涼次の秘密の箱を開ける / 半分、青い。 第95話

2018年7月20日(金)第16週「抱きしめたい!」

あらすじ

ある日、涼次はある箱を指ししめすと、この箱は絶対に開けてはいけないと鈴愛に言いました。そう言われ、その箱に何が入っているのかが気になって仕方なくなる鈴愛は、三オバのもとにその箱を持って行くと、その箱の中身のことを三オバに相談しました。

相談を受けた麦が、その箱を開けてみると、中から出てきたのは涼次が書いた映画の脚本でした。何本分もの映画脚本の、それぞれの質の高さに三オバは感心するものの、鈴愛はあることに気がつきました。

箱の中から出てきた脚本のすべては、どれも最後まで書き上げられておらず、未完成のまま終わっていたのです。鈴愛がそのことを指摘すると三オバはこたえました。涼次は、何をやっても最後までやり通すことができない。涼次は、夢に夢見るタイプなのだと。

そんな中、涼次が祥平と深夜に泥酔して帰ってきました。激怒した鈴愛は、涼次だけでなく祥平にも怒りをぶつけました。望んでいた新居に住めなくなったのは、祥平の映画のために涼次が引っ越し資金を使ってしまったからだと。

<<前回94話 | 次回96話>>

Sponsored Link

予習レビュー

『半分、青い。』制作発表時のアナウンスによると、鈴愛ちゃんは東京で結婚します。この結婚が、前週から今週にかけて描かれた涼次くんとの結婚です。

出会ってからわずか六日目にしてまさかのプロポーズ。そして、そんなタイミングでの鈴愛ちゃんのまさかのプロポーズ受け入れ。

しかし、この結婚は残念ながら長くは続きません。結婚が長くは続かないことも、制作発表時にアナウンスされています。

結婚が長く続かない理由は、涼次くんの性格にあります。

永遠の夢追い人で、夢に夢見る性格の涼次くんは、鈴愛ちゃんとの結婚に夢をみて、結婚に突っ走るものの、また別の夢を見つけて鈴愛ちゃんのもとを去って行くのだとか。

さて今回。新婚ホヤホヤのこのタイミングで、涼次くんの夢に夢見る性格が語られます。それは別の言い方をすると、鈴愛ちゃんとの離婚のフラグです。

涼次くんは何をやっても長続きしない。何事も完成させることができない。

そんな涼次くんの残念な性格が、未完成のまま放り投げられた映画脚本の束を通して説明されます。

この完成されなかった映画脚本。途中で投げ出された映画脚本が、結婚を途中で投げ出すかもしれない涼次くんの未来を暗示しているのでしょう。

鈴愛ちゃんと涼次くん。結婚まで踏み切るのも早かったけれど、離婚のフラグが立つのもまた早かった。

早ければ再来週あたりには、鈴愛ちゃんと涼次くんの結婚の危機が描かれることになるかもしれませんね。

感想

菜生ちゃんとブッチャー

菜生ちゃんとブッチャーが一緒になるという展開。これだけは、ある時期からはっきりと見えてました。

他に選択肢はありませんからね。

ただし、はっきりと見えているだけに、二人の距離の縮め方は変化球でくるに違いない。そうでなければ当たり前の展開すぎる。まさかの展開を見せてほしい。

そんな風に期待していたのですが、想像を超えるまさかの展開でした。

政略結婚でくるとは。しかも、政治的駆け引きを当の本人が持ちかけてくるとは。

というわけで、この夫婦の近未来を想像してみました。

以下、想像です。

ブッチャーはお父上の不動産業を継承するのはほぼ間違いないでしょう。名古屋の建設会社で勤務しているのは、二代目社長の社外の修行というよくあるパターンです。

一方の菜生ちゃん。

おしゃれの店・木田原を継ぐ気でいるのでしょうか。改装資金が必要。改装資金というのは、やっぱりお店を継ぐことを前提での改装を考えているということでしょう。

ブッチャーとの会話によれば、百貨店での仕事で目標未達か何かでつらい思いをした。だから百貨店はもうやめてしまおう。おしゃれの店・木田原を継ごう。

でも、今のままの店は継ぎたくない。もっとキレイなお店にしたい。

そこで目をつけたのがブッチャーです。

おそらく、菜生ちゃんはもともとブッチャーのことがお気に入りでした。鈴愛ちゃんと律くんが再会する直前。

菜生ちゃんの気持ちを暗示するようなセリフがあったと記憶しています。

だから、政略結婚というのは真の目的ではないでしょう。

でも、同じ結婚するなら、結婚前に少しでも有利な条件を引き出しておきたい。そんなことを考えたのではないでしょうか。

結婚後は、主婦業のかたわらでリニューアルされたおしゃれの店・木田原を、趣味の延長戦上みたいな気持ちで楽しく経営したい。

でも、結婚後にこれを言ったら立場が不利になる。

ブッチャーと結婚したいという気持ちは、とりあえずあまり顔には出さないようにして、結婚をエサにしてブッチャーから有利な条件を引き出す交渉術。

菜生ちゃん、なかなかしたたかです。

鈴愛ちゃんの恋バナ、すっかり落ち着いてしまったので、菜生ちゃんとブッチャーの今後がとっても楽しみです。

<<前回94話 | 次回96話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆきんこ より:

    菜生ちゃんは策士だとしても、それほどのすごさはないと思います。

    ブッチャーのようなお金持ちは利用されることに敏感です。
    だから、
    「好きなのは貴方(貴方や親のお金じゃない)」と純情ぶりを見せつけるのが
    本当の策士です(結婚までは)。

    結婚後の立場といえば、結婚すれば女は強くなれます、
    子供が出来てなお強くなる。

    ただし、ブッチャーももうすぐ29歳、
    純情ぶる女性の裏を見る能力を身につけてるかもしれない、
    だから、最初から裸になるのも手かもしれません。