真一が福子にアドバイス / まんぷく 第52話

2018年11月29日(木)第9週「違うわ、萬平さん」

あらすじ

塩づくり組の不満にようやく気がついた萬平は、塩づくり組の者たちにもダネイホンの開発を手伝わせることにしました。しかし、萬平が望んだ結果を得ることはできませんでした。塩づくり組は、仕事が増えてしまったと不満をさらにふくらませたのです。

そんな中、真一がスモモを手土産に、立花家にやってきました。手土産のスモモを見た萬平は、スモモをダネイホンに練り混ぜて、味を改良するアイディアをひらめきました。このアイディアによって、ダネイホンの味は少しづつ良くなりはじめます。

一方、立花塩業の社員たちが口々に不満を言う様子を見た真一は、萬平は社長に不向きなのではないか。社員たちをまとめられるのは福子しかいないとアドバイスしました。しかし、社員をまとめられるのは萬平しかいないと、福子は信じていました。

社員をまとめきれない萬平も、自分は社長には不向きだと考えていました。そんな萬平に対して福子は、社員たちが萬平を尊敬していることを伝えました。その福子の言葉によって、萬平はようやく、社員たちの心をひとつにまとめることができるのでした。

<<前回51話 | 次回53話>>

Sponsored Link

予習レビュー

栄養食品ダネイホンに夢中になるあまり、塩づくりのことを完全に忘れてしまったかのような萬平さん。

そんな萬平さんに対して、塩づくり組の若者たちは不満を募らせる・・・

塩づくり組の若者たちの気持ち、わかります。自分たちは、もはやボスから必要とされていないのではないか、見放されているのではないか。

そんな気持ちになるのも無理はありません。

萬平さんも、そこまでは理解できたのでしょう。きっと。

でも、不満を募らせる若者たちへのフォローのしかたがあまりにも的外れでした。

萬平さんとしては、自分が心の底から愛している栄養食品の開発という素晴らしい使命を帯びた仕事を手伝わせれば、若者たちも喜ぶに違いない。そう思ったのでしょうか。

萬平さんのとった行動は、問題を収めるどころか、ますます拡大させることに。

そんな中をやって来た真一さんが、萬平さんは社長に不向きではないかと福ちゃんに対して発言するのだとか。なかなか鋭いですね、真一さん。

追伸:福ちゃんの密会疑惑のお相手がたちばな塩業にやってくることで、疑惑は晴れるのでしょうか。

感想

「社長に向いていない」

今回、もっとも気になっていたポイント。

それは、福ちゃんと萬平さんを訪ねてきた真一さんが、萬平さんが社長に向いていないと言い切るその言葉に対して、福ちゃんがどう切り返すのか。

ここです。

少なくとも今の萬平さんが社長に向いていないのは、真一さんだけではなく、福ちゃんの目にも明らかです。

たちばな塩業の働き手たちが大ゲンカをしたときも、その騒動を起こしたのは社長である萬平さんの責任だと、鈴さんは一喝しました。

鈴さんのこの言葉。裏を返せば、真一さんと同様の意味を持っています。こんな事態を招いた萬平さんは、社長に向いていない。

鈴さんはそう言ったに等しい。

そして、萬平さんまでもが、自分で自分のことを社長に向いていないと言い切った。

萬平さん本人も含めて、3人が萬平さんは社長に不向きだと言いました。

「みんな、あなたを尊敬している。あなたに助けられたと思っている」

僕は、こんな状況に対して、福ちゃんが萬平さんの足りないところを支えます、みたいなことを言うのだろうと予想してました。

そして、毎度のことながら、僕の予想は見事にはずれました。しかも、とても素敵なはずれ方をしてくれました。

福ちゃんはこう言いました。

「みんな、あなたを尊敬している。あなたに助けられたと思っている」

福ちゃんは、自分が支えるとは言わなかった。萬平さんは、自分の足で立つことができる人だ、みたいな言い方をしました。

素晴らしい!

しかも、福ちゃんの言葉はこれだけでは終わりませんでした。

「大事なことはあなたの口から言わないと」

自分の足で立てる人だと背中を押した上で、自分の足で立つようにうながす福ちゃん。

萬平さんが世の中の役に立てることを私が見つけます!などなど、萬平さんが立つのを支えていた感のあった福ちゃんが、変化してきました。

そして、萬平さんも、そんな福ちゃんの気持ちを汲んだのか、ようやく社長らしい振る舞いをできるようになり、若者たちも気持ちよく働く展開に。

とっても自然に力まずに、社員たちに頭を下げることができる萬平さんの姿に、社長らしさが見え隠れしていました。

萬平さんが脱皮した瞬間でしょうか。

いいものを見せてもらいました。

コメントへの返信 by 朝蔵

あの手榴弾・・・今週末の展開が怖いです(さぁ~さん)
今週末から来週にかけて、久しぶりの萬平さんの試練の週ですね。

そして、萬平さんの試練は福ちゃんの試練。どんな一週間になるのでしょうか。

萬平さん 作業員の名前を 君づけで呼んでいましたね 組織のトップとしてとても大切なことです(Amoさん)
萬平さんは、発明家としてだけでなく、組織のリーダーになれるのだろうか。それがずっと心配でした。

でも、もう大丈夫みたいです。明日からは安心して萬平さんの姿を見ていられそうです。

<<前回51話 | 次回53話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Amo より:

    どんぶり鉢の中身は幸福の源

    萬平さん 作業員の名前を 君づけで呼んでいましたね 組織のトップとしてとても大切なことです
    誰一人として欠けてはいけないのです
    二つに割れかけた作業員達に 研究にかまけて今まで負担をかけていたことを詫び頭を下げました
    非を認める勇気が潔く萬平さんの裏表のない実直な性格が良く分かります
    ダネイホンは色々な効能を混ぜての製品 味覚 視覚 価格(販売)も含めてバランスをとらなくてはいけません 三田村会長曰く 長〜い目で 製品も萬平さんの
    成長も見守りたいと思います

    私もS・キューブリックの作品が大好きですが
    Dr.strangeloveもといMerkwürdigliebeは観てないので早速観てみます キューブリック流のブラックジョークでピーター・セラーズが出演となったら
    好物なので絶対観ます‼︎^ ^