罰金7万円の資金を調達 / まんぷく 第69話

2018年12月19日(水)第12週「絶対何とかなるから!」

あらすじ

たちばな栄養食品に課せられた罰金7万円の資金を調達するため、弁護士・東の提案により、萬平はダネイホンの販売権と東京支社の売却を決断。それにより、たちばな栄養食品本社の存続だけは守ることができました。

しかし、萬平自身に課せられた4年の刑期を短くしたいという福子の願いに対してだけは、弁護士・東も、決め手となる方法を見つけることができません。萬平の刑期を短くすることは困難を極め、獄中の萬平は、日々、やり場のない怒りを募らせていました。

そんな中、真一や神部たちが、東京支社を引き払う日がやってきました。神部に想いを寄せていた食堂で働く美代子は、涙ながらに神部に別れを告げました。ほどなくして、東京支社に出向していた真一や神部たちが大阪に帰ってきました。

泉大津で働いていた面々と、東京支社から戻ってきた真一や神部たちが再会を喜び合う中、再び試練が訪れます。東京財務局から、有罪が確定した脱税に対して、追徴課税10万円の支払い命令が通告されてきたのです。

<<前回68話 | 次回70話>>

Sponsored Link

予習レビュー

たちばな栄養食品に課せられた罰金、7万円という金額が、当時どれくらいの価値があったのか検討はつきませんが、簡単に調達できる金額ではないことだけは確かなようです。

そこで弁護士の東先生が提案したのが、東京支社とダネイホンの販売権の抱き合わせ売却という苦肉の策です。

これにより東京支社を失い、ダネイホンの販売を自社で行うことはできなくなります。

しかし、たちばな栄養食品の存続を守り、それによってダネイホンの製造を継続して栄養失調に苦しむ人を助けるという萬平さんの理想は貫き通すことが可能となります。

だから萬平さんも、この苦肉の策を受け入れたのでしょう。断腸の思いでの決断だったに違いありませんが・・・

しかし、その直後に7万円を超える巨額の追徴課税が課せられるというまさかの試練が。いよいよ、たちばな栄養食品は息の根が止まってしまうのでしょうか。

追記:かつて三田村さんが出資してくれたのが3万円。

あのとき、3万円の価値がどれほどのものなのかわかりませんでした。7万円を調達するのにこれほど苦労したわけです。

その半分弱の3万円、個人の出資としては破格の金額だったんですね。三田村さんという人物が、どれほど大物なのか、あらためてわかりました。

感想

「大器晩成、まだまだ山あり谷あり」

ニュースによれば、萬平さんは朝ドラ史上、逮捕歴が最多の記録を持つヒロインの夫なのだとか。

しかも最多の逮捕記録のすべてが、本人に見に覚えのない罪ばかり。

山あり谷ありの人生ですが、鈴さんが見てもらった占い師によれば、山あり谷ありはまだ継続する様子です。

あの占い師の恐ろしい予言。これはもしかすると、来年の放送分のフラグだったのでしょうか。

今のところ、萬平さんが即席麺の開発に着手するまでの物語がすでに発表されていますが、即席麺開発前夜の日々もまた、逮捕はされませんが山あり谷ありです。

お正月が終わった後も、大変な日々が続きそうですね。

美代子ちゃんは魔性の女ではなかった

神部くんと別れを告げた美代子ちゃんの浮かべた涙にもらい泣きしました。

タカちゃんが、東京に行った神部くんの気変わりを心配する中で登場し、しかも神部くんへの急接近が繰り返し描かれた美代子ちゃん。

僕は疑ってました。

神部くんが、大阪に意中の人を残してきているらしいと知っていても、それでも神部くんのことを諦めず、美代子ちゃんは神部くんに接近するのではないかと。

美代子ちゃんを魔性の女みたいに考えてました。

しかし、美代子ちゃんは魔性の女なんかではなかった。神部くんに別れを告げた後、美代子ちゃんが流した涙。

しかも、神部くんに別れを告げるとき。

美代子ちゃんは自分の気持ちを伝えたかったに違いない。でも、神部くんと、神部くんを待っているタカちゃんのことを考えて、口から出掛かった言葉をぐっと飲み込みました。

これら一連の美代子ちゃんの姿を通して、美代子ちゃんは魔性の女なのではなかったと確信することができました。

そして、神部くんに片思いのまま終わった美代子ちゃんの涙が切なかった。

切なすぎる小さな恋の描写。泣けました。

追伸:それにしても神部くん、モテますね。泥棒だったのに(笑)

コメントへの返信 by 朝蔵

(アーモンドさん)
怪我をしたフリをする世良さんの場面に既視感を感じた理由が、ちょうだいしたコメントによって、はっきりとわかりました。

鈴さんも同じことをしてましたね!

菅田将暉は強気でしっかりしている(アーモンドさん)
菅田将暉さんといえば思い出すが『ごちそうさん』のヒロインの長男の泰介くん。

次男を失くし、帰らぬ夫を待つヒロインを支える、しっかり者のお兄ちゃんの鮮烈な印象がいまだに忘れられません。

渡辺真起子さん 御出演(中略)パラリーガル?(Amoさん)
渡辺真起子さんの登場場面は、そういうネタだったんですね。

こんな小さな役にまでネタを仕込むことができるなんて、さすがはNHKです。

前の日だったらどうだったのでしょう(あんどさん)
萬平さんの上京前なら、萬平さんを逮捕するために、泉大津の会社に、進駐軍が乗り込んできたかもしれませんね。

または、進駐軍が泉大津の会社に乗り込んだものの萬平さんは不在。そこで、東京の部隊が東京支社に向かったのかなとも思います。

すごく成長したなぁ(ぜっとさん)
おっしゃるとおり、確かに成長しましたね。以前なら、毎度おなじみの大乱闘場面が繰り広げれる状況でした。

この成長した若者たちとも、もうすぐお別れなのですね。寂しくなります。

<<前回68話 | 次回70話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Amo より:

    朝蔵さん おはようございます

    渡辺真起子さん 御出演
    東 太一 事務所の事務員? パラリーガル?^ ^
    99.9 みたいで 楽しいです
    東大一 からの 関係ないです (笑)
    菅田将暉さんの演技達者ぶり 本当に楽しみです
    今日は我が愛すべき世良さんの活躍(!?)がなかったので 淋しいのですが 世良さんの ちょっとワルっぽい ほんのり毒のある優しさに痺れます