半分、青い。 第18週「帰りたい!」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『半分、青い。』
2018年7月30日 〜 8月4日放送

『半分、青い。』第18週 あらすじ

鈴愛と涼次の長女・花野

鈴愛と涼次の間に長女・花野が生まれて一年。鈴愛と涼次は、花野の1歳の誕生日祝いの準備をすすめていました

そんな中、花野がとつぜん高熱を出してしまいました。鈴愛は早速、花野を病院に連れてゆきました。

鈴愛は花野の高熱よりも心配なことありました。高熱によって、花野が自分のように聴力を失ってしまうことが、鈴愛には気がかりだったのです。

映画脚本の執筆依頼

花野が高熱を出し、鈴愛が動揺していた頃。涼次に、映画脚本の執筆の仕事が舞い込んできました。

著名な女流作家の最新小説『恋花火』を映画化するにあたり、この小説を原作にした脚本を書いて欲しいというのが、依頼の内容でした。

涼次は鈴愛と花野のために、映画の夢を封印するつもりでした。しかし、大納言の田辺に借りた小説『恋花火』を読んだ涼次の心は、激しく揺れはじめます。

花野5歳

花野が5歳になった頃。涼次は鈴愛にあることを告げました。その涼次の言葉は、鈴愛にはとても受け入れられない内容でした。

その話を聞かされ激怒した光江に家を追い出された涼次は、祥平の家へ。両次は反省してすぐに戻るだろうとの鈴愛の予想は外れ、涼次はなかなか家に戻ってきませんでした。

光江は涼次を連れ戻そうとするものの、涼次には最早、鈴愛のもとに戻るつもりはありませんでした。傷心の鈴愛は萩尾家に電話。その直後、鈴愛は岐阜の実家に戻るのでした。

<<前週 第17週 | 次週 第19週>>

Sponsored Link

『半分、青い。』第18週 予習レビュー

花野ちゃんの高熱

前週の後半に、鈴愛ちゃんが腹痛を訴える場面があるのですが、どうやらそれは鈴愛ちゃんの妊娠のようです。

今週は、前週から一年強の時間がスキップ。

鈴愛ちゃんと涼次くんの間には、すでに長女が生まれています。花野ちゃん、1歳になったばかりです。

その花野ちゃんのデビューは、いきなりの高熱。

小さな子供が高熱を出しただけでも、若いママを動揺させるには十分です。しかも、鈴愛ちゃんの場合は、自分が高熱で失聴したという経験がある。

鈴愛ちゃんの動揺。相当なものではないでしょうか。

しかし、その動揺を通して、鈴愛ちゃんははじめて晴さんの深い愛情を心から理解することになるのかもしれませんね。

涼次くんの夢

前週、映画監督になる夢が、あと一歩のところで破れてしまった涼次くん。

失意の中、仕事もしなくなり自暴自棄になりかかったそのタイミングで、おそらく鈴愛ちゃんの妊娠が判明するのではないかとブログ主は予想しています。

そしてその後、涼次くんは失意から立ち直り、鈴愛ちゃんと花野ちゃんのために、映画監督になる夢を封印するみたいです。

涼次くん、苦渋の選択だったと思います。

しかし、その封印が危うくなるエピソードが今週描かれます。

映画の脚本の執筆依頼が涼次くんに舞い込んでくる。でも、その時点では封印は揺るぎないものでした。

ところが、脚本執筆依頼のあった小説『恋花火』を大納言の田辺店長に見せられた涼次くんの心は揺らぎはじめます。

きっといい小説だったんでしょう。『失楽園』をこよなく愛する田辺さんが読むくらいのものですからね(笑)

涼次くんが鈴愛ちゃんに告げること

さて、今週のどこかのタイミングで4年スキップ。花野ちゃんは5歳です。子役ちゃんが楽しみです。

涼次くんが、あることを鈴愛ちゃんに告げるとか。

四年前に封印を解いた夢が、心の中で大きくなってしまったのでしょうか。

『半分、青い。』制作発表時のアナウンスによれば、鈴愛ちゃんは涼次くんに離婚されるという展開が準備されています。

その宣言なのかもしれません。

涼次くんが鈴愛ちゃんに告げること。一体、何なのでしょうか?

<<前週 第17週 | 次週 第19週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かおっちゃん より:

    いつも楽しみにさせていただいています^ ^

    鈴愛ちゃんもお母さんですね!
    ところで、最後萩尾家に電話、とありますが、にれの家にですよね?

  2. ゆきんこ より:

    子供の高熱からの後遺症は確かに心配ですね。

    でも、鈴愛ちゃんはおたふくかぜらしい症状もなく、
    熱もださなかったのでは?

    脚本家の方はもう忘れてしまったのでしょうか?

  3. やす より:

    離婚やね