大学病院による推薦商品 / まんぷく 第66話

2018年12月15日(土)第11週「まんぺい印のダネイホン!」

あらすじ

ニセモノのダネイホンが販売されることを防ぐため、萬平はあるアイディアを実行することにしました。

東京にある大学病院から、ダネイホンを推薦商品として認めてもらうこと。それが萬平のアイディアでした。

萬平は、推薦をもらうために上京することを決断。

萬平が上京する直前、福子が二人目の子供を妊娠したことが判明。福子と萬平は、喜びを分かち合いました。

喜びを胸に、萬平は東京に到着。

再会した東京支社の社員たちと、今後の事業展開の構想を語り合います。

一方、萬平の東京からの帰りを待つ福子のもとに、東京で働く神部から電話がかかってきました。

神部の知らせに、福子はショックで言葉を失うのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回65話 | 次回67話>>

Sponsored Link

予習レビュー

世良さんに背中を押された萬平さんが、東京進出を決めてから、何もかもが順調すぎました。そして、順調な展開のあとに必ずやってくる試練が、今回ついに描かれます。

以下、ネタバレが含まれます。

萬平さんは再び、進駐軍に逮捕されます。今度の萬平さんの容疑は、クーデターではありません。脱税です。

福ちゃんの発案により、戦争中に学校に通えなかった若者たちは、東京勤務となり、仕事のあとに夜学に通わせてもらうことになりました。

この夜学の学費。これは、若者たちの所得、すなわち給料の一部にあたる。だから、たちばな栄養食品は、若者たちから税金を徴収しなければならない。

しかし、たちばな栄養食品は税金の徴収をやっていない。だから脱税だ。

これが進駐軍の言い分です。

ちなみにこのエピソードは史実がもとになっています。

土曜日に迎えた萬平さんの試練。来週は、一週間まるまる、萬平さんの試練の週となるのでしょうか。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回65話 | 次回67話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 星晶雷火 より:

    現代なら、仕事上スキルアップに繋がる教育費を会社が負担すれば、経費で落とす事が出来るんですけどね
    ただ戦後すぐの時代、しかも進駐軍が相手
    どうなるんでしょうかねぇ