半分、青い。 第21週「生きたい」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『半分、青い。』
2018年8月20日 〜 8月25日放送

『半分、青い。』第21週「生きたい」あらすじ

和子が活躍できる場所

つくし食堂の二号店の店名として仙吉が考えていた名前がようやく判明しました。その名はあまりにもありきたりな「センキチカフェ」でした。

そして迎えたセンキチカフェ開店初日。梟町の面々が集まる中、女医の貴美香は、鈴愛にあることを相談しました。

重い心臓の病気のため、衰弱が日に日にすすんでいる和子が活躍できる場所を、センキチカフェにつくることはできないか。それが貴美香の相談でした。

和子が、律の母子手帳を鈴愛に託す

鈴愛は、岐阜犬のぬいぐるみをつくり、その中に携帯電話を仕込んで、その携帯電話を通して、和子に悩みの相談をできる方法を思いつきました。

鈴愛のアイディアに、律や菜生、ブッチャーらも協力。インターネット回線をたくみに利用して、センキチカフェの客と、自宅で養生する和子が会話できる装置が完成しました。

そんな中、和子は律の母子手帳を鈴愛に託しました。和子は自分の命が長くないことを悟っていたのです。

和子が亡くなる

律の母子手帳を、鈴愛が和子から託されてから数日後。和子は、家族に見守れながら、静かに息を引き取りました。

一方、ブッチャーの姉・麗子が、つくし食堂のイケメン従業員・健人と結婚。麗子は健人と一緒にセンキチカフェで働くことになったため、鈴愛は職場を失ってしまいます。

そんな中、律はつとめている会社で人事異動の内示が下されました。律は、名古屋支社から大阪本社に戻ることが決定したのです。

<<前週 第20週 | 次週 第22週>>

Sponsored Link

『半分、青い。』第21週「生きたい」予習レビュー

今週は和子さん週

前週に引き続き、今週も泣かされることになるかもしれません。私はすでに泣いています。僕の一番大好きな和子さんが・・・

さて、今週は和子さんの週です。今週の主人公の和子さん、前々週あたりで近況が解説されるかと思いますが、思い心臓病を患ってます。先が長くありません。

そして、いよいよ自分の死期を自覚しはじめた和子さんの最期の日々が描かれるのが、今週のテーマです。今から和子ロスが怖いです。

思い出の長距離糸電話へのオマージュ?

和子さんが少しでも元気を回復してもらいたい。そう願う貴美香先生の相談を受けた鈴愛ちゃんは、インターネット回線を使った、和子さんと会話できる装置を開発。

遠く離れた場所にいる二人が会話できる装置。鈴愛ちゃんたちが小学生の頃の長距離糸電話を思い出さずにはいられません。

物語も終盤近くなり、いよいよ物語前半の思い出のエピソードが、これからひとつひとつ回収されてゆくのでしょうか。

僕の大好きな和子さんが亡くなってしまいました。これはつらい。つらすぎます。なぜ、このタイミングで和子さんが亡くなってしまうのか。

その一方で、明るい話題も。子供時代に2〜3回しか登場場面がなかったブッチャーの姉上が結婚。お相手は、つくし食堂のイケメン従業員・健人くんです。

同じ頃、律くんは名古屋支社勤務から大阪本社へ異動。和子さんのこともあり、律くんは名古屋支社に勤務させてもらっていたそうです。

<<前週 第20週 | 次週 第22週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. とんたあ より:

    「思い心臓病」って、「恋わずらいで胸が痛い!」みたいな想像をして思わずほっこりしてしまいましたけど・・・ 誤字ですよね、やっぱり。