半分、青い。 第12週 予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『半分、青い。』
2018年6月18日 〜 6月23日放送

『半分、青い。』第12週 あらすじ

平成7年(1995年)。鈴愛の『一瞬に咲け』とユーコの『5分待って』の連載がはじまってから三年。二人は順風満帆のように見えながらも、鈴愛は自作にマンネリ化を感じ、一方のユーコは自分の才能の限界を感じはじめていました。

ついにユーコは漫画家の引退を決意しました。そして引退を機に実業家の青年と結婚することも決定。秋風はユーコの決意を受け入れました。そして、鈴愛たちに祝福されながら、ユーコは秋風のオフィスを去ってゆきました。

その頃、律は西北大学を卒業後、京都大学大学院に進学していました。そして、ロボットの研究が評価され映えある賞を受賞します。同じ頃、岐阜の梟町では貴美香が還暦を迎え、お祝いのパーティーが開かれました。

鈴愛はそのパーティーに遅れて到着。鈴愛が到着した直前に、律は会場を立ち去っていました。律とすれ違いになった鈴愛に貴美香は告げました。律が賞を取ったのは鈴愛の夢を実現したい一心からだったと。それを聞かされた鈴愛は、律の後を追うのでした。

<<前週 第11週 | 次週 第13週>>

Sponsored Link

『半分、青い。』第12週 予習レビュー

鈴愛ちゃんが上京してから5年

鈴愛ちゃんが故郷の岐阜を離れ上京したのが平成2年(1990年)春。律くんとの悲しすぎるお別れがその年の7月7日。

その後、傷心の鈴愛ちゃんは悲しい別れを忘れようとするかのように漫画の創作に没頭し、漫画としてのデビューを飾ったのが平成4年(1992年)。

そして今回が平成7年(1995年)。

鈴愛ちゃんが上京してから5年、漫画家としてデビューしてから3年の月日が流れました。

状況から5年が経過しているので律くんはすでに西北大学を卒業しています。

そして西北大学在学中に入った宇佐川研究所の宇佐川教授について、念願の京都大学へ。

律くんは西北大学を卒業後、京都大学大学院に進んだ、という設定のもと今週のお話がスタートです。

さて、鈴愛ちゃんと律くんが離ればなれになってから5年。二人は一度も顔を合わせる機会がなかったようです。

あれほど仲良しだったの・・・

「リツがロボットを発明しますように!」が回収される

律くんが鈴愛ちゃんと、お互いに距離を保とうと宣言した直後のこと。

律くんが手にした七夕飾りの短冊には、鈴愛ちゃんの字で次のように記されていました。

「リツがロボットを発明しますように!」

鈴愛ちゃんとの決別を決めたその直後に見つけた、鈴愛ちゃんの願い事。それを見た律くんがどんな気持ちになるのか、ブログ主はその一点が気になっていました。

さて、今週中にその時の律くんの気持ちが回収されます。

律くんは、鈴愛ちゃんの願い事に込められた律くんへの気持ちをずっと胸にしまい続けていたようです。

もしかすると、短冊も大事に持っていたかもしれませんね。律くんのことだから。

「リツがロボットを発明しますように!」

この鈴愛ちゃんの言葉が、その後の5年間の律くんの心の支えになったみたいです。律くんはロボットの研究が高く評価され、映えある賞を受賞することができました。

そして故郷に帰った律くんは、受賞できたのは鈴愛ちゃんのためだったと女医の貴美香さんに語っていたようです。

その律くんの言葉を貴美香さんは伝えました。律くんとすれ違いにやって来た鈴愛ちゃんに伝えました。

この場面が描かれる回も、涙腺崩壊の準備が必要ですね。

すれ違い

ところで、今週のどこかのタイミングで描かれる女医の貴美香さんの還暦パーティー。

鈴愛ちゃんがパーティー会場に到着した時、律くんがパーティー会場を後にした直後でした。この時の鈴愛ちゃんは一体どんな気持ちだったんでしょうか。

半分は残念、半分はほっとした。そんなところでしょうか。

でも貴美香さんから聞かされた律くんの言葉で、鈴愛ちゃんは居ても立ってもいられなくなりました。鈴愛ちゃんが律くんの後を追います。

この後、鈴愛ちゃんは律くんに追いつくことができるのでしょうか。律くんと再開できるのでしょうか。

鈴愛ちゃんと律くんがこの後、再会できるかどうかで、二人の今後の運命は大きく変わってしまうような気がします。

<<前週 第11週 | 次週 第13週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする