まんぷく 第14週 予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まんぷく』
2019年1月4日 〜 1月5日放送

『まんぷく』第14週 あらすじ

釈放された萬平

萬平は無事に釈放されたものの、手元に残った2万円で、次にどのような事業をはじめるかを決めかねていました。

一方、世間の英雄となった萬平のもとには、取材依頼がひっきりなしに舞い込んできました。萬平は、その対応のすべてを、福子にまかせました。

そんな中、大阪の池田で織物会社を経営する大鳥勘一という名の人物が、萬平のもとを訪ねてきます。

萬平が信用組合の理事長に就任

大鳥は、池田の地を発展させるために、信用組合の設立準備をすすめているところでした。そしてその信用組合の理事長に就いてほしいと、萬平に頼みに来たのです。

金融の知識がない萬平は困惑しました。

しかし真一に背中を押された萬平は、金融に詳しい真一も信用組合に一緒に入ることを条件に、信用組合の理事長への就任を引き受けるのでした。

<<前週 第13週 | 次週 第15週>>

Sponsored Link

予習レビュー

萬平さんの大発明のフラグ

今週の放送は、年始の二日間のみ。

しかし、その二日間で、萬平さんにとって重大な転機となるエピソードが描かれます。信用組合の理事長就任です。

史実でも、リアル萬平さんは、信用組合の理事長就任を懇願され、戸惑いながらも就任。

その数年後、その信用組合の経営は破綻し、ついにリアル萬平さんは無一文になってしまう。

ちなみに、リアル萬平さんは、無一文になったところからの再起を決意。再起を目指したリアル萬平さんが手がけたのが、即席麺の開発でした。

年明けの放送で、ついに萬平さんの大発明の巨大なフラグが立ちました。

ただし大発明の前に、巨大な困難が待ち受けています。1月の『まんぷく』は、厳しい状況が描かれ続けることになるかもしれません。

タカちゃんの大学合格

今週。というか、今週のわずか二日間の放送では、もう一つ、気になる小さなエピソードが登場します。

福ちゃんの姉の克子さんの娘。福ちゃんには姪っ子にあたるタカちゃんが晴れて大学合格。合格したのは大阪大学。

タカちゃん、かなりの秀才です。

年始のわずか二日間ながら、萬平さんの人生の大きな転機とともに描かれる、タカちゃんの大学合格。

この小さなエピソードも、この先どこかで、何かの形で回収されるのでしょうか。

それともお正月のめでたい気分を演出するためのネタなのかな?

<<前週 第13週 | 次週 第15週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする