2号店の店名が判明する / 半分、青い。 第121話

2018年8月20日(月)第21週「生きたい!」

あらすじ

鈴愛は、仙吉との約束でつくし食堂2号店の店名を頑なに明かさない花野から、開店日までになんとしてでも聞き出したいのですが、幼い花野に、大人の事情は受け入れられません。

色々試みますがうまくいかず途方に暮れているとき、ふと花野のお気に入りのぬいぐるみに携帯電話を入れ込むことを思いつきます。

それは片耳の聞こえない鈴愛は、スピーカーフォン機能を使っているのですが、それを利用しようとする作戦です。

数日がたったある日、茶の間に電話を仕込んだぬいぐるみが置かれ、そこへ花野が入ってきます。

いつものように花野がぬいぐるみに話しかけると、しゃべるはずのないぬいぐるみが、何やら反応します。

花野は一瞬びっくりして言葉を失いますが、大好きなココンタが反応してくれた事に、ついうれしくなり、店名を話してしまいます。
参考:Yahoo!テレビ

<<前回120話 | 次回122話>>

Sponsored Link

予習レビュー

律の家に電話をすると
鈴愛は左耳が聴こえないため、右耳で携帯電話を使うと、外の音が遮断されるので、携帯電話のスピーカーフォンを使っているのです。

ふとその機能を使って花野から、店名を聞き出せないかと思い、和子の声が聴きたい事もあり、律のところへすかさず電話をかけます。

律なら、きっとこのアイデアを理解してくれるハズです。

それもそうですが、鈴愛にとって、何かあると真っ先に知らせたいのは律です。

これは揺るぎない、子供のころからの習慣のようになっていますが、そんな事を知らない律の嫁のより子。

電話に出てきたのが、間の悪い事に律の嫁のより子でした。

子供のころと、唯一変わった事と言えば、律は結婚をしている事です。

いつか、こうなる日が来るのは、わかっていても不思議ではないと思うのですが、いかんせん鈴愛は、都合よく解釈をするところがあります。

しかも、律が結婚をして何年にもなるのに、これまでうまく避けられてきたのは、ある意味奇跡だったのかもしれません。

より子が出てきた事で、何か後ろめたいものを感じてしまうのは仕方がないでしょうが、より子の対応は、案の定冷たいもので、鈴愛はパニックになったのでしょう。

ありのままを正直に話しますが、より子には何のことなのかわかりません。

幼馴染とは言え、自分以外の、ただですらより子にとってあまり好ましくない女性からの電話は不快なものです。

それなのに、より子の知らないところで、何かたくらんでいるのかと思うと、面白いハズがありません。

律も不器用なところがあるので、風通しの良い関係である事を、より子にもう少しアピールをしていれば良いのでしょうが、そんな気配はないです。

鈴愛にとって、冷や水を浴びせられるような事を言われると、「なんでもないです」と言って電話を切ってしまうのです。

鬼の居ぬ間にの気持ちだったのかもしれませんが、今回ばかりは鈴愛が少し気の毒にも思えます。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回120話 | 次回122話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 落合明人 より:

    やっぱりここにきて大分時間の流れが遅くなてきたと思ていたのですけれどもやぱり東日本大震災にまだ合わないようにし嘆じないかねでもこの先に鈴愛さゃんも何週か後に震災編があるみたいですよ゜
    そういえば仙台ににいつた裕子ちゃんが絡んでくるみたいです゜

  2. アーモンド より:

    いつの間にかネタバレしてますけど、新店舗の店名は、センキチカフェですね。