鈴愛の新婚生活はじまる / 半分、青い。 第94話

2018年7月19日(木)第16週「抱きしめたい!」

あらすじ

涼次が見つけたという、鈴愛と涼次が新婚生活を送る新居は、涼次の育ての親でもある藤村家の三姉妹の家の離れでした。涼次と二人きりの新婚生活を期待していた鈴愛は、母屋に暮らしている三人の叔母たちを紹介され、戸惑いをかくすことができません。

そんな中、鈴愛が涼次に対して不信感を抱かずにはおかないような事実が発覚します。鈴愛が涼次に預けていた新居に引っ越すための資金を、涼次が無断で使い込んでいたのです。鈴愛からお金の使い道を問い詰められた涼次は、ついに白状しました。

涼次は、制作が頓挫しかけていた祥平の新作映画のために、そのお金を使ってしまっていたのです。新居に引っ越すための資金をすべて使ってしまったため、涼次は三人の叔母が暮らす家の離れに住まわせてほしいと頼み込んでいたのです。

そして迎えた、藤村家の離れでのはじめての朝。その日、鈴愛は仕事が休み。涼次は映画のロケでした。涼次は出がけに、ある箱だけは開けないようにと鈴愛に注意しました。しかし、その箱の中身が気になって仕方がない鈴愛は、ついにその箱のフタを・・・

<<前回93話 | 次回95話>>

Sponsored Link

予習レビュー

鈴愛ちゃんが期待していた涼次くんとの甘い新婚生活の夢は、もろくも打ち砕かれました。

鈴愛ちゃんには気の毒ですが、見るからに面倒くさそうな三オバの存在がずっと気になっていたブログ主にとっては、待ちに待ったときがやってきました。

三オバが、鈴愛ちゃんにいちいちからむ。

涼次くんを溺愛する三オバが、自分たちから涼次くんを奪った(?)鈴愛ちゃんにちょっかいを出す。

そんな展開を期待せずにはいられません。

とりわけクセのありそうな三女の麦さんと、四女のめありさんは、何をしでかすのか予測不能のところがあり、楽しみはつきません。

一方、涼次くんが新婚早々、やらかしてくれます。

新婚生活を迎えるための資金を、鈴愛ちゃんには無断で使い込み。その使い込みが、甘い新婚生活の夢を打ち砕いた原因でもある・・・最悪の状況です。

ちなみに昨日、第17週を投稿しました。

第17週「支えたい!」

今回、鈴愛ちゃんをがっかりさせるリスクを払ってまで、涼次くんが祥平くんのために行った「引っ越し資金使い込み」が第17週で回収されます。

祥平くんによる、涼次くんへの恩返しという形で。

涼次くんと祥平くんの師弟愛。なかなか素敵です。

感想

第18週の新キャラ

鈴愛ちゃんと涼次くんの新婚生活がスタート。

そして昨日、鈴愛ちゃんと涼次くんの結婚生活の今後の様子が描かれる第18週のあらすじと予習レビューをアップしました。

第18週「帰りたい!」

さて、先々のストーリー展開は読まないことにしている。でも気になる。そんな方のために、本日はこの欄でちょっとだけネタバレをします。

ちょっとだけのネタバレすら読みたくないという方。どうぞスルーしてください。

さて、第18週では新キャラが登場します。注目の新キャラです。名前は花野ちゃん。女の子です。初登場時の年齢は1歳。

そうです。鈴愛ちゃんと涼次くんの間に生まれた長女です。

『半分、青い。』制作発表時、鈴愛ちゃんは律くん以外の男性と結婚し、その男性との間に長女をもうけるとすでにアナウンスされていました。

その長女がついに登場します。

花野ちゃんが初めてドラマの中に登場する場面は、花野ちゃんの1歳の誕生日の場面です。1歳なので、まだ赤ちゃんです。

ついに鈴愛ちゃんは一児の母。

そして、花野ちゃんの初登場場面では、花野ちゃんが高熱を出してしまいます。高熱で思い出すのは、高熱で聴力を失った鈴愛ちゃんの過去。

鈴愛ちゃんも、もちろん自分の経験を思い出します。だから、花野ちゃんのことが心配でなりません。

この騒動を通して、鈴愛ちゃんは母親の心=晴さんの気持ちを深く理解できるようになるのだと思います。

鈴愛ちゃんと涼次くんの結婚、その後

『半分、青い。』制作発表時、鈴愛ちゃんの結婚に関して、もう一つだけアナウンスされていたことがあります。

それは、涼次くんが夢をあきらめきれずに、鈴愛ちゃんのもとを去ってゆく。離婚するという展開がアナウンスされています。

この悲しい展開のフラグも、次週、第18週でついに立ってしまうみたいです。

花野ちゃんが生まれてから、涼次くんは、鈴愛ちゃんと花野ちゃんを幸せにするために映画監督になる夢を封印するのだそうです。

映画以外の仕事に就くのでしょうか。まだ詳細はわかりません。

しかし、そんな中で涼次くんに映画の脚本の執筆依頼が舞い込みます。

この依頼に、涼次くんが心を動かされないワケがありません。しかし、涼次くん、なかなか男です。心の揺らぎをぐっと抑え、あらためて夢を封印します。

ところで、この脚本は、ある人気小説を映画の脚本にするという案件でした。そして、涼次くんは、原作の人気小説を読んでしまいます。

『失楽園』をこうなく愛する大納言の田辺さんがこの本を持っていたのだとか。

田辺さんから、この人気小説を見せられた涼次くん。心が激しく動いてしまうようです。よっぽど面白い小説だったのでしょうか。

かくして涼次くんは、夢の封印を解き、再び夢追い人の道へ逆戻り。

鈴愛ちゃんの人生が、再び大きく動き始める日は遠くないところにまで来ているような気がしています。

<<前回93話 | 次回95話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. うみがめ より:

    鈴愛ちゃんのお金を勝手に使ってしまう涼次くん、あかん…。でもそれを深く追求せず、フレンチトーストを美味しく食べてしまう鈴愛ちゃんもあかん。お似合いだけど、先がない二人ですね。

  2. アーモンド より:

    キムラ緑子さんといえば、以前ごちそうさんで姑として、嫁いびりをする役でしたからね。
    さて、鈴愛に対してはどう接するか。でもあまり長続きはしない結婚生活になるのでしょうか?
    ビデオレターを辞退したあの人も、長続きしないようですから、運命の人と一緒に生活する日も、遠くない?ネタバレすみません。

  3. やす より:

    りょうじ、人の者勝手に使ったらいかんよ