大病を患った秋風の過去 / 半分、青い。 第47話

2018年5月25日(金)第8週「助けたい!」

あらすじ

「旅に出る」というメモを一枚残したまま、秋風が姿を消しました。

このところずっと秋風の様子がおかしいことに気づいていた菱本が、悪い予感が当たってしまったことに動揺する中、鈴愛に一本の電話が入りました。

その電話は鈴愛の実家からでした。

失踪したと思われていた秋風は岐阜の鈴愛の実家にいました。鈴愛の実家で、晴や仙吉の手料理でもてなされていたのです。

ほどなくして、秋風は何もなかったかのような顔をして東京に帰ってきました。

そんな中、菱本は涙ながらに鈴愛に打ち明けました。秋風が数年前にガンを患ったこと。そして、もしかするとガンの再発が、今回の失踪の理由ではないかと。

菱本から、秋風が抱えている秘密を聞かされた鈴愛は、秋風を助けることができないかと動きはじめました。

しかし、前のめり気味の鈴愛に忠告する者がいました。律です。

秋風自身が秘密にしているような病気のことを、それが秋風を助けるためとは言え、人に話すべきではない。

律は鈴愛に忠告するものの、鈴愛は律の言葉に反発し、律とケンカをはじめるのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回46話 | 次回48話>>

Sponsored Link

予習レビュー

『半分、青い』の岐阜編。鈴愛ちゃんと律くんが、名古屋まで足を運んだ秋風羽織のトークショーの場面。

舞台の袖に立つ菱本さんが、さりげなく口にしました。

「秋風先生は、生きているうちに自分の読者と直接会ってみたかった」

あまりにもさりげなく言った言葉だったので、うっかりすると見過ごしかねない。しかし、この菱本さんの言葉、見れば見るほど意味深です。

「生きているうちに」・・・死を前提にしているかのような言葉です。

前週の木曜日の回。新作ネームが紛失した騒動を描いた場面でも、秋風先生はその新作のことを「遺作」とまで言っていました。

そして菱本さんからそのことを突っ込まれ、何かを隠すように動揺していました。

これら一連のセリフがついに今回、回収されます。

秋風先生は5年前にガンを患っていました。その時は完治したようです。しかしそれ以来、再発を覚悟しながら日々を過ごしていたのでしょう。

そして、再発を覚悟する秋風先生の気持ちを代弁したのが、菱本さんの「生きているうち」発言につながったのだと思います。

そんな中での秋風先生自身による「遺作」発言。そして「遺作」と口にしたことを菱本さんに突っ込まれたときに見せた激しい動揺。

菱本さんはこのとき、秋風先生の病気の再発を察知したのかもしれません。

以上のようなフラグの積み重ねがあっての失踪です。菱本さんが心配にならないわけがありません。

ただの変人にしか見えなかった秋風先生の深いドラマが、動きはじめてきました。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回46話 | 次回48話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする