異変にすぐに気がつき、鈴愛を後ろから支えたのは律でした。そのめまいは鈴愛がはじめて感じる身体の異変でした。

そんな中、仙吉の提案で楡野一家は墓参りへ。仙吉は、鈴愛がつくってくれた長距離電話を持って行きました。あの世の廉子と話をさせてあげたいという鈴愛の気持ちを仙吉は受け取ったのです。墓参の後、仙吉たち一家は空に向かって廉子に呼びかけました。

その日の夜。鈴愛の投げたゴミ箱が律の頭に直撃したことが晴の知るところとなりました。晴は、鈴愛が律に怪我をさせた上にそのことを黙っていたことに激怒。晴は、ゴミ箱を投げた理由を鈴愛に問い詰めました。

鈴愛は決して口を割ろうとはしませんでした。鈴愛は、晴を傷付けたくない一心から、晴が付けた名前をからかわれたことを言い出せなかったのです。しかし、鈴愛の本心を理解できない晴は鈴愛を厳しく叱りつけ、鈴愛は家を飛び出していまうのでした。

<<前回7話 | 次回9話>>

Sponsored Link

予習レビュー

今回の冒頭で鈴愛ちゃんが唐突にめまいを起こします。前回から今回にかけての物語の流れの中で、ちょっと唐突感のあるこの出来事。

このめまい、もしかすると鈴愛ちゃんが聴覚障害になるフラグかもしれません。

この頃より異変が生じるものの、本人はじめ周囲の誰もが深刻な事態になりつつあることに気がついてはいない。

そんなエピソードなのかなと。

と、同時にこの物語のタイトル『半分、青い。』のきっかけにもなっている聴覚障害のフラグに誰よりも早く気がつき、手を差し伸べたのが他ならぬ律くん。

今後の二人の関係を暗示しているようなエピソードでもあります。

ただし、「今後の二人の関係」はまだずっと先のことのようで、その日が来るまでは切ないすれ違いが積み重ねられることになるようですが・・・

さて、律くんが鈴愛ちゃんを助けた直後。今度はあろうことか鈴愛ちゃんが律くんにケガを負わせてしまうという事態が発生。

クラスのいじめっ子・ブッチャーから名前のことをからかわれた鈴愛ちゃんは激怒して、ゴミ箱をブッチャーに投げつける。

鈴愛ちゃん、過激です。ゴミ箱を投げつけるって・・・

さて、晴さんが付けてくれた名前をからかわれたと知ったら傷ついてしまうのではないかと晴さんのことをおもんばかり、ことのてん末をひた隠しにする鈴愛ちゃん。

ついに鈴愛ちゃんと晴さんの口論は大ゲンカに発展。

ところで、鈴愛ちゃんがブッチャーから名前のことをからかわれていた現場に律くんもいたはずです。

だから、鈴愛ちゃんがゴミ箱を投げた理由を律くんはよく知っています。

大ゲンカに発展した鈴愛ちゃんと晴さんの二人を仲直りさせるのは、この状況では律くんしかいません。

またしても律くんが鈴愛ちゃんを助けることになるのでしょうか。

感想

今朝も、いちいち楽しい回でした。

ブッチャーファミリー

ブッチャーの家がついに披露されました。

予想通りの大豪邸。門構えが成金趣味が全開で笑えました。律くんがブッチャーのことを金ヅルとして目をつけるだけのことはあります。

ところで、お母上とお姉ちゃん、そして高そうなワンコが再び登場したものの、お父上だけが未登場。

お父上の初登場場面をここまで引っ張るのには理由があるんでしょうかね。よっぽどインパクトの強いキャラとか。

ブッチャーの性格は、ブッチャーと呼ばれているくらいだからブッチャー。ブッチャーのお姉ちゃんの性格もブッチャー。そしてお母上も見るからにブッチャー。

まだ登場せぬお父上はその上をゆくブッチャーなんでしょうか。

お父上だけなかなか登場させようとしない狙いがひどく気になります。早く、パパ・ブッチャーにお目にかかりたいです。

ところで、いつだったか鈴愛ちゃんは、自分の家・楡野家と律くんの家・萩尾家の経済格差を貧富の差と表現していました。

鈴愛ちゃんの目からは「富」のポジションに立つ萩尾家の奥様・和子さんまでもが、お尻だって洗ってほしいのトイレを試しに行くなんて、ブッチャーの家・西園寺家はやっぱり大がつく金持ちなんですね。

追伸1:お尻だって洗ってほしいのトイレから出てきた和子さんの口にした言葉がいかにも和子さんらしくて笑えました。

「異次元」
「シュワ〜」

この言葉以前に、わざわざ最新型トイレをよその家まで試しにゆくところがいかにも和子さん。「育ちの良い愛子さん」が確定した瞬間でした(笑)

追伸2:お尻だって洗ってほしいのコマーシャルが大好きでした。というのもあの頃、戸川純さんの大ファンだったから。というか、ゲルニカの大ファンでした。なつかしい。

追記:ブッチャー・パパ

ブッチャー・パパ。すでに登場してましたね。記憶から完全に飛んでました。コメントで教えてくださった皆さん、ありがとうございました!本欄にて、お礼申し上げます。

昭和のアルアル

『マグマ大使』は僕にはちょっとばかり古すぎてなつかしさを感じることができません。しかし、聖子ちゃん、もんた&ブラザーズがなつかしい!

それに加えてラジカセをテレビの前に置いての録音。

そんな時に限って親が入って来て、しかも親がでかい声でしゃべる。昭和のお茶の間のアルアルが満載。うれしくて涙が出そうです。

そんな様々な困難を乗り越えて大好きな歌謡曲を片っ端から録音したカセットテープ。宝物でしたね。

また、ドラマの中の一年後くらいの頃。普通の人より一足早くコンピューターを使う機会に恵まれました。

その当時のデータの記憶媒体は、DVDでもCDでもMDでもなく、フロッピーディスクもまだ登場せず、カセットテープ(笑)。

カセットテープの容量って、どのくらいだったんでしょうか?

「私の名前はゴア、ゴア、ゴア・・・」

鈴愛ちゃんと晴さんの口ゲンカ。その時の鈴愛ちゃんの口のきき方を見ていて『ちりとてちん』のB子ちゃんを思い出してしまったのは僕だけでしょうか。

B子ちゃんは小学生の頃はさほど親に反抗しませんでしたが、高校卒業前後はよく反抗していました。

そしてその時のB子ちゃんの反抗的な態度と、今回の鈴愛ちゃんの態度がそっくりです。

B子ちゃんは、お母ちゃんがつくった茶色い弁当が嫌いとまでは言わないまでも、いつも不満でした。

でも、大阪で一人暮らしをするようになってから、はじめてお母ちゃんの茶色い料理のありがたみを噛み締めていましたっけ。

シャボンの泡の匂いでなく、ぬか漬けやらコロッケやらの匂いがするという鈴愛ちゃんのお母ちゃんの匂い。

その匂いへの懐かしさに涙する時がきっといつか鈴愛ちゃんにもやってくるんでしょうね。

追伸:晴さんへの不満を次々に鈴愛ちゃんが、晴さんをゴアにたとえるところに吹きました。しかも、鈴愛ちゃんは真剣そのものなので、なおさらおかしい。

そして、和子さんのモノマネ「私の名前はゴア、ゴア、ゴア・・・」のオリジナルをこんな形で披露するとは。

<<前回7話 | 次回9話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぱぽりん より:

    西園寺家、なんとなく既視感あるな~と思って見ていたのですが、思い出しました、小学校の時の友達A君の家がまさにあんな感じ。
    町場なので田んぼや畑ではなく宅地ですが結構な地主さん。
    とはいえ気の良い一家で、西園寺家に萩尾一家が住んでいる、といった風。
    お母さんもあそこまでポワンポワンした感じではないもののちょっと和子さん的な雰囲気。
    学校帰りにちょいちょい寄り道しておやつをいただいていました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      似た体験をされてるんですね。僕の故郷にもそんな資産家の家がありましたが、相続の際に土地を手放すらしく大豪邸がずいぶん少なくなってしまいました。

  2. hajime72 より:

    ご無沙汰しています。
    前作はあえなく脱落したため、ここを訪れることもなくなっていました。
    半分、青い。も、一週目めは様子見という感じでしたが、今日は久しぶりに涙腺を壊されました(笑)
    悪いことは悪いとしっかり教えなければいけない母親と、名前をからかわれたことを親に言えない娘。
    どちらもわかるよと、テレビの前で独り言をいいながら見ていたら、鈴愛ちゃんの涙に誘われるようにこちらの目にも涙が。
    半年楽しめそうな予感がしています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      お久しぶりです!僕も本作は人気が出るような予感がしてます。これから半年間、よろしくお願いいたします。

  3. ア※ラッキー より:

    調べました。どうやら昭和42年ですね。じゃあ宇太郎父ちゃん知っているはず。まぁどうでもいいですけどね。
    ああ「まれ」に続き私より年下が主人公。今の年代設定。高校3年生の時(泣)もんた&ブラザーズの曲亡くなった父が好きでした(泣)
    ウォシュレット確かマドンナが来日した際ホテルかどこかで使用して感激して購入したって聞いたような気がします。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      お尻だって洗ってほしいトイレは、今もなおハリウッドセレブたちの人気アイテムだそうですね。名前を忘れましたが、某俳優が「神の恵み」と絶賛してました(笑)

  4. ア※ラッキー より:

    ホントお久しぶりです。ア※ラッキーです。「わろてんか」最後まで完走しました。ただPCの調子が悪くなっちゃったんです(T_T)ということでスマートフォンになったをきっかけでこちらからお送りします。
    もう1回目の放送からそして星野源さんの主題歌からぐんぐん気にいってしまいました。さすが北川さん。
    マグマ大使盛り上がってますね。あの笛を吹いてる少年。実はフォリーブスの江木さんなんですよ。確か子役出身らしくて私が確認する中で唯一の番組です。私どちらかいうと「ジャアイアントロボ」のが好きです。あっもしかしたら年代が違うかもしれない(>_<)あとで調べて報告しますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      > フォリーブスの江木

      この映像で初めて知りました。この少年を演じていたなんて。笛を吹く映像を観た瞬間の驚きは忘れられません。

  5. marmite より:

    ブッチャーのお父さんって、六角精児さんじゃないでしょうか、ちらっと食堂に来て、2号店を出さないかと滝藤賢一さんに持ち掛けていた時の苗字が同じだったと気がします。
    それにしても今回の朝ドラ、これからの展開が楽しみですね。毎朝ずっとこちらのブログにもお世話になってます。

  6. ぱぽりん より:

    ところで、ブッチャーのお父上、すでに第1話にて登場してますよ。楡野食堂に2号店の物件買わないかと持ちかけていました。

  7. ぱぽりん より:

    ん~、ブッチャーが鈴愛にちょっかいを出すのは、敬愛する律が<当たり前のように鈴愛といる>からなのでしょうね。
    嫉妬とはちょっと違うのでしょうけれど、解り易く言うとそんな感情があるように思いました。

    和子さん、律の怪我の事、晴さんに何も話していなかった。
    律から事の顛末を詳しく聞いたのかどうかわかりませんが、聞いていなかったとしても鈴愛の行動原理を良く理解しているのでしょう。確かに朝蔵さんが言われるところの<愛子さんキャラ>ですね。

    今日は泣かされる回でした。丁寧に家族の関係を描く本作はとても好感の持てるドラマになっています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      ブッチャーが鈴愛ちゃんにちょっかい・・・たしかに嫉妬に似た感情を持ってるんでしょうね。

  8. 星晶雷火 より:

    ブッチャー父、既に登場してますよ…確か第1話か2話で六角精児さんが「こんなに繁盛してるんだから、食堂の2店舗目を作りませんか?」って

    カセットテープの録音時間は、大体30、46、54、60、90、120、150分です
    但し、片面は表示されている数字の半分の時間でしたから、TVの音声を一番組丸々録音する際は片面が途切れる時間を予想して、CM中に急いでひっくり返してテープの頭へ戻す作業が必要でした
    ただ、うちの場合は家電屋を当時やっていたので、TVとカセットデッキをコードで繋げて録音していたから「あまちゃん」や「半分、青い」のアレを見て「何でコードを繋げないの?」と思ってましたが、TVがモノラルだと片方からしか音が再生されないんですよね

    「マグマ大使」は僕もあまり懐かしさをそこまで感じませんが、地域によるのかもしれません
    あの当時の地方放送は、朝と夕方は特撮やアニメの再放送ラッシュでした
    「半分、青い」の主人公達と同じ1971年生まれですが、「ベティ・ブープ」「仮面の忍者赤影」「赤胴鈴之助」「ファイヤーマン」の再放送を朝見て学校へ行き、「トリプルファイター」「奥様は魔女」「人造人間キカイダー」「デビルマン」「トムとジェリー」の再放送を夕方見て…月曜には日曜に見た世界名作劇場をもう一度見て、火曜日には「サザエさん」の再編成版を見て、夏は毎年「ゲゲゲの鬼太郎」が再放送という夢の様な時代でした

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      > TVとカセットデッキをコードで繋げて録音

      そんなことができていたんですか!?当時としては夢のようです。憧れました。

  9. ねむりねこ より:

    朝蔵さんこんにちは。
    西園寺パパは六角精児さんが演じられたと思います。第一回に、楡野家の食堂に登場なさったような…記憶違いならごめんなさい。

    いずれにしても、西園寺家、濃い~いですね。σ(^_^;)
    物語にどう関わってくるのか楽しみです。

  10. さぁ~ より:

    こんにちは。

    西園寺家のお父さん・・・初回あたりに出ていましたよ。
    食堂の二号店を出さないかって勧めていたひと・・・六角精児さんですね。