半分、青い。 第8週 予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『半分、青い。』
2018年5月21日 〜 5月26日放送

『半分、青い。』第8週 あらすじ

秋風が楡野家を訪問

新作漫画のネーム(下書き)がなくなったのは鈴愛のせいではなく、秋風のミスでした。秋風は酔ってネームを電子レンジの中に入れ、そのまま忘れていたのです。

秋風はマネージャーの菱本に説得され、鈴愛に謝りに梟町へ。地理に疎い秋風のために、律とクラスメートの正人が同行することになりました。

楡野家にやって来た秋風に鈴愛の家族は謝罪。しかし、秋風は自分のミスであったことを打ち明け、鈴愛のアシスタントとしての仕事を高く評価しました。

秋風が行方不明になる

鈴愛は秋風のオフィスに復帰することができました。復帰早々、秋風は鈴愛に膨大な寮の仕事を与え、鈴愛の多忙な日々が始まります。

しかしほどなくして秋風が姿を消してしまいます。秋風の事務所が大騒ぎになっているそのころ、秋風は鈴愛の実家にいました。

医師からガンと宣告され死を覚悟した秋風は、居心地の良かった鈴愛の実家で仙吉たちを前に泣いていたのです。

正人にときめきを感じる鈴愛

秋風のガンは初期のもので手術も成功。再び秋風の厳しい指導が始まりました。そんな中、秋風の手厳しい言葉に落ち込んだ鈴愛が喫茶店「おもかげ」へ。

その店では、律の友人・正人がアルバイトしていました。鈴愛が落ち込んでいることを察した正人は、精一杯、鈴愛のことを励ましました。

正人から、チョコレートパフェによって慰められた鈴愛は、正人の笑顔にときめきを感じはじめるのでした。

<<前週 第7週 | 次週 第9週>>

Sponsored Link

『半分、青い。』第8週 予習レビュー

秋風さんの「やってまった!」

週の最後に小さなトラブルを残し、翌週の冒頭にそのトラブルを回収するのが、『半分、青い。』のパターンみたいです。

前週から今週にかけてもそのパターン。

鈴愛ちゃんが捨ててしまったと思い込んでいた新作漫画のネーム(下書き)を、自分の自宅の電子レンジの中に秋風さんは発見。

この時に秋風さんは口にします。「やってまった!」

前週の秋風さんは、鈴愛ちゃんに対して辛辣な言葉を次から次へと浴びせかけるようですが、いつの間に鈴愛ちゃんの口癖が秋風さんに伝染。

口ではうるさく言いながらも、実は秋風さんが鈴愛ちゃんのことをしっかり見守っていることのフラグかもしれませんね。この「やってまった!」

そして、自分の間違いに気づいた秋風さんは、事務所の中でただ一人、秋風さんに言いたいことを言える若菜さんに説得されて、鈴愛ちゃんの実家まで謝罪の旅。

久しぶりになつかしい梟町がドラマの中に登場します。

秋風さんの病気

ドラマの設定によれば、秋風さんは数年前にガンが見つかったことがあるのだそうです。

そんな秋風さんが体調の異変を感じガンの再発を疑う。自分の死期が近いと思った秋風さんは何故か再び鈴愛ちゃんの実家へ。

鈴愛ちゃんに謝罪しに行ったとき、楡野家がよっぽど居心地が良かったのでしょうか。

シリアスのようにも見え、コミカルのようにも見える秋風さんのこのエピソード。今回は、ガンの再発ではなく、別の場所で発見された初期ガンでした。

最後は、手術してことなきを得て、めでたし、ということなのですが、物語の後半になって悲しい回収場面が描かれるかもしれませんね。

いやな予感がします。

鈴愛ちゃんの恋

高校時代は、一日のデートだけであっけなく終わった鈴愛ちゃんの恋でしたが、今週から始まる恋は本格的なものになるのかもしれません。

恋の相手は正人くん。

律くんと同じ大学に通う学生で、律くんと仲良しです。そして、モテます。出会った女の子を次々に彼女にしてしまうという設定なのだそうです。

そんな男の子が恋の相手で、鈴愛ちゃんは大丈夫なんでしょうか?

ところで正人くんのプロフィールの詳しいところについては、いまのところ明らかになっていません。

わかっているのは、律くんの住むマンションの隣人であること。律くんが通っている大学の法学部の学生であること。北海道出身であること。

それくらいです。

ちなみに、『半分、青い。』制作発表の際のアナウンスによれば、鈴愛ちゃんは一度は結婚するものの、長女を出産後に離婚するのだそうです。

その結婚相手が正人くんということになるのでしょうか。

<<前週 第7週 | 次週 第9週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする