信用組合を守り抜く決意 / まんぷく 第90話

2019年1月18日(金)第16週「あとは登るだけです」

あらすじ

萬平たちの再三の頼みは聞き入れられず、梅田銀行からの融資は再開しませんでした。

融資が止められたことによって、織田島製作所が試作品の完成までこぎつけた万能調理器の量産は実現ができなくなってしまいます。

一方、自宅と家財一式が差し押さえられてもなお、福子はパーラーで働き続けていました。

そして、気丈に振る舞いながらも落胆を隠しきれない福子のもとには、福子をはげまそうと仲間たちが次々に訪問。

同じ頃、池田信用組合と池田の産業を守り抜くために、萬平は、ある決意を固めて梅田銀行に足を運ぶのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回89話 | 次回91話>>

Sponsored Link

予習レビュー

萬平さんが再びすべてを失い、人生の再出発を余儀無くされる瞬間へのカウンドダウンがはじまりました。

以下、ネタバレが含まれます。

今回の後半になるのでしょうか。萬平さんは、梅田銀行に足を運びます。池田信用組合を守るために、ある決意を秘めて。

ある決意。それは、池田信用組合・理事長の辞任です。

池田信用組合の経営が手詰まりになった責任を取って辞任し、梅田銀行の行員の中から新しい理事長を決めてほしい。

そして、池田信用組合と池田の産業を守ってほしい。

この懇願をするのが、萬平さんは池田信用組合に足を運んだ目的です。

萬平さんのこの懇願は受け入れられ、萬平さんの理事長解任が決定。

すでに自宅を失っているに等しい萬平さんは、信用組合の理事長という職も失い、すべてを失うことになります。

萬平さんはこれまで、戦前に経営していた工場を失い、戦後になっては塩づくり、ダネイホンを失いました。

しかし、それらはいずれも萬平さんに原因があるわけではありませんでした。

でも今回は、半分は不況の影響、半分は萬平さんの暴走が招いた結果です。明日、萬平さんはすべてを失います。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回89話 | 次回91話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする