光江が涼次を問い詰める / 半分、青い。 第104話

2018年7月31日(火)第18週「帰りたい!」

あらすじ

花野が高熱を出し鈴愛が動揺しているそのとき。涼次は、祥平や作家の佐野弓子らの会議をしていました。佐野弓子が、新作の小説の脚本執筆を、涼次に依頼。涼次はその打ち合わせに出ていたのです。

高熱を出した花野が担ぎ込まれた病院に、鈴愛が花野を病院に連れて行ったとの知らせを聞かされた涼次がようやく駆けつけてきました。花野の高熱の原因はオタフク風邪でした。オタフク風邪の高熱の影響で失聴した鈴愛は、花野の耳のことが心配でした。

ほどなくして花野の熱も下がった頃。光江は涼次に問いただしました。花野が病院に担ぎ込まれていたとき、涼次は一体なにをしていたのかと。光江に問いに涼次は答えました。祥平と、女流作家の佐野弓子に呼び出され、映画の脚本と監督を依頼されたと。

涼次は佐野弓子からの依頼を断りました。断りはしたものの、心の中では映画への夢が、再び頭をもたげはじめていました。その4年後。花野は5歳の誕生日を迎えました。その日、涼次が口にした言葉が鈴愛を驚かせました。涼次は鈴愛に離婚を切り出したのです。

<<前回103話 | 次回105話>>

Sponsored Link

予習レビュー

前週、涼次くんは映画監督になる夢を断たれ、一時は失意の中にいました。しかし、ちょうどそのとき、鈴愛ちゃんの妊娠が判明。

自分よりも大切な存在ができたことで涼次くんは、失意の中から立ち直ることができるようです。

そして、鈴愛ちゃんと花野ちゃんを守るため、収入が不安定な映画の世界の仕事を断念。自分の夢よりも家族の幸せを選ぶことになるようです。

そんな状態が一年ほど続いて迎えた、前回から今回にかけての花野ちゃんの1歳の誕生日。

大切な節目の日に、涼次くんは、いつも通りの時間に家に帰ってきませんでした。しかも、よりによって、そんな日にかぎって花野ちゃんが高熱を出す。

高熱と言えば、鈴愛ちゃんにはトラウマがあります。高熱で聴力を失ったので。

というわけで、花野ちゃんの誕生日は大変な1日となってしまいました。いつもの日常とは異なる要素が三つも重なってしまいました。

1:花野ちゃんの誕生日(しかも初めての誕生日祝いの日)
2:花野ちゃんが高熱を出す(新米ママはこれだけでも十分に不安)
3:高熱の後遺症が鈴愛ちゃんは心配(鈴愛ちゃんの不安はどれほどのものか)

そんな大切な日に、涼次くんは、家族のために胸の奥底にしまっていた夢の封印を解いてしまう。

ここから、物語が大きく動きはじめる予感がします。

感想

【重要】ご挨拶

いつも当ブログをご愛顧いただきましてありがとうございます。

この度、当ブログの管理人は、半年から10ヶ月の間、海外の某国に短期赴任することになりました。

残念ながら、その国ではNHKの放送を観ることが困難な模様です。

また、NHKオンデマンドは、海外では閲覧ができないとのことなので、当面の間、当ブログの継続が困難な状態となってしまいました。

そこで『半分、青い。』の最終回まで、ブログ『ぱぐとごろり』の管理人・夕顔さまに、当ブログの運営を代行してもらうことになりました。

ブログ『ぱぐとごろり』でも『半分、青い。』のレビューを行っており、愛に満ちた視点から書かれたレビューを拝読し、この方に任せれば間違いないとの結論に達しました。

明日から当ブログの運営は『ぱぐとごろり』の管理人・夕顔さまに引き継ぎます。

次回作の『まんぷく』の運営についてはまだ白紙の状態ですが、ブログ主が大好きな広瀬すずちゃん主演の『夏空』には、戻って来たいと考えています。

『ぱぐとごろり』の管理人・夕顔さまによる当ブログ・朝ドラPLUSを、引き続きよろしくお願いいたします。

平成30年7月31日
朝ドラPLUS 朝蔵 拝

「お母ちゃん、ごめんね」

花野ちゃんの元気が回復し、実家の晴さんに電話した鈴愛ちゃん。このとき、鈴愛ちゃんが晴さんに言った言葉が、優しくて素敵でした。

「お母ちゃん、ごめんね」
「こわかったと思った。私の耳が聞こえなくなった時」
「私は大したことなかった。なんでお母ちゃんがわから泣くのかわからなかった」

鈴愛ちゃんが失聴したとき、鈴愛ちゃんは晴さんの前では決して涙を見せませんでした。気丈に振る舞っていました。

あのときの鈴愛ちゃん。

気持ちの半分は、泣き続けている晴さんをこれ以上泣かせたくないという気持ちもあったのでしょう。

でも気持ちの残りの半分は、晴さんの泣く理由が理解できなかったようです。

思えば僕も、中学生時代に一度だけ大怪我をしました。鉄棒から頭から転落して。

あのとき、真っ青な顔をして僕の姿を見ていた母親の表情が忘れられません。でも、その時の僕には、母親が真っ青になる理由が完全には理解できませんでした。

でも、自分に子供ができて、そしてその子供がやはり似たような怪我をしたとき、ようやく自分の母親の表情の奥にあった気持ちのすべてが理解できました。

そんなことを思い出させてくれた、鈴愛ちゃんと晴さんの、愛と優しさに満ちた会話に、朝から癒されました。

結婚の終わりのはじまり

涼次くんにはじまり涼次くんに終わる回でした。

花野ちゃんが生まれる前の、涼次くんの映画監督の夢の挫折。挫折による失意から涼次くんを救ったのは鈴愛ちゃんの妊娠でした。

光江さんが心配した通り、鈴愛ちゃんの妊娠そのものを涼次くんは喜んで受け止めたわけではありませんでした。

挫折感の救いとして、両次くんは鈴愛ちゃんの妊娠を受け止めました。

でも、自分よりも大事な存在がこの世に誕生することで、両次くんの考え方も次第に変わっていったのでしょう。

花野ちゃんの誕生を、自分の挫折感の救いとして受け止めるのではなく、誕生そのものを受け止め、そして花野ちゃんのために生き方を変えようと。

でも、やっぱり、そこにもろさがあったのでしょうか。光江さんの心配した通りになってしまいました。

一度は胸の奥に封印した映画監督への夢。

それが再び頭をもたげてくる涼次くんの葛藤。花野ちゃんの1歳の誕生日の直後の夜。作家の佐野弓子さんの言葉が忘れられずに、一睡もできない涼次くん。

その葛藤は、その後、4年間にわたって続いたのでしょうか。

花野ちゃん5歳の誕生日。ついに鈴愛ちゃんと涼次くんの結婚の、終わりのはじまりです。

<<前回103話 | 次回105話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tomokoar より:

    アルゼンチンからいつも見ています。NHKの朝ドラは日本の忘れていたことや確認できることなど、いろいろなことを教えてくれていいですが、朝蔵さんの解説もまた別の観点がわかり大変楽しくまた出張で見られないときに話を続けて理解するのにも役立っています。ご赴任地でお忙しく大変だと思いますがぎりぎりまで更新を続けていただき感謝します。夕顔さんも今後ともよろしくお願いします。

  2. かなた より:

    朝蔵さま。
    いつも楽しみに読ませていただいておりました。
    朝蔵さまの文体と、そこに見えるお人柄の一ファンです。
    海外赴任という事で、しばらく朝蔵さまの文章が読めなくなるのは寂しいのですが、
    その間、夕顔さまの文章を楽しみにして、また、朝蔵さまの復活をお待ちいたしております。

  3. トモミ より:

    朝蔵さま
    いつの頃からか、毎日のネットチェックに、朝蔵さんのブログが、入っていました。朝ドラというと、みなさんアンチの批評が多かったのですが、いつも、愛溢れる感想、楽しみにしていました。海外赴任されるとのこと、帰りをお待ちしています。お元気で、お仕事頑張ってください。復帰を楽しみに、引き継いでいただいた夕顔さまの感想などなど読んで待っています。

  4. ハル より:

    いつも楽しみに拝見してました。
    お体に気をつけてお仕事頑張って下さいね。
    来春、朝蔵さんに会えるのを楽しみに待ってます。

  5. anne より:

    朝蔵さん、お帰りをお待ちしてます!!!
    また、帰ってきてくださいね~m(__)m

  6. マサ より:

    朝蔵様
    毎日、読まさせて頂いてました。
    コメントさせて頂くのは初めてです。
    毎日、仕事で汚れた心を洗い流す為に、帰りの電車内で朝ドラを見て、翌日ランチしながら、前日のリコンファーム的に拝見してました。私が気づかない様な所まで見ていらっしゃったり、読みの深さに感服もしていました。
    半年から10ヶ月後にまた復活する様に願っております。
    お体に気を付けていらっしゃって下さい。
    また読める日を楽しみにしております。

  7. 細かいことが気になる子 より:

    朝蔵さま
    いつもブログありがとうございます。
    いつから朝蔵さんのブログをチェックし、あらすじを読んでワクワクし、感想を読んでふむふむと思っていたでしょうか。
    何年もお世話になっていた朝蔵さんの感想が読めなくなるなんて、まだピンと来ていませんが、長い間ありがとうございました。
    そして、海外赴任のご報告と引継ぎもありがとうございます。
    お身体に気をつけてくださいね。
    日本帰国後のレビュー再開を楽しみにしています!

  8. HiyoccoFan より:

    朝蔵さま
    いつも楽しく(時にドキドキ)拝見させていただいておりました。
    本編を視聴しつつ、朝蔵さんのあらすじも拝読し、ああそうかそうなってああなって・・・と、想像を巡らすのは本当に楽しい時間でした。
    物語の先々を知らない方が楽しめる人と、あらかじめ大筋を知っておいた方が安心な人と、どちらに当てはまるかと言ったら、私は後者ですw
    なので、このサイトは私にとって安定剤の様な場所でした(笑)
    赴任先は日本より暑い国でしょうか、それとも涼しい、いや、寒い地域でしょうか。
    くれぐれも健康に留意して無事任務を全うしてお帰りになる日を心待ちにしております。
    そしてまたここで朝蔵さんの文章が読める日が1日も早く訪れますように。

  9. hinaring より:

    朝蔵さん、お知らせとてもビックリしました。
    お仕事のこととはいえ、海外赴任が決まってからご家庭のことも大変だったでしょうに
    普段と変わらない日々の更新にサイトの引継ぎなど、優しいお心遣いが染みます。
    半分、青いを最後まで一緒に(?)視聴できないのはさみしいですが
    本業でのご活躍をお祈りしています。
    慣れない土地での生活は大変かと思いますが、どうぞご自愛くださいませ。
    また優しい朝蔵さんの解釈が拝見できる日を楽しみにしています。

  10. ひるたま より:

    朝蔵さんこんばんは。今日の「ご挨拶」を拝読し、率直に申し上げて…大変驚きました。
    こちらのブログを知り、いつの間にか複数のコメントを差し上げるようになった事も何かの御縁だったのではなかろうか?と個人的には感じています。
    朝蔵さんがどのようなお仕事に従事されているのか直接存じ上げないのですが…どうぞ、くれぐれも御身体に気をつけて海外赴任を務め上げて下さいませ。そしてそう遠くない時期に再度お会い出来ますように。

  11. juju より:

    朝蔵さま、いつもブログを楽しみに読ませていただいていました。海外赴任とのこと、また引継ぎまでしてくださりありがとうございます。帰国後再開されるのを楽しみにしています。

  12. あみ より:

    朝蔵さん、寂しくなりますが、お仕事頑張ってくださいね。
    ご活躍をお祈りしております。

  13. けいこ より:

    朝蔵さま
    いつも愛のあふれるレビューを有難うございます。某国への赴任のメッセージを見て、
    コメントせずにはいられなくなりました。
    朝の放送が見られないとき、会社で朝蔵さんのブログを読みながら23:30からのBSを
    楽しみにしたり、朝の放送を見たにもかかわらず、あぁそういう解釈なんだと納得したり
    私にとっては無くてはならないブログでした。そんな風にお世話になりつつも
    いつも読み逃げでごめんなさい。
    「半分、青い。」はここからが佳境なのに、なんということ!
    どうぞお気をつけて行ってらっしゃってくださいませね。
    ご帰国をお待ちしています。

  14. きらる より:

    いつも楽しみに拝見させていただいております。
    一言感謝申し上げたく書き込みました。
    どうぞご無事でお帰り下さいますよう。

  15. ケーキ大好き より:

    海外赴任との知らせに驚きました。
    お身体だけは気を付けて、また復帰される将来を楽しみにしています。

  16. ガブリエル より:

    朝蔵様
    いつもいつも楽しくあらすじと感想を読ませていただいています。お気をつけて行ってらっしゃいませ。お帰りを心からお待ちしています!

  17. うみがめ より:

    朝蔵さん、海外赴任なのですね!どうぞお体にお気をつけて。帰国後、またブログに戻られるのをお待ちしております。

  18. 夏空&青空 より:

    朝蔵さんへ
    そうですか! 某国へ行ってしまうのですね。
    淋しくなります。
    私は、このコーナーが大好きです。
    朝蔵さんの感想を読むのが楽しみでした。
    そしてありがとうございました。

    どうぞお元気で!
    体調に気をつけて外国生活を楽しんで来て下さい。
    また、来春楽しみにしています。

  19. まこと より:

    朝蔵様 いつも楽しみに拝見させてもらっております。
     小生も海外へ単身赴任しておりますが、ネットさえつながれば、海外から日本のTVの視聴は可能です。(下記参照) むしろ海外の方が他に楽しみが少なく?、朝ドラの占める重要性は高まると感じています。 朝蔵さんが、朝ドラを見ないなんて想像が出来ません。
    slingbox https://www.slingbox.jp/
    日本にある自宅のレコーダ-に接続し、海外からnet回線を通じて視聴
    機器購入だけで、毎月の費用は発生しません

  20. jan より:

    朝蔵様

    いつもこちらを拝見しておりました。
    書き込むことは少なかったのですが。

    海外へ短期赴任のお話、びっくりしております。
    今までありがとうございました。
    お仕事を終えられて無事にお帰りになられることを
    願っております。

    お帰りになって、またこのブログを続けていただくように
    切にお願いいたします。

    お気をつけて行ってきてください。

  21. 捨吉 より:

    朝蔵さん

    管理人交代のお話、とても残念…というと夕顔さんに申し訳ないのですが、やっぱり残念です。

    毎朝通勤時に、翌日のあらすじの予習と前日の朝蔵さんの感想を読むのが日課です。
    朝蔵さんの優しい視点、謙虚な文章はイヤなニュースを見た後でも心の清涼剤となってました。

    海外赴任とのこと、お体にお気をつけください。
    そして、必ず復帰して下さいね。

  22. ぷん より:

    ずっと楽しみに読んでいたので残念ですが、お気をつけて行って来てください。
    また再開される日を楽しみにしています。

  23. もふもふ より:

    毎日楽しみにしていた朝蔵さんのブログ。改めて、ありがとうございました。
    くれぐれもお体に気をつけて、そして朝蔵さんのレビューが復活する日を、きりんになって待っています。