ダネイホンの偽物が登場 / まんぷく 第65話

2018年12月14日(金)第11週「まんぺい印のダネイホン!」

あらすじ

東京支社でダネイホンの販売が開始されました。

販売開始早々、ダネイホンの売り上げは順調に伸び、当初、予想していた以上の量を販売することができました。

一方、タカは不安を募らせていました。

東京に行った神部の心変わりを、タカは心配していたのです。タカを安心させるため、神部は毎日のように、タカに手紙を書き続けます。

東京でのダネイホンの営業活動がはじまってから三ヶ月ほど経った頃。

萬平たちを悩ませる事態が、東京で発生しました。ダネイホンのヒットに便乗した、ニセモノのダネイホンが市場に出まわりはじめたのです。

その知らせを受けた世良は、萬平に代わって上京。

ニセモノのダネイホンを製造販売している会社の事務所に乗り込むと、激しく抗議をしました。

世良が足を運んだ会社は、ニセモノのダネイホンの販売を中止すると約束したものの、ニセモノはさらに増えると世良は考えていました。

ニセモノを防ぐため、世良は萬平にある提案をするのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回64話 | 次回66話>>

Sponsored Link

予習レビュー

ダネイホンのパクリ商品が登場します。パクリ商品、すなわちニセモノが出まわるということは、それだけダネイホンがヒットしていることの何よりの証です。

大阪での最初の販売のときは、道ゆく人たちからほとんど見向きもされず、見向きする人たちから高い!と文句を言われていたダネイホン。

あの頃の萬平さんたちの苦労が、ウソのようです。

さて、ニセモノが出まわったことを受け、ニセモノを売る会社に対して世良さんが抗議。世良さん、なかなかいい仕事してくれそう。

世良さんが猛烈に抗議する場面。今から楽しみです。

そんな中、ダネイホンをニセモノと区別するためのアイディアを世良さんが提案。

世良さん、またしてもいい仕事。世良さん、ずいぶん変わりましたね。

世良さんが、これほどいい仕事をするようになるまでの、今回までの世良さんが変化する様を、ドラマの中でしっかりと見せてほしいものです。世良さんファンの一員として。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回64話 | 次回66話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする