半分、青い。 第20週予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『半分、青い。』
2018年8月13日 〜 8月18日放送

『半分、青い。』第20週 あらすじ

つくし食堂ニ号店

つくし食堂の大盛況を受け、楡野家では、仙吉の五平餅を売るためのつくし食堂ニ号店を開店する話が進みはじめました。

そして、仙吉の五平餅づくりは、鈴愛が受け継ぐことになりました。自慢の五平餅を孫娘の鈴愛が受け継いでくれることを仙吉は心から喜んでいました。

そんな中、仙吉による五平餅づくりの特訓が始まりました。ニ週間の間、仙吉は鈴愛に五平餅づくりを教え込みました。

漫画家の過去を花野に隠す鈴愛

その頃、鈴愛は自分が漫画家だったことを娘の花野に隠し続けていました。しかし、律が口を滑らせたことで、鈴愛の過去が花野の知るところになってしまいました。

鈴愛は、漫画家として大成できず挫折したことが、今だに心に引っかかっていたのです。自分の過去に向き合えず、それゆえに、花野には過去のことを隠していたのです。

そんな鈴愛の過去を、仙吉は心からたたえました。そして、鈴愛が自分の五平餅を受け継いでくれることがどれほど嬉しいかを、仙吉は鈴愛に語りました。

仙吉は、自分の五平餅を売るためのつくし食堂の二号店の名前をひそかに決めていました。そして、その店名を花野だけに伝えていました。

そんな中、自分の命名した五平餅の店の開店を心待ちにしながら、仙吉は息を引き取りました。眠るように逝く、大往生でした。

二号店の開店準備が完了。しかし、仙吉は店名を花野だけに告げ、花野は仙吉との約束だからと、仙吉が決めた店名を、誰にも教えようとはしないのでした。

<<前週 第19週 | 次週 第21週>>

Sponsored Link

『半分、青い。』第20週 予習レビュー

つくし食堂がまさかのニ号店

今週は仙吉じいちゃんの週です。そして、とっても泣かされる週になるのではないかと予想しています。涙の準備が必要です。

さて、草太くんがつくし食堂を店長として継ぎました。そして、彼のつくるカツ丼の美味しさが評判が評判を呼び、ついにつくし食堂はまさかの二号店を出店です。

客足が遠のき、漫画喫茶に商売替えするのではないかくらいに思っていましたので、この展開には驚きです。

鈴愛ちゃんの応援団長・仙吉さん

鈴愛ちゃんは、漫画家として挫折したことが、今だにトラウマになっていたようです。向き合うことができないようです。花野ちゃんに自分の過去を隠していたんです。

そんな鈴愛ちゃんのことを、いつも鈴愛ちゃんの応援団長だった仙吉さんが励まします。鈴愛ちゃんのこれまでの人生を、力いっぱい讃えてくれます。

仙吉さんの孫娘を思う場面。泣かされそうです。というか、これを書きながら、もう、涙が止まりません。声出して泣きそうです。

そして仙吉さんが・・・

秋風先生が「真実の味」とたたえた仙吉さんの五平餅を、仙吉さんにとって最愛の孫・鈴愛ちゃんが受け継いでくれることになりました。

また「名前をつける」という長年の仙吉さんの悲願も、つくし食堂二号店への命名により、その願いは叶えられました。

そしてついに!仙吉じいちゃんは亡くなります。亡くなるのは悲しいけれど、これでようやく大好きな廉子さんの再会できるんですね。

<<前週 第19週 | 次週 第21週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする