激しい腹痛を訴える鈴愛 / 半分、青い。 第101話

2018年7月27日(金)第17週「支えたい!」

あらすじ

映画監督になる夢が断たれ、やけになった涼次は、仕事も満足にせずすさみきった日々を送っていました。涼次に立ち直ってほしいと鈴愛は心から願うものの、涼次にかける言葉を見つけることができません。

そんな中、涼次が外出しているときに鈴愛は激しい腹痛に見舞われました。光江に救急車を呼んでもらい鈴愛は病院へ。その日の夜。腹痛もおさまり、鈴愛が病院から家に帰ると、すでに涼次は帰宅していました。

家に帰ってきた鈴愛は思いつめた表情を浮かべていました。その表情を見た涼次は察しました。鈴愛は自分を見限り、離婚を切り出してくるのではないだろうかと。涼次は、これまでの日々のことを鈴愛に必死に謝罪します。

しかし、鈴愛の口から出てきた言葉は、涼次にとって思いがけないものでした。鈴愛の妊娠を知り感激した涼次は鈴愛に誓いました。鈴愛と子供のために、自分の夢を封印すると。その数ヶ月後。楡野家の面々は鈴愛の子供の誕生を心待ちにするのでした。

<<前回100話 | 次回102話>>

Sponsored Link

予習レビュー

今週、夢を見失った涼次が自暴自棄におちいり、かつて漫画の連載を打ち切られた裕子ちゃんのごとく、すさんだ生活を送ることは、先々週には発表されていました。

しかし、そのすさみっぷりがどれほどのものなのか、詳細は明らかにされてはいませんでした。

今回の涼次くんのある行動を見る限り、そのすさみっぷりはかなり深刻なレベルにあったようです。

涼次くんのある行動とは、鈴愛ちゃんの思いつめた表情から「離婚」の二文字を覚悟し、必死に謝罪するというくだりです。

離婚を覚悟。涼次くん、自分でも自覚するほどひどい状態だったんでしょうか。

ところで、一方の鈴愛ちゃんの腹痛は何?

以下、ブログ主の予想です。若干のネタバレが含まれます。

鈴愛ちゃんの腹痛の原因は妊娠。

そう予想する理由は何か?

次週、鈴愛ちゃんの長女が登場するからです。

感想

鈴愛ちゃんの妊娠

前回。裕子ちゃんとボクテに、涼ちゃんさんを支え続けるようにと励まされた鈴愛ちゃんでしたが、現実は厳しかった。

働きもせず、1日だらだらと過ごしているだけの夫から、金だけよこせと言われるような日々を送っていたら。

しかも、やっとの思いで稼いだお金をはした金とまで言われてしまったら。

涼ちゃんさんを支えてゆこうという決意がポッキリと折れてしまって当然です。床に放り投げられた千円札を拾う鈴愛ちゃんの姿。

あわれ過ぎました。とても直視できないレベルでした。

そして、鈴愛ちゃんの腹痛の理由にも納得です。事前に発表されたストーリーで、鈴愛ちゃんが腹痛で病院に担ぎ込まれること。

そして妊娠が打ち明けられることがわかっていました。

でも、腹痛の妊娠がつながりませんでした。妊娠初期。陣痛ではあるまいし。しかも、その後の展開の中で死産に発展するような描写もない。

なるほど。鈴愛ちゃん、そこまでストレスを抱えていたとは。

でも、ストレスによる腹痛の事実が、涼ちゃんさんの反省を促し、反省した心で涼ちゃんさんが、鈴愛ちゃんの妊娠を知ることができたのは幸福でした。

上手な展開。上手な状況設定です。

楡野家の豊かな時間

岐阜県梟町の楡野家。

鈴愛ちゃんの出産を待ちわびる家族たちの、おだやかな空気に癒されました。

秋風先生の言ったとおり、楡野家はやっぱり桃源郷です。特に今回の楡野家は、鈴愛ちゃんが高校時代の、豊かな時間が流れていました。

今度こそ自分が命名しようと意気込む仙吉じいちゃんも可愛かった。

ブタではなくカエルの蚊取り線香立て。そして廉子さんの遺影。この二つの小道具が、廉子さんもそこにいることを感じさせてくれました。

また、楡野家のこんなゆったりした時間を見ることができますように。

今後の展開予想

先日、22週までアップしました。

鈴愛ちゃんと涼次くんの離婚は確定。一方、本放送開始前の情報では、律くんは妻に逃げられて実家に帰ってくるという設定でした。

実際、鈴愛ちゃんが離婚し、実家に帰ると、律くんも実家に帰ってきていました。しかし、律くんはまだ離婚していませんでした。

でも、鈴愛ちゃんが里帰りしたタイミングで、すでに律くんも離婚していたとしたら。鈴愛ちゃんと律くんの結婚は時間の問題。

これではドラマが成り立ちません。

律くんはまだ離婚していない。しかし、律くんの心は妻から離れはじめているらしい。そんな微妙な状況が、切なさを増幅させます。

本当は心から求めあっているの、一緒になれない二人。

一緒になれる条件が十分に揃っていたときには、いつも二人はすれ違いばかりでした。本当はお互いに想いあっていたのに。

ところが、すれ違いの溝は埋められ、お互いの気持ちが一つになったというのに、一緒になることは許されない。

この人生の皮肉に満ちた状況設定。見事というほかありません。

すれ違いは解消されたのに一緒になることが許されない二人。鈴愛ちゃんと律くんは、これからどこに向かって歩んでゆくのでしょうか。

<<前回100話 | 次回102話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. スナフキン より:

    涼次の喜ぶ姿を見た三オバは、あの喜び方は危ないと不安を募らせてましたね 子供が産まれて家族を養うのにもすぐに飽きて、また夢に夢見てしまうんじゃないかってことでしょうね

  2. まゆらぱん より:

    はじめまして。
    いつも楽しく拝読させていただいております。

    今後の展開予想の
    「律くんはまだ『結婚』していない。しかし〜」
    の『結婚』は『離婚』かな?っと思いコメントさせていただきました。

    これからも応援しています。

  3. うみがめ より:

    子供ができたことを喜ぶ涼次君にほっこりしてたら、三おば達の鋭い指摘!涼次君はあっさり映画の道を捨てました。逃げたんですね…。
    鈴愛ちゃんは漫画の道に挫折していきなり涼次君と結婚したけれど、元気なときの鈴愛ちゃんならそんなことしなかったはず。二人は似ていますね。
    鈴愛ちゃんはがんばって結婚生活を続けているけれど、今後のことを思うとつらいです。