半分、青い。 第16週「抱きしめたい!」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『半分、青い。』
2018年7月16日 〜 7月21日放送

『半分、青い。』第16週「抱きしめたい!」あらすじ

祥平の新作映画、製作打ち切りの危機

映画の助監督をしている涼次は、映画監督であり映画の師匠でもある祥平と同居。その祥平の新作映画の撮影は順調に進んでいました。

そんなある日、新作映画のプロデューサーが涼次に思いがけないことを告げました。スポンサーが出資をやめたことで、祥平の新作映画の撮影が続けられなくなったというのです。

涼次はプロデューサーに尋ねました。新作映画を完成させるためにはいくら必要なのかと。その金額を聞かされた涼次は、資金を工面するために思いがけない行動に出ます。

鈴愛と涼次が一緒に暮らす新居

一方、鈴愛は一人暮らしをしていたアパートを出て、涼次と暮らす新居への引っ越す日が来るのを、楽しみにしていました。

鈴愛と涼次が一緒に暮らすことになる新居への引っ越し直前。涼次が思いがけないことを言い出します。

もっといい物件を見つけたという涼次は、すでに決まっていた新居をキャンセル。鈴愛と涼次は別の場所に引っ越すことになりました。

鈴愛が暮らす新居の大家は・・・

そして迎えた、鈴愛と涼次の引っ越しの日。二人が足を運んだ場所には、目を見張るような豪華な家が建っていました。

しかし、鈴愛と涼次が暮らすのはその家ではなく、秋風ハウスを思い出さずにはいられないような、古びた離れでした。

新居への引っ越し作業を済ませた鈴愛は大家が暮らす母屋に挨拶へ。そこで、鈴愛を迎えたのは100円ショップ大納言のオーナー三姉妹でした。

<<前週 第15週 | 次週 第17週>>

Sponsored Link

『半分、青い。』第16週「抱きしめたい!」予習レビュー

前週の土曜日の回。鈴愛ちゃんは涼次くんを連れて岐阜の実家へ。もちろん、涼次くんのことを両親やじいちゃんに紹介するためです。

事前にアナウンスされている前週のストーリーはここまで。鈴愛ちゃんと涼次くんの結婚が近いことはわかりますが、その時期がいつなのかは不明なままでした。

さて、その時期が不明なまま、鈴愛ちゃんと涼次くんの結婚が確定。

今週はいきなり、鈴愛ちゃんと涼次くんの「新居」の話題が登場します。

結婚ではなく同棲ということも十分に考えられますが、これは朝ドラなので同棲ではなく結婚を経ての同居かと思います。

それにしても、鈴愛ちゃんと涼次くん。どのタイミングで結婚するんでしょうか。前週なのか、それとも今週なのか。

結婚式の場面は描かれるのか。

詳細が判明したら追記します。それまでしばらくお待ちください。

今週から100円ショップ大納言のオーナー三姉妹=三オバが本格登場するのでしょうか。なんと、鈴愛ちゃんと涼次くんの新居の大家は三オバでした。

三オバみたいな立場の人が、自分の店で働くことはまず考えられない。店に顔を出すことすら稀なのではないか。

なので、三オバを出演させる物語の舞台はどこになるのか。ほとんどないのではないかと、ずっと引っかかっていました。

その謎が解明。

鈴愛ちゃんと涼次くんの暮らす家の大家が三オバ。なるほど、この手がありましたね。

鈴愛ちゃんが暮らす家が舞台。これならば、三オバの出演場面に頭を悩ませる必要はなくなりますね。

納得の展開です。

ところで、『半分、青い。』の後編でもっとも楽しみにしているキャラクターは三オバです。こういうクセのあるオバさまキャラ、大好物です。

その三オバが鈴愛ちゃんの大家なら登場場面がたくさんあるのは間違いなし。

楽しみになってきました。

<<前週 第15週 | 次週 第17週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 若松チヅミ より:

    まさか鈴愛があのバイトの人と、これからの展開が楽しみ

  2. 琥珀星 より:

    そして、うららが鈴愛とどんな絡み方をするのか・・・・
    ん~楽しみ!ワクワク。

  3. やっぱり千秋先輩のファン より:

    和枝姉さんと鈴愛ちゃんの、
    激しい台詞の応酬。
    糸子ママのおっとりした喋り。
    想像するだに恐ろしい(笑)。